SlideShare a Scribd company logo
1 of 22
Download to read offline
楽天がCloudFoundryを選んだ理由
楽天が            を んだ理由


          楽天株式会社
    DU グループインフラ構築・運用課
            葉山 剛
           2011/11/8
アジェンダ


• 楽天の紹介
  楽天の

• なぜ PaaS Cloudなのか
               なのか

• なぜ
  なぜCloudFoundryなのか
                なのか

• 楽天のシステム開発の方向性
  楽天のシステム開発の
         開発
楽天Cloudの目指す方向性




クラウドを活用して、世界で てる、スピード感
クラウドを活用して、世界で勝てる、スピード感のある
       して
開発体制を
開発体制を築くこと
楽天の紹介

•   グループ社員数 7000人
    グループ社員数 約7000人
•   市場・トラベルをはじめ 40以上 サービスを
           をはじめ、 以上の
    市場・トラベルをはじめ、40以上のサービスを提供
•            8000万件以上
    市場登録商品数 8000万件以上
•   グループ流通額 2.6兆円
    グループ流通額 2.6兆円      グループ流通額
                       グループ流通額        (単位 億円
                                       単位:10億円
                                       単位 億円)

                        Edy及びクレジットカード決済額
    楽天市場
                        Eコマース及びトラベル
楽天の海外展開


     • 海外 ヶ国に進出
       海外10ヶ
     • 将来的には ヶ国以上に進出、グローバル化を加速
       将来的には20ヶ国以上に進出、グローバル化
           には

England
          Germany




                              Brazil
グローバルにおける楽天のポジション

 ユニークビジター数による小売/オークションサイト グローバルランキング 2011

   (単位:千人)




                              出典: comScore Media Metrics



世界一のインターネット企業になるには、技術開発でもトップを
世界一のインターネット企業になるには、技術開発でもトップを
           企業になるには     でもトップ
目指す必要がある
目指す必要がある
楽天の開発体制


• 日本国内に1000人以上 (外国籍が2割以上)
  日本国内に    人以上 外国籍が 割以上
                     割以上)
• 年間約1000件の開発プロジェクト
  年間約    件 開発プロジェクト
• 短いものでは数日で起案・開発・リリース
   いものでは数日 起案・開発・
          数日で
• 開発・運用のほとんどが内製
  開発・運用のほとんどが
        のほとんどが内製
Private IaaSクラウドの展開


• 2010年後半から、IaaS Cloudを利用開始
      年後半から
      年後半から、          を
• 1000台以上の仮想マシンが稼動中(開発環境を含む)
      台以上の
      台以上 仮想マシン
              マシンが       開発環境を
                         開発環境

• 構築リードタイムの短縮と、機器集約によるコスト削減を実現
  構築リードタイム 短縮と 機器集約によるコスト削減
      リードタイムの             によるコスト削減を


      楽天IaaSクラウドのVM数推移(2011年)
楽天IaaSクラウドでの課題


• 分業体制が温存される
  分業体制が温存される
  – アプリケーションはアプリエンジニア
    アプリケーションは
  – OS/ミドルウェアはインフラエンジニア
       ミドルウェアは
       ミドルウェア

                          リリース
               アプリエンジニア     したい

                              設定は
                              設定は?



役割分担
の境界    アプリケーション                            アプリケーション

        ミドルウェア                              ミドルウェア
                              インフラエンジニア
          OS                                  OS


                                          IaaSサーバー
                                              サーバー
       物理サーバー
       物理サーバー

         コミュニケーション工数が発生し
         コミュニケーション工数が発生し続ける
                  工数
PaaSクラウド導入の目的

• 不要なコミュニケーションを減らして、開発スピードを上げる
  不要なコミュニケーションを らして、開発スピード
                      スピードを
• IaaS以上にリソース変更を容易にする
      以上にリソース変更を容易にする
      以上     変更
• 導入時にシステムの標準化を進めて、全体的な開発効率を上げる
  導入時にシステムの標準化を めて、全体的な開発効率を

                  サービス開発に
                  サービス開発に専念
                      開発




役割分担   アプリエンジニア
の境界                           インフラを意識せず利用
                              インフラを意識せず利用
                                     せず


                                 プラットフォーム運用に
                                 プラットフォーム運用に専念
                                         運用

                         PaaS
                        クラウド


                                     インフラエンジニア
Private or Public

• Private Cloudの必要性
               の
  – 個人情報は最も重要な資産
    個人情報は   重要な
  – インフラ技術を保持し続けることの重要性
    インフラ技術を保持し けることの重要性
        技術
• Private にも
          にもPublic並みの機能性が必要
                  並みの機能性
                     機能性が
  – 汎用的ではなく、楽天の開発に特化したもの
    汎用的ではなく、楽天の開発に特化したもの
       ではなく

     Public Cloud                       Private Cloud



                         同じ機能性
なぜCloudFoundryなのか

• オープンソース
• IaaSとの完全な分離
      との完全な
      との完全
• 拡張性の高いアーキテクチャー
  拡張性の
• 対応言語の多さ
  対応言語の
オープンソース

• Privateで利用できる、数少ないオープンなPaaSプラットフォーム
         で利用できる、数少ないオープンな
            できる   ないオープン     プラットフォーム

• コアな技術を自社でコントロールできる
  コアな技術を自社でコントロールできる
  – 自分達を製品に合わせるのではなく、製品を自分達に合わせる
    自分達を製品に わせるのではなく、製品を自分達に




        CloudFoundryソースレポジトリ
IaaSとの完全な分離



• IaaSレイヤーを自由に選択できる
      レイヤーを自由に選択できる
      レイヤー
   – VMware vSphere以外でも動作可能
                   以外でも
                   以外でも動作可能
  – 将来的にHybridCloud化も視野に
    将来的に           化 視野に



              Rakuten PaaS Cloud

                Cloud Foundry
                                   Public
     VMware    Xen        KVM
                                   Cloud
拡張性の高いアーキテクチャ

