Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
高専生と取り組むScrum
仙台高等専門学校
力武 克彰
Agile Japan 2014 仙台サテライト 2014年6月27日
自己紹介
仙台高等専門学校情報システム工学科 教員
http://hirose.sendai-nct.ac.jp/is
大学→大学院→ポスドク→高専教員
企業などでの勤務経験無し
高専とは
高等専門学校
 5年一貫教育 + 専攻科(2年)
 実験・実習を重視した専門教育
 卒業生には産業界からの高い評価
実践的・創造的技術者を養成することを
目的とした高等教育機関
文部科学省HPより
何を学んでるの?
2年 専攻研究
1年 組込みPBL
5年 卒業研究
4年 マイコン
3年 Verilog HDL, Linux実習
2年 論理回路
1年 プログラミング入門
専
攻
科
情
報
シ
ス
テ
ム
工
学
科
理論と
実習の
スパ...
Scrumとの出会い
AgileJapan2011サテライトin仙台
研究室の学生(当時5年生)と参加
3年間一緒にScrumに取り組む
現在は大学院修士課程進学
■キーノートセッション1:リンダ・ライジング 氏
「Fearless Change - 不安を乗り越えて組織改革を推進するには」
■キーノートセッション2:當仲 寛哲 氏 USP研究所代表取締役所長
「立ち上がれ、「義理・人情プログラマ」」
■...
なぜScrumか?
要求・要件
設計
実装
検証
受け入れ
高専生
得意
あまり得意
ではない(?)
価値を生み出すまでの方法論(プロセス)を
身に付けてほしい!
実装だけでは価値が生じない
課題・仕様 実験・実装 レポート
授業での実験実習の流れ
何とか頑張って動くものを作って
レポート書いたらおしまい
PDCAを回したい!
高専生 +
方法論
PDCA
=
価値を生み出せる
創造的技術者
Scrumにヒントを期待
Scrumで取り組んできたこと
組込み系開発のプロジェクト
自走型ロボットによるレース大会
開発対象:ロボットの制御プログラム
チーム:専攻科本科混成10名程度
ETロボコンへの参加(H23, 24, 25年度)
システム開発
チーム作り
(4月)
大会(10月)
勉強会
ふりかえり
Webアプリ開発のプロジェクト
 児童向け物語創作支援システムの開発
 チーム:専攻科生、5年生、(力武)
 開発対象:Webアプリケーション(ゲーム)
卒業研究・専攻研究 (H25,26年度)
チーム作り(4月)
評価(出前授業)
調査・開発
成果発表(3月)
Scrumをどう実践しているのか
本年度の取り組みの紹介
卒業研究・専攻研究
開発対象:muphic-online (Webアプリ)
チーム:専攻科生2名、5年生2名、力武
スプリント期間:2週間
児童向けものがたり創作支援システムの開発
開発対象
ものがたり創作支援システム muphic-online
 ユーザーとして小学校3-4年生を想定
 直観的操作による紙芝居の創作
イラスト作成
メロディ作曲
スクラムチーム
プロダクトオーナー
スクラムマスター
チーム
 プロダクトオーナー:
•専攻科2年生の専攻研究として取り組む
•Webアプリケーションのユーザー体験向上
•共同研究者(北九州市立大 佐藤貴之准教授)と協力
 チーム:(3名)
•専攻科1年、本科5年生の研究として取り組む
•アプリケーシ...
