Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

全自動Zabbix ver2

14,135 views

Published on

Zabbix Conference Japan 2013で発表した資料です。
Zabbix 運用の自動化 「全自動Zabbix」の内容を Zabbix 2.2 に合わせて追記、修正しました。

Published in: Self Improvement
  • Be the first to comment

全自動Zabbix ver2

  1. 1. 全自動Zabbix Zabbix自動登録+αのお話
  2. 2. 自己紹介 CN:九龍真乙(くりゅうまおと) 所属:自宅ラック勉強会 Twitter @qryuu 2 2013/11/22
  3. 3. 趣旨 Zabbixでの監視は便利です。 HW監視、死活監視、リソース監視、グラフ表示 でも、監視対象を登録するのは、めんどくさいで す。 じゃぁ自動化しちゃいましょう。 もちろんZabbixの機能で!(スクリプトと か作らずに) 3 2013/11/22
  4. 4. Zabbixの自動登録 Zabbixは監視対象を自動的に登録する機能 があります。 自動登録には2種類あります。 Agent自動登録 ディスカバリ自動登録 4 2013/11/22
  5. 5. 2種類の自動登録(Agen t) Agent自動登録 Zabbixエージェントを起動すると、アクティ ブチェックの項目を確認するために、Agent→ Serverという通信が発生します。 このときにAgentは自分のホスト名をZabb ixサーバに通知して、Zabbixエージェント (アクティブ)のアイテム一覧を取得します。 このときに通知されたホスト名がZabbixサー バに登録されていない場合に自動的にホスト登録す るのがAgent自動登録です。 5 2013/11/22
  6. 6. 2種類の自動登録(ディスカバ リ) Zabbixサーバは指定されたIPアドレスレ ンジを走査して、監視対象を見つけ出して登録す ることができます。 これがディスカバリ自動登録です。 ディスカバリ自動登録ではIPアドレスの他に、 SNMPポーリングや指定ポートの応答、Zab bixエージェントへのポーリングなどを行う事 ができます。 ポーリングによって値を収集することが出来るの で、この値を元に任意のテンプレートとリンクさ せる事もできます。 6 2013/11/22
  7. 7. 2種類の自動登録 Zabbixサーバ ディスカバリ 自動登録 Zabbixエージェント Zabbixエージェント ポート応答 SNMPエージェント Ping応答 7 2013/11/22
  8. 8. 設定方法 それぞれの自動登録の方法について実際に見てい きます 8 2013/11/22
  9. 9. Agent自動登録 [設定][アクション]の画面でイベントソース[自動登 録]を選び[アクションの作成]をクリックします。 9 2013/11/22
  10. 10. Agent自動登録 自動登録はホスト登録されていない(名前が一致 しない)Agentからの通信が合った場合に動 作するので、『自動ホスト登録』せずにメール通 知だけすることも出来ます [アクション]で設定するのはその際の本文になりま す。 10 2013/11/22
  11. 11. Agent自動登録 自動登録の実行条件はホスト名の部分一致もしくは、経由したプロ キシの選択です。 自動登録設定を複数作る事で、グループ分けやホスト毎に異なるテ ンプレートを紐付けることができます。 実行条件設定が無い場合、すべての未登録Agentが自動登録されま す。 11 2013/11/22
  12. 12. Agent自動登録 Agent自動登録の実行条件ではホスト名でし か条件分岐が出来ないため、Agent自動登録 でテンプレートリンクの仕分けをしたい場合は、 ホスト名からOSや役割が判断出来るようにする 必要があります。(2.0まで) Zabbix2.2では、Agent.confに設定した [HostMetadata=]を仕分け条件として、特定のテン プレートとリンクさせたり、ホストグループに仕 分けすることが可能になりました。 12 2013/11/22
  13. 13. Agent自動登録 自動登録で出来る動作は以下の通りです。 [メッセージの送信][リモートコマンド][ホスト追加] [ホストグループへの登録][テンプレートリンク][ホスト 無効化] 13 2013/11/22
  14. 14. Agent自動登録 実際の使用では、[メッセージの送信][ホスト登録] [ホストグループ登録] [テンプレートリンク]が主に 使われると思います。 ホストグループへの追加、テンプレートリンクで はホストグループやテンプレートを新規作成する ことは出来ないため、事前に作成しておく必要が あります。 14 2013/11/22
  15. 15. Agent自動登録 Agent自動登録されたホストは[エージェント インターフェイス]の設定が[IPアドレス]ではな く、[DNS]として登録されます。このため、DN S、DDNSが適切に運用されている環境で無い 限り、パッシブ型の監視アイテムやPing等の シンプルチェックができません。(2.0の途中ま で) これらが無い環境の場合は、全てのAgentア イテムを[Agent(アクティブ)]にしたテンプ レートをつかって 運用するとよいでしょう。 2.0以降はIPアドレスが登録されるようになりまし た。このためパッシブアイテムを利用できます。 15 2013/11/22
  16. 16. ディスカバリ自動登録 ディスカバリ自動登録では、指定されたIPアド レスレンジを定期的にスキャンして新たな監視対 象を探します。 16 2013/11/22