• Kernelが明確に分離されている
         が明確に分離されている
• Serviceとして周辺機能を追加できる
         として周辺機能を追加できる
         として周辺機能
  – 社内のAPI接続や、独自のDB機能等をServiceとして 拡充予定
    社内の   接続や 独自の 機能等
          接続       機能等を       として



                         Service
                         MySQL

                         MongoDB
       CloudFoundry
          Kernel          Redis

                       Rakuten API

                      Rakuten DBaaS
対応言語の多さ


• 楽天では主にJava/PHP/Rubyでサービス開発を実施
  楽天では主
    では               でサービス開発
                          開発を
  ⇒PHPが追加されたことで、移行できるサービスが増加
      が追加されたことで 移行できるサービスが
         されたことで、  できるサービス
• JavaはSpring FrameworkベースでOpenPaaS対応も
      は                ベースで
                       ベース         対応も
                                   対応


       初期からの言語
       初期からの言語
         からの                追加された言語
                            追加された言語
                              された




                     +
楽天PaaSアーキテクチャー


     Cloud Foundry                                  PaaS Platform     自社開発

                                                      PaaS Admin
                                                         Tools

                                                      Log Manager


                                                     Authentication
                                                       Manager

                                                      Source Code
                                                      Management


                                                      ChargeBack
                                Rakuten API
                     DBaaS
                                 services


IaaS Platform
 IaaS Admin
                             Virtual Machine Pool
    Tools
CloudFoundryの課題


■まだ発展途上のプラットフォームである
 まだ発展途上のプラットフォームである
   発展途上

 • Kernelしかない
         しかない
   – Orchestrator(IaaS連携 等、足りない機能が多い
                 (    連携)等
                      連携    りない機能が
                               機能

 • シングルポイントが存在する
   シングルポイントが存在する
   – Message管理に障害が発生すると全体に影響
            管理に障害が発生すると全体に
            管理      すると全体

 • チーム開発ができない
   チーム開発ができない
      開発
   – 1アプリケーションに1アカウントが紐づいている
      アプリケーションに アカウント
      アプリケーション アカウントが

 • ログが保存されない
   ログが保存されない
   – 社内のログ保管ルールなどへの対応ができない
     社内のログ保管ルールなどへの対応ができない
          保管ルールなどへの対応

 • 認証系の機能が弱い
   認証系の機能が
   – 社内のアカウント認証機能と連携できない
     社内のアカウント認証機能と連携できない
             認証機能
CloudFoundryの課題をクリアするには


• 自らCloudFoundryを使いこなす姿勢が必要
                を いこなす姿勢
                      姿勢が
  – 修正パッチを作る
    修正パッチ
      パッチを
  – 不足している機能を準備する
    不足している機能 準備する
      している機能を


• 又は、Enterprise版CloudFoundryを待つ(2012年中
               版            を       年中?)
                                    年中




        弊社からの修正パッチ申請
今後のPaaS開発の方向性

• PaaS Cloudを2012年初頭に利用開始
            を    年初頭に
                 年初頭
• 機能の拡充を図りながら、グローバルな開発基盤として展開
  機能の拡充を りながら、グローバルな開発基盤として展開
                        として
                                                                         グローバル展開
                                                                         グローバル展開
                                                            言語毎SDK
                                                            言語毎SDK
                                                              整備


                                                                     楽天グループ内サービスの
                                                                     楽天グループ内サービスの
                                                                       グループ

           Private Beta
                                                                       マイグレーション

           Release
                                    開発・運用の
                                    開発・運用の自動化

                                                              Public
                                                              Release
                                selective auth repo patch
新HW/NWの
 HW/NWの                         multi-
                                multi-developer support.
            CloudFoundryの
            CloudFoundryの
  検証
                 改良             high availability for
                                message bus

                            central logging system
                            charge system
                            deploy & release
          楽天独自仕様の
          楽天独自仕様の
          インテグレーション         management
                            standard library
                            database as a service.
Conclusion

• 世界一のインターネット企業になるために、積極的な技術開発を推進する
  世界一のインターネット企業になるために、積極的な技術開発を推進する
               企業になるために
• その基盤となるCloudFoundryの発展に、今後も寄与していきたい
  その基盤となる
    基盤となる            の発展に 今後も寄与していきたい

• 一緒に世界を狙いたい方は、楽天採用ページからいつでもご応募ください!
  一緒に世界を いたい方  楽天採用ページからいつでもご応募ください!
                   ページからいつでもご応募ください
Thank You

More Related Content

What's hot

Cloud FoundryでDockerも.NETも。新しいDiegoの仕組み入門
Cloud FoundryでDockerも.NETも。新しいDiegoの仕組み入門Cloud FoundryでDockerも.NETも。新しいDiegoの仕組み入門
Cloud FoundryでDockerも.NETも。新しいDiegoの仕組み入門Kazuto Kusama
 
Cloud Foundry as Containerized Services - Cloud Foundry Days Tokyo 2016
Cloud Foundry as Containerized Services - Cloud Foundry Days Tokyo 2016Cloud Foundry as Containerized Services - Cloud Foundry Days Tokyo 2016
Cloud Foundry as Containerized Services - Cloud Foundry Days Tokyo 2016JUNICHI YOSHISE
 
SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】DeNA
 
Cloud Foundry構成概要 111018
Cloud Foundry構成概要 111018Cloud Foundry構成概要 111018
Cloud Foundry構成概要 111018Uemura Yuichi
 
AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減
AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減
AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減gree_tech
 
Infrastrucure as a CodeにおけるJenkinsの役割
Infrastrucure as a CodeにおけるJenkinsの役割Infrastrucure as a CodeにおけるJenkinsの役割
Infrastrucure as a CodeにおけるJenkinsの役割Takashi Honda
 
Infrastructure as Codeの取り組みと改善
Infrastructure as Codeの取り組みと改善Infrastructure as Codeの取り組みと改善
Infrastructure as Codeの取り組みと改善Takashi Honda
 
