インターネットガバナンス徒然2010-2

1,422 views

Published on

楽天テクノロジーカンファレンス
2010/10/16(sat)

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,422
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

インターネットガバナンス徒然2010-2

  1. 1. インターネットガバナンス徒然 2010 会場: D 15:00-15:45 2010.10.16
  2. 2. 2 イントロダクション インターネットガバナンス徒然 2010 セッション概要 – インターネットの維持運営は当初、運用者の協調、 技術標準化の議論といった技術的側面を中心に行わ れていました。現在は技術だけではなくポリシや法 律と いった制度面での協調や議論も行われており、 これらは広義にインターネットガバナンスという言 葉で表します。このセッションでは、インターネッ トガバナン スの最新事情 (IPv4 枯渇等 ,IPv6) とサー ビス開発者との関係と合わせてお話しします。 http://tech.rakuten.co.jp/rtc2010/subject.html#session_d2 よ り
  3. 3. 3 内容と趣旨 • インターネットガバナンス概論 – インターネットの運営の仕組み • 歴史と現状 – インターネットガバナンスを構成するもの • 組織、場所とプレイヤー • インターネットガバナンスと日本人 • サービス提供者(開発者)とインターネットガバナ ンス – サービス事業者とインターネットガバナンス – 最近の技術的課題 • 最近の状況 – ガバナンスへの関与の意義 これらをプログラマー、サービス開発エンジニアに伝え たい
  4. 4. 4 セッション構成 ~イントロダクション~ ~インターネットガバナンス概論~ 前村昌紀( Akinori Maemura ) 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター ( JPNIC ) ~サービス提供者とインターネットガバナンス~ 橘 俊男( Toshio Tachibana) 楽天株式会社( Rakuten, Inc.) ~ちょっと考えてみる~ ~Q&A~
  5. 5. サービス提供者とインターネットガ バナンス 橘 俊男 楽天株式会社
  6. 6. 6 自己紹介 橘 俊男(たちばなとしお) 楽天株式会社 DU ( Development Unit )所属 職歴: – コンピュータネットワークとのかかわり は 1991 年から。初めて触れた通信プロト コルは IP ではない。 1995 年頃から ISP 運用にかかわり、 1997 年からインターネ ットに関する技術コンサルタント、 2004 年からポータルサイト設備インフラの管 理運営業務を経て、 2007 年 11 月より現 職
  7. 7. 7 インターネット運営とのかかわり 私の背景と流れ – 商用インターネットの黎明期からインターネッ ト全般の事に関わり、幅広く見聞きする事を通 じてインターネットの運営・調整等に興味を持 つ – インターネット運営・調整のプラットフォーム 形成に関与 • 技術者コミュニティ・ JANOG http:// www.janog.gr.jp/ – 日本以外の調整コミュニティにも興味を持ち、 イベント等に出席( NANOG,APNIC 等) – JPNIC での委員活動経験あり、現在も各種活動 中 • JPNIC Policy-WG メンバー •
  8. 8. 8 サービス提供会社で仕事するエンジニア • アプリケーションエンジニアの日常 – インターネット利用者が幸せになるサービスを考える(実装する) • 個人が提供するサービスから法人が提供するサービスまで様々 – ビジネスロジックを実現する手段を考える • 事業からの要求に基づきサービスを実装する – フロントへの返事、バックエンド側の処理等、サービスの為のシステム を網羅的に開発する • インフラエンジニアの日常 – サービスに関係するアクセスを受ける部分を網羅的に見る • http • smtp – サービス用システムを支える基盤を維持運営する • ストレージ • データベース • サーバーの物理的な管理 • データセンターの維持 • プライベートクラウドの維持管理(?) サービス事業 者は色々と大 変
  9. 9. 9 サービス提供会社にとってのインターネット • サービスを利用する顧客とサ ービスをつなぐパイプ • ビジネスパートナーとの連携 を実現するためのインフラ –API や疎結合
  10. 10. 10 そもそもインターネットって? The Internet 接続サービス提供事業者 (キャリア、 ISP 専業等) サービス提供者 (楽天、ミク シィ、 DeNA 、 GREE 、個人等) インターネット利 用者 インターネット提 供者 サービス利用者 (個人、企業、国、組 織)
  11. 11. 11 インターネットガバナンス(前村さんのスライド より引用) • インターネットガバナン ス –インターネット を構築・運営・ 利用する上で必 要なルールと、 その策定と執行 のしくみ IP アドレス・ドメイン名といった 論理資源の分配に関する規則 通信プロトコルをはじめとする 技術的な規格・規定 インターネットを利用する上でのル ール インターネットの導入によって必要 となる 実社会における既存の社会規範や ルール・法律,公共政策の変更・拡 充 ネットワーク間の相互接続や その総体としてのインターネット全体が 正常に機能するための仕組みや取り決め
  12. 12. 12 インターネットガバナンス周辺の声 インターネットの仕組みは 既に決まってて今後変化し ないのでは? httpって今後も同じじ ゃないの? サービス提供者 の疑問 日本のインターネッ トは日本だけで解決 できるから世界を気 にする必要ってない のでは? IPv4 アドレス在庫枯 渇っていうけど、う ちは既に使ってるか ら関係ないよね? IPv6 って IPv4 だけ 使ってる人には関係 ないよね? DNSSEC って何 ? DNS だから ISP だけが対応 すればいいんだ よね? IP アドレスの割り当 てルールって通信事 業者だけが関係ある んだよね? メイルを受ける 仕組みは今も昔 もsmtpで変 化無いよね?