  17. 17. ディスカバリ自動登録 スキャンする際に同時に、ポートやエージェント の応答を取得することができます。 17 2013/11/22
  18. 18. ディスカバリ自動登録 ディスカバリ設定は候補を集めてくるだけなの で、実際にホスト登録などを行う場合にはアク ション設定が必要です。 [設定][アクション]の画面でイベントソース[ディス カバリ]を選び[アクションの作成]をクリックしま す。 18 2013/11/22
  19. 19. ディスカバリ自動登録 Agent自動登録のときと同様、[アクション]は メール通知の際の本文設定です。 19 2013/11/22
  20. 20. ディスカバリ自動登録 アクションの実行条件では、ディスカバリで収集 した値を元に、実行条件を指定することができま す。 機器名やOS情報、ポート情報などから条件設定 できるため、Agent自動登録より柔軟な設定 が可能です。 20 2013/11/22
  21. 21. ディスカバリ自動登録 ディスカバリ自動登録では、定期的にスキャンを 行うため、監視追加の他に、監視停止や監視削除 も行うことができます。 21 2013/11/22
  22. 22. ポイント Agent自動登録 仮想環境などで、Agent導入済みの仮想マシ ンを クローンして監視登録する場合など。 クラウドのオートスケールに対応できます。 OSホスト名はクローン時のウィザードなどで変 更できますが、Zabbix_agentd.confのHostnameを 都度変更するのは面倒です。 HostnameItem=system.hostname を有効化すれば、OSのホスト名を使用するた め、クローン後にZabbix_agentd.confを編集する必 要がなくなります。 22 2013/11/22
  23. 23. ポイント ディスカバリ自動登録では、Zabbixエー ジェントや SNMPエージェントの値を使用することが出来 ます。 Zabbixエージェントの[system.uname]や SNMPエージェントの[sysDescr.0] を使えば、サーバのOS情報やNW機器の機種情報 が取得できるため、テンプレートリンクの際に有 効な仕分け情報とすることが出来ます。 23 2013/11/22
  24. 24. アイコンマッピング せっかく、ホスト登録を自動化したら、マップ作 成も自動化しましょう。 [一般設定][アイコンのマッピング]ではインベント リの 情報を元に自動的にアイコンを紐付ける事ができ ます。 24 2013/11/22
  25. 25. アイコンマッピング ホストインベントリの情報は、アイテム設定で [ホストインベントリフィールドの自動設定]で登録 したいインベントリを選択することによって自動 登録することが可能です。テンプレートに設定し ておきましょう。 25 2013/11/22
  26. 26. マップの自動作成 マップ定義でアイコンの自動マッピングを選択す ることで、 NW機器やサーバ毎に自動的にアイコン が変わるマップにすることができます。 マップ作成毎にアイコンを選択する手間がかかり ません。 ただし、自動アイコンではステータス毎のアイコ ン定義が出来ないので、障害・正常の判断は、文 字情報やアイコンのハイライトで判断する必要が あります。 26 2013/11/22
  27. 27. マップの自動作成 マップアイコンの設定 アイコンタイプ[ホストグループ]で[ホストグルー プ内のホスト]を選択した場合、ホスト一覧マップ を自動生成することが出来ます。 アイコンマッピングと 組み合わせることで、 マップ作成が自動化できます。 27 2013/11/22
  28. 28. アイテムの自動生成 (ローレベルディスカバリ) ローレベルディスカバリでは、プロトタイプとよ ばれる基本設定を作っておくことで、NICやディス クなど、ホスト毎に構成(名前や数)が異なるア イテムを自動的に監視することができます。 28 2013/11/22
  29. 29. アイテムの自動生成 (ローレベルディスカバリ) ホストやテンプレートの一覧画面で、ローレベル ディスカバリを設定したいホストの[ディスカバリ] リンクをクリックします。 29 2013/11/22
  30. 30. アイテムの自動生成 (ローレベルディスカバリ) まず、[ディスカバリルールの作成]でNIC一覧や、 ディスク一覧など、リスト形式で取得できるアイ テムを定義します。 30 2013/11/22
  31. 31. アイテムの自動生成 (ローレベルディスカバリ) [名前]や[キー]の部分は通常のアイテム設定と同様 です。 Zabbix2.0ではファイルシステム一覧を取得するた めのキー [vfs.fs.discovery]とNIC一覧を取得する ためのキー[net.if.discovery]が追加されました。 [フィルター]の[マクロ]はリストの中で、特定の正 規表現にマッチする物だけを呼び出す際に使用し ます。 SNMPのようにリストの値をそのまま使う場合に は、設定は必要ありません。 カスタムLLDとしてJSON形式でリストを返すスク リプトを作成すれば、LLDを拡張することが出来 ますが、このスライドでは趣旨に反するので、紹 31 介しません。 2013/11/22
  32. 32. アイテムの自動生成 (ローレベルディスカバリ) ディスカバリルールの定義が終わったら、アイテ ム、トリガー、グラフのプロトタイプを設定しま す。 設定方法は通常のアイテムと変わりませんが、可 変部分についてはディスカバリルールのマクロや SNMPのマクロなどを使って設定します。 32 2013/11/22
