2011 08-13 beta2-sample3

474 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2011 08-13 beta2-sample3

  1. 1. リンク 被リンクの関係にある項目どうしを線で結び、 ・ 被リンク項目の側を太くした。 被リンク数の多い項目ほど円が大きく、 かつ中心に近くなるよう描画してある。(出典 災害言論アーカイブス、 : 2011年 6月13日現在、図版作成 山本遼) :  195
  2. 2. 震災と言葉 2災害言論インデックス 震災でひとはなにを語ったか災害言論調査チーム(入江哲朗、寺澤勝、徳久倫康、峰尾俊彦、山本遼)  監修:東浩紀 saigaigenron.contectures.jp/ http://    194
  3. 3. 「 ト 務 の が か 原 働 本 て 国 の 気 て 今 い 身 的 満 け 本 超 教 し 夜 半 ら 発 い が 私 い 家 で を い 、 も た 、 ・ な た で は え 授 て 景 分 東 に て 見 が た あ 使 る さ ち 。 原 消 ぜ な は 六 る は い は 消 の 対 舞 勤 我 的 る っ わ か 発 極 い な 月 世 、 自 ろ か )。 、 る 以 え 新 す 週 わ 務 々 滅 。 て け ん ん は 的 ? い に 論 私 東 前 て 横 る 末 れ し 国 テ 生 だ に 危 に ( な を 」 直 そ 六 に ド に い 浜 「 に た て 民 で ロ 活 が 行 接 険 支 月 っ 背 「 イ 比 る 駅 東 神 混 い に あ リ し 、 わ の だ 持 れ 一 て 景 今 ツ べ の に 西 奈 乱 る も っ ス 、 デ れ 事 と し は 四 も に の 出 て で 到 の 川 と の 、 て ト 原 モ て 故 思 て 五 日 、 脱 東 身 明 、 着 温 県 は は 責 や 発 参 い い き 〇 の ま 原 、 責 N 京 の ら い す 度 の と 日 任 国 外 推 加 る 任 つ た 年 H だ 発 の 日 か や る 差 自 り 本 の 策 国 進 者 街 は つ の 以 K 反 を 夜 本 に で と 」 宅 あ の 一 と か に に 頭 東 も が 上 世 ・ 決 を 文 暗 も 、 を に え 西 端 し ら 加 し デ 、 、 論 脱 め 京 の 調 見 化 く 「 節 実 戻 ず 側 は て の 担 て モ 普 日 間 原 た る 研 な 東 電 感 る 無 、 あ の 攻 し も の 電 段 本 査 発 イ 力 、 で と 究 っ に の せ 生 縁 京 る 原 撃 た 私 参 は 国 原 は の タ 、 者 て 戻 た ざ 活 で 都 。 子 な 政 に 加 と 心 民 四 世 リ 日 発 七 薄 、 い っ め る を あ に 力 ら 治 し 者 の 自 推 パ 論 ア 暗 ジ る た に を 続 る あ 発 と 家 て も 本 隅 身 ー が と く ャ 。 」 新 得 け 。 る 電 も を も 東 政 に だ 進 大 は セ て ク 私 実 横 な て 週 大 を か 選 、 電 府 追 か と ン 勢 違 、 リ と 感 浜 い い の 学 消 く 挙 普 と に い ら い ト を い 統 ー 同 が 駅 。 る 前 な 極 、 で 段 政 あ や で う で 占 、 国 、 一 ヌ じ あ 構 西 と 半 の 的 原 選 は 府 る っ あ い め 当 前 ・ 大 る 内 の 、 は で に 発 ん 東 を 。 て る 策 ま て 事 の ベ 学 。 の 京 震 京 、 支 事 で 電 非 だ 忘 。 を だ い 国 か 積 五 東 ル に 東 電 都 災 都 東 持 故 い の 難 れ 私 割 る の ベ ン 勤 京 灯 駅 と で 日 し は た 電 し ら て 自 極 に わ 日 か す に 除 す い か が ル れ は る の だ 六 人 に の ル な る 従 い な 市 う し 今 な ー る 放 ど と こ 放 。 月 は そ 会 六 リ い こ 事 て わ 民 こ こ の い レ と 射 う 思 の 射 こ 初 内 の 話 月 ン 。 と し は ち が と の 日 。 ッ し 性 に う 事 性 う 旬 心 話 で に に 逃 で て 避 疎 と が 異 本 皆 ト て 物 も 。 