Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2011 08-13 beta2-sample3

506 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2011 08-13 beta2-sample3

  1. 1. リンク 被リンクの関係にある項目どうしを線で結び、 ・ 被リンク項目の側を太くした。 被リンク数の多い項目ほど円が大きく、 かつ中心に近くなるよう描画してある。(出典 災害言論アーカイブス、 : 2011年 6月13日現在、図版作成 山本遼) :  195
  2. 2. 震災と言葉 2災害言論インデックス 震災でひとはなにを語ったか災害言論調査チーム(入江哲朗、寺澤勝、徳久倫康、峰尾俊彦、山本遼)  監修:東浩紀 saigaigenron.contectures.jp/ http://    194
  3. 3. 「 ト 務 の が か 原 働 本 て 国 の 気 て 今 い 身 的 満 け 本 超 教 し 夜 半 ら 発 い が 私 い 家 で を い 、 も た 、 ・ な た で は え 授 て 景 分 東 に て 見 が た あ 使 る さ ち 。 原 消 ぜ な は 六 る は い は 消 の 対 舞 勤 我 的 る っ わ か 発 極 い な 月 世 、 自 ろ か )。 、 る 以 え 新 す 週 わ 務 々 滅 。 て け ん ん は 的 ? い に 論 私 東 前 て 横 る 末 れ し 国 テ 生 だ に 危 に ( な を 」 直 そ 六 に ド に い 浜 「 に た て 民 で ロ 活 が 行 接 険 支 月 っ 背 「 イ 比 る 駅 東 神 混 い に あ リ し 、 わ の だ 持 れ 一 て 景 今 ツ べ の に 西 奈 乱 る も っ ス 、 デ れ 事 と し は 四 も に の 出 て で 到 の 川 と の 、 て ト 原 モ て 故 思 て 五 日 、 脱 東 身 明 、 着 温 県 は は 責 や 発 参 い い き 〇 の ま 原 、 責 N 京 の ら い す 度 の と 日 任 国 外 推 加 る 任 つ た 年 H だ 発 の 日 か や る 差 自 り 本 の 策 国 進 者 街 は つ の 以 K 反 を 夜 本 に で と 」 宅 あ の 一 と か に に 頭 東 も が 上 世 ・ 決 を 文 暗 も 、 を に え 西 端 し ら 加 し デ 、 、 論 脱 め 京 の 調 見 化 く 「 節 実 戻 ず 側 は て の 担 て モ 普 日 間 原 た る 研 な 東 電 感 る 無 、 あ の 攻 し も の 電 段 本 査 発 イ 力 、 で と 究 っ に の せ 生 縁 京 る 原 撃 た 私 参 は 国 原 は の タ 、 者 て 戻 た ざ 活 で 都 。 子 な 政 に 加 と 心 民 四 世 リ 日 発 七 薄 、 い っ め る を あ に 力 ら 治 し 者 の 自 推 パ 論 ア 暗 ジ る た に を 続 る あ 発 と 家 て も 本 隅 身 ー が と く ャ 。 」 新 得 け 。 る 電 も を も 東 政 に だ 進 大 は セ て ク 私 実 横 な て 週 大 を か 選 、 電 府 追 か と ン 勢 違 、 リ と 感 浜 い い の 学 消 く 挙 普 と に い ら い ト を い 統 ー 同 が 駅 。 る 前 な 極 、 で 段 政 あ や で う で 占 、 国 、 一 ヌ じ あ 構 西 と 半 の 的 原 選 は 府 る っ あ い め 当 前 ・ 大 る 内 の 、 は で に 発 ん 東 を 。 て る 策 ま て 事 の ベ 学 。 の 京 震 京 、 支 事 で 電 非 だ 忘 。 を だ い 国 か 積 五 東 ル に 東 電 都 災 都 東 持 故 い の 難 れ 私 割 る の ベ ン 勤 京 灯 駅 と で 日 し は た 電 し ら て 自 極 に わ 日 か す に 除 す い か が ル れ は る の だ 六 人 に の ル な る 従 い な 市 う し 今 な ー る 放 ど と こ 放 。 月 は そ 会 六 リ い こ 事 て わ 民 こ こ の い レ と 射 う 思 の 射 こ 初 内 の 話 月 ン 。 と し は ち が と の 日 。 ッ し 性 に う 事 性 う 旬 心 話 で に に 逃 で て 避 疎 と が 異 本 皆 ト て 物 も 。 