Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

2012-I 3E+1 アイディアプランコンテスト ver.1.0

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 14 Ad
Advertisement

More Related Content

Advertisement

Similar to 2012-I 3E+1 アイディアプランコンテスト ver.1.0 (20)

More from 10 (12)

Advertisement

Recently uploaded (20)

2012-I 3E+1 アイディアプランコンテスト ver.1.0

  1. 1. 3E+1 アイディアプランコンテスト 3E+1 総合研究所 山本泰弘 1
  2. 2. 0. 目次 • 1. 提案を一言で表すと... • 2. 序:背景と文脈 • 3. 起:現状の課題 • 4. 承:懸念されるシナリオ • 5. 転:解決策の提案 • 6. 結:想定される効果・リスク・コスト • 7. 末:実行計画 2
  3. 3. 1. 提案を一言で表すと... 起業独立を 現実的に目指す ビジネスプランコンテストを 開いてみないか!! 福澤諭吉いわく―― “学問は、実践して世の中を変えて初めて意味がある。 その実践で一身独立してこそ、文明人ってぇもんよ!”(超意訳) 3
  4. 4. 2. 序:背景と文脈 • ①日本は、新たな時代へ向け社会を「更新」していかなければな らない。 ――「低炭素社会」、「プラチナ社会」、「スマートシティ」... 担い手を“どこかの人たち”に任せきりにしていないか? • ②筑波研究学園都市は、時代を先駆する使命を持って生まれた。 ――確かに科学技術は最強。しかし「社会技術」は? • ③筑波大学は、起業家が多い大学である。 ――2009年時点で、1位・東大125、2位・筑波76、3位・阪大75、4位・早稲田74 • ④時代は、起業家を求めている。 “稼ぎまくる企業”に限らず、NPO法人、社内新事業、サイドビジネス、社会起業... ――ただ、「何が何でも起業する“剛腕”」と「その他」の二極化でいいの? 4
  5. 5. 2. 序:背景と文脈 • ⑤筑波大生は、“ビジネスは東京”とばかり思っていないか? ――つくばは数年住むだけ、課外活動はお遊び、東京での就活が運命を左右 • ⑥よくある“ビジコン”って、どんだけ本気なの? ――“よく考えた ほめてつかわす”・“社会人さまが学生を鍛えてやんよ”でいいのか? 5
  6. 6. 2. 序:背景と文脈 • キーワード①「まちづくり」 ――発展途上のつくばは、まちに対して、アイディアを試してみることができる • キーワード②「3E」 ――筑波研究学園都市挙げて、2030年に環境都市を実現する動き。 ただしビジネスライクな進歩はまだまだ。 • キーワード③ 「学生起業都市つくば」 ――Facebook上のまちづくりコミュニティ 「Co-Create Tsukuba」で、 経験者主導により学生の起業を支援するプロジェクト。 • キーワード④「アイディアの実現」 ――学生からのアイディアが、近年実現している! 教員プレゼンバトル、ごきげんファーム、cafe ALDOR、高性能自転車試乗会... • その他・・・ 「IMAGINE THE FUTURE」の提唱と実績 2011年12月、政府による「国際戦略総合特区」認定 6
  7. 7. 3. 起:現状の課題 • ①筑波大生が社会づくりにいまひとつ関われていない。 • ②ビジネスや政策のアイディアを発掘し、開花させることができ るはず。 • ③それを実行するのは「よほど特殊な人」のみに限られている 。 • ④現状の起業支援制度は「大学での研究シーズを活かしたも のに限る」として、特殊な人しか使えない...。 • ⑤普通の筑波大生でも、“こうすればいいのに”という思いつき を発表し、後押しされ、実現のチャンスをつかむチャンスを設 けたい! 7
  8. 8. 4. 承:懸念されるシナリオ • ①筑波大は世の中に対して特に影響を与えない“単なる学校”。 ――社会と関わりなく研究活動・学生生活 • ②ほぼすべての学生が“いわゆる就活”一辺倒に。 ――4-6年でつくばを“通過”。単純な労働者として買いたたかれる • ③“こうすればいいのに”という課題・ビジネスチャンスが放置。 ――非効率な社会が続く • ④大多数の平凡な学生と、わずかな“剛腕学生”の二極化。 • ⑤“「新構想大学」・「IMAGINE THE FUTURE.」とか言ってるけど、 実際ただの大学と変わらないよねー” 8
  9. 9. 5. 転:解決策の提案 • ①アイディアを実現するプランのコンテストをやろう! • ②「ビジネス・地域活動としての独立」を目標として狙おう。 • ③企画発表の時点で終わるのではなく、継続的な後押しを。 • ④「稼げる筑波大生/筑波大学」を目指そう。 • ⑤世の中をよくするビジネスを生み出そう。 • そして―― “IMAGINE THE FURUTE.”の実現に挑もう。 9
  10. 10. 6. 結:想定される効果 • ①より広い人々に「起業―アイディアを実現する―体験」を味わってもらえる。 • ②つくばの人々が、チームとして起業に参画する機会ができる。 • ③起業が、特殊・孤高なものではなくなる。 • ④(すでにある枠組みに流されるのではなく、) 自分たちの力で世の中にアプローチする人材が育つ。 • ⑤筑波大が、研究学園都市が、そして日本が徐々によくなる。 10
  11. 11. 6. 結:想定されるリスク・コスト • ①応募・参加・協力してくれる人がどれほどいるか? ――応募数がわずか、協力の打診断られるetc. • ②結局一過性のものに陥ってしまわないか? • ③もともとのアイディアの質をどれだけ高められるか? ――完成したアイディアは結局非現実的なものだった...orz • ④チームとしての連携を開拓・維持できるか? ――“協力者になった気がするけどいまどうなってるの?” • ⑤このシナリオは“心からおもしろい!”か?? 11
  12. 12. 7. 末:実行計画 • ①4,5月:雙峰祭に「学研企画」として申請、T-ACT申請 運営メンバー・協力者募集 広報媒体作成 • ②6月~:応募説明会、エントリー受付 • ③8,9月:エントリー者向け学習会 • ④10月:雙峰祭で成果発表 • (⑤12月:日本最大級の環境博覧会「エコプロダクツ2012」) • 2013年~:さらに強化したアイディアプランコンテスト実施 12
  13. 13. 7. 末:実行計画 • 協力者候補 • Co-Create Tsukuba 「学生起業都市つくば」プロジェクト • 人間安全保障講座 • つくば3Eフォーラム • つくば院生ネットワーク(学園祭学術企画振興) • brast • T-ACTフォーラム(T-ACT→“B-ACT”) • 紫峰会、茗渓会、MTGF、TSUKUBA FUTURESHIP • 実業界で活躍するOBOGの方々 • ベンチャー志向就活情報サイト 13
  14. 14. 参考文献・事例(案) • 齋藤孝『座右の諭吉』 • 堀井秀之『問題解決のための「社会技術」』 • NPO法人ETIC. 社会起業支援セミナー • 筑波大学産学連携推進センター 起業家教育講座 • 一般に行われているビジネスプランコンテストの事例研究 • 他大学の起業支援の取り組みの事例研究 • ビジネスプランコンテスト・起業支援についての先行研究把握 • つくば院生ネットワーク • ごきげんファーム(NPO法人つくばアグリチャレンジ) • Spice up cafe ALDOR • 「義を見てせざるは勇無きなり」 • 「道徳なき経済は害悪であり、経済なき道徳は寝言である。」

×