実 物 し 現 気 題 話 入 い げ あ い 難 開 り 、 常 で 「 の も 質 な し を 質 て 在 に に 題 っ る た り る 命 以 う 表 は 進 と よ 、 は ら か 前 を い 、 し な に て か く 、 。 令 外 る 面 遅 行 り う 数 目 な し に 大 る 福 て る 上 か の と 国 新 を に 唯 上 効 し あ に 年 に い 、 不 気 間 島 い と る ら よ も 家 し 出 は 一 パ 性 て え 確 か 見 事 お 安 や に 第 る 、 こ は う 逃 か い し な 有 ニ で い ず 率 ら え 態 そ を 海 も 一 の 互 と 、 な げ ら 土 て い 効 ッ 、 る 考 的 数 ず に ら 感 洋 、 原 で い が 東 既 ら の 地 い が な ク と 状 え に 十 匂 突 く じ に 溶 発 あ の 、 日 視 れ 長 に な 、 対 に り 況 な 発 い 入 事 な 放 融 の る 声 表 本 感 い 生 年 な 期 移 い 政 処 な あ は 後 も し 故 い 出 し 連 。 が 面 で を い 的 る 。 府 法 っ え 、 こ す な て が 人 し た 続 そ 暗 的 も 覚 と る の 人 支 と 福 は は て ず 極 未 い い 発 が て ウ メ れ い に 西 え が 島 、 、 に も 援 い い 普 め し の 来 。 る 生 い い ラ ル も ト は 日 る 大 が う 県 原 危 な 通 て 癌 の し る る ニ ト 当 ー 減 本 」 険 て な で 多 な こ 住 発 い の 異 い の あ や だ た と の ウ ダ 然 ン っ で と 数 け と 民 の 地 大 生 常 白 。 瞬 し で ム ウ で に た も 印 域 る で り な れ は の 周 き 活 で 」 、 、 血 間 た あ 燃 ン 、 変 。 、 象 の ば 生 多 辺 か な が 深 病 か ら る 料 事 こ わ し 原 を ら と 差 し で 、 活 く ( 理 で 刻 し し か な ら 、 。 が 故 れ る か 発 述 あ 路 の は 二 の 由 き な ど 、 ど 、 は を 。 し 事 べ 〇 長 か 迫 も る 頭 基 農 キ だ て 事 思 っ ロ の 個 う 刻 現 書 ほ 何 故 た 。 に 盤 林 期 と し 態 え た 影 人 か 々 在 い と か が 。 ロ 的 シ 迷 を 水 圏 思 ま だ な 緊 ア 響 の し と 進 て ん の 知 う 放 産 内 避 う う 。 い 迫 が 力 て 大 行 い ど 拍 人 ) 難 ン し 棄 業 を 。 と し 。 感 ・ 現 で い 量 形 る の 子 と 、149
  4. 4. 2148
  5. 5. キ の 帯 た て 今 パ に の 付 か の た が で 機 と 分 ャ の 電 。 い 回 ケ 通 し S 加 ら 携 現 か 緊 果 能 、 ソ 析 ま リ 、 話 し れ の ッ 話 か M 機 数 帯 在 ら 急 た す 携 ー し ず ア 尋 の か ば 震 ト 網 し S 能 時 電 の だ 時 し る 帯 シ た は 「 内 常 電 し 、 災 通 と 、 も ( 間 話 携 。 の た 情 電 ャ い 、 連 に で 子 、 パ で 信 パ そ 輻 通 は が 帯 連 役 報 話 ル 。 ソ 絡 話 手 あ は メ 落 ケ も で ケ の 輳 帯 す 輻 ふ 電 絡 割 イ や メ ー る な ー と ッ つ あ ッ 一 の 域 べ 輳 く そ 話 手 を ン フ デ シ 段 メ い ル し ト な れ ト 方 影 を て を う 網 段 疑 フ ァ ィ ャ 」と ー 数 だ 穴 通 が ば 通 で 響 利 の 起 の と う ラ ク ア ル し ル の 。 と 信 り 信 現 を 用 携 仕 し 人 的 ス に メ 使 し こ て サ 安 パ な は に え 網 在 受 て 帯 し 組 て は 側 、 は デ の ー 否 ケ っ 問 く る を の け シ 電 、 み 有 誰 面 電 、 ィ ソ バ 確 ッ た 題 い よ 分 携 、 ョ 話 通 で 効 も が 子 様 ア ー ー 認 ト の な 状 う け 帯 送 ー が 話 は に い あ メ 々 が シ で メ 通 は く 態 て 電 受 ト 通 が 、 機 な る ー な こ ャ 設 メ ル 大 ー 信 、 使 は 計 制 話 信 ッ じ 不 緊 能 い 。 