Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー

20,327 views

Published on

第6回Ques 2015年5月14日(木) @KDDI株式会社
「KDDI Business IDにおけるアジャイル開発と検証フロー」KDDI株式会社 クラウドサービス企画開発部 鈴木隆昭様

Quesとは、Software品質保証に関わるQAエンジニアの活性化を目的としたQA専門イベントです。
http://quesqa.com/

Published in: Technology
  • DOWNLOAD THAT BOOKS/FILE INTO AVAILABLE FORMAT - (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Manga, Memoir, Music, Science, Science Fiction, Self Help, History, Horror, Humor And Comedy, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • -- DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT -- ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... (Unlimited)
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks (Unlimited) ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • (Unlimited)....ACCESS WEBSITE Over for All Ebooks ................ accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks (Unlimited) ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー

  1. 1. KDDI Business ID における アジャイル開発と検証フロー 〜第6回 Ques〜 鈴木隆昭 KDDI株式会社 プラットフォーム開発本部 クラウドサービス開発部
  2. 2. はじめに 改善のための現状分析 スプリントスケジュールと検証フロー まとめ C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d2
  3. 3. はじめに
  4. 4. 自己紹介
  5. 5. ■ 所属 プラットフォーム開発本部 クラウドサービス開発部 開発4G - アジャイル開発(スクラム)によるサービスの開発 ■ 略歴 ・2010/04 〜 2014/10 @コンテンツプロバイダ - B2C, B2B, B2B2C 向けWeb系フロントエンド、API、バッチ開発 等々 ・2014/11 〜 現在 @KDDI株式会社 - KDDI Business IDの開発 - 開発、オフショア対応、検証フロー整備等々 鈴木 隆昭(すずき たかあき) C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d5
  6. 6. KDDI Business ID (IDentity as a Service) C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d6 Identity管理は今、パーソナルFWな時代 Multi Use Multi Device Multi Network
  7. 7. なぜアジャイル?
  8. 8. Moving Target C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d8 破壊的なまでの市場の変化スピード
  9. 9. アウトカム(成果) Moving Target C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d9 アウトプット(成果物)よりも
  10. 10. アジャイルは必然の選択 Moving Target C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d10
  11. 11. スクラム概論
  12. 12. スクラム開発の登場人物 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d12 プロダクト オーナー スクラム マスター 開発 チーム
  13. 13. アジャイルな開発チームは職能横断的なメンバーで構成されており、顧客の望む フィーチャをリリース可能なソフトウェアにするために集められる。アナリスト。 プログラマ。テスター。データベース管理者。他にもユーザーストーリーをちゃ んと動くソフトウェアとして実現するために必要なメンバーをすべて揃える ※ Jonathan Rasmusson アジャイルサムライ ー 達人開発者への道 スクラム開発の登場人物 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d13 プロダクト オーナー スクラム マスター 開発 チーム
  14. 14. スクラムのスプリント C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d14 振り 返り 実装 試験 1 Sprint プロダクト バックログ スプリント バックログ レビ ュー 設計 計画 スプリント 成果物
  15. 15. 与えられたミッション
  16. 16. 今回のミッション C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d16 鈴木って何ができるの? 事前にGLからスキルセット 聞いてないのよ
  17. 17. 今回のミッション C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d17 鈴木って何ができるの? 事前にGLからスキルセット 聞いてないのよ 既読 既読 あ、そうなんですね。 前職ではJavaやGroovyをメ インに…
  18. 18. 今回のミッション C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d18 クライアント側は CoffeeScriptやSassを中心に.. Pythonとか、bashも少々 既読 既読 テストとか、どうなの? あー、はい。 既読 既読
  19. 19. 今回のミッション C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d19 テストコードも、書けます よ。
  20. 20. 今回のミッション C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d20 テストコードも、書けます よ。 既読 そうか。 じゃあ、テスト、やってく れ。
  21. 21. 今回のミッション C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d21 テストコードも、書けます よ。 既読 そうか。 じゃあ、テスト、やってく れ。 はい。 既読 既読
  22. 22. 今回のミッション C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d22 「テストやってくれ」
  23. 23. 今回のミッション C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d23 「テストやってくれ」 || 「テストコードでも書いて 早く現場のコードに慣れたまえ」
  24. 24. 今回のミッション C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d24 「テストやってくれ」 || 「テストコードでも書いて 早く現場のコードに慣れたまえ」