実 物 し 現 気 題 話 入 い げ あ い 難 開 り 、 常 で 「 の も 質 な し を 質 て 在 に に 題 っ る た り る 命 以 う 表 は 進 と よ 、 は ら か 前 を い 、 し な に て か く 、 。 令 外 る 面 遅 行 り う 数 目 な し に 大 る 福 て る 上 か の と 国 新 を に 唯 上 効 し あ に 年 に い 、 不 気 間 島 い と る ら よ も 家 し 出 は 一 パ 性 て え 確 か 見 事 お 安 や に 第 る 、 こ は う 逃 か い し な 有 ニ で い ず 率 ら え 態 そ を 海 も 一 の 互 と 、 な げ ら 土 て い 効 ッ 、 る 考 的 数 ず に ら 感 洋 、 原 で い が 東 既 ら の 地 い が な ク と 状 え に 十 匂 突 く じ に 溶 発 あ の 、 日 視 れ 長 に な 、 対 に り 況 な 発 い 入 事 な 放 融 の る 声 表 本 感 い 生 年 な 期 移 い 政 処 な あ は 後 も し 故 い 出 し 連 。 が 面 で を い 的 る 。 府 法 っ え 、 こ す な て が 人 し た 続 そ 暗 的 も 覚 と る の 人 支 と 福 は は て ず 極 未 い い 発 が て ウ メ れ い に 西 え が 島 、 、 に も 援 い い 普 め し の 来 。 る 生 い い ラ ル も ト は 日 る 大 が う 県 原 危 な 通 て 癌 の し る る ニ ト 当 ー 減 本 」 険 て な で 多 な こ 住 発 い の 異 い の あ や だ た と の ウ ダ 然 ン っ で と 数 け と 民 の 地 大 生 常 白 。 瞬 し で ム ウ で に た も 印 域 る で り な れ は の 周 き 活 で 」 、 、 血 間 た あ 燃 ン 、 変 。 、 象 の ば 生 多 辺 か な が 深 病 か ら る 料 事 こ わ し 原 を ら と 差 し で 、 活 く ( 理 で 刻 し し か な ら 、 。 が 故 れ る か 発 述 あ 路 の は 二 の 由 き な ど 、 ど 、 は を 。 し 事 べ 〇 長 か 迫 も る 頭 基 農 キ だ て 事 思 っ ロ の 個 う 刻 現 書 ほ 何 故 た 。 に 盤 林 期 と し 態 え た 影 人 か 々 在 い と か が 。 ロ 的 シ 迷 を 水 圏 思 ま だ な 緊 ア 響 の し と 進 て ん の 知 う 放 産 内 避 う う 。 い 迫 が 力 て 大 行 い ど 拍 人 ) 難 ン し 棄 業 を 。 と し 。 感 ・ 現 で い 量 形 る の 子 と 、149
  4. 4. 2148
  5. 5. キ の 帯 た て 今 パ に の 付 か の た が で 機 と 分 ャ の 電 。 い 回 ケ 通 し S 加 ら 携 現 か 緊 果 能 、 ソ 析 ま リ 、 話 し れ の ッ 話 か M 機 数 帯 在 ら 急 た す 携 ー し ず ア 尋 の か ば 震 ト 網 し S 能 時 電 の だ 時 し る 帯 シ た は 「 内 常 電 し 、 災 通 と 、 も ( 間 話 携 。 の た 情 電 ャ い 、 連 に で 子 、 パ で 信 パ そ 輻 通 は が 帯 連 役 報 話 ル 。 ソ 絡 話 手 あ は メ 落 ケ も で ケ の 輳 帯 す 輻 ふ 電 絡 割 イ や メ ー る な ー と ッ つ あ ッ 一 の 域 べ 輳 く そ 話 手 を ン フ デ シ 段 メ い ル し ト な れ ト 方 影 を て を う 網 段 疑 フ ァ ィ ャ 」と ー 数 だ 穴 通 が ば 通 で 響 利 の 起 の と う ラ ク ア ル し ル の 。 と 信 り 信 現 を 用 携 仕 し 人 的 ス に メ 使 し こ て サ 安 パ な は に え 網 在 受 て 帯 し 組 て は 側 、 は デ の ー 否 ケ っ 問 く る を の け シ 電 、 み 有 誰 面 電 、 ィ ソ バ 確 ッ た 題 い よ 分 携 、 ョ 話 通 で 効 も が 子 様 ア ー ー 認 ト の な 状 う け 帯 送 ー が 話 は に い あ メ 々 が シ で メ 通 は く 態 て 電 受 ト 通 が 、 機 な る ー な こ ャ 設 メ ル 大 ー 信 、 使 は 計 制 話 信 ッ じ 不 緊 能 い 。 