ル 情 の 幅 ル が 各 え あ 御 ネ で に 可 急 す だ 後 の 報 震 メ さ セ デ な が で キ る っ れ し ッ き ー く 能 災 る ろ 者 よ を 災 ィ 混 一 き ャ と た て て ト な ジ い に 害 こ う に う 伝 で ア 雑 斉 れ リ い も お ワ い を 状 な が と 。 つ な 達 果 い 送 が に ば ア う の る り ー 状 る 態 る 起 は ソ い 「 す た 起 送 、 が ユ の 。 、 ク 態 ) が 。 き 、 ー て 連 る し き 信 送 用 ー 、 緊 は に と 続 実 る 十 シ 、 絡 メ た そ い 、 さ 信 意 ザ 電 の 急 緊 陥 き 際 と 分 ャ こ 手 デ 役 結 れ は し ー 波 設 災 急 っ う 、 、 そ に ル の 段 ィ 割 果 た で て が さ 計 害 災 た 位 通 震 の 証 メ 度 」 ア に と こ き い 多 え 通 時 害 。 置 話 災 地 明 デ の と 的 つ し と る る か 届 り で 時 付 網 直 域 さ ィ 震 し 側 い て で も 携 っ い 、 も 用 け の 後 へ れ ア 災 て 面 て う い 大 る る 受 運 う フ 確 日 た も こ シ ら ま メ 実 か ソ だ き こ 。 け 動 な ィ 保 の た 震 と ャ そ な で ー の 。 ー っ な と ツ 、 の こ ッ し 仕 め 災 も ル ん い 数 ル と シ 「 た 情 は イ 米 た と ク て 事 、 当 な メ な 。 時 の こ ャ 救 と 報 予 ッ ツ め は が お の ツ 日 く デ 中 間 受 ろ ル 援 言 イ 想 タ イ の な 増 く 連 イ は 、 ィ 、 を 信 、 メ 手 え ン し ー ッ 情 か え こ 絡 ッ 携 リ ア ツ 要 が こ デ 段 よ フ て 社 タ 報 っ 続 と を タ 帯 ア の イ し 遅 れ ィ 」と う ラ い も ー イ た け の 行 ー 電 ル メ ッ た 延 に ア し 。 が な ま 社 ン 。 た 重 い の 話 タ ッ タ 。 、 つ が て 安 か さ が フ こ が 要 、 ダ で イ セ ー こ 環 い 果 の 定 っ か サ ラ れ 、 性 い イ の ム ー 、 れ 境 て た ソ し た こ ー と は 混 を ざ レ 通 な ジ ミ で に し ー て だ れ し エ 雑 ク 話 安 機 ク は も は シ バ 認 と 定 た 利 ろ ほ ー て ジ に 識 い ト や 否 能 シ 緊 よ も ャ 用 う ど ツ プ よ メ 携 確 は ィ 急 る 量 う ル で が ま を イ ト っ し う ッ 帯 認 、 、 の が 的 ひ メ き 、 で 強 ッ や て た 時 セ メ 手 携 フ 連 、 な と デ た 日 の 化 タ リ サ 。 の ー ー 段 帯 ェ 絡 送 評 ィ し ツ た つ ア と 本 大 ー ビ ー ジ ル と メ イ 手 信 価 の い に 災 て を ア バ イ め で が し ー ス 段 し は メ う と 害 い 利 な ー ッ に 家 使 て ル ブ と た 難 デ 意 っ が た 用 ど が タ 複 族 い 役 の ッ し 携 し ィ 味 て 日 こ し で 長 ー 数 の 物 に よ ク て 帯 い ア で は 本 と て 民 時 は の 安 に 立 う と は メ 。 的 不 、 で が い 衆 間 震 連 否 な っ に い 使 ー と 側 幸 ひ 突 背 た が 落 災 絡 確 ら た 遅 っ い ル い 面 中 と 然 景 こ 民 ち 後 手 認 な 。 延 た 物 が う は の つ 起 に と 主 る ト 段 や か 筆 す ソ に 届 の ど 幸 の き あ を 化 よ ラ を 当 っ 者 る ー な く 2011.5.2253