  13. 13. 13 違います • インターネットの仕組みは既に決まってて今後変化しないのでは?http って今後も同じじゃないの? – プロトコルは常に変化し続けてます。 http は現在も IETF で議論されています。 • IPv6 って IPv4 だけ使ってる人には関係ないよね? – IPv4 と IPv6 のネットワークは共存してます。 IPv4 だけが単独で動くわけではあり ません。 • IPv4 アドレス在庫枯渇っていうけど、うちは既に使ってるから関係ないよね ? – 近い将来レジストリや ISP からの追加の割り当てが受けられなくなります。加えて 使ってる IP アドレスの正当性の証明が必要になる等、状況の変化する可能性があ ります。 • DNSSEC って何? DNS だから ISP だけが対応すればいいんだよね? – ドメイン名を取得して権威 DNS サーバを提供している人や DNS を使ってアクセス 先を特定したり送信元を特定する場合、負荷増を無視できなくなります。 • メイルを受ける仕組みは今も昔もsmtpで変化無いよね? – smtpは拡張を続けています。送り元のアドレスも EAI なアドレスが使われ始め ます。 • 日本のインターネットは日本だけで解決できるから世界を気にする必要って ないのでは? – インターネットは国や時間を越えて動いています。日本だけで閉じる事はできませ ん。 • IP アドレスの割り当てルールって通信事業者だけが関係あるんだよね?
  14. 14. 14 すべてを知ることは難しいですが • 技術標準を知っておくと技術者として多面的に物事を見ることがで きます – プロトコルの詳細 – 仕様決定までの技術的政治的な経緯 – その技術の将来の変化への見通し • 全部が無理なら関係する領域を見るだけでもメリットは大きいです – http の変化を知っておけば、パフォーマンス向上の為のポイントを抑え る事ができるかも – メイルを送る人は smtp の変化を知っておけば MTA の対応状況と合わせ て普及の度合いが分かるかも – DNSSEC を使うとブラウジングするときのパフォーマンスの変化に気づ く事ができるかも • ルールやポリシの決定プロセスを知っておくことは日常の運用上も 重要 – ルールやポリシの変化の経緯にともなって技術やビジネスにおけるルー ルや仕組みが変わる事もあります – 運用上、気を配るべきことが増えるかもしれません
  15. 15. 15 直近でサービス提供者に関係ありそうなトピ ック • IPv4 アドレス枯渇 • IPv6 デプロイメント • IDNccTLD • DNSSEC うちは対応しない、使わないから大丈夫 本当??
  16. 16. 16 IP v4と IP v6 • サービスサイドの対応 – 改修の手間は最低限におさえたい • アプリケーションのソースコードにアドレスを埋め込んだりしてませんか? • システム間連携に URI を使うとき、 IP アドレスが埋まってたりしませんか? • インフラサイドも気をつけないと – 使ってる OS の対応状況は? – 使ってるデータセンターの対応状況は? • ユーザへの通信の想定として IPv4 だけを前提にしてませんか? – ユーザが使う接続事業者によっては IP v6に対応しているかも – (さらに)ユーザが使う OS によってはデフォルトで IP v6が ON にな っているかも
  17. 17. 17 IDNccTLD 、 EAI もし「サービス名 . 日本」というドメインを使いたいと思った時 • DNS – 外部から参照されたときに適切な答えを返せるように準備してます か? • メイル – あなたのシステムは「橘俊男 @ サービス名 . 日本」というアドレスか らのメイルを受け取れますか? • Web – 「 http:// サービス名 . 日本 / 」へのアクセスが可能になるように準備 してますか? 今すぐには無いかもしれないけど 遠く無い将来やってくる可能性は高い 地球規模で使ってもらうサービスを展開するならなおのこと
  18. 18. 18 世間の動きには注意を払うべき • IPv4 アドレス枯渇 • IPv6 デプロイメント • IDNccTLD • DNSSEC どこかで使われ始めた標準や機能は 自分達が使うかどうかに関わらず 自己の運営に影響を与える可能性がある という視点を持つことが重要
  19. 19. 19 ガバナンスとサービス提供者 • ポリシやルールが決定するプロセスで得られる情報は貴重 – 決定事項だけではなくプロセスを見ることが重要 – ステークホルダーとして関与する意識が有ると無いでは決まったルール に対応する時の考察の幅や前提が変わってくる • 得た情報や知識って何の役に立つ? – 議論を見ることで、知識だけじゃなくモラルの向上、視野の拡大が可能 になる – インターネット市民として色々な立場があることを知ることができる サービス提供者はインターネット市民であり、 インターネットの運営に関与するプレイヤー
  20. 20. 20 サービス事業者もインターネット運営のプレ イヤー (古いといわれようとも)インターネットの理念は 「自律・分散・協 調」 これは接続事業だけではなくサービス領域でも重要 サービス間で API を使って連携す ることも、この理念の一つの形
  21. 21. 21 で、、、この後は。。。 これらをふまえて少し考えてみましょう
  22. 22. 22 自律・分散・協調とはいうけど なぜ地域毎にレジストリがあって その中でルールを決める必要があるの ? 地域毎に決めたルールって、他の地域 のルールと整合性をとって運用できる の?
  23. 23. 23 意見を出し、議論しろとはいうものの 日本人の意見って世界で通用してる? 日本人(に限らず)、世界で自身の意 見を通すにはどうすればいいの?
  24. 24. 24 諸事項への対応といっても 自分たちで提供しているものとの 関連性を見出しにくいのでは?
  25. 25. 25 ご静聴ありがとうございました 世の中の動きを良く知った上で みんなで世界へ行きましょう!

×