チーム外の人
ステークホルダ
 ステークホルダ:
•共同研究者:北九州市立大 佐藤貴之准教授
•ゲーミフィケーションの教育効果の研究と実践
•製品の顧客としての役割を依頼
•出前授業先の教諭
成果物
プロダクト
バックログ
スプリント
バックログ
インクリメント
 プロダクトバックログ:
優先順位が付けられた製品の機能一覧
プロダクトの使われ方
優先度
児童は作成したメロディを
再生し、聴くことができる
•各機能はストーリー形式で記述
•ストーリーマッピング
 スプリントバックログ:
各スプリントで取り組む機能と課題の一覧
•課題・問題点を随時タスクとして明示
•タスクボード
 インクリメント:
各スプリントで作られた製品の増分
•スプリントレビューでPOが受け入れ基準
に達しているかを確認する
児童はメロディを作曲
することができる。
児童は作曲したメロ
ディを再生して聴くこ
とができる
イベント
スプリント計画
ミーティング
デイリー
スクラム
レトロ
スペクティブ
スプリント
レビュー
スプリント
 スプリント
固定された開発の反復期間
•1スプリント2週間
 スプリント計画ミーティング:
スプリントのゴールを共有する
スプリント開始時に実施
•開発に取り組む機能について合意を取る
•プランニングポーカーでの見積もり
 昼会(デイリースクラム)
毎日チームが次の3つの質問に答える
•昨日からこれまでにやったこと
•これから今日やること
•困っていること
•昼休み中の15分で実施
 デモ(スプリントレビュー)
スプリントゴールが達成されたかを確認
スプリント最終日に実施
 ふりかえり (レトロスペクティブ):
改善事項を話し合い次につなげる
スプリント最終日に実施
• KPT+グルーピング
• 次のスプリントのTODOを決定
スプリントバックログの見直し
 ユーザビリティテスト:
•共同研究者(顧客役)のもとで、プロダクト
オーナーが計画・実施
•被験者:小学2年生の児童5名
•内容:muphic-onlineを使用した課題を与え、
課題に取り組む様子を観察・分析
分析結果よりプロダクトバック...
Scrumに取り組んでみて
チームが”現在地”を確認できる場
ふりかえりと計画ミーティング
止まったままの
タスク
進捗どうですか?
 できていないこと、に自ら気付く
 率直な思いが出る:
不安・焦り・不信感・達成感
2週間で要求→受け入れまでを
行うのは本質的に難しい
スプリント
 開発対象についての理解不足
 技術や知識の不足
 環境の不備
これらの問題・課題に気付く
ことができるのが大事
問題・課題への取り組み
第1回
「マイクロインタラクション講座」
プロダクトオーナーが、学んだこと
をチームに向けて展開
「Github Issue」の翻訳
スクラムマスター(学生)が研究
室の学生向けに作成
学生自ら自発的に勉強会などを開催
Scrumマスターのお仕事
サーバントリーダーシップ
• 自律的なチームを維持するためのサポート
• 環境整備、対外・チーム内調整、教育など
もっぱらお菓子の買い出し係
 開発と研究のバランスが難しい
• 卒業研究・専攻研究の一環として実施
お困りごと
試行:スプリント中に論文執筆を行う日を設定
楽しい
開発
めんどい
卒論
⇒ 論文・成果報告がおろそかになりがち
お困りごと
 時間割が合わず、スクラムチームがそろう時
間がほとんど取れない
⇒ Scrumイベントの時間確保が難しい
 (とある)スクラムマスターがサボる
⇒ チームが簡単に崩壊する
解決案???
環境とツール
壁とふせん
基本はアナログツールで
コミュニケーション
Facebook
非公開グループ機能を利用
会話内容はグループ内だけで公開・共有
共同研究者、OBOGもグループに参加
気軽なコミュニケーションから
ディスカッションまで
ソースコードの共同所有
Github Education プログラムにて
プライベートレポジトリ取得・利用
Github
バージョン管理
ソースコードレビュー
サーバー構築
AWS in Education 助成プログラム
(Teaching Grant)より助成
環境構築・ツール導入にあたって
 コミュニケーションコストを下げる
⇒ アナログツール重要
 メンテナンスコストを下げる
⇒ 出来るだけ外部サービスを利用
 学習コストを下げる
⇒ 学生の力に見合った技術・ツールの導入
教育機関向けの助成...