  33. 33. アイテムの自動生成 (ローレベルディスカバリ) アイテム1つ分の設定を行えば、ディスカバリに よって見つかった分だけ、自動的にアイテムが複 製され、監視されます。 名前やアイテムキーが重複しないように必ずマク ロを使って設定をおこなってください。 (重複するとアイテムが作成されません) 33 2013/11/22
  34. 34. スクリーンのダイナミックアイ テム スクリーンを設定する際、[ダイナミックアイテム] にチェックを付けると1つのスクリーンを定義す るだけで、 複数のホストの情報を切り替えて表示することが できます。 34 2013/11/22
  35. 35. スクリーンのダイナミックアイ テム ダイナミックアイテムが設定されているスクリー ンを開くと、プルダウンで表示するホストを選択 出来るようになります。1つのスクリーン設定 で、全ホスト用のスクリーン設定のように使う事 ができます。 35 2013/11/22
  36. 36. VMware監視 vCenter Serverを監視対象として登録すること で、その配下のHypervisorsや仮想マシンを自動的 に見つけ出し(ホストLLD)、監視対象ホストと して登録してくれます。 vCenter Serverを使わずに、ESXiだけで運用して いる環境では、同じようにESXiを登録するだけ で、配下の仮想マシンを自動的に見つけ出し、監 視対象ホストとして登録してくれます。 36 2013/11/22
  37. 37. VM監視系のconfパラメータ VM監視に関わる追加されたパラメータは次の通り ### Option: StartVMwareCollectors です。 Zabbixインストール直後の状態 # Number of pre-forked vmware collector instances. # # Mandatory: no # Range: 0-250 # Default: StartVMwareCollectors=5 では、 StartVMwareCollectors が0になっています。 ### Option: VMwareFrequency # How often Zabbix will connect to VMware service to obtain a new data # # Mandatory: no # Range: 10-86400 # Default: VMwareFrequency=20 VM監視を行う場合は環境規模に 合わせて1以上の値に設定してく ださい。 の設定 ### Option: VMwareCacheSize # Size of VMware cache, in bytes. # Shared memory size for storing VMware data. # # Mandatory: no # Range: 256K-2G # Default: VMwareCacheSize=256M 37 2013/11/22
  38. 38. VM監視テンプレートの種類 テンプレート名 解説(推測) Template Virt VMware vCenter Server/ 単体vSpher Hyperviser用テンプ レート(手動適用) Template Virt VMware Guest LLDを実施し見つかったVMに対し て自動適用されるテンプレート Template Virt VMware Hypervisor LLDを実施し見つかった vSphere Hypervisorに対して 自動適用されるテンプレート Zabbix2.0からアップデートインストールした場合、 テンプレートは追加されません。別途インポート する必要があります。 38 2013/11/22
  39. 39. VMwareテンプレートのマクロ 設定 VM監視テンプレートを利用するためには、 vCenterやESXiのデータを取得するためのID、パス ワード、URLが必要です。 39 2013/11/22
  40. 40. マクロの内容 マクロ 内容 {$URL} vCenter/ESX/ESXiのURLを記入します。 https://<IPアドレス>/sdk となります。 ※/mobではないので注意 {$USERNAME} 対象のvCenterやESX/ESXiに読み取り権限がある UserIDを記入します。 {$PASSWORD} UserIDのパスワードを記入します。 40 2013/11/22
  41. 41. VM監視 LLDの機能により、自動的にHypervisorと仮想マシンが登録 されテンプレートがリンクされて監視が開始されます。 41 2013/11/22
  42. 42. 全自動Zabbix Agent自動登録、ディスカバリ自動登録で、ホスト を自動登録して、適切なテンプレートと紐付け る、ホストグループで自動グループ分けする。 VM監視では管理ノードを登録すると配下のホスト はLLDで登録される。 自動登録されたホストはローレベルディスカバリ でアイテム、トリガー、グラフを自動設定する アイコンのマッピング、ホストグループ内のホス トを使ってマップを自動生成する。 スクリーンのダイナミックアイテムを使って、自 動登録されたホストもスクリーンで確認出来るよ うにする。 42 2013/11/22
  43. 43. 全自動Zabbix これで、どれだけ監視対象ホストが増えても、設 定稼働は増えませんね。 ※監視サーバの負荷監視は忘れずに! 43 2013/11/22
  44. 44. おわり ご静聴ありがとうございました。 Zabbix 2.0 から Zabbix 2.2 へアップデートする際 の注意点なども以下のサイトで公開しています。 http://www.rack.sh/ 44 2013/11/22

×