CEDEC2015_OpenStack で運用する Private Cloud の泥臭い(リアル)な話
CEDEC2015_OpenStack で運用する Private Cloud の泥臭い(リアル)な話CEDEC2015_OpenStack で運用する Private Cloud の泥臭い(リアル)な話
CEDEC2015_OpenStack で運用する Private Cloud の泥臭い(リアル)な話gree_tech
 
Cloud Foundry V2を、もうちょっと深掘りしよう
Cloud Foundry V2を、もうちょっと深掘りしようCloud Foundry V2を、もうちょっと深掘りしよう
Cloud Foundry V2を、もうちょっと深掘りしようKazuto Kusama
 
Garden introduction for dea users public
Garden introduction for dea users   publicGarden introduction for dea users   public
Garden introduction for dea users publicTakehiko Amano
 
CFの便利機能を他の環境でも。Open Service Broker
CFの便利機能を他の環境でも。Open Service BrokerCFの便利機能を他の環境でも。Open Service Broker
CFの便利機能を他の環境でも。Open Service BrokerKazuto Kusama
 
あるインフラエンジニアの過去と未来
あるインフラエンジニアの過去と未来あるインフラエンジニアの過去と未来
あるインフラエンジニアの過去と未来Tsubasa Hirota
 
第18回Cloud Foundry輪読会用 Buildpackを使ってアプリを 載せるためのアプローチ
第18回Cloud Foundry輪読会用 Buildpackを使ってアプリを 載せるためのアプローチ第18回Cloud Foundry輪読会用 Buildpackを使ってアプリを 載せるためのアプローチ
第18回Cloud Foundry輪読会用 Buildpackを使ってアプリを 載せるためのアプローチTakeshi Morikawa
 
[SAPPORO CEDEC] サービスの効果を高めるグリー内製ツールの技術と紹介
[SAPPORO CEDEC] サービスの効果を高めるグリー内製ツールの技術と紹介[SAPPORO CEDEC] サービスの効果を高めるグリー内製ツールの技術と紹介
[SAPPORO CEDEC] サービスの効果を高めるグリー内製ツールの技術と紹介gree_tech
 
DC/OS as PaaS : paasjp#36
DC/OS as PaaS : paasjp#36DC/OS as PaaS : paasjp#36
DC/OS as PaaS : paasjp#36JUNICHI YOSHISE
 
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望Yoichi Kawasaki
 
知って欲しいPaaSの話
知って欲しいPaaSの話知って欲しいPaaSの話
知って欲しいPaaSの話Kazuto Kusama
 
コンテナ時代にインフラエンジニアは何をするのか
コンテナ時代にインフラエンジニアは何をするのかコンテナ時代にインフラエンジニアは何をするのか
コンテナ時代にインフラエンジニアは何をするのかgree_tech
 
IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用
IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用
IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用DeNA
 

What's hot (20)

Cloud FoundryでDockerも.NETも。新しいDiegoの仕組み入門
Cloud FoundryでDockerも.NETも。新しいDiegoの仕組み入門Cloud FoundryでDockerも.NETも。新しいDiegoの仕組み入門
Cloud FoundryでDockerも.NETも。新しいDiegoの仕組み入門
 
Cloud Foundry as Containerized Services - Cloud Foundry Days Tokyo 2016
Cloud Foundry as Containerized Services - Cloud Foundry Days Tokyo 2016Cloud Foundry as Containerized Services - Cloud Foundry Days Tokyo 2016
Cloud Foundry as Containerized Services - Cloud Foundry Days Tokyo 2016
 
SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
SHOWROOMとDeNAで取り組んだライブ配信基盤刷新・超低遅延ライブ配信の裏側【DeNA TechCon 2020 ライブ配信】
 
Cloud Foundry構成概要 111018
Cloud Foundry構成概要 111018Cloud Foundry構成概要 111018
Cloud Foundry構成概要 111018
 
AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減
AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減
AWS re:invent振り返りServerlessでサーバコスト以外もいろいろ削減
 
Infrastrucure as a CodeにおけるJenkinsの役割
Infrastrucure as a CodeにおけるJenkinsの役割Infrastrucure as a CodeにおけるJenkinsの役割
Infrastrucure as a CodeにおけるJenkinsの役割
 
Infrastructure as Codeの取り組みと改善
Infrastructure as Codeの取り組みと改善Infrastructure as Codeの取り組みと改善
Infrastructure as Codeの取り組みと改善
 
CEDEC2015_OpenStack で運用する Private Cloud の泥臭い(リアル)な話
CEDEC2015_OpenStack で運用する Private Cloud の泥臭い(リアル)な話CEDEC2015_OpenStack で運用する Private Cloud の泥臭い(リアル)な話
CEDEC2015_OpenStack で運用する Private Cloud の泥臭い(リアル)な話
 
Cloud Foundry V2を、もうちょっと深掘りしよう
Cloud Foundry V2を、もうちょっと深掘りしようCloud Foundry V2を、もうちょっと深掘りしよう
Cloud Foundry V2を、もうちょっと深掘りしよう
 
Garden introduction for dea users public
Garden introduction for dea users   publicGarden introduction for dea users   public
Garden introduction for dea users public
 
CFの便利機能を他の環境でも。Open Service Broker
CFの便利機能を他の環境でも。Open Service BrokerCFの便利機能を他の環境でも。Open Service Broker
CFの便利機能を他の環境でも。Open Service Broker
 
あるインフラエンジニアの過去と未来
あるインフラエンジニアの過去と未来あるインフラエンジニアの過去と未来
あるインフラエンジニアの過去と未来
 
Keynote
KeynoteKeynote
Keynote
 
第18回Cloud Foundry輪読会用 Buildpackを使ってアプリを 載せるためのアプローチ
第18回Cloud Foundry輪読会用 Buildpackを使ってアプリを 載せるためのアプローチ第18回Cloud Foundry輪読会用 Buildpackを使ってアプリを 載せるためのアプローチ
第18回Cloud Foundry輪読会用 Buildpackを使ってアプリを 載せるためのアプローチ
 