ル 情 の 幅 ル が 各 え あ 御 ネ で に 可 急 す だ 後 の 報 震 メ さ セ デ な が で キ る っ れ し ッ き ー く 能 災 る ろ 者 よ を 災 ィ 混 一 き ャ と た て て ト な ジ い に 害 こ う に う 伝 で ア 雑 斉 れ リ い も お ワ い を 状 な が と 。 つ な 達 果 い 送 が に ば ア う の る り ー 状 る 態 る 起 は ソ い 「 す た 起 送 、 が ユ の 。 、 ク 態 ) が 。 き 、 ー て 連 る し き 信 送 用 ー 、 緊 は に と 続 実 る 十 シ 、 絡 メ た そ い 、 さ 信 意 ザ 電 の 急 緊 陥 き 際 と 分 ャ こ 手 デ 役 結 れ は し ー 波 設 災 急 っ う 、 、 そ に ル の 段 ィ 割 果 た で て が さ 計 害 災 た 位 通 震 の 証 メ 度 」 ア に と こ き い 多 え 通 時 害 。 置 話 災 地 明 デ の と 的 つ し と る る か 届 り で 時 付 網 直 域 さ ィ 震 し 側 い て で も 携 っ い 、 も 用 け の 後 へ れ ア 災 て 面 て う い 大 る る 受 運 う フ 確 日 た も こ シ ら ま メ 実 か ソ だ き こ 。 け 動 な ィ 保 の た 震 と ャ そ な で ー の 。 ー っ な と ツ 、 の こ ッ し 仕 め 災 も ル ん い 数 ル と シ 「 た 情 は イ 米 た と ク て 事 、 当 な メ な 。 時 の こ ャ 救 と 報 予 ッ ツ め は が お の ツ 日 く デ 中 間 受 ろ ル 援 言 イ 想 タ イ の な 増 く 連 イ は 、 ィ 、 を 信 、 メ 手 え ン し ー ッ 情 か え こ 絡 ッ 携 リ ア ツ 要 が こ デ 段 よ フ て 社 タ 報 っ 続 と を タ 帯 ア の イ し 遅 れ ィ 」と う ラ い も ー イ た け の 行 ー 電 ル メ ッ た 延 に ア し 。 が な ま 社 ン 。 た 重 い の 話 タ ッ タ 。 、 つ が て 安 か さ が フ こ が 要 、 ダ で イ セ ー こ 環 い 果 の 定 っ か サ ラ れ 、 性 い イ の ム ー 、 れ 境 て た ソ し た こ ー と は 混 を ざ レ 通 な ジ ミ で に し ー て だ れ し エ 雑 ク 話 安 機 ク は も は シ バ 認 と 定 た 利 ろ ほ ー て ジ に 識 い ト や 否 能 シ 緊 よ も ャ 用 う ど ツ プ よ メ 携 確 は ィ 急 る 量 う ル で が ま を イ ト っ し う ッ 帯 認 、 、 の が 的 ひ メ き 、 で 強 ッ や て た 時 セ メ 手 携 フ 連 、 な と デ た 日 の 化 タ リ サ 。 の ー ー 段 帯 ェ 絡 送 評 ィ し ツ た つ ア と 本 大 ー ビ ー ジ ル と メ イ 手 信 価 の い に 災 て を ア バ イ め で が し ー ス 段 し は メ う と 害 い 利 な ー ッ に 家 使 て ル ブ と た 難 デ 意 っ が た 用 ど が タ 複 族 い 役 の ッ し 携 し ィ 味 て 日 こ し で 長 ー 数 の 物 に よ ク て 帯 い ア で は 本 と て 民 時 は の 安 に 立 う と は メ 。 的 不 、 で が い 衆 間 震 連 否 な っ に い 使 ー と 側 幸 ひ 突 背 た が 落 災 絡 確 ら た 遅 っ い ル い 面 中 と 然 景 こ 民 ち 後 手 認 な 。 延 た 物 が う は の つ 起 に と 主 る ト 段 や か 筆 す ソ に 届 の ど 幸 の き あ を 化 よ ラ を 当 っ 者 る ー な く 2011.5.2253