  25. 25. 今回のミッション C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d25 「テストやってくれ」 || 「テストコードでも書いて 早く現場のコードに慣れたまえ」
  26. 26. 今回のミッション C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d26 「テストやってくれ」 || 「受入試験を改善してくれ」
  27. 27. 改善のための現状分析
  28. 28. 開発の体制と役割 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d28 企画 (3人) 開発 (15人) v テスター (2人) スプリント計画の事前準備 成果物のレビューを受入試験という形で実施 外部調整、開発予算確保 全員プログラム&テスト実装できる 受入試験項目の作成〜実施 別グループからのレンタル(部門を跨いだ共有リソース) 物理的にも若干の距離あり
  29. 29. ヒアリング C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d29 企画 開発 テスター
  30. 30. ヒアリング(to 開発) C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d30 企画 開発 テスター • 早い段階で成果物のレビューをして欲しい • リリース直前での仕様変更依頼は困る
  31. 31. ヒアリング(to 企画) C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d31 企画 開発 テスター • 成果物をレビューできてなくてすみません。。
  32. 32. ヒアリング(to テスター) C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d32 企画 開発 テスター • スプリント計画でのインプット情報が少ない • 決まらない要求仕様。テスターが議論に参加するわけでもない。 • 知らないうちに仕様が変わっている • 仕様確認のコミニケーションコストが高い • 期待する受入試験ができているか不明 • 試験観点のすり合わせが無い、検証のFB機会も特にない
  33. 33. 受入試験が抱えていた問題 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d33 • 担当が曖昧 • 企画とテスターがそれぞれ実施 • 受入試験対象のインプット情報の不足 • スプリント計画の事前準備不足による議論の消化不良 • スプリントバックログの中の検証対象はどれ? • スプリント中の仕様変更に気づけない • 伝達忘れ→コミュニケーションの問題 • テスターと他メンバーとの距離感 • スプリント計画の場にいるだけ • オフィス内でも物理的な距離が遠い
  34. 34. 受入試験改善のために スプリントサイクルを改善する
  35. 35. C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d35 スプリントサイクルを改善するには 企画は受入試験をしない
  36. 36. C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d36 スプリントサイクルを改善するには 企画は受入試験をしない なぜならば POとしての役割に注力
  37. 37. C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d37 スプリントサイクルを改善するには 企画は受入試験をしない POとしての役割に注力 受入試験をテスターが実施 なぜならば そのために
  38. 38. C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d38 テスターが受入試験を実施するには 開発+企画と同じ鮮度の 仕様の理解が必要
  39. 39. C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d39 テスターが受入試験を実施するには 開発+企画と同じ鮮度の 仕様の理解が必要 ①スプリント計画終了段階で十分な仕様の議論がされている状態にする ②受入試験表作成のための過不足ないドキュメントをメンテナンスする ③開発途中で変更された仕様・開発スコープを共有する場を設ける ④受入試験表をPOがレビューし、受入条件が網羅されていることを担保する そのために
  40. 40. C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d40 スクラムチーム内の連携を取りやすくするために テスターを専任にする
  41. 41. C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d41 スクラムチーム内の連携を取りやすくするために テスターを専任にする ことができなかった
  42. 42. C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d42 スクラムチーム内の連携を取りやすくするために テスターを専任にする ことができなかった 2week/月の稼働で調整 受入試験実施+仕様のインプット工数は 最低限の必須要求 とはいえ そのために
  43. 43. スプリントスケジュールと検証フロー
  44. 44. Day 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 企画 開発 テス ター 1スプリントの進め方 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d44 • 1スプリント = 2week • 仕様検討〜検証まで行う • タスク管理はチケットで行う • アナログにカンバンを用いて視覚化
  45. 45. 前スプリント振り返り&スプリント計画 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d45 • 前スプリントの振り返り • 成果物の全体レビュー • 受入試験結果の報告 • 企画からのプロダクトの状況共有 • 振り返り(KPT) • スプリント計画 • 対応ユーザストーリーの説明と仕様ディスカッション • 対応工数の見積もり、タスク割り振り、カンバン作成 Day 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 企画 開発 テス ター
  46. 46. 前スプリント振り返り&スプリント計画 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d46 Day 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 企画 開発 テス ター • 前スプリントの振り返り • 成果物の全体レビュー • 受入試験結果の報告 • 企画からのプロダクトの状況共有 • 振り返り(KPT) • スプリント計画 • 対応ユーザストーリーの説明と仕様ディスカッション • 対応工数の見積もり、タスク割り振り、カンバン作成
  47. 47. 前スプリント振り返り&スプリント計画 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d47 Day 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 企画 開発 テス ター • 前スプリントの振り返り • 成果物の全体レビュー • 受入試験結果の報告 • 企画からのプロダクトの状況共有 • 振り返り(KPT) • スプリント計画 • 対応ストーリーの説明と仕様ディスカッション • 対応工数の見積もり、タスク割り振り、カンバン作成
