Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Tinkerer for pyfes 201303

1,960 views

Published on

Tinkerer is a Sphinx based blog generator. This presentation introduces What is the tinkerer, How to use and Where to deploy your blog.

Published in: Technology
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Tinkerer for pyfes 201303

  1. 1. Tinkerer @r_rudi (しろう)
  2. 2. Sphinx-users.jp の方から 来ました
  3. 3. おまえだれよ?しろう ( @r_rudi )お仕事: - PostgreSQL趣味 - Python - Sphinx - Mercurial(TortoiseHg)
  4. 4. 今日のお題 Tinkerer
  5. 5. Tinkererって? Sphinx をベースにした ブログ 作成ツール
  6. 6. Sphinxとは- ドキュメント作成ツール- pythonの公式ドキュメントに使われてる- reStructuredTextという形式で書ける markdownとかwiki記法とかと同じ感じ- コメントからドキュメントを自動生成- コードハイライトが綺麗 pygmentsというのを使ってます- 拡張が豊富 100以上の拡張が存在- htmlの他pdfやepubにも変換してくれる
  7. 7. Tinkererって?Sphinxをベースにしたブログ作成ツール- 日付ごとに整理- カテゴリーやタグ- 複数の著者も可能- テーマを適用- コマンドラインで静的なHTMLを生成する
  8. 8. 実際に見てみましょうTinker のページ僭越ながら わたくしのblog 喋ったこと: - テーマを切り替えられる - コメントは disqusで可能
  9. 9. 実際の使い方インストール % pip install tinkerer初期設定 % mkdir どこか && cd どこか % tinker -s → 必要なファイル一式が生成される
  10. 10. 記事の作成ドラフト作成 % tinker -d "ブログタイトル" → drafts/blogtitle.rstというファイルが出来る公開 % tinker -p "ドラフトファイル名" → 2013/03/16/blogtitle.rst に移動ビルド % tinker -b → blog/html 以下にhtmlが生成される
  11. 11. Tinkererの欠点- コマンドラインでしか叩けない ブラウザから、とかできない。- テキストエディタが必要 ブラウザから、とかできない- 記事が多くなるとbuildに時間がかかる カテゴリーやRSSがあるので、全部最初から生成しなおしている。
  12. 12. 以上終わり
  13. 13. というのではなんなんで
  14. 14. どこで提供するかということについて
  15. 15. 候補1. レンタルサーバーやVPSで公開2. github pagesやbitbucket で3. S3 + Web hosting4. Dropbox + dropbprox
  16. 16. 1. レンタルサーバーやVPSで公開 コピれ! 以上
  17. 17. Tinkererのディレクトリ構造- 2013/ ← 公開用元ファイル- blog/ - html ← buildされたhtmlファイル- drafts/ ← ドラフト- master.rst ← 公開用元ファイルのリスト- conf.py ← 設定ファイル- index.html ← blog/html/index.html へのリダイレクト
  18. 18. 2. github pagesやbitbucketで公開http://rrudi.bitbucket.org などで公開できます。独自ドメインも可能1. rrudiなどのリポジトリを作成しておく2. tinker -b3. hg commit とか git commit -a でhtmlを更新4. hg push / git pushbitbucketではprivateリポジトリでも公開OKdraftディレクトリはcommitしないように注意
  19. 19. 3. s3 + web hosting (1/2)Amazon S3ではファイルをWeb hostingとして公開出来ますやり方 1. bucket作成 2. web hostingの設定 3. (Route 53などで)DNSの設定
  20. 20. 3. s3 + web hosting (2/2) deployboto_rsyncというツールを使います。 % pip install boto_rsyncとしてインストールしておいて % tinker -b でビルド % boto-rsync -r --delete blog/html/ s3://rudi-testblog/でOK。(事前に環境変数AWS_ACCESS_KEY_ID等を設定する必要があります)
  21. 21. 3. s3 + web hosting (3/3) builddrone.io (http://drone.io) travis ci のような自動テスト・ツール- bitbucket対応- 環境変数が設定できる AWS_SECRET_ACCESS_KEY を設定つまりbitbucketにpushするだけでdrone.ioが-自動的にpull-自動的に build-自動的に s3にdeploy
  22. 22. 4. Dropbox + dropbproxDropboxはいくらアクセスされても金額かからないでも、独自ドメイン使えないdropbprox Google App Engineで動くproxy1. tinker -b でビルド2. Dropboxのディレクトリに cp
  23. 23. おまけ
  24. 24. どうせ書いた記事、出版したいよね?
  25. 25. Amazonで出版とか(sphinxなので) ePub作成できます1. _templatesにいくつか空ファイルを作成 archive.html、rss.html、aggregated.htmlなど2. conf.pyでepub_basename=" " を設定 (これがファイル名になります)3. % sphinx-build -b epub . build4. build/ の下に.epubファイルが出来上がり
  26. 26. 以上!

×