Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
退職勧奨のポイントについて

131106:福田作成

退職勧奨時のポイントについて記す。
退職勧奨自体は、労働基準法違反ではない。ただし、退職勧奨の理由が明確であること。
 →複数回の懲戒を文書で出す。本人に話し、受け取った事実を記録する。
...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

131106 mondai manual.pdf

472 views

Published on

to fire method for employee's issue in Japan.

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

131106 mondai manual.pdf

  1. 1. 退職勧奨のポイントについて 131106:福田作成 退職勧奨時のポイントについて記す。 退職勧奨自体は、労働基準法違反ではない。ただし、退職勧奨の理由が明確であること。  →複数回の懲戒を文書で出す。本人に話し、受け取った事実を記録する。 前提 解雇の場合「不当解雇」という理由で、労働者が会社を訴えるきっかけを与えることになる。  □チェック   □就業規則で、具体的な問題行為の規程をする。□懲戒解雇などはしない、したくないという決意を持つ。□とにかく事実をロギングし、最悪の事態に備える。 使用 文書 □懲戒委員会議事録 □ヒアリングシート  □懲戒規程  □事実整理フォーマット(メール送受信、事実整理) 退職勧奨の注意8点(日経トップリーダ 2013.10 p.45より抜粋、一部編集) No 注意点 当社の場合は? 「代表者」+「上級管理職」or「代表者」+「同僚」 で必ず実施す る。 1 面談は、社長や実態を把握している幹部が実施し、課長など下位の管理職に任せない。 また、「発生した事実」は「知りたい従業員」にありのままを伝え る。隠すこと、事実を曲げることはしない。知りたくない従業員には あえて伝える必要はないが、社内に不安・不満をを残さない。 「提案」という形を取る。つまり、相手にメリットがある具体的な条 2 退職の強要や脅迫と指摘されないように、社員が自由に意思表明できる環境で実施する。 件を提示する。Ex)~までに自己都合での退職申し出であれば、手当 を~円、など。採用したことにも責任はある。 3 どんな社員に対しても誠意をもって、礼儀正しく丁寧に接する。 4 面談は2名以上で臨むのが原則。会話は証拠として録音しておく。 感謝の気持ちをまずは伝える。当社で利益ゼロ、費用だけになった人 材は過去10年の、のべ100名以上の稼働で、1名のみである。 No.6に関連。電話に関しても、「ボイスレコーダー」を使う。必ず、 面談後に「議事録」を作成し本人に送付する。 No.6と関連。感情的にならない。淡々と事実を”周囲からヒアリング” 5 人格を批判するような発言をしたらこちらの負け。 する。本人とは話さない。言った言わないは時間のムダ。本人の主張 は、主張の事実として記録し、証拠がない限り、「事実として認めな 6 感情的な表現はできるだけ避け、規則と事実を示して退職を迫る。 事実整理フォーマットを使い、事実の時系列での整理を行う。 7 退職勧奨の面談は5回、各30分を限度とし、就業時間中に実施する。 本人が出社しない場合などは、メールで伝える。 8 面談で人間関係がこじれた場合は他の面談者があたる。 選択肢として、中途は「管理職」との交代はあるが、最後は「代表 者」が対応する。

×