Scrumへの取り組みのまとめ
 2011年より高専生とともにScrumに取
り組んできた
 Scrumは現在地の把握や問題・課題への気づ
きには非常に有効
 問題・課題に気付いて、じゃあどうするか、
ここが重要
高専生 + Scrum =
価値を生み出せる
創造的技術者
となるといいなあ
高専生がこの先生きのこるには
Agile Japan 2014 仙台サテライト
「ひとりぼっちは、寂しいもんな」
「頼れる仲間」を「きちんと頼る」
ことができれば、もう何も怖くない。
高専生には出会いが必要だ
若手技術者との出会い
若手技術者と専攻科生混成チーム
による組込みPBLの実施
スーパーエンジニアとの出会い
スクラムトレーナー 江端 一将氏による講演
「世界中で注目されているAGILEとかSCRUMの実話」
地域ITコミュニティとの出会い
一部の学生はITコミュニティ主催の
勉強会に参加しはじめている
「仙台ソフトウェアテスト勉強会」「すくすく仙台」
「Agile Japan 仙台サテライト」 etc.
http://www.slideshare....
高専生が将来
みなさんの「頼れる仲間」
として活躍できるようになる
には
彼らにどのような出会いの場を
どのように提供すればよい
でしょうか?
一緒に考えてもらえるとうれしいです
ご清聴ありがとうございます
求人
募集
2015年卒業生
4年生向けインターンシップ募集中
高専生が将来
みなさんの「頼れる仲間」
として活躍できるようになる
には
彼らにどのような出会いの場を
どのように提供すればよい
でしょうか?
一緒に取り組んでもらえると嬉しいです
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

「高専生と取り組むScrum」 AgileJapan2014 仙台サテライト

4,568 views

Published on

AgileJapan2014 仙台サテライト(2014/06/27)でのスライド
#agilejapan #ajsendai
http://tohoku-dev.jp/modules/eguide/event.php?eid=262

Published in: Education
  • Be the first to comment

「高専生と取り組むScrum」 AgileJapan2014 仙台サテライト

  1. 1. 高専生と取り組むScrum 仙台高等専門学校 力武 克彰 Agile Japan 2014 仙台サテライト 2014年6月27日
  2. 2. 自己紹介 仙台高等専門学校情報システム工学科 教員 http://hirose.sendai-nct.ac.jp/is 大学→大学院→ポスドク→高専教員 企業などでの勤務経験無し
  3. 3. 高専とは
  4. 4. 高等専門学校  5年一貫教育 + 専攻科(2年)  実験・実習を重視した専門教育  卒業生には産業界からの高い評価 実践的・創造的技術者を養成することを 目的とした高等教育機関 文部科学省HPより
  5. 5. 何を学んでるの? 2年 専攻研究 1年 組込みPBL 5年 卒業研究 4年 マイコン 3年 Verilog HDL, Linux実習 2年 論理回路 1年 プログラミング入門 専 攻 科 情 報 シ ス テ ム 工 学 科 理論と 実習の スパイラル 私の担当科目 プロジェクト 型実習
  6. 6. Scrumとの出会い
  7. 7. AgileJapan2011サテライトin仙台 研究室の学生(当時5年生)と参加 3年間一緒にScrumに取り組む 現在は大学院修士課程進学
  8. 8. ■キーノートセッション1:リンダ・ライジング 氏 「Fearless Change - 不安を乗り越えて組織改革を推進するには」 ■キーノートセッション2:當仲 寛哲 氏 USP研究所代表取締役所長 「立ち上がれ、「義理・人情プログラマ」」 ■仙台セッション1:西村 直人 氏 永和システムマネジメント 「アジャイル開発が上手くなるための4つのステップ」 ■仙台セッション2: 石井 力重 氏 アイデアプラント代表 「仙台を活性化しそうなアプリ・サービスを発想するワークショップ」 ■仙台セッション3:玉川 憲 氏 Amazon Data Services Japan 「アジリティからリジリエンス(再起力)へ - 東北ディベロッパーへの応援メッセージ -」 http://tohoku-dev.jp/modules/eguide/event.php?eid=66
  9. 9. なぜScrumか? 要求・要件 設計 実装 検証 受け入れ 高専生 得意 あまり得意 ではない(?) 価値を生み出すまでの方法論(プロセス)を 身に付けてほしい! 実装だけでは価値が生じない
  10. 10. 課題・仕様 実験・実装 レポート 授業での実験実習の流れ 何とか頑張って動くものを作って レポート書いたらおしまい PDCAを回したい!
