Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Jaws festa2016 cloudwatch

696 views

Published on

JAWS-FESTA Tokaido 2016

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Jaws festa2016 cloudwatch

  1. 1. CloudWatch Deep Dive (collectd編) アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト 舘岡 守 JAWS-FESTA 東海道2016
  2. 2. ⾃⼰紹介 • 舘岡 守(たておか まもる) エンタープライズ ソリューション アーキテクト • 略歴 • 株式会社サーバーワークスでAWSエンジニア • 個⼈でITエンジニア向け勉強会を主催 • 好きなAWSサービス • S3、AWSサポート、CloudWatch
  3. 3. 本⽇のお話 • パッション! • CloudWatchとは • CloudWatch + collectd • スピードの向こう側 運⽤のその先へ 3
  4. 4. パッション…? ボス「JAWS-Festaで何か喋ってきて」 ぼく「はい!出張の扱いで良いですよね?」 ボス「パッション次第です」 ぼく「パッション…🤔」 4
  5. 5. パッションとは • Passion – ⾳節[pas・sion] – 読み⽅pˈæʃən(⽶国英語) • 主な意味 – (異性に対する)情欲、⾊情、恋情、熱情、情熱、激情、(理性と 対⽐して)感情、情感、熱愛、熱中 5 ※出典:weblio
  6. 6. パッション! • 私達は何のためにシステムを作るのか? – システムは作る事が⽬的ではないはず – 誰かの問題解決のために、誰かの幸せのために – サーバーレスアーキテクチャ、IoTはあくまで⼿段 • システムの運⽤こそ本番 – 適切にシステムを監視・管理し、価値を提供するのが⽬的 – 運⽤設計は⼤事、とても⼤事 6
  7. 7. AWSで運⽤監視と⾔ったら… 7
  8. 8. CloudWatch 8
  9. 9. Amazon CloudWatchの概要 • AWSの各種リソースを監視するサービス – AWSリソースの死活、性能、ログ監視 (監視) – 取得メトリックスのグラフ化 (可視化) – 各メトリックスをベースとしたアラーム(通知)、アクションの設定が可能 • 多くのAWSサービスの監視が可能 – Amazon EC2 – Amazon EBS – Amazon RDS – Elastic Load Balancing など • AWSの課⾦情報の監視
  10. 10. Amazon CloudWatchのコンセプト
  11. 11. Amazon CloudWatchのコンセプト Metrics Name (CPUUtiliization) Metrics Name (HealthyHostCount) Metrics
  12. 12. Amazon CloudWatchのコンセプト Metrics Name (CPUUtiliization) Metrics Name (HealthyHostCount) Name Space (AWS/EC2) Name Space (AWS/RDS) Name Space (AWS/ELB) Metrics Name (CPUUtiliization) Metrics Namespace
  13. 13. Amazon CloudWatchのコンセプト Metrics Name (CPUUtiliization) Metrics Name (HealthyHostCount) Name Space (AWS/EC2) Name Space (AWS/RDS) Name Space (AWS/ELB) Metrics Name (CPUUtiliization) Dimension (InstanaceId) Dimension (InstanaceId) Dimension (InstanaceId) Metrics Namespace Dimension
  14. 14. Amazon CloudWatchのコンセプト Metrics Name (CPUUtiliization) Metrics Name (HealthyHostCount) Name Space (AWS/EC2) Name Space (AWS/RDS) Name Space (AWS/ELB) Metrics Name (CPUUtiliization) Dimension (InstanaceId) Dimension (InstanaceId) Dimension (InstanaceId) Sum Max Min Average Sample Count StatisticMetrics Namespace Dimension
  15. 15. Amazon CloudWatchに対応するAWSサービス AWS サービス 名前空間 Auto Scaling AWS/AutoScaling AWS Billing AWS/Billing Amazon CloudFront AWS/CloudFront Amazon CloudSearch AWS/CloudSearch Amazon DynamoDB AWS/DynamoDB Amazon ElastiCache AWS/ElastiCache Amazon Elastic Block Store AWS/EBS Amazon Elastic Compute Cloud AWS/EC2 Elastic Load Balancing AWS/ELB Amazon Elastic MapReduce AWS/ElasticMapReduce Amazon Kinesis AWS/Kinesis AWS OpsWorks AWS/OpsWorks Amazon Redshift AWS/Redshift Amazon Relational Database Service AWS/RDS AWS の製品 名前空間 Amazon Route 53 AWS/Route53 Amazon Simple Notification Service AWS/SNS Amazon Simple Queue Service AWS/SQS Amazon Simple Workflow Service AWS/SWF AWS Storage Gateway AWS/StorageGateway Amazon WorkSpaces AWS/WorkSpaces
  16. 16. CloudWatch Logs Amazon Linux Ubuntu Server Windows Red Hat Enterprise Linux CloudWatch Logs api call to endpoint アラーム SNS
  17. 17. CloudWatch Events • AWSの様々なリソースに対するイベント をトリガーにアクションを実⾏ • スケジュールベースでのアクションも可 能 – イベント • 対象となるリソースを指定 – ターゲット • 実⾏する処理を指定 – ルール • イベントソースとルールの組み合わせ 17 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/events/WhatIsCloudWatchEvents.html CloudWatch Events Snapshot
  18. 18. CloudWatch + collectd 18
  19. 19. CloudWatchプラグイン発表 19 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/new-cloudwatch-plugin-for-collectd/
  20. 20. 既にメソられていました 20 http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/collectd-cloudwatch/
  21. 21. CloudWatch Deep Dive (collectd編) (VoiceOps編) アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト 舘岡 守
  22. 22. 運⽤の移り変わり 職⼈の⼿作業による温かみのある運⽤ ↓ 開発者による運⽤(DevOps) ↓ チャットツールとのAPIコラボレーション(ChatOps) ↓ ⾳声指⽰による運⽤(VoiceOps) ← New! 22
  23. 23. Amazon Echo • ⾳声認識デバイス – ⾳楽の再⽣ – Amazonで買い物 • Skill(s)追加でカスタマイズ – もちろんAWSも操作可! • 技適… 23
  24. 24. 24 https://echosim.io/
  25. 25. 25 https://echosim.io/ Demo
  26. 26. 26 https://echosim.io/ 費⽤教えて 調べるね! API Call 分かったよ!$600,000
  27. 27. 運⽤をもっと楽に! • オンプレと同じ運⽤ではTCOは変わらない – 職⼈技に頼って良いのは⼩学⽣まで • 運⽤は⼤変な仕事だけどAWSなら楽に出来る! – CloudTrail、AWS Config、CFn、Trusted Advisor & more!! • SAやAPNパートナーがヒントを持っています! 27
  28. 28. DevOpsでもなくて、ChatOpsでもなくて、 AllexaOps J 次回のOpsJAWS(12/13)で詳細ご紹介します! ご興味のある⽅は是⾮ご登録を! OpsJAWS: https://opsjaws.doorkeeper.jp/
  29. 29. 29

×