[SAPPORO CEDEC] サービスの効果を高めるグリー内製ツールの技術と紹介
[SAPPORO CEDEC] サービスの効果を高めるグリー内製ツールの技術と紹介[SAPPORO CEDEC] サービスの効果を高めるグリー内製ツールの技術と紹介
[SAPPORO CEDEC] サービスの効果を高めるグリー内製ツールの技術と紹介
 
DC/OS as PaaS : paasjp#36
DC/OS as PaaS : paasjp#36DC/OS as PaaS : paasjp#36
DC/OS as PaaS : paasjp#36
 
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
 
知って欲しいPaaSの話
知って欲しいPaaSの話知って欲しいPaaSの話
知って欲しいPaaSの話
 
コンテナ時代にインフラエンジニアは何をするのか
コンテナ時代にインフラエンジニアは何をするのかコンテナ時代にインフラエンジニアは何をするのか
コンテナ時代にインフラエンジニアは何をするのか
 
IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用
IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用
IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用
 

Viewers also liked

E-commerce企業におけるビッグデータ活用の取り組みと今後の展望
E-commerce企業におけるビッグデータ活用の取り組みと今後の展望E-commerce企業におけるビッグデータ活用の取り組みと今後の展望
E-commerce企業におけるビッグデータ活用の取り組みと今後の展望Rakuten Group, Inc.
 
Clustrixによる社内データベースクラウド環境の提供
Clustrixによる社内データベースクラウド環境の提供Clustrixによる社内データベースクラウド環境の提供
Clustrixによる社内データベースクラウド環境の提供Rakuten Group, Inc.
 
iPhoneとAndroidのアプリ開発最新潮流
iPhoneとAndroidのアプリ開発最新潮流iPhoneとAndroidのアプリ開発最新潮流
iPhoneとAndroidのアプリ開発最新潮流Rakuten Group, Inc.
 
Bare Metal Provisioning for Big Data - OpenStack最新情報セミナー(2016年12月)
Bare Metal Provisioning for Big Data - OpenStack最新情報セミナー(2016年12月)Bare Metal Provisioning for Big Data - OpenStack最新情報セミナー(2016年12月)
Bare Metal Provisioning for Big Data - OpenStack最新情報セミナー(2016年12月)VirtualTech Japan Inc.
 
The Quality Gatekeeper Rakuten Travel QA
The Quality Gatekeeper Rakuten Travel QAThe Quality Gatekeeper Rakuten Travel QA
The Quality Gatekeeper Rakuten Travel QARakuten Group, Inc.
 
Creating a team of DevOps “Super Sentai”
Creating a team of DevOps “Super Sentai”Creating a team of DevOps “Super Sentai”
Creating a team of DevOps “Super Sentai”Rakuten Group, Inc.
 
Rakuten Ichiba_Rakuten Technology Conference 2016
Rakuten Ichiba_Rakuten Technology Conference 2016Rakuten Ichiba_Rakuten Technology Conference 2016
Rakuten Ichiba_Rakuten Technology Conference 2016Rakuten Group, Inc.
 
楽天のプライベートクラウドを支えるフラッシュストレージ
楽天のプライベートクラウドを支えるフラッシュストレージ楽天のプライベートクラウドを支えるフラッシュストレージ
楽天のプライベートクラウドを支えるフラッシュストレージRakuten Group, Inc.
 
USING VISION SENSORS FOR INNOVATIVE HCI
USING VISION SENSORS FOR INNOVATIVE HCIUSING VISION SENSORS FOR INNOVATIVE HCI
USING VISION SENSORS FOR INNOVATIVE HCIRakuten Group, Inc.
 
Huge Enterprise Systems Architecture Design with Java EE
Huge Enterprise Systems Architecture Design with Java EEHuge Enterprise Systems Architecture Design with Java EE
Huge Enterprise Systems Architecture Design with Java EERakuten Group, Inc.
 
楽天トラベルの開発プロセスに関して
楽天トラベルの開発プロセスに関して楽天トラベルの開発プロセスに関して
楽天トラベルの開発プロセスに関してRakuten Group, Inc.
 
あらためて考える、これからの仮想化インフラのためのデータセンター
あらためて考える、これからの仮想化インフラのためのデータセンターあらためて考える、これからの仮想化インフラのためのデータセンター
あらためて考える、これからの仮想化インフラのためのデータセンターVirtualTech Japan Inc.
 
IBM Watson Question-Answering System and Cognitive Computing
IBM Watson Question-Answering System and Cognitive ComputingIBM Watson Question-Answering System and Cognitive Computing
IBM Watson Question-Answering System and Cognitive ComputingRakuten Group, Inc.
 
Sora Raku (Rakuten Drone Project)
Sora Raku (Rakuten Drone Project)Sora Raku (Rakuten Drone Project)
Sora Raku (Rakuten Drone Project)Rakuten Group, Inc.
 

Viewers also liked (16)

E-commerce企業におけるビッグデータ活用の取り組みと今後の展望
E-commerce企業におけるビッグデータ活用の取り組みと今後の展望E-commerce企業におけるビッグデータ活用の取り組みと今後の展望
E-commerce企業におけるビッグデータ活用の取り組みと今後の展望
 
Clustrixによる社内データベースクラウド環境の提供
Clustrixによる社内データベースクラウド環境の提供Clustrixによる社内データベースクラウド環境の提供
Clustrixによる社内データベースクラウド環境の提供
 
iPhoneとAndroidのアプリ開発最新潮流
iPhoneとAndroidのアプリ開発最新潮流iPhoneとAndroidのアプリ開発最新潮流
iPhoneとAndroidのアプリ開発最新潮流
 
