91conf-quolc-20110821

8,565 views

Published on

Published in: Technology, Education
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
8,565
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5,342
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

91conf-quolc-20110821

  1. 1. Implementation of Code/Chord for Creativity<br />Ryohei Suzuki | @quolc<br />Faculty of Arts and Sciences, the University of Tokyo<br />コードがつくるもの<br />
  2. 2. Self Introduction<br />id:quolc / @quolc/ 鈴木 良平<br />東京大学教養学部2年 / 大学院情報学環研究生<br />生命、知性、複雑システム、表現技術、etc...<br />これまでの活動<br />EngineeringDSChord(DS P2P), Skizblaznir(P2P SNS), ...<br />Media Arts Tonica Media Art Exhibition, ...<br />
  3. 3.
  4. 4. Self Introduction<br />エンジニア@ピクシブ株式会社(アルバイト)<br />モバイル関連の開発を担当<br />C/C++, C#, Ruby, jsvascriptなどを書きます<br />今日はコンピュータと創造について幅広く話します<br />詳しくは紹介する書籍などをご参照ください<br />
  5. 5. Agenda<br />Computer Aided Creation<br />Human Computer Interaction<br />Pattern Languages<br />Personal Projects<br />Codification Platforms for Real World<br />
  6. 6. Computer Aided Creation<br />コンピュータが創造にもたらした価値とは<br />
  7. 7. Kostas Terzidis<br />“Algorithmic Architecture”<br />アルゴリズミック・デザインとは?<br />計算機によるデザインの特質を理解する<br />“computation” ≠ “computerization”<br />機械と人間がカップリングした設計プロセスを提案。<br />和訳も出てます。<br />
  8. 8. Casey Reas, Chandler McWilliams<br />“FORM+CODE”<br />コードによるかたちの設計、<br />Algorithmic Designの魅力的な事例集<br />“AA”が概念の入門書であれば、<br />”F+C”は実装の入門書といったところ。<br />サンプルコードはダウンロード可<br />
  9. 9. Context Free Art<br />http://www.contextfreeart.org/<br />文脈自由文法でプログラムを記述<br />再帰的に呼び出される描画規則<br />位置・形状・色・確率を指定<br />多彩なフラクタル画像を出力<br />
  10. 10. Structure Synth<br />http://structuresynth.sourceforge.net/<br />Context Free Art の3D版<br />Box, Sphereなどが基本要素となる。<br />短い記述で非常に美しい表現が可能<br />レイトレーサも最新版では搭載。<br />
  11. 11. Computer Aided Creation<br />コンピュータが創造にもたらした価値とは<br />アルゴリズムに基づく大量演算と生成のパラダイム<br />
  12. 12. AR Toolkit<br />http://www.hitl.washington.edu/artoolkit/<br />AR (Augmented Reality)<br />= RealをData化するアプローチ<br />AR開発入門の代名詞。<br />多様なプラットフォーム・言語で動作<br />← マーカーレスではPTAMなど研究あり<br />(http://www.robots.ox.ac.uk/~gk/PTAM/)<br />
  13. 13. FABLAB<br />http://fablabjapan.org/<br />DTF (Desktop Fabrication)<br /> = DataをReal化するアプローチ<br />FABLAB : DTF版Kinko’s.<br />3Dプリンター, レーザーカッター, etc...<br />ものづくりのプラットフォーム<br />
  14. 14. Computer Aided Creation<br />コンピュータが創造にもたらした価値とは<br />アルゴリズムに基づく大量演算と生成のパラダイム<br />データと実世界の接続<br />
  15. 15. github<br />http://github.com/<br />言わずと知れた、gitベースのオープンソースホスティングサービス<br />個人レベルプロジェクトが多数<br />リポジトリは容易にfork(継承)可能<br />gistはあらゆるテキストファイルが単体でforkを受けるエコシステム、と言えるか?<br />
  16. 16. Amazon Mechanical Turk<br />https://www.mturk.com/mturk/welcome<br />Amazon.com,2005<br />文章校正・画像認識など極めて小口の仕事を世界中のユーザーにアウトソーシング<br />人の知性が機械処理に挿入される<br />知性抽出の興味深い実装例<br />所得分配プラットフォームとしての価値も<br />
  17. 17. wonderfl<br />http://wonderfl.net/<br />ブラウザ上でFlash(AS3)プログラミングができるシンプルなソーシャル開発環境<br />オープンソースホスティングとしても機能<br />jsdo.itやCTXFRなど、類似コンセプトのウェブサイトもいくつか存在<br />
  18. 18. Computer Aided Creation<br />コンピュータが創造にもたらした価値とは<br />アルゴリズムに基づく大量演算と生成のパラダイム<br />データと実世界の接続<br />協働・継承可能性の拡張 / オープンソース<br />
  19. 19. [UN]LIMITED Design Contest<br />http://unlimiteddesigncontest.org/<br />家具・食品・服飾などあらゆるものが対象のデザインコンテスト<br />作品はすべて「ソースコード」<br />原則として改変も再配布もできる<br />DTFとオープンソースの結合<br />
  20. 20. Computer Aided Creation<br />コンピュータが創造にもたらした価値とは<br />アルゴリズムに基づく大量演算と生成のパラダイム<br />データと実世界の接続<br />協働・継承可能性の拡張 / オープンソース<br />Social Design / Social Creationという結実<br />