  6. 6. みたい ソ ー シ が 感 じ 未 曾 せ た か は 、 取 な 地 域   ─ 「 「。 ャ て 有 の 材 に 三 と 今 ル い の よ の 足 月 に 一 メ る 震 う 際 を 一 か 番 2 デ 「 災 に 、 運 一 く 欲 ィ 情 か 皆 最 び 日 『 し ア 報 ら 「 後 、 、 情 い が へ 三 情 に 多 東 報 も ─ 果 の ヶ 報 必 く 日 』 の た し 渇 望 月 ( が 欲 ず 聞 の 被 本 大 だ よ は 何 ソ 津 ル た 執 し く 震 」 で ー 田 ポ Daisuke Tsuda 役 感 筆 い よ 災 す 災 ル シ 」 者 割 を 時 )。 」 う た が か ? ロ 大 タ ー と と に 起 、 手 本 つ し ち き 」 ー ャ 介 ジ ュ が 稿 の カ ル 今 ぶ た て 後 か で や も 声 以 り を ル メ の は い の 降 復 に 被 た だ 聞 、 コ デ 、 い 興 に マ 災 地 。 。 彼 た 東 北 ミ Reconstructing Autonomous Local Communities Can Social Media Regenerate Tohoku? ュ つ い ス メ に 住 ら は 。 冒 を 中 ニ ィ て 考 デ ィ む 人 示 し 頭 の 心 に テ ア え ア た 合 問 様 ィ は て や ち わ い 々 の 自 東 立 と 北 復 を 興 再 生 可 能 か
  7. 7. 100 /ha 8 8km² 1km² 9 3km うしとら 1km² 3 1139
  8. 8. 震災と建築復興計画β 雲の都市 :Reconstruction Plan Beta: The Cloud City 藤村龍至+東洋大学藤村研究室 Ryuji Fujimura and the Toyo University Ryuji Fujimura Laboratory 8 ★1 復興計画β:雲の都市 藤村龍至+東洋大学藤村研究室  38
  9. 9. 残 た と 裂 い ト 求 な る い ベ れ 情 失 酷 。 ぼ 題 ぼ ば い 若 に め る 。 ら ク 明 報 っ 政 と さ 詳 く さ く ら て 者 群 る 。 そ れ レ 確 が た 治 て は 細 が れ は ば し た が 母 放 し て ル な ネ 。 の も 、 は そ た 震 ら ま ち る 親 射 て い 、 基 ッ そ 混 そ 多 省 こ 、 災 に っ … 、 た 能 そ る 半 準 ト の 乱 う 数 く で ぼ 後 な た … 震 ち で こ は 減 は を 穴 だ は の が 論 く 、 る よ 。 災 に 揺 に ず 期 な 飛 を け 言 人 、 じ が い と う 福 は 対 れ 追 だ 、 い び 埋 が え 間 そ た は ま は に 島 日 し る い 。 除 。 交 め 問 な が こ の じ か ど 感 原 本 、 福 打 自 染 だ っ る 題 い 殺 で は め ら の じ 発 を い 島 ち 主 と か て か で 。 さ ぼ 、 て 二 よ ら の な か に を 避 い ら い の は れ く 二 記 〇 う れ 事 に な 対 か 難 っ い る よ な る は 〇 し 年 な る 故 も る し け に た ま 。 う い こ 、 世 た ほ 経 。 は 変 共 、 る 踏 聞 福 そ に 。 と ア 紀 長 ど 験 え 感 嫉 か み き 島 も 、 た い 、 そ ウ 半 前 だ 人 は も 妬 の 切 慣 周 そ さ と の シ ば 文 に ろ し な ま よ る れ 辺 も ま え 章 々 も ュ の 書 う の な く じ う 家 な の 低 ざ ば ヴ だ い 、 の 大 。 か 心 い 嘲 り に 庭 い 住 線 ま 福 に ィ 量 た 。 を 、 の 、 も 専 民 量 な 島 で ッ 虐 エ ま こ 笑 視 地 あ 門 、 被 団 原 は 0 ツ 殺 ッ っ れ だ 線 域 れ 用 と 曝 体 発 な や の セ か け を や ば 語 り の が た 。 0 く 旧 イ を わ 本 く ら 向 家 、 に 健 独 政 0 ソ を 向 け 、 質 ひ も け 族 逆 囲 康 自 府 0 連 思 け 幼 あ は い と 同 る る 構 に ま 被 基 と る の な つ じ 被 成 子 れ い 害 準 電 出 自 子 ひ 収 に す に 「 災 や ど 、 に で 力 と 容 か し 日 称 他 所 も ひ ど つ 放 会 こ 「 も が 所 と と て 常 理 県 得 を と い 射 社 殺 の い が い 」 系 民 の 連 り を て 線 は さ 例 う 多 な が 」 。 差 れ ひ 抱 は 量 た れ を と く い 続 の 公 異 て と え 、 測 び あ 出 て な 、 く 研 共 に 避 り る 専 定 重 る し も っ む は 究 施 よ 難 じ 親 門 を な ひ な シ た し ず 者 設 る 区 つ た 家 始 る と が リ 。「 ろ だ た の 危 域 に ち 内 め 情 が ら ア ば と ち 放 機 に 孤 は で 、 報 た 、 ス 確 ら 強 。 射 感 戻 独 、 も い 隠 ま 大 な 率 ば 弁 そ 線 の る な シ 意 ま 蔽 た 量 問 の ら す し 量 落 家 決 ー 見 や で ま 虐 題 手 に る て 測 差 庭 断 ベ が 多 信 虐 殺 だ 触 引 貧 ネ 定 が も を ル 分 様 頼 殺 の っ り き し ッ を 重 あ 強 ト か な を 」 、9