Bare Metal Provisioning for Big Data - OpenStack最新情報セミナー(2016年12月)
Bare Metal Provisioning for Big Data - OpenStack最新情報セミナー(2016年12月)Bare Metal Provisioning for Big Data - OpenStack最新情報セミナー(2016年12月)
Bare Metal Provisioning for Big Data - OpenStack最新情報セミナー(2016年12月)
 
Introduction to Mindfulness
Introduction to MindfulnessIntroduction to Mindfulness
Introduction to Mindfulness
 
The Quality Gatekeeper Rakuten Travel QA
The Quality Gatekeeper Rakuten Travel QAThe Quality Gatekeeper Rakuten Travel QA
The Quality Gatekeeper Rakuten Travel QA
 
Intro to GraphQL
 Intro to GraphQL Intro to GraphQL
Intro to GraphQL
 
Creating a team of DevOps “Super Sentai”
Creating a team of DevOps “Super Sentai”Creating a team of DevOps “Super Sentai”
Creating a team of DevOps “Super Sentai”
 
Rakuten Ichiba_Rakuten Technology Conference 2016
Rakuten Ichiba_Rakuten Technology Conference 2016Rakuten Ichiba_Rakuten Technology Conference 2016
Rakuten Ichiba_Rakuten Technology Conference 2016
 
楽天のプライベートクラウドを支えるフラッシュストレージ
楽天のプライベートクラウドを支えるフラッシュストレージ楽天のプライベートクラウドを支えるフラッシュストレージ
楽天のプライベートクラウドを支えるフラッシュストレージ
 
USING VISION SENSORS FOR INNOVATIVE HCI
USING VISION SENSORS FOR INNOVATIVE HCIUSING VISION SENSORS FOR INNOVATIVE HCI
USING VISION SENSORS FOR INNOVATIVE HCI
 
Huge Enterprise Systems Architecture Design with Java EE
Huge Enterprise Systems Architecture Design with Java EEHuge Enterprise Systems Architecture Design with Java EE
Huge Enterprise Systems Architecture Design with Java EE
 
楽天トラベルの開発プロセスに関して
楽天トラベルの開発プロセスに関して楽天トラベルの開発プロセスに関して
楽天トラベルの開発プロセスに関して
 
あらためて考える、これからの仮想化インフラのためのデータセンター
あらためて考える、これからの仮想化インフラのためのデータセンターあらためて考える、これからの仮想化インフラのためのデータセンター
あらためて考える、これからの仮想化インフラのためのデータセンター
 
IBM Watson Question-Answering System and Cognitive Computing
IBM Watson Question-Answering System and Cognitive ComputingIBM Watson Question-Answering System and Cognitive Computing
IBM Watson Question-Answering System and Cognitive Computing
 
Sora Raku (Rakuten Drone Project)
Sora Raku (Rakuten Drone Project)Sora Raku (Rakuten Drone Project)
Sora Raku (Rakuten Drone Project)
 

Similar to 楽天がCloud foundryを選んだ理由

ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1
ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1
ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1Satoshi Ueno
 
2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~
2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~
2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~Takeshi Shinmura
 
Circle of Code with Cloud Foundry
Circle of Code with Cloud FoundryCircle of Code with Cloud Foundry
Circle of Code with Cloud FoundryTomohiro Ichimura
 
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~Masanori Itoh
 
とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例agileware_jp
 
Ossを使ったazureでのdev ops
Ossを使ったazureでのdev opsOssを使ったazureでのdev ops
Ossを使ったazureでのdev ops裕貴 荒井
 
インフラチームとCCoEの関係.pptx
インフラチームとCCoEの関係.pptxインフラチームとCCoEの関係.pptx
インフラチームとCCoEの関係.pptxssuser5c7ee4
 
Enterprise Development Conference 2016 プライベートPaaSが実現するアジャイル開発と次世代型アプリケーションの実例
Enterprise Development Conference 2016 プライベートPaaSが実現するアジャイル開発と次世代型アプリケーションの実例Enterprise Development Conference 2016 プライベートPaaSが実現するアジャイル開発と次世代型アプリケーションの実例
Enterprise Development Conference 2016 プライベートPaaSが実現するアジャイル開発と次世代型アプリケーションの実例JUNICHI YOSHISE
 
ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2
ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2
ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2Satoshi Ueno
 
Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...
Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...
Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...Shinichiro Arai
 
Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)
Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)
Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)TIS Inc.
 
2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)
2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)
2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)Kyoko Ohtagaki
 
JSUG 2018/02/05 SpringOnePlatform2017参加報告 プラットフォーム関連のお話
JSUG 2018/02/05 SpringOnePlatform2017参加報告 プラットフォーム関連のお話JSUG 2018/02/05 SpringOnePlatform2017参加報告 プラットフォーム関連のお話
JSUG 2018/02/05 SpringOnePlatform2017参加報告 プラットフォーム関連のお話Yahoo!デベロッパーネットワーク
 
Case study of DevOps for Hadoop in Recruit.
Case study of DevOps for Hadoop in Recruit.Case study of DevOps for Hadoop in Recruit.
Case study of DevOps for Hadoop in Recruit.Recruit Technologies
 
OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304
OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304
OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304Shinichiro Arai
 

Similar to 楽天がCloud foundryを選んだ理由 (20)

ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1
ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1
ニフティクラウドC4SA_ご紹介資料ver.1.1
 
Force.com開発基礎
Force.com開発基礎Force.com開発基礎
Force.com開発基礎
 
2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~
2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~
2011年マイクロソフト テクノロジー振り返り~開発編~
 
Circle of Code with Cloud Foundry
Circle of Code with Cloud FoundryCircle of Code with Cloud Foundry
Circle of Code with Cloud Foundry
 
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
OpenStackプロジェクトの全体像~詳細編~
 
とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例
 
Serverless for VUI
Serverless for VUIServerless for VUI
Serverless for VUI
 
20170705 apiをつくろう
20170705 apiをつくろう20170705 apiをつくろう
20170705 apiをつくろう
 
Heroku Inside
Heroku InsideHeroku Inside
Heroku Inside
 
Ossを使ったazureでのdev ops
Ossを使ったazureでのdev opsOssを使ったazureでのdev ops
Ossを使ったazureでのdev ops
 
