Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

追試H28.3.1 創世記

347 views

Published on

2

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

追試H28.3.1 創世記

  1. 1. 追試H28.3.1 創世記 タイバネティックスから導き出したビッグバン
  2. 2. 問1 • 世の始まりを「混沌」としている話を挙げたが、誤りが1つ ある。それはどれか? ①聖書 ②神話 ③科学 ④哲学 ⑤古事記
  3. 3. 問1のヒント ①聖書(創世記1-2. 地は形なく…→「光あれ」) ②神話(例:ギリシャ神話. 始めに混沌があった) ③科学(ビッグバン前の混沌) ④哲学(宇宙の始まりではなく本質を考えた) ⑤古事記(太古の昔、天地の区別なく、形なく…)
  4. 4. 解 答 ④ ・哲学の始祖タレスは、宇宙の始まりではなく初めて「本質」を 考えた。 ・その点で、ギリシャ哲学はギリシャ神話と区別される。 ・タレスは本質を「水」と考え、アナクシマンドロスは「無限 なもの(アペイロン)」、アナクシメネスは「空気」と考えた。 ※私は哲学者だが宗教や科学や諸神話を踏まえた上で、今から始原を考えてゆく。
  5. 5. 問2 • 「混沌」は、次のどのモデルが当てはまるか?
  6. 6. 問2のヒント 第9講「OAEIUの法則」参照 循環型 融合型 信号型 関係型 操縦型 分離型
  7. 7. 解 答 • 「混沌」は、この融合型モデル。思考心機能、幻想、現実など。
  8. 8. 問3 • この始原の「混沌」は、物質的な混沌なのか否か?
  9. 9. 問3のヒント(その1) • 「数字」はどんなふうに存在するのか? • 目の前に「1」や「2」という「もの」がある訳ではない。 • リンゴが何個かあって、それを人間が「1個」「2個」と言う。 • つまり、数字というものは精神的、観念的にある。 • 音楽も、楽器を通じて、音波や鼓膜とともに「ある」。 • その音楽は元々は観念的にある点で数字と同様である。
  10. 10. 問3のヒント(その2) • 物理定数の一覧。宇宙は各定数の絶妙なバランスの上に成り立っている。 • もし定数の値がほんの少しでも違っていたら、全く違った宇宙になる。
  11. 11. 解 答 • 全ての物質ができる前に、各物理定数(のバランス)があったと思われる。 • では物理定数ができる前に何があったか? • その意味での混沌ということで、物質上の混沌ではなく、観念上の混沌 が正解。
  12. 12. 問4 • 観念上の混沌の中にいる図の「χ(カイ)」は、いわゆる神のこ とであろう・・・。混沌の段階を次段階に進ませる主体たるχ・・・、 • では、χが現在の宇宙を創るまでをタイバネティックスの モデルで表すとどうなるか? 観念 χ
  13. 13. 問4のヒント(旧約聖書創世記より) • 1:1はじめに神は天と地とを創造された。 • 1:2地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水 のおもてをおおっていた。 • 1:3神は「光あれ」と言われた。すると光があった。 • 1:4神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分け られた。 • 1:5神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、ま た朝となった。第一日である。 • 1:6神はまた言われた、「水の間におおぞらがあって、水と水とを分 けよ」。 第二日である。 • 1:9神はまた言われた、「天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地 が現れよ」。そのようになった。 1:10神はそのかわいた地を陸と名 づけ、水の集まった所を海と名づけられた。第三日である。
  14. 14. 解 答 • 「χ=神」とすると、タイバネティックスでは当然こうなる。 • 4段階目で 物質ができる。 物理定数が決まる 原子や分子ができる

×