Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Dmedia

3,535 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Dmedia

  1. 1. <ul><li>「電子メディア」も思想的な存在 </li></ul><ul><li>「どういう社会を目指し,どんな価値を実現するために電子メディアを開発するのか」 </li></ul><ul><li>電子メディアは 70 年代にアメリカ西海岸で広がった「カリフォルニア・イデオロギー」の産物 </li></ul>
  2. 2. <ul><li>60 年代以降の公民権運動,学園紛争,ベトナム反戦運動など「団塊の世代」が関わる社会的闘争 </li></ul><ul><li>フォーク,ロック,ヒッピー・ムーブメントなどの芸術運動 </li></ul><ul><li>エコロジー運動,フリーマーケット運動,ボランティアなどの市民運動 </li></ul><ul><li>知識人・学生が主体 </li></ul>
  3. 3. <ul><li>反体制 ( 反中央集権 ) </li></ul><ul><li>自律的 ( 自給自足的 ) な小社会 </li></ul><ul><li>反商業主義 ( 互恵的な交換を基盤とした小社会 ) </li></ul><ul><li>禁欲的理想主義 ( 金銭・地位などでの成功を求めない )-> 建国の理想への回帰〈草の根民主主義〉 </li></ul><ul><li>反機械文明・自然への回帰 </li></ul>
  4. 4. <ul><li>医療,エコロジー,教育など幅広い領域を対象に,市民が自発的に参加した社会運動の総称 </li></ul><ul><li>1976 年,非営利の電子情報交換システム (EIES) が NFS の助成で稼働 </li></ul><ul><li>ICT が運動体 ( コミュニティ ) を支え,広げることを実証 </li></ul><ul><li>-> リップナック + スタンプス (1984) 『ネットワーキング―ヨコ型情報社会への潮流―』 </li></ul>
  5. 5. <ul><li>権力を否定し「知」を共有・プレコラージュし「もう一つの価値観」の創造を提唱 </li></ul><ul><li>『 Whole Earth Catalogue 』 ( 69 年 ): </li></ul><ul><li>スチュアート = ブラント </li></ul><ul><li>エコロジカル・ライフスタイ </li></ul><ul><li>ルの原点 ( 地球を守るために ) </li></ul>
  6. 6. <ul><li>ブラントは 85 年, BBS( 電子会議室 ) として WELL (Whole Earth ‘ Lectronic Link) を開設。ベイエリアの若者数百人から出発し,全世界で 1 万人を超える“ヴァーチャル・コミュニティ”に発展 </li></ul><ul><li>-> ハワード・ラインゴールド (1995) 『バーチャル・コミュニティ―コンピュータ・ネットワークが創る新しい社会』 </li></ul>
  7. 7. <ul><li>西海岸のヘビー・デューティー・ファッション,バックパッキング,サーフィン,フォーク,ロック </li></ul><ul><li>エコロジー ( 反原発 ) 運動->琵琶湖富栄養化防止条例 (80.7) </li></ul><ul><ul><li>合成洗剤の使用・販売・贈答の禁止 </li></ul></ul><ul><li>メディアは“公” ( お上 ) の専決事項とする意識 </li></ul>
  8. 8. <ul><li>“ 軍”という超法規的存在がない ( 自衛隊は無線・有線で独自通信網を構築してはいたが … ) </li></ul><ul><li>通信事業は日本電信電話公社 ( 電電公社 ) が独占。電電公社以外の人や組織が,公道に通信回線を敷設したり,通話・データ通信を中継・交換することは違法 (85 年 6 月 30 日まで ) </li></ul>
  9. 9. <ul><li>80 年代前半にニューメディア,および地域情報化ブーム </li></ul><ul><li>テレトピア ( 郵政省 ) ・ NM コミュニティ ( 通産省 ) ・グリーントピア ( 農林省 ) など政府主導で展開した地域情報化プロジェクト </li></ul><ul><li>ICT を用い,政府・自治体がユートピアを築きうるというイデオロギー </li></ul>