  11. 11. 高専生 + 方法論 PDCA = 価値を生み出せる 創造的技術者 Scrumにヒントを期待
  12. 12. Scrumで取り組んできたこと
  13. 13. 組込み系開発のプロジェクト 自走型ロボットによるレース大会 開発対象:ロボットの制御プログラム チーム:専攻科本科混成10名程度 ETロボコンへの参加(H23, 24, 25年度)
  14. 14. システム開発 チーム作り (4月) 大会(10月) 勉強会 ふりかえり
  15. 15. Webアプリ開発のプロジェクト  児童向け物語創作支援システムの開発  チーム:専攻科生、5年生、(力武)  開発対象:Webアプリケーション(ゲーム) 卒業研究・専攻研究 (H25,26年度)
  16. 16. チーム作り(4月) 評価(出前授業) 調査・開発 成果発表(3月)
  17. 17. Scrumをどう実践しているのか
  18. 18. 本年度の取り組みの紹介 卒業研究・専攻研究 開発対象:muphic-online (Webアプリ) チーム:専攻科生2名、5年生2名、力武 スプリント期間:2週間 児童向けものがたり創作支援システムの開発
  19. 19. 開発対象 ものがたり創作支援システム muphic-online  ユーザーとして小学校3-4年生を想定  直観的操作による紙芝居の創作 イラスト作成 メロディ作曲
  20. 20. スクラムチーム プロダクトオーナー スクラムマスター チーム
  21. 21.  プロダクトオーナー: •専攻科2年生の専攻研究として取り組む •Webアプリケーションのユーザー体験向上 •共同研究者(北九州市立大 佐藤貴之准教授)と協力  チーム:(3名) •専攻科1年、本科5年生の研究として取り組む •アプリケーション開発の技術面  スクラムマスター: •力武が担当
  22. 22. チーム外の人 ステークホルダ
  23. 23.  ステークホルダ: •共同研究者:北九州市立大 佐藤貴之准教授 •ゲーミフィケーションの教育効果の研究と実践 •製品の顧客としての役割を依頼 •出前授業先の教諭
  24. 24. 成果物 プロダクト バックログ スプリント バックログ インクリメント
  25. 25.  プロダクトバックログ: 優先順位が付けられた製品の機能一覧 プロダクトの使われ方 優先度 児童は作成したメロディを 再生し、聴くことができる •各機能はストーリー形式で記述 •ストーリーマッピング
  26. 26.  スプリントバックログ: 各スプリントで取り組む機能と課題の一覧 •課題・問題点を随時タスクとして明示 •タスクボード
  27. 27.  インクリメント: 各スプリントで作られた製品の増分 •スプリントレビューでPOが受け入れ基準 に達しているかを確認する 児童はメロディを作曲 することができる。 児童は作曲したメロ ディを再生して聴くこ とができる
  28. 28. イベント スプリント計画 ミーティング デイリー スクラム レトロ スペクティブ スプリント レビュー スプリント
  29. 29.  スプリント 固定された開発の反復期間 •1スプリント2週間
  30. 30.  スプリント計画ミーティング: スプリントのゴールを共有する スプリント開始時に実施 •開発に取り組む機能について合意を取る •プランニングポーカーでの見積もり
  31. 31.  昼会(デイリースクラム) 毎日チームが次の3つの質問に答える •昨日からこれまでにやったこと •これから今日やること •困っていること •昼休み中の15分で実施
  32. 32.  デモ(スプリントレビュー) スプリントゴールが達成されたかを確認 スプリント最終日に実施
  33. 33.  ふりかえり (レトロスペクティブ): 改善事項を話し合い次につなげる スプリント最終日に実施 • KPT+グルーピング • 次のスプリントのTODOを決定
  34. 34. スプリントバックログの見直し
  35. 35.  ユーザビリティテスト: •共同研究者(顧客役)のもとで、プロダクト オーナーが計画・実施 •被験者:小学2年生の児童5名 •内容:muphic-onlineを使用した課題を与え、 課題に取り組む様子を観察・分析 分析結果よりプロダクトバックログを見直す
  36. 36. Scrumに取り組んでみて