インフラチームとCCoEの関係.pptx
インフラチームとCCoEの関係.pptxインフラチームとCCoEの関係.pptx
インフラチームとCCoEの関係.pptx
 
Enterprise Development Conference 2016 プライベートPaaSが実現するアジャイル開発と次世代型アプリケーションの実例
Enterprise Development Conference 2016 プライベートPaaSが実現するアジャイル開発と次世代型アプリケーションの実例Enterprise Development Conference 2016 プライベートPaaSが実現するアジャイル開発と次世代型アプリケーションの実例
Enterprise Development Conference 2016 プライベートPaaSが実現するアジャイル開発と次世代型アプリケーションの実例
 
ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2
ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2
ニフティクラウド C4 sa ご紹介資料ver.1.2
 
Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...
Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...
Cloud Days Tokyo 2015 "オンプレミス環境のクラウド化と運用を楽にする OpenStack ソリューション ~ハイブリッド・クラウドを...
 
Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)
Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)
Scalable Generator: Using Scala in SIer Business (ScalaMatsuri)
 
2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)
2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)
2014.07.05 Drupal PaaS でASWを活用する(Kyoko Ohtagaki)
 
JSUG 2018/02/05 SpringOnePlatform2017参加報告 プラットフォーム関連のお話
JSUG 2018/02/05 SpringOnePlatform2017参加報告 プラットフォーム関連のお話JSUG 2018/02/05 SpringOnePlatform2017参加報告 プラットフォーム関連のお話
JSUG 2018/02/05 SpringOnePlatform2017参加報告 プラットフォーム関連のお話
 
Case study of DevOps for Hadoop in Recruit.
Case study of DevOps for Hadoop in Recruit.Case study of DevOps for Hadoop in Recruit.
Case study of DevOps for Hadoop in Recruit.
 
Case study of DevOps for Hadoop in Recruit.
Case study of DevOps for Hadoop in Recruit.Case study of DevOps for Hadoop in Recruit.
Case study of DevOps for Hadoop in Recruit.
 
OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304
OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304
OSSではじめるオープン・スタンダードのクラウド @201304
 

More from Rakuten Group, Inc.

コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話
コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話
コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話Rakuten Group, Inc.
 
楽天における安全な秘匿情報管理への道のり
楽天における安全な秘匿情報管理への道のり楽天における安全な秘匿情報管理への道のり
楽天における安全な秘匿情報管理への道のりRakuten Group, Inc.
 
Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...
Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...
Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...Rakuten Group, Inc.
 
DataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組み
DataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組みDataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組み
DataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組みRakuten Group, Inc.
 
大規模なリアルタイム監視の導入と展開
大規模なリアルタイム監視の導入と展開大規模なリアルタイム監視の導入と展開
大規模なリアルタイム監視の導入と展開Rakuten Group, Inc.
 
楽天における大規模データベースの運用
楽天における大規模データベースの運用楽天における大規模データベースの運用
楽天における大規模データベースの運用Rakuten Group, Inc.
 
楽天サービスを支えるネットワークインフラストラクチャー
楽天サービスを支えるネットワークインフラストラクチャー楽天サービスを支えるネットワークインフラストラクチャー
楽天サービスを支えるネットワークインフラストラクチャーRakuten Group, Inc.
 
楽天の規模とクラウドプラットフォーム統括部の役割
楽天の規模とクラウドプラットフォーム統括部の役割楽天の規模とクラウドプラットフォーム統括部の役割
楽天の規模とクラウドプラットフォーム統括部の役割Rakuten Group, Inc.
 
Rakuten Services and Infrastructure Team.pdf
Rakuten Services and Infrastructure Team.pdfRakuten Services and Infrastructure Team.pdf
Rakuten Services and Infrastructure Team.pdfRakuten Group, Inc.
 
The Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdf
The Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdfThe Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdf
The Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdfRakuten Group, Inc.
 
Supporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdf
Supporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdfSupporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdf
Supporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdfRakuten Group, Inc.
 
Making Cloud Native CI_CD Services.pdf
Making Cloud Native CI_CD Services.pdfMaking Cloud Native CI_CD Services.pdf
Making Cloud Native CI_CD Services.pdfRakuten Group, Inc.
 
How We Defined Our Own Cloud.pdf
How We Defined Our Own Cloud.pdfHow We Defined Our Own Cloud.pdf
How We Defined Our Own Cloud.pdfRakuten Group, Inc.
 
Travel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech infoTravel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech infoRakuten Group, Inc.
 
Travel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech infoTravel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech infoRakuten Group, Inc.
 
Introduction of GORA API Group technology
Introduction of GORA API Group technologyIntroduction of GORA API Group technology
Introduction of GORA API Group technologyRakuten Group, Inc.
 
100PBを越えるデータプラットフォームの実情
100PBを越えるデータプラットフォームの実情100PBを越えるデータプラットフォームの実情
100PBを越えるデータプラットフォームの実情Rakuten Group, Inc.
 
社内エンジニアを支えるテクニカルアカウントマネージャー
社内エンジニアを支えるテクニカルアカウントマネージャー社内エンジニアを支えるテクニカルアカウントマネージャー
社内エンジニアを支えるテクニカルアカウントマネージャーRakuten Group, Inc.
 

More from Rakuten Group, Inc. (20)

コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話
コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話
コードレビュー改善のためにJenkinsとIntelliJ IDEAのプラグインを自作してみた話
 
楽天における安全な秘匿情報管理への道のり
楽天における安全な秘匿情報管理への道のり楽天における安全な秘匿情報管理への道のり
楽天における安全な秘匿情報管理への道のり
 
What Makes Software Green?
What Makes Software Green?What Makes Software Green?
What Makes Software Green?
 
Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...
Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...
Simple and Effective Knowledge-Driven Query Expansion for QA-Based Product At...
 
DataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組み
DataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組みDataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組み
DataSkillCultureを浸透させる楽天の取り組み
 
大規模なリアルタイム監視の導入と展開
大規模なリアルタイム監視の導入と展開大規模なリアルタイム監視の導入と展開
大規模なリアルタイム監視の導入と展開
 
楽天における大規模データベースの運用
楽天における大規模データベースの運用楽天における大規模データベースの運用
楽天における大規模データベースの運用
 
楽天サービスを支えるネットワークインフラストラクチャー
楽天サービスを支えるネットワークインフラストラクチャー楽天サービスを支えるネットワークインフラストラクチャー
楽天サービスを支えるネットワークインフラストラクチャー
 
楽天の規模とクラウドプラットフォーム統括部の役割
楽天の規模とクラウドプラットフォーム統括部の役割楽天の規模とクラウドプラットフォーム統括部の役割
楽天の規模とクラウドプラットフォーム統括部の役割
 
Rakuten Services and Infrastructure Team.pdf
Rakuten Services and Infrastructure Team.pdfRakuten Services and Infrastructure Team.pdf
Rakuten Services and Infrastructure Team.pdf
 
The Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdf
The Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdfThe Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdf
The Data Platform Administration Handling the 100 PB.pdf
 
Supporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdf
Supporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdfSupporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdf
Supporting Internal Customers as Technical Account Managers.pdf
 
Making Cloud Native CI_CD Services.pdf
Making Cloud Native CI_CD Services.pdfMaking Cloud Native CI_CD Services.pdf
Making Cloud Native CI_CD Services.pdf
 
How We Defined Our Own Cloud.pdf
How We Defined Our Own Cloud.pdfHow We Defined Our Own Cloud.pdf
How We Defined Our Own Cloud.pdf
 
Travel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech infoTravel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech info
 
Travel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech infoTravel & Leisure Platform Department's tech info
Travel & Leisure Platform Department's tech info
 
OWASPTop10_Introduction
OWASPTop10_IntroductionOWASPTop10_Introduction
OWASPTop10_Introduction
 
Introduction of GORA API Group technology
Introduction of GORA API Group technologyIntroduction of GORA API Group technology
Introduction of GORA API Group technology
 
100PBを越えるデータプラットフォームの実情
100PBを越えるデータプラットフォームの実情100PBを越えるデータプラットフォームの実情
100PBを越えるデータプラットフォームの実情
 
社内エンジニアを支えるテクニカルアカウントマネージャー
社内エンジニアを支えるテクニカルアカウントマネージャー社内エンジニアを支えるテクニカルアカウントマネージャー
社内エンジニアを支えるテクニカルアカウントマネージャー
 

Recently uploaded

Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperleger Tokyo Meetup
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用KLab Inc. / Tech
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイントonozaty
 
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdkokinagano2
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルCRI Japan, Inc.
 
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfTakayuki Nakayama
 

Recently uploaded (8)

Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
 

楽天がCloud foundryを選んだ理由

  • 1. 楽天がCloudFoundryを選んだ理由 楽天が を んだ理由 楽天株式会社 DU グループインフラ構築・運用課 葉山 剛 2011/11/8
  • 2. アジェンダ • 楽天の紹介 楽天の • なぜ PaaS Cloudなのか なのか • なぜ なぜCloudFoundryなのか なのか • 楽天のシステム開発の方向性 楽天のシステム開発の 開発
  • 4. 楽天の紹介 • グループ社員数 7000人 グループ社員数 約7000人 • 市場・トラベルをはじめ 40以上 サービスを をはじめ、 以上の 市場・トラベルをはじめ、40以上のサービスを提供 • 8000万件以上 市場登録商品数 8000万件以上 • グループ流通額 2.6兆円 グループ流通額 2.6兆円 グループ流通額 グループ流通額 (単位 億円 単位:10億円 単位 億円) Edy及びクレジットカード決済額 楽天市場 Eコマース及びトラベル
  • 5. 楽天の海外展開 • 海外 ヶ国に進出 海外10ヶ • 将来的には ヶ国以上に進出、グローバル化を加速 将来的には20ヶ国以上に進出、グローバル化 には England Germany Brazil
  • 6. グローバルにおける楽天のポジション ユニークビジター数による小売/オークションサイト グローバルランキング 2011 (単位:千人) 出典: comScore Media Metrics 世界一のインターネット企業になるには、技術開発でもトップを 世界一のインターネット企業になるには、技術開発でもトップを 企業になるには でもトップ 目指す必要がある 目指す必要がある
  • 7. 楽天の開発体制 • 日本国内に1000人以上 (外国籍が2割以上) 日本国内に 人以上 外国籍が 割以上 割以上) • 年間約1000件の開発プロジェクト 年間約 件 開発プロジェクト • 短いものでは数日で起案・開発・リリース いものでは数日 起案・開発・ 数日で • 開発・運用のほとんどが内製 開発・運用のほとんどが のほとんどが内製
  • 8. Private IaaSクラウドの展開 • 2010年後半から、IaaS Cloudを利用開始 年後半から 年後半から、 を • 1000台以上の仮想マシンが稼動中(開発環境を含む) 台以上の 台以上 仮想マシン マシンが 開発環境を 開発環境 • 構築リードタイムの短縮と、機器集約によるコスト削減を実現 構築リードタイム 短縮と 機器集約によるコスト削減 リードタイムの によるコスト削減を 楽天IaaSクラウドのVM数推移(2011年)
  • 9. 楽天IaaSクラウドでの課題 • 分業体制が温存される 分業体制が温存される – アプリケーションはアプリエンジニア アプリケーションは – OS/ミドルウェアはインフラエンジニア ミドルウェアは ミドルウェア リリース アプリエンジニア したい 設定は 設定は? 役割分担 の境界 アプリケーション アプリケーション ミドルウェア ミドルウェア インフラエンジニア OS OS IaaSサーバー サーバー 物理サーバー 物理サーバー コミュニケーション工数が発生し コミュニケーション工数が発生し続ける 工数
  • 10. PaaSクラウド導入の目的 • 不要なコミュニケーションを減らして、開発スピードを上げる 不要なコミュニケーションを らして、開発スピード スピードを • IaaS以上にリソース変更を容易にする 以上にリソース変更を容易にする 以上 変更 • 導入時にシステムの標準化を進めて、全体的な開発効率を上げる 導入時にシステムの標準化を めて、全体的な開発効率を サービス開発に サービス開発に専念 開発 役割分担 アプリエンジニア の境界 インフラを意識せず利用 インフラを意識せず利用 せず プラットフォーム運用に プラットフォーム運用に専念 運用 PaaS クラウド インフラエンジニア
  • 11. Private or Public • Private Cloudの必要性 の – 個人情報は最も重要な資産 個人情報は 重要な – インフラ技術を保持し続けることの重要性 インフラ技術を保持し けることの重要性 技術 • Private にも にもPublic並みの機能性が必要 並みの機能性 機能性が – 汎用的ではなく、楽天の開発に特化したもの 汎用的ではなく、楽天の開発に特化したもの ではなく Public Cloud Private Cloud 同じ機能性
  • 12. なぜCloudFoundryなのか • オープンソース • IaaSとの完全な分離 との完全な との完全 • 拡張性の高いアーキテクチャー 拡張性の • 対応言語の多さ 対応言語の
  • 13. オープンソース • Privateで利用できる、数少ないオープンなPaaSプラットフォーム で利用できる、数少ないオープンな できる ないオープン プラットフォーム • コアな技術を自社でコントロールできる コアな技術を自社でコントロールできる – 自分達を製品に合わせるのではなく、製品を自分達に合わせる 自分達を製品に わせるのではなく、製品を自分達に CloudFoundryソースレポジトリ
  • 14. IaaSとの完全な分離 • IaaSレイヤーを自由に選択できる レイヤーを自由に選択できる レイヤー – VMware vSphere以外でも動作可能 以外でも 以外でも動作可能 – 将来的にHybridCloud化も視野に 将来的に 化 視野に Rakuten PaaS Cloud Cloud Foundry Public VMware Xen KVM Cloud
  • 15. 拡張性の高いアーキテクチャ • Kernelが明確に分離されている が明確に分離されている • Serviceとして周辺機能を追加できる として周辺機能を追加できる として周辺機能 – 社内のAPI接続や、独自のDB機能等をServiceとして 拡充予定 社内の 接続や 独自の 機能等 接続 機能等を として Service MySQL MongoDB CloudFoundry Kernel Redis Rakuten API Rakuten DBaaS
  • 16. 対応言語の多さ • 楽天では主にJava/PHP/Rubyでサービス開発を実施 楽天では主 では でサービス開発 開発を ⇒PHPが追加されたことで、移行できるサービスが増加 が追加されたことで 移行できるサービスが されたことで、 できるサービス • JavaはSpring FrameworkベースでOpenPaaS対応も は ベースで ベース 対応も 対応 初期からの言語 初期からの言語 からの 追加された言語 追加された言語 された +
  • 17. 楽天PaaSアーキテクチャー Cloud Foundry PaaS Platform 自社開発 PaaS Admin Tools Log Manager Authentication Manager Source Code Management ChargeBack Rakuten API DBaaS services IaaS Platform IaaS Admin Virtual Machine Pool Tools
  • 18. CloudFoundryの課題 ■まだ発展途上のプラットフォームである まだ発展途上のプラットフォームである 発展途上 • Kernelしかない しかない – Orchestrator(IaaS連携 等、足りない機能が多い ( 連携)等 連携 りない機能が 機能 • シングルポイントが存在する シングルポイントが存在する – Message管理に障害が発生すると全体に影響 管理に障害が発生すると全体に 管理 すると全体 • チーム開発ができない チーム開発ができない 開発 – 1アプリケーションに1アカウントが紐づいている アプリケーションに アカウント アプリケーション アカウントが • ログが保存されない ログが保存されない – 社内のログ保管ルールなどへの対応ができない 社内のログ保管ルールなどへの対応ができない 保管ルールなどへの対応 • 認証系の機能が弱い 認証系の機能が – 社内のアカウント認証機能と連携できない 社内のアカウント認証機能と連携できない 認証機能
  • 19. CloudFoundryの課題をクリアするには • 自らCloudFoundryを使いこなす姿勢が必要 を いこなす姿勢 姿勢が – 修正パッチを作る 修正パッチ パッチを – 不足している機能を準備する 不足している機能 準備する している機能を • 又は、Enterprise版CloudFoundryを待つ(2012年中 版 を 年中?) 年中 弊社からの修正パッチ申請
  • 20. 今後のPaaS開発の方向性 • PaaS Cloudを2012年初頭に利用開始 を 年初頭に 年初頭 • 機能の拡充を図りながら、グローバルな開発基盤として展開 機能の拡充を りながら、グローバルな開発基盤として展開 として グローバル展開 グローバル展開 言語毎SDK 言語毎SDK 整備 楽天グループ内サービスの 楽天グループ内サービスの グループ Private Beta マイグレーション Release 開発・運用の 開発・運用の自動化 Public Release selective auth repo patch 新HW/NWの HW/NWの multi- multi-developer support. CloudFoundryの CloudFoundryの 検証 改良 high availability for message bus central logging system charge system deploy & release 楽天独自仕様の 楽天独自仕様の インテグレーション management standard library database as a service.
  • 21. Conclusion • 世界一のインターネット企業になるために、積極的な技術開発を推進する 世界一のインターネット企業になるために、積極的な技術開発を推進する 企業になるために • その基盤となるCloudFoundryの発展に、今後も寄与していきたい その基盤となる 基盤となる の発展に 今後も寄与していきたい • 一緒に世界を狙いたい方は、楽天採用ページからいつでもご応募ください! 一緒に世界を いたい方 楽天採用ページからいつでもご応募ください! ページからいつでもご応募ください