  6. 6. みたい ソ ー シ が 感 じ 未 曾 せ た か は 、 取 な 地 域   ─ 「 「。 ャ て 有 の 材 に 三 と 今 ル い の よ の 足 月 に 一 メ る 震 う 際 を 一 か 番 2 デ 「 災 に 、 運 一 く 欲 ィ 情 か 皆 最 び 日 『 し ア 報 ら 「 後 、 、 情 い が へ 三 情 に 多 東 報 も ─ 果 の ヶ 報 必 く 日 』 の た し 渇 望 月 ( が 欲 ず 聞 の 被 本 大 だ よ は 何 ソ 津 ル た 執 し く 震 」 で ー 田 ポ Daisuke Tsuda 役 感 筆 い よ 災 す 災 ル シ 」 者 割 を 時 )。 」 う た が か ? ロ 大 タ ー と と に 起 、 手 本 つ し ち き 」 ー ャ 介 ジ ュ が 稿 の カ ル 今 ぶ た て 後 か で や も 声 以 り を ル メ の は い の 降 復 に 被 た だ 聞 、 コ デ 、 い 興 に マ 災 地 。 。 彼 た 東 北 ミ Reconstructing Autonomous Local Communities Can Social Media Regenerate Tohoku? ュ つ い ス メ に 住 ら は 。 冒 を 中 ニ ィ て 考 デ ィ む 人 示 し 頭 の 心 に テ ア え ア た 合 問 様 ィ は て や ち わ い 々 の 自 東 立 と 北 復 を 興 再 生 可 能 か
  7. 7. 100 /ha 8 8km² 1km² 9 3km うしとら 1km² 3 1139
  8. 8. 震災と建築復興計画β 雲の都市 :Reconstruction Plan Beta: The Cloud City 藤村龍至+東洋大学藤村研究室 Ryuji Fujimura and the Toyo University Ryuji Fujimura Laboratory 8 ★1 復興計画β:雲の都市 藤村龍至+東洋大学藤村研究室  38
  9. 9. 残 た と 裂 い ト 求 な る い ベ れ 情 失 酷 。 ぼ 題 ぼ ば い 若 に め る 。 ら ク 明 報 っ 政 と さ 詳 く さ く ら て 者 群 る 。 そ れ レ 確 が た 治 て は 細 が れ は ば し た が 母 放 し て ル な ネ 。 の も 、 は そ た 震 ら ま ち る 親 射 て い 、 基 ッ そ 混 そ 多 省 こ 、 災 に っ … 、 た 能 そ る 半 準 ト の 乱 う 数 く で ぼ 後 な た … 震 ち で こ は 減 は を 穴 だ は の が 論 く 、 る よ 。 災 に 揺 に ず 期 な 飛 を け 言 人 、 じ が い と う 福 は 対 れ 追 だ 、 い び 埋 が え 間 そ た は ま は に 島 日 し る い 。 除 。 交 め 問 な が こ の じ か ど 感 原 本 、 福 打 自 染 だ っ る 題 い 殺 で は め ら の じ 発 を い 島 ち 主 と か て か で 。 さ ぼ 、 て 二 よ ら の な か に を 避 い ら い の は れ く 二 記 〇 う れ 事 に な 対 か 難 っ い る よ な る は 〇 し 年 な る 故 も る し け に た ま 。 う い こ 、 世 た ほ 経 。 は 変 共 、 る 踏 聞 福 そ に 。 と ア 紀 長 ど 験 え 感 嫉 か み き 島 も 、 た い 、 そ ウ 半 前 だ 人 は も 妬 の 切 慣 周 そ さ と の シ ば 文 に ろ し な ま よ る れ 辺 も ま え 章 々 も ュ の 書 う の な く じ う 家 な の 低 ざ ば ヴ だ い 、 の 大 。 か 心 い 嘲 り に 庭 い 住 線 ま 福 に ィ 量 た 。 を 、 の 、 も 専 民 量 な 島 で ッ 虐 エ ま こ 笑 視 地 あ 門 、 被 団 原 は 0 ツ 殺 ッ っ れ だ 線 域 れ 用 と 曝 体 発 な や の セ か け を や ば 語 り の が た 。 0 く 旧 イ を わ 本 く ら 向 家 、 に 健 独 政 0 ソ を 向 け 、 質 ひ も け 族 逆 囲 康 自 府 0 連 思 け 幼 あ は い と 同 る る 構 に ま 被 基 と る の な つ じ 被 成 子 れ い 害 準 電 出 自 子 ひ 収 に す に 「 災 や ど 、 に で 力 と 容 か し 日 称 他 所 も ひ ど つ 放 会 こ 「 も が 所 と と て 常 理 県 得 を と い 射 社 殺 の い が い 」 系 民 の 連 り を て 線 は さ 例 う 多 な が 」 。 差 れ ひ 抱 は 量 た れ を と く い 続 の 公 異 て と え 、 測 び あ 出 て な 、 く 研 共 に 避 り る 専 定 重 る し も っ む は 究 施 よ 難 じ 親 門 を な ひ な シ た し ず 者 設 る 区 つ た 家 始 る と が リ 。「 ろ だ た の 危 域 に ち 内 め 情 が ら ア ば と ち 放 機 に 孤 は で 、 報 た 、 ス 確 ら 強 。 射 感 戻 独 、 も い 隠 ま 大 な 率 ば 弁 そ 線 の る な シ 意 ま 蔽 た 量 問 の ら す し 量 落 家 決 ー 見 や で ま 虐 題 手 に る て 測 差 庭 断 ベ が 多 信 虐 殺 だ 触 引 貧 ネ 定 が も を ル 分 様 頼 殺 の っ り き し ッ を 重 あ 強 ト か な を 」 、9