  48. 48. Day 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 企画 開発 テス ター ドキュメントの整備 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d48 • 画面項目定義書の整備 • 入出力項目 • アクション • 特記事項 • 画面仕様のラフイメージ ※ 画面仕様はプロトタイプをベースに決まることもあるため、 仕様変更の都度更新
  49. 49. Day 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 企画 開発 テス ター 開発 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d49 • ユーザストーリー実装を詳細にタスク分割 • ① 設計&開発用ドキュメント更新 • ② 結合テスト試験表作成(実装担当者以外が実施) • ③ 実装(ペアプロ&TDD) • ④ 単体テスト • ⑤ 第三者コードレビュー(pull-request) • ⑥ 結合テスト
  50. 50. Day 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 企画 開発 テス ター 仕様変更・開発スコープの共有 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d50 • スプリント計画以降で変更された仕様の共有 • ストーリー消化具合を基に開発スコープ決定 この間の変更分の仕様 変更があれば都度共有
  51. 51. Day 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 企画 開発 テス ター 受入試験表作成&レビュー C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d51 • インプット情報を基に受入試験表作成 • スプリント計画 (Day 1) • ドキュメント (Day 2〜6) • 仕様変更・開発スコープ共有 (Day 7) • 試験表のレビュー • 期待した受入条件が網羅されているかPOがチェック • 結合テストとの観点の癒着を避けるため、開発は参加しない
  52. 52. 受入試験環境準備 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d52 • 全開発メンバーでのソースレビュー • 指摘事項修正&リファクタリング • リグレッションテスト • E2Eテストが自動化されているため、工数は膨れない • 受入試験環境にデプロイ • 受入試験可能になったらチケットのステータスを更新 Day 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 企画 開発 テス ター
  53. 53. Day 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 企画 開発 テス ター 受入試験 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d53 • 受入試験実施 • 試験項目数や手順の複雑さによって企画や開発とも連携 • スプリント内で試験終了
  54. 54. 受入試験時のチケット管理
  55. 55. 不具合チケット管理 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d55
  56. 56. 要望チケット管理 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d56
  57. 57. まとめ
  58. 58. Day 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 企画 受入試験表レビュー 開発プロセス中で品質を作りこむ C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d58 テス ター TDD 単体テスト 結合テスト 受入試験 入念なストーリー検討 開発 適切な量のドキュメント 回帰テスト 静的解析 スプリント計画 で仕様を議論 仕様変更の インプット 試験表作成
  59. 59. 『品質保証』は誰がしている? C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d59
  60. 60. 『品質保証』は誰がしている? C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d60 チームで行っている
  61. 61. チームで行っている 『品質保証』は誰がしている? C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d61 KDDI Business IDの場合
  62. 62. チームで行っている 『品質保証』は誰がしている? C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d62 KDDI Business IDの場合 • チームメンバー全員が品質を意識して活動 • スプリント計画の事前準備から品質は左右さ れる • アジャイルなテストを阻害する要因との融和
  63. 63. 今後の予定
  64. 64. Delivery & Pivot C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d64 計画 設計 1 Sprint 市場反応への迅速な対応のための高速なデリバリー 設計 設計 設計 設計 計画 計画 設計 設計 設計 設計 設計 計画 計画 設計 設計 設計 設計 設計 計画 計画 設計 設計 設計 設計 設計 計画 計画 設計 設計 設計 設計 設計 計画 計画 設計 設計 設計 設計 設計 計画 1 Sprint 1 Sprint 1 Sprint 1 Sprint 1 Sprint Market delivery development development reaction
  65. 65. 現在のスプリントの進め方 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d65 回帰 試験 計画 設計 実装 単体試験 結合試験 受入 試験 回帰 試験 計画 設計 実装 単体試験 結合試験 受入 試験 1 Sprint 1 Sprint
  66. 66. 現在のスプリントの進め方 C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d66 回帰 試験 計画 設計 実装 単体試験 結合試験 受入 試験 回帰 試験 計画 設計 実装 単体試験 結合試験 受入 試験 1 Sprint 1 Sprint Bug Fix 翌スプリントに持ち越しバグ発見
  67. 67. Rapid Application Development C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d67 回帰試験 計画 設計 実装 単体試験 結合試験 受入 試験 1 Sprint 1 Sprint Bug Fix 回帰試験 計画 設計 実装 単体試験 結合試験 受入 試験 Bug Fix • BugFixをスプリント内に収める • ユーザーストーリーが確実にDoneする状態を維持する • というかBugFixですらないかも
  68. 68. Rapid Application Development C o p y r i g h t © 2 0 1 5 K D D I C o r p o r a t i o n . A l l R i g h t s R e s e r v e d68 回帰試験 計画 設計 実装 単体試験 結合試験 受入 試験 1 Sprint 1 Sprint Bug Fix 回帰試験 計画 設計 実装 単体試験 結合試験 受入 試験 Bug Fix より前衛的なQA • BugFixをスプリント内に収める • ユーザーストーリーが確実にDoneする状態を維持する
  69. 69. Quality Cloud

×