Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第16講 テスト

274 views

Published on

16.1

Published in: Science
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

第16講 テスト

  1. 1. 第16講 テスト 全5問
  2. 2. 第1問 住の信号の極について、誤っているものを1つ選べ。 ①権利Yと義務Wが住の信号の極である。 ②権利の行使Kと義務の遂行Rが次の段階である。 ③権利の行使Kには遭遇状態kが対応する。 ④義務の遂行Rには会合状態rが対応する。 ⑤基本的人権はYとは関係がない。
  3. 3. 正 解 ⑤ 基本的人権はもちろん権利Yである。他、様々な「~権」と 呼ばれる権利もYである。
  4. 4. 第2問 住の信号の前半について、誤っているものを選べ。 ①権利を濫用すると圧迫信号Sとなり相手を危機sにさせる。 ②義務を押し付けると拘束Gとなり相手を順応gに進める。 ③権利の濫用が更に進むとハラスメントとなり、攻撃Tである。 ④義務の押し付けが更に進むと強制Zであり、相手が服従zに なるため、集団のあり方としては理想的である。
  5. 5. 正 解 ④ 強制Zと服従zとの対応はタテ社会の成立と捉えられがちだが、 反乱段階bを用意するものでもある。
  6. 6. 第3問 住の信号後半について、誤っているものを1つ選べ。 ①用心N→防具H→法規M→義務Wへと至る流れである。 ②隙間D→武具B→領土P→権利Yへと至る流れである。 ③防犯や防災についても、徹底の度合いはNHMWで分かれる。 ④領土を広げるためには、隙間を狙い、戦闘機や軍艦を 整えるしかない。
  7. 7. 正 解 ④ 武具は必ずしも戦闘機や軍艦、銃や戦車等に限らない。 強烈な個性の持ち主、凄い才能の持ち主、何らかの勝者なども 武具Bに含まれる。それは個人でもあれば法人でもある。
  8. 8. 第4問 住の組織の法則について、誤っているものを1つ選べ。 ①政治や経営の在り方として、個人が強い組織と、何人かが 強い組織とがある。 ②前者は王や皇帝、創業者等がトップ、後者は議会政治や寡頭 政治、共和政治等である。 ③近現代は伝統的な王政や王室を排していく流れである。
  9. 9. 正 解 ③ イギリスやオランダ、日本などで王室が残っているため、 一概にそうとは言えない。また企業も同族経営が少なくないし、 アメリカも歴史が新しい国家のため王室への羨望が強く、ケネ ディファミリーやブッシュファミリー等が否定されていない。
  10. 10. 第5問 住の会話の法則について、誤っているものを1つ選べ。 ①攻撃Tを受けた防衛tが、客我化せず(=思考せず)、 自己xとなって攻撃Tに転じるコミュニケーションである。 ②個性εに自信があると(空手が強い、力がある)多い。 ③風土ρに自信があると、客我化しない。 ④周辺諸集団諸国より優れた風土では反乱bが起きにくい。
  11. 11. 正 解 ③ 「主我化しない」が正解。

×