  10. 10. れ の が 伸 の 取 震し な 災 な べ 高 た り ち 震 災 The Disaster Broke Us Apartか い 害 ぜ 、 揚 し 戻 が 災し、 と 夢 を 奇 か 英 義 援 は 記 か に し た う 、 で ぼ でいま を 見 貨 と 雄 に 金 は 憶 に そ の は ず と 言 く た ぼ、 た し な あ 新 よ だ う ち く五ヶ 。 て ふ り 、 っ と し い う な と 主 ひ と は ば た月後 た た 挙 国 い う 。 マ 側 面 張 す が い ら ば ちの現 び 公 一 ま に ス コ も あ る ひ る だ ら に は実 共 致 内 記 ミ る と ろ な ばはど の 精 閣 の 録 的 も ネ の か が い う か っ て らうだ 神 を 結 成 な 金 ッ ト も し る だ 。 震 し ま ばろう 取 り が 額 へ も 震 れ な ろ う 災 で っ た ら。 戻 囁 か 駆 災 い か ぼ 。 にぼく し 、 れ け 上 情 報 。 い 。 く た なた 長 た 。 っ で や ち っちは い 低 多 く た 。 一 色 、 あ は 「 て「ひ 迷 を の 自 衛 に な っ た ひ と しと 抜 人 々 隊 っ の つ まつ」 け 新 が の 迅 た 。 か も 」 に っにな た な ( ぼ く 速 な 企 業 し れ な っ たっ 国 を 救 は な たて に 含 援 競 い は めい 生 )、 が っ 。 ずる ま 称 て 震 だだ れ 日 賛 被 災 とろ 変 本 さ 災 直 、う わ は れ 者 後 日か。 る の こ の 、 官 に 手 の 日 本 は 東 浩 Hiroki Azuma か 未 房 を 本 連 も し 曾 有 長 官 差 し 社 会 帯 を 紀 8
  11. 11. 130 G 2 0 o v震災 と 政 治 震 災 復 興 と 、そ し て プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 化 す る 世 界 佐 々 木 俊 尚Disasters and ・Politics Post-Disaster Reconstruction, Gov 2.0 and the Platformizing World Toshinao Sasaki 247 ENA 148震災 と 文 化 「 終 わ り な き 日 常 」が 終 わ っ た 日 竹 熊 健 太 郎Disasters andCulture The Day the “Endless Everyday” Ended Kentaro Takekuma 248 ENA 162震災 と 科 学 私 た ち は ど の よ う な 未 来 を 選 ぶ の か 八 代 嘉 美Disasters andScience What Kind of Future Do We Choose? Yoshimi Yashiro 249 ENA shisouchizu beta vol.2 201 autumn: after the disaster 180 東 大 病 院 放 射 線 治 療 部 門 中 川 恵 一 氏 イ ン タ ビ ュ ー 中 川 恵 一   Interview with Keiichi Nakagawa, Department of Radiology, The University of Tokyo Hospital Keiichi Nakagawa 250 ENA 186 2震災 と 言 葉 福 島 か ら 考 え る 言 葉 の 力 和 合 亮 一 + 東 浩 紀Disasters andWords 2 Thinking from Fukushima about the Power of Words Ryoichi Wago, Hiroki