Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2012-12-13 eco japan cup 「日本再生プロジェクト『抜擢』国民投票」(AKB総選挙式政策クラウドファンディング)

2,288 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2012-12-13 eco japan cup 「日本再生プロジェクト『抜擢』国民投票」(AKB総選挙式政策クラウドファンディング)

  1. 1. 1eco japan cup 2012ポリシー部門環境ニューディール政策提言 日本再生プロジェクト 『抜擢』国民投票 ―No Moon Shot, No Sun Rise― 山本泰弘
  2. 2. 2 今の日本社会が達成すべきものは・・・ イノベーション・社会的課題解決 ① ② ③ 農 漁 林 グリーン(環境・エネルギー) ライフ(医療・福祉) 農林漁業 これにより、環境、エネルギー、そして経済の面でも 持続的でスマートな社会への更新が進むP-02 ①京都大学 生存圏研究所 篠原研究室 http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/space/people/shino/research-sps2.htm②毎日.jp 「【写真特集】ノーベル医学生理学賞に山中伸弥氏 iPS細胞作製」 http://mainichi.jp/graph/2012/10/08/20121008org00m040002000c/008.html ③デパチカドットコム 「米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店」 http://www.depachika.com/headline/photo/1226/
  3. 3. 3そのためにすべきことは・・・政策資源の調達根源的なものは―― 資金 民意(人々の関心・関与) これらを調達する方法に、 工夫が加えられないだろうか?
  4. 4. 4現在、政策資源(資金・民意)が集められている仕組みは“間接金融型” 金融機関 貸付先 預金 融資 人々 投票 “資源の 権威的配分“ 納税 政府・議会 政策課題 ・・・政府や議会を通す間接的な方法で政策資源が集められる →政府や議会に資源の使い道が一任される
  5. 5. 矢印・・・政策資源 5(青:民意、グレー:資金)問題意識 ―「政策資源の調達」の観点― 政府・議会 政策実施・予算配分 多数決原理・行政慣行・ 年度制などに拘束される 投票 機会が極めて 政策課題 限られる 納税 (イノベーション・社会的課題解決) 使途を選べない 直接資源を 投じる手段が 人々 不在 ! イノベーションへの情熱・ イノベーション・社会的課題が報じられても 社会的課題への危機感・ 直接支援する術がない →話題として消費 それらに関する政策の要求 資源・エネルギーが活かされない 批判 P-05
  6. 6. 6政府や議会を介さない直接的な政策資源調達の方法が考えられないか?ヒント①官民ファンド 市民出資事業 「尖閣購入」寄附金募集 ・・・民間資金を「政策」に投資してもらう仕組みが成り立っているヒント②施策選択投票(エネルギー・原発政策パブコメが近似例) ・・・“議員に一任”ではなく、“政策を選びたい”との世論ヒント③「はやぶさ」、iPS細胞などイノベーションへの歓喜 ・・・国民的関心を政策資源として活かせるはず
  7. 7. 7そこで提案するのが、 「国民参加型イノベーション官民ファンド」 (政策投資に一般国民も参加)そして「日本再生プロジェクト 『抜擢』国民投票」 (投資先を、“国民投票”によって選定) です。
  8. 8. 政府・大企業 8 寄附・出資が目標額に 出資 達したプロジェクト案から、 (官民ファンド型) ファンド資金を投入して始動。 他候補への投票はリセットされず、 “死票”は出ない。 ※何から先に投資するかを 投票結果に委ねる 有望だが、 オンライン資金力・認知度で劣る プラットフォームに プロジェクト Project A Project B Project C 情報集積(有識者委員会選定) 【寄附・出資による“国民投票”】 選挙時のような報道 候補比較・世論調査・集票状況... 情報発信・PR合戦 (技術・製品・ビジネスの パブリックコミュニケーション) 政策志向の議論 批判から期待・支援へ
  9. 9. 9イメージ:新エネルギー候補、どれに賭けますか? (1位は国民的プロジェクトとして抜擢されます!) ②① ③ 筑波大など 東工大など ベンチャー企業 藻類バイオ燃料 マグネシウムサイクル 独自型海流発電 ――こういう投票だったら、燃えませんか!?(`・ω・´)①Bloomberg 「休耕田畑を油田に」-藻類でバイオ燃料生産、CO2排出半減視野に http://www.bloomberg.co.jp/news/123-L0YG890YHQ0X01.html ②The Magnesium Civilization マグネシウム循環社会とは? http://www.mgciv.com/blog/what-is-magnesium-based-energy-cycling.html ③株式会社ノヴァエネルギー http://www.nova-ene.co.jp/
  10. 10. 10<メリット>①不足する政策財源を補ってイノベーション投資ができる②既存の政策や民間投資ではカバーしきれない、中小規模のイノベーションシーズに大成の路を開く③国民の政策関与欲求を効果的に活かせる④技術・製品・ビジネスに関するパブリックコミュニケーション振興⑤国民の間に(政局→)政策志向の議論が普及する<デメリット(懸念)>①ファンドが不採算に陥る可能性がある②国民の関心・関与を維持できるかに命運がかかる③真に有望なプロジェクトであれば先に投資されているはずでは

×