Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

01 02

941 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

01 02

  1. 1. 電子書籍 その限界と可能性
  2. 2. 書籍売上の落ち込み http://www.ajpea.or.jp/statistics/statistics.html
  3. 3. http://www.1book.co.jp/003191.html より作成
  4. 4. ロングテール <ul><li>売れている商品は上位の 20% に過ぎない </li></ul><ul><li>殆どの商品あまり売れず、横並び </li></ul>いかにロングテール部の商品を売り込むかが重要 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h18/html/i1440000.html
  5. 5. 書店の課題 <ul><li>数多くのロングテール商品を取り揃えなくてはいけない </li></ul><ul><li>しかし全体としては売上は減少している </li></ul><ul><li>将来に成長の見込みなし </li></ul><ul><li>売上は落ち、在庫維持費だけはかさむ </li></ul><ul><li>多くの種類を取り揃えられず、客足が遠のく負のスパイラル </li></ul>書店に未来はないのか・・・?
  6. 6. アマゾンの躍進 http://www.garbagenews.net/archives/634009.html
  7. 7. アマゾンの強み <ul><li>豊富な品ぞろえ </li></ul><ul><li>検索により簡単に </li></ul><ul><li> 目当ての本を探せる </li></ul><ul><li>パーソナライゼーションにより、そのヒトの趣向にあった本を売り込める </li></ul><ul><li>アフィリエイト </li></ul><ul><li>家にいながらにして注文、あとは自宅に届くのを待つだけ </li></ul><ul><li>送料無料 </li></ul>Web 技術を活用し、ロングテール商品を売りこむ
  8. 8. アマゾンの電子書籍「 Kindle 」 <ul><li>低価格 </li></ul><ul><ul><li>259 ドル  ( 約 2 万 3000 円 ) </li></ul></ul><ul><li>電子ペーパー </li></ul><ul><ul><li>消費電力が少ない </li></ul></ul><ul><ul><li>電源を切っても画面が消えない </li></ul></ul><ul><ul><li>目に優しい </li></ul></ul><ul><li>携帯電話網を利用し、 PC を介さずに書籍をダウンロード出来る </li></ul>
  9. 9. 電子書籍市場 http://mediabeat.jp/creator_01.html
  10. 10. 電子書籍のメリット① <ul><li>価格が安くなる </li></ul><ul><ul><li>印刷や製本などのコストが掛からないため、安くできる </li></ul></ul><ul><li>いつでも買える </li></ul><ul><ul><li>携帯電話網に繋げさえすれば、いつでも購入可能 </li></ul></ul><ul><ul><li>時間、場所を気にする必要がない </li></ul></ul><ul><li>検索機能 </li></ul><ul><ul><li>求めている本を簡単に探すことができる </li></ul></ul><ul><li>すぐ読める </li></ul><ul><ul><li>購入してから届くのを待つ必要もない。 </li></ul></ul>
  11. 11. 電子書籍のメリット② <ul><li>資源を削減 </li></ul><ul><ul><li>紙を使用しないので、環境にやさしい </li></ul></ul><ul><li>絶版がなくなる </li></ul><ul><ul><li>電子情報なので、売り切れることがない </li></ul></ul><ul><li>誰でも簡単に出版可能 </li></ul><ul><ul><li>会社を通さず個人でも可能。ブログを書くようなもの。 </li></ul></ul><ul><li>収納スペースを削減できる </li></ul><ul><ul><li>大量の本でも、ひとつのデバイスに入れることができる </li></ul></ul>
  12. 12. 電子書籍のデメリット① <ul><li>作品が少ない </li></ul><ul><ul><li>好きな作家の作品が電子書籍で読めるかというと? </li></ul></ul><ul><li>表現力 </li></ul><ul><ul><li>電子ペーパーや液晶ディスプレイは、紙には劣る </li></ul></ul><ul><li>読書スタイルの大幅な変化 </li></ul><ul><ul><li>重いデバイスで読むので、読みにくい、手が疲れる </li></ul></ul><ul><ul><li>多くの場合画面が見づらい、画像が荒い </li></ul></ul><ul><li>これらは、将来改善されていく </li></ul>
  13. 13. 電子書籍のデメリット② <ul><li>・著作権 </li></ul><ul><ul><li>デジタルデータなので、コピーされ配布される可能性がある </li></ul></ul><ul><ul><li>強力な著作権保護機能がつけば、自分の書籍なのにデータを移せない不便が生じる </li></ul></ul><ul><li>・電子化権利問題 </li></ul><ul><ul><li>書籍などは誰に権利があるのかはっきりせず、電子化の際に利害関係者に了承を取るのが難しい </li></ul></ul><ul><li>・既存の書店・出版社への影響 </li></ul><ul><ul><li>書店や出版社は大ダメージを被る </li></ul></ul><ul><ul><li>特に書店は電子書籍との共生は 不可能 </li></ul></ul>
  14. 14. Apple iPad <ul><li>洗練されたデザイン </li></ul><ul><li>携帯電話網に接続、どこでもインターネットを使える (3G 版 ) </li></ul><ul><li>様々なアプリケーションを使える。電子ブックリーダー (iBooks) はその中の 1 つ </li></ul><ul><li>画面が大きな iPhone </li></ul><ul><li>iPhone ができること ≒ iPad ができること </li></ul>
  15. 15. 書籍の未来 <ul><li>ほとんどが電子書籍に </li></ul><ul><li>紙の書籍は高級な嗜好品へ </li></ul><ul><li>書籍の表現力が向上する </li></ul><ul><ul><li>動画、音声、ハイパーリンク </li></ul></ul><ul><ul><li>『 Alice for the iPad 』← iPad にしかできない表現 </li></ul></ul><ul><ul><li>http://www.dailymotion.com/video/xd0hf1_alice-for-the-ipad_shortfilms </li></ul></ul><ul><li>書店はほとんどが倒産 </li></ul><ul><li>出版業界は縮小、大幅な再編が進む </li></ul>
  16. 16. おわり

×