Azuma 251 ENA 1 194 災 害 言 論 イ ン デ ッ ク ス ─ 震 災 で ひ と は な に を 語 っ た か 災 害 言 論 調 査 チ ー ム Disaster/Speech Index: The Disaster and People’s Voices The Disaster/Speech Research Team 252 ENA 210 寄 稿 者 一 覧 Profiles contectures 編 212 集 後 記 ・ 奥 付 Editor’s Postscript and Publication Data Shisouchizu beta vol.2 English Abstracts and Translations 219
  12. 12. 2特集震災 以 後After the Disaster 008 編集長|東浩紀    取材写真|新津保建秀巻頭 言 震 災 で ぼ く た ち は ば ら ば ら に な っ て し ま っ た 東 浩 紀 photos: kenshu shintsuboPrefatory Note The Disaster Broke Us Apart Hiroki Azuma 220 ENT 020 1震災 と 言 葉 詩 の 礫 一 〇 和 合 亮 一Disasters and  Words 1 Pebbles of Poetry 10 Ryoichi Wago 224 ENT editor in chief: hiroki azuma : 038震災 と 建 築 復 興 計 画 β 雲 の 都 市 藤 村 龍 至 + 東 洋 大 学 藤 村 研 究 室Disasters andArchitecture Reconstruction Plan Beta: The Cloud City Ryuji Fujimura and the Toyo University Ryuji Fujimura Laboratory 228 ENT 052ルポ ル タ ー ジ ュ ソ ー シ ャ ル メ デ ィ ア は 東 北 を 再 生 可 能 か ─ ロ ー カ ル コ ミ ュ ニ テ ィ の 自 立 と 復 興 津 田 大 介Reportage Can Social Media Regenerate Tohoku?: Reconstructing Autonomous Local Communities Daisuke Tsuda 233 ENT ENT = page numbers for English translations   ENA = page numbers for English abstracts 074震災 と 社 会 断 ち 切 ら れ た 時 間 の 先 へ ─ 「 家 長 」 と し て 考 え る 猪 瀬 直 樹 + 村 上 隆 + 東 浩 紀Disasters andSociety Going Beyond the Severed Time: Thinking as the Kacho Naoki Inose, Takashi Murakami, Hiroki Azuma 244 ENA 094 大 阪 シ ン ポ ジ ウ ム 災 害 の 時 代 と 思 想 の 言 葉 鈴 木 謙 介 + 福 嶋 亮 大 + 浅 子 佳 英 + 東 浩 紀   Osaka Symposium: The Era of Disasters and the Words of Critical Thought Kensuke Suzuki, Ryota Fukushima, Yoshihide Asaco, Hiroki Azuma 245 ENA   110 仙 台 シ ン ポ ジ ウ ム 震 災 で 言 葉 に な に が で き た か 石 垣 の り こ + 鈴 木 謙 介 + 瀬 名 秀 明 + 東 浩 紀   Sendai Symposium: The Words People Sought in the Disaster Noriko Ishigaki, Kensuke Suzuki, Hideaki Sena, Hiroki Azuma 246 ENA
  13. 13. visit our global website at genron.contectures.jp shisouchizu beta vol.2 2011autumn: after the disaster vol.3 1

×