  37. 37. チームが”現在地”を確認できる場 ふりかえりと計画ミーティング 止まったままの タスク 進捗どうですか?  できていないこと、に自ら気付く  率直な思いが出る: 不安・焦り・不信感・達成感
  38. 38. 2週間で要求→受け入れまでを 行うのは本質的に難しい スプリント  開発対象についての理解不足  技術や知識の不足  環境の不備 これらの問題・課題に気付く ことができるのが大事
  39. 39. 問題・課題への取り組み 第1回 「マイクロインタラクション講座」 プロダクトオーナーが、学んだこと をチームに向けて展開 「Github Issue」の翻訳 スクラムマスター(学生)が研究 室の学生向けに作成 学生自ら自発的に勉強会などを開催
  40. 40. Scrumマスターのお仕事 サーバントリーダーシップ • 自律的なチームを維持するためのサポート • 環境整備、対外・チーム内調整、教育など もっぱらお菓子の買い出し係
  41. 41.  開発と研究のバランスが難しい • 卒業研究・専攻研究の一環として実施 お困りごと 試行:スプリント中に論文執筆を行う日を設定 楽しい 開発 めんどい 卒論 ⇒ 論文・成果報告がおろそかになりがち
  42. 42. お困りごと  時間割が合わず、スクラムチームがそろう時 間がほとんど取れない ⇒ Scrumイベントの時間確保が難しい  (とある)スクラムマスターがサボる ⇒ チームが簡単に崩壊する 解決案???
  43. 43. 環境とツール
  44. 44. 壁とふせん 基本はアナログツールで
  45. 45. コミュニケーション Facebook 非公開グループ機能を利用 会話内容はグループ内だけで公開・共有
  46. 46. 共同研究者、OBOGもグループに参加 気軽なコミュニケーションから ディスカッションまで
  47. 47. ソースコードの共同所有 Github Education プログラムにて プライベートレポジトリ取得・利用 Github
  48. 48. バージョン管理 ソースコードレビュー
  49. 49. サーバー構築 AWS in Education 助成プログラム (Teaching Grant)より助成
  50. 50. 環境構築・ツール導入にあたって  コミュニケーションコストを下げる ⇒ アナログツール重要  メンテナンスコストを下げる ⇒ 出来るだけ外部サービスを利用  学習コストを下げる ⇒ 学生の力に見合った技術・ツールの導入 教育機関向けの助成・支援制度を活用
  51. 51. Scrumへの取り組みのまとめ
  52. 52.  2011年より高専生とともにScrumに取 り組んできた  Scrumは現在地の把握や問題・課題への気づ きには非常に有効  問題・課題に気付いて、じゃあどうするか、 ここが重要
  53. 53. 高専生 + Scrum = 価値を生み出せる 創造的技術者 となるといいなあ
  54. 54. 高専生がこの先生きのこるには
  55. 55. Agile Japan 2014 仙台サテライト 「ひとりぼっちは、寂しいもんな」 「頼れる仲間」を「きちんと頼る」 ことができれば、もう何も怖くない。 高専生には出会いが必要だ
  56. 56. 若手技術者との出会い 若手技術者と専攻科生混成チーム による組込みPBLの実施
  57. 57. スーパーエンジニアとの出会い スクラムトレーナー 江端 一将氏による講演 「世界中で注目されているAGILEとかSCRUMの実話」
  58. 58. 地域ITコミュニティとの出会い 一部の学生はITコミュニティ主催の 勉強会に参加しはじめている 「仙台ソフトウェアテスト勉強会」「すくすく仙台」 「Agile Japan 仙台サテライト」 etc. http://www.slideshare.net/shunyamashita40/ss-29095209
  59. 59. 高専生が将来 みなさんの「頼れる仲間」 として活躍できるようになる には 彼らにどのような出会いの場を どのように提供すればよい でしょうか? 一緒に考えてもらえるとうれしいです
  60. 60. ご清聴ありがとうございます
  61. 61. 求人 募集 2015年卒業生 4年生向けインターンシップ募集中
  62. 62. 高専生が将来 みなさんの「頼れる仲間」 として活躍できるようになる には 彼らにどのような出会いの場を どのように提供すればよい でしょうか? 一緒に取り組んでもらえると嬉しいです

×