Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

仮想通貨ボットサービスによるJSボット作成

189 views

Published on

仮想通貨取引ボットをJavaScriptで作る方法について

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

仮想通貨ボットサービスによるJSボット作成

  1. 1. 仮想通貨ボットサービスによる JSボット作成
  2. 2. 自己紹介 名前: Yamada Shinji (devneko) GitHub: dotneet (chromy, bpush, nuxt-device-detect, nuxtend) Twitter: @santa128bit ウェブアプリやスマホアプリの開発をするフリーランス。 最近興味ある技術 Vue/Nuxt/Kubernetes など。 ブロックチェーン関連技術も勉強中。bitcoinのウォレットやトランザクションの 仕組みを最近知って驚愕中。 なお、発表者はスライド内で取り上げるサービスの関係者です。
  3. 3. 仮想通貨取引ボットを作る方法 ・オープンソースの仮想通貨ボットを使う(Gekko, Zenbot) 用意された取引戦略にパラメータを指定して実行する。国内取引所のサポートが あまりない。(Gekkoはzaifをサポートしている) ・取引所APIで自分で実装(ccxtというライブラリが便利) ccxtを使えば取引所のサポートは十分。戦略の実装とサーバーの用意が大変。 ・クラウドの取引ボットサービスを使う(CryptoTrader, CoinTrader) サーバーを用意しなくていい、取引戦略も用意されたものがある。でも有料。
  4. 4. JavaScriptでボットを作るには? 前のページのすべての方法でJavaScriptによるボットを作ることができる。 ・OSSのGekko、ZenbotはいずれもJavaScriptによる実装が可能。 ・ccxtは基本nodejsでPHP、Pythonもサポート。(JavaScriptのソースからPHP、 Pythonにトランスパイルするという驚異の多言語対応) ・クラウドボットサービスはCryptoTraderが最大手だが、言語はCoffeeScript。国 内サービスであるCoinTrader(cointrader.co.jp)はJavaScript でボットを実装でき る。(※同名の詐欺の疑いがあるサイトがあるのでご注意ください。)
  5. 5. クラウドサービスのメリット/デメリット メリット (全体的に楽) ・サーバーを用意しなくていい ・メール通知が使えたり細かい取引所の問題を吸収してくれてたりする デメリット (カスタマイズには制限がある) ・決められた仕組みで実装する必要がある ・マシンリソースや使用できるライブラリなどに制限がある
  6. 6. 実際にCoinTraderでJSのボットを作るには デモします。うまくできなかったらすみません。 ボットの実装Tips: トレンドの分析には指数平滑移動平均(EMA)という、最近の値を強く反映させた 移動平均を使うのことが多いようです。 また、売買のタイミングを見計らうのに、標準偏差から計算するボリンジャーバ ンドというものもよく使われます。
  7. 7. 最後に ・取引戦略を追求したい人はOSSや取引所APIを使った方が良い ・カスタマイズの幅が少なめでも気軽に始めたい人はクラウドボットサービスを 使ってみてみよいかも ・やや宣伝くさくてすみません

×