  10. 10. <ul><li>理科少年・メカ好き少年 ( 年齢不問 ) が多い日本 ( 元祖・秋葉系 ) </li></ul><ul><li>1970 年代後半から,マイコン,プログラミングへの強い関心 </li></ul><ul><li>8 ビット・パソコンの“国民機” PC-8801 シリーズ, </li></ul><ul><li>MZ-80B </li></ul>
  11. 11. <ul><li>専門誌に掲載されたプログラムを打ち込む (-> カセットテープに記録 ) </li></ul><ul><li>ゲームを中心にパッケージ・ソフトの販売 ( ハドソン ) 。趣味としてのプログラミング </li></ul><ul><li>83 年に任天堂「ファミリーコンピューター」が成功した背景には,層が厚く,裾野も広いプログラマー人口 </li></ul>
  12. 12. <ul><li>85 年の“通信自由化”以降,日本的な草の根 BBS ,パソコン通信の文化が,インターネットの普及までの間,大輪の花を咲かせることになる … </li></ul>
  13. 13. <ul><li>Bulletin Board System </li></ul><ul><li>草の根 (grass-roots) の冠詞も </li></ul><ul><li>電話回線を使用するため,電話料金の制約から,遠方との接続を想定しておらず,地域コミュニティに住む人たちを参加者として想定 </li></ul>
  14. 14. <ul><li>Community Memory->1975 年にバークレーで開始された BBS 。母体は Homebrew Computer Club 。“二人のスティーブ”が中心的人物 </li></ul><ul><ul><li>コミュニティの生活や遊びの道具 </li></ul></ul><ul><ul><li>共有の記憶庫 </li></ul></ul><ul><ul><li>PC や BBS で,コミュニティが必要とするサービス,技能,教育などの手助け </li></ul></ul>
  15. 15. <ul><li>社会学者, R. オルデンバーグの概念 </li></ul><ul><li>住む場所,働く場所と並ぶ第三の場所 </li></ul><ul><li>陽気に楽しむ場所。溜まり場 </li></ul><ul><li>遊び感覚にあふれていて,常連たちにより場所の性格が規定される </li></ul><ul><li>ハバーマスが指摘した公共圏 ( サロンやカフェ ) の見直し </li></ul>
  16. 16. <ul><li>85 年以降, 10 年間ほど隆盛。大手のパソコン通信サービスが登場しても,地域性を武器に生き残る </li></ul><ul><li>ホストもパソコンで動くプログラム </li></ul><ul><li>掲示板だけでなく,バイナリファイルのアーカイブ機能も </li></ul>
  17. 17. <ul><li>1985 年時点の NTT の通話料 </li></ul><ul><ul><li>市内― 3 分 10 円 ( 割引制度なし ) </li></ul></ul><ul><ul><li>320km 超― 3 分 400 円 ( 夜間 :240 円 ) </li></ul></ul><ul><li>2006 年時点の NTT の通話料 </li></ul><ul><ul><li>市内― 3 分 8.5 円 ( フレッツなど定額制 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>県内市外 60km 超― 3 分 40 円 </li></ul></ul><ul><ul><li>県外市外 100km 超― 3 分 80 円 </li></ul></ul>
  18. 18. <ul><li>日本で「個人や有志でメディアを持てる時代」の魁 </li></ul><ul><li>個人がホスト局を開設できた ( ただし電話 1 回線が塞がる ) </li></ul><ul><li>地域の同好の士とつながれた </li></ul><ul><li>オフライン・ミーティング ( オフ会 ) も,地域性がある草の根 BBS が事実上のルーツとみられる </li></ul>
  19. 19. <ul><li>1987 年開局。会員数 4 万,回線数 100 と草の根で最大規模 </li></ul><ul><li>CG画像系専門の「 @GCGB 」 が,同人系に人気 ( 大手では不可能な「版権モノ」の交換が可能だったから ) </li></ul><ul><li>オタク =PC マニア = 同人誌が好き ( コミケ好き ) という元祖アキバ系結合 </li></ul>