  10. 10. れ の が 伸 の 取 震し な 災 な べ 高 た り ち 震 災 The Disaster Broke Us Apartか い 害 ぜ 、 揚 し 戻 が 災し、 と 夢 を 奇 か 英 義 援 は 記 か に し た う 、 で ぼ でいま を 見 貨 と 雄 に 金 は 憶 に そ の は ず と 言 く た ぼ、 た し な あ 新 よ だ う ち く五ヶ 。 て ふ り 、 っ と し い う な と 主 ひ と は ば た月後 た た 挙 国 い う 。 マ 側 面 張 す が い ら ば ちの現 び 公 一 ま に ス コ も あ る ひ る だ ら に は実 共 致 内 記 ミ る と ろ な ばはど の 精 閣 の 録 的 も ネ の か が い う か っ て らうだ 神 を 結 成 な 金 ッ ト も し る だ 。 震 し ま ばろう 取 り が 額 へ も 震 れ な ろ う 災 で っ た ら。 戻 囁 か 駆 災 い か ぼ 。 にぼく し 、 れ け 上 情 報 。 い 。 く た なた 長 た 。 っ で や ち っちは い 低 多 く た 。 一 色 、 あ は 「 て「ひ 迷 を の 自 衛 に な っ た ひ と しと 抜 人 々 隊 っ の つ まつ」 け 新 が の 迅 た 。 か も 」 に っにな た な ( ぼ く 速 な 企 業 し れ な っ たっ 国 を 救 は な たて に 含 援 競 い は めい 生 )、 が っ 。 ずる ま 称 て 震 だだ れ 日 賛 被 災 とろ 変 本 さ 災 直 、う わ は れ 者 後 日か。 る の こ の 、 官 に 手 の 日 本 は 東 浩 Hiroki Azuma か 未 房 を 本 連 も し 曾 有 長 官 差 し 社 会 帯 を 紀 8
  11. 11. 130 G 2 0 o v震災 と 政 治 震 災 復 興 と 、そ し て プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 化 す る 世 界 佐 々 木 俊 尚Disasters and ・Politics Post-Disaster Reconstruction, Gov 2.0 and the Platformizing World Toshinao Sasaki 247 ENA 148震災 と 文 化 「 終 わ り な き 日 常 」が 終 わ っ た 日 竹 熊 健 太 郎Disasters andCulture The Day the “Endless Everyday” Ended Kentaro Takekuma 248 ENA 162震災 と 科 学 私 た ち は ど の よ う な 未 来 を 選 ぶ の か 八 代 嘉 美Disasters andScience What Kind of Future Do We Choose? Yoshimi Yashiro 249 ENA shisouchizu beta vol.2 201 autumn: after the disaster 180 東 大 病 院 放 射 線 治 療 部 門 中 川 恵 一 氏 イ ン タ ビ ュ ー 中 川 恵 一   Interview with Keiichi Nakagawa, Department of Radiology, The University of Tokyo Hospital Keiichi Nakagawa 250 ENA 186 2震災 と 言 葉 福 島 か ら 考 え る 言 葉 の 力 和 合 亮 一 + 東 浩 紀Disasters andWords 2 Thinking from Fukushima about the Power of Words Ryoichi