  21. 21. Human Computer Interaction<br />創造性をサポートするインタラクションとは<br />
  22. 22. Reflexive Interaction<br />François Pachet, 1996~<br />http://www.csl.sony.fr/items/2009/reflexive-interactions-and-jazz-modeling/<br />人・機械カップリング作曲システム<br />人が自ら創造的行為を行う認知的サポートを行うインターフェイスの設計<br />学習システムと入出力で構成<br />再帰的に学習をフィードバックし続ける<br />
  23. 23. Tangible Bits<br />Hiroshi Ishii, 1990~<br />TangibleBits = 直接さわれる情報<br />“情報空間–機械–ヒト”系における機械層を極限まで薄くするインターフェイス開発<br />様々なプロジェクトが完了・進行中 @MIT<br />
  24. 24. HCI & Creativity<br />創造性をサポートするインタラクションとは<br />Reflexivity/ Feedback / Tangibility<br />
  25. 25. Dynabook<br />Alan Kay, 1968<br />世界初のTablet PCの発案<br />GUIを搭載、マルチメディアを扱える<br />子どもが使い、知性を育むことを最重視<br />「誰もがプログラムを書く世界」の構想<br />
  26. 26. JST ERATO 五十嵐デザインインタフェースプロジェクト<br />http://www.designinterface.jp/<br />高度な自己実現・ビジュアリゼーションのためのインタフェース開発を束ねる。<br />誰もが自分の衣服・家具・自分のためのロボットの動きなどをデザインする世界<br />※誘っていただいて今度からRAやります<br />
  27. 27. HCI & Creativity<br />創造性をサポートするインタラクションとは<br />Reflexivity/ Feedback / Tangibility<br />コードとしての「ふるまい」の注入<br />
  28. 28. 充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない。<br />“Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic.”<br />―Sir Arthur Charles Clarke<br />
  29. 29. 魔法と工学<br />「魔法であること」と、<br />「魔法であり続けること」の違いとは<br />我々に最も身近な魔法であり続けてきたものは、芸術と呼ばれているのでは?<br />
  30. 30. 訓練の可能性<br />音楽, 絵画, 執筆, etc...<br />文化的継承は自明として...<br />「すごい」が成立し続けるには?<br />訓練・熟練という概念<br />そして即時性...<br />
  31. 31. HCI & Creativity<br />創造性をサポートするインタラクションとは<br />Reflexivity/ Feedback / Tangibility<br />コードとしての「ふるまい」の注入<br />魔法を成立させるのは、堅実な事実<br />Computer Aided Creationに魔法性は導入できるか<br />
  32. 32. Pattern Languages<br />すべての人を魔法へ接続する言葉は作れるか<br />
  33. 33. パタン・ランゲージ<br />Christopher Alexander, 1977<br />「詩が生まれるように、パターンが集まってランゲージとなり、このパタン・ランゲージを用いて生き生きとした建物やコミュニティを形成することができる」<br />都市設計・建築のための基本語彙集<br />一般市民も、基本語彙を組み合わせることで設計に大きく関わることができる<br />
  34. 34. デザイン・パターン<br />Gang of Four, 1995<br />パタン・ランゲージの概念(有益なパターンの抽出)をプログラミングに導入<br />設計ノウハウを、蓄積・再利用のために適切にカタログ化したもの。<br />オリジナルは23のパターンで構成<br />結城浩氏の著作が分かり易い<br />
  35. 35. パターン・Wiki・XP<br />~時を超えた創造の原則<br />江渡浩一郎, 2009<br />デザインパターン・Wiki・XPといった創造のツールの起源をアレグザンダーのパタン・ランゲージに求める。<br />『ゲーデル・エッシャー・バッハ』を想起させるような、知的興奮に満ちた一冊。<br />
  36. 36. Pattern Languages<br />すべての人を魔法へ接続する言葉は作れるか<br />パタン・ランゲージ : 創造における中間層<br />強力なロジックの積み木として?<br />適切な(魔法を実現する)学習曲線の設計<br />プログラミングの粒度<br />
  37. 37. Personal Projects<br />
  38. 38. Herbert Online Judge<br />http://herbert.tealang.info/<br />quolc, 2010~<br />2010/10α, 2011/03βリリース<br />シンプルなルールのパズルゲーム<br />ロボットを操作するコードを書いて操作し、ターゲットのマスを踏ませる<br />ふるまいの記述<br />
  39. 39. Visactor<br />http://d.hatena.ne.jp/quolc/20110601/1306908186<br />quolc, 2011<br />インタラクティブ・アート作品として<br />幾何学的映像のライブパフォーマンス<br />「回転」「拡散」といった基本的な映像素=論理パターンの合成/継承で映像を生成<br />リアルタイム - Reflexive<br />PL, UI, Creationの統合における一つの試み<br />
  40. 40. Demo<br />
  41. 41. Rhyflex Project<br />http://rhyflex.cc/<br />quolc, 2011~<br />Visactorで採用した手法を拡張<br />Rhyflex Platform = パターン言語処理系を軸として多様なインタフェースに展開<br />魔法の実現へのソフトウェアサイドからのアプローチとしての試み<br />今冬~?順次リリース予定(希望)<br />
  42. 42. Codification Platforms for Real World<br />コードがもたらすものとは<br />
  43. 43. Codification Platforms for Real World<br />コードがもたらすものとは<br />メディア化するコード<br />Webを記述する論理層構造<br />現実世界における高次レイヤーの可能性<br />世界にどこまでコードは注入できるか?<br />
  44. 44. Thank you for your listening!<br />

×