  20. 20. <ul><li>アスキーネット :85 年。開始直後に 5 万人の会員 </li></ul><ul><li>PC-VAN(NEC):86 年 4 月 </li></ul><ul><li>Nifty-Serve( 富士通 ):87 年 4 月。米 CompuServe と提携。 90 年に 10 万人 </li></ul><ul><li>専用通信ソフトやメーラーを用意 </li></ul>
  21. 21. <ul><li>On-Line interactive communities </li></ul><ul><li>「現在進行中のプロセス ( ネットワークを通じて交わされるコミュニケーション ) の積極的な参加者となり,相互作用を通じて,そのプロセスに貢献することであり, ( 略 ) 単にネットワークから情報を得ることではない」 </li></ul><ul><li>リックライダー & テイラー (1968) 『コミュニケーション装置としてのコンピュータ』 </li></ul>
  22. 22. <ul><li>1972 年,電子メール・プログラム ( レイ・トムリンソン @BNN 社 ) </li></ul><ul><li>1 対 n の同報機能も実装->メーリングリスト,さらにネットニュースへ </li></ul><ul><li>1979 年,ニューズグループ ( ネットニュース ) の総体として USENET が組織化 ( 民間人も参加可能 ) </li></ul>
  23. 23. <ul><li>ユーザーの投稿は,ニューズサーバーに蓄積される。 P2P 的に,各地に配置されたサーバーに同一内容が転送されて保存される </li></ul><ul><li>読む際は専用のニュースリーダーを使う </li></ul><ul><li>話題ごとにカテゴリが作られ,管理人 ( 主に大学関係者 ) が選ばれる。日本では, fj.comp.music など </li></ul>
  24. 24. <ul><li>84 年 :JUNET( 学術研究用 ) </li></ul><ul><li>87 年 :Inet Club( 国際科学技術通信網利用クラブ ) </li></ul><ul><li>研究者のボランティアによる運営 </li></ul><ul><li>88 年 :WIDE プロジェクト </li></ul>
  25. 25. <ul><li>OSI (open system interconnection) の一つである, X.400 MHS (Message Handling System ,日本での規格名称は JUST PC 規格 ) で相互接続 </li></ul><ul><li>各 BBS でゲートウェイ・サーバーを用意 </li></ul><ul><li>Nifty 内は QGB01557 の ID にメールを送れたが, [email_address] 宛てに INET からメール送信 </li></ul>
  26. 26. <ul><li>90 年代後半に,パソコン通信大手が, ISP に転身し,サービスを TCP/IP ベースで展開したため,インターネット文化に併合される </li></ul><ul><li>利用人口と層の広さのために,インターネットにパソコン通信・ BBS のカルチャーが流れ込み,徐々に融合 ( 融合しきれない面も ) </li></ul>
  27. 27. <ul><li>WIDE( 研究者 ) とパソ通 ( 民間人 ) </li></ul><ul><li>レス←->リプライ </li></ul><ul><li>アップロード / ダウンロード←->プット・ゲット </li></ul><ul><li>タイトルは 1 バイト←-> 2 バイト </li></ul><ul><li>全文を引用←->必要な箇所だけ引用 </li></ul><ul><li>カキコ←->なにそれ,ありえん !! </li></ul><ul><li>(^_^)(^^;) ←-> :-) </li></ul>
  28. 28. <ul><li>メアド </li></ul><ul><li>亀レス </li></ul><ul><li>塩漬け </li></ul><ul><li>ROM(←->Luker: ラーカー ) </li></ul><ul><li>DOM </li></ul><ul><li>みかか </li></ul><ul><li>切り番 </li></ul><ul><li>タコ </li></ul>
  29. 29. <ul><li>匿名性 ( ハンドルネーム ) </li></ul><ul><li>ROM </li></ul><ul><li>ジャンク ( ゴミ ) 情報 ( 冗長性 ) </li></ul><ul><li>フレーミング ( 悪罵の応酬 ) </li></ul><ul><li>自作自演 </li></ul><ul><li>人格の変容 / 多重性 ( ネカマ ) </li></ul><ul><li>チェーン・メール </li></ul>

×