Wago, Hiroki Azuma 251 ENA 1 194 災 害 言 論 イ ン デ ッ ク ス ─ 震 災 で ひ と は な に を 語 っ た か 災 害 言 論 調 査 チ ー ム Disaster/Speech Index: The Disaster and People’s Voices The Disaster/Speech Research Team 252 ENA 210 寄 稿 者 一 覧 Profiles contectures 編 212 集 後 記 ・ 奥 付 Editor’s Postscript and Publication Data Shisouchizu beta vol.2 English Abstracts and Translations 219
  12. 12. 2特集震災 以 後After the Disaster 008 編集長|東浩紀    取材写真|新津保建秀巻頭 言 震 災 で ぼ く た ち は ば ら ば ら に な っ て し ま っ た 東 浩 紀 photos: kenshu shintsuboPrefatory Note The Disaster Broke Us Apart Hiroki Azuma 220 ENT 020 1震災 と 言 葉 詩 の 礫 一 〇 和 合 亮 一Disasters and  Words 1 Pebbles of Poetry 10 Ryoichi Wago 224 ENT editor in chief: hiroki azuma : 038震災 と 建 築 復 興 計 画 β 雲 の 都 市 藤 村 龍 至 + 東 洋 大 学 藤 村 研 究 室Disasters andArchitecture Reconstruction Plan Beta: The Cloud City Ryuji Fujimura and the Toyo University Ryuji Fujimura Laboratory 228 ENT 052ルポ ル タ ー ジ ュ ソ ー シ ャ ル メ デ ィ ア は 東 北 を 再 生 可 能 か ─ ロ ー カ ル コ ミ ュ ニ テ ィ の 自 立 と 復 興 津 田 大 介Reportage Can Social Media Regenerate Tohoku?: Reconstructing Autonomous Local Communities Daisuke Tsuda 233 ENT ENT = page numbers for English translations   ENA = page numbers for English abstracts 074震災 と 社 会 断 ち 切 ら れ た 時 間 の 先 へ ─ 「 家 長 」 と し て 考 え る 猪 瀬 直 樹 + 村 上 隆 + 東 浩 紀Disasters andSociety Going Beyond the Severed Time: Thinking as the Kacho Naoki Inose, Takashi Murakami, Hiroki Azuma 244 ENA 094 大 阪 シ ン ポ ジ ウ ム 災 害 の 時 代 と 思 想 の 言 葉 鈴 木 謙 介 + 福 嶋 亮 大 + 浅 子 佳 英 + 東 浩 紀   Osaka Symposium: The Era of Disasters and the Words of Critical Thought Kensuke Suzuki, Ryota Fukushima, Yoshihide Asaco, Hiroki Azuma 245 ENA   110 仙 台 シ ン ポ ジ ウ ム 震 災 で 言 葉 に な に が で き た か 石 垣 の り こ + 鈴 木 謙 介 + 瀬 名 秀 明 + 東 浩 紀   Sendai Symposium: The Words People Sought in the Disaster Noriko Ishigaki, Kensuke Suzuki, Hideaki Sena, Hiroki Azuma 246 ENA
  13. 13. visit our global website at genron.contectures.jp shisouchizu beta vol.2 2011autumn: after the disaster vol.3 1

×