わがまちのプラチナ構想    シニアの力 で地域 を活性化 する      新 たな“仕掛 け” の提案   ~ 待 っているだけでは地域振興 はやってこない ~    1  構想 の背景    2  私 が考 える県政 の課題    3  構...
1 構想の背景    【 本県 の売 り 】                  【 将来 の懸念 】                                      ● 「都市」 の利便性 と                ● 人口 ...
2 私が考える県政の課題      ● 提供 している様 々な施策 の中 には、       効果的 に活用 されていないものがあるのでは?    地域 の方 々は待 っているだけでは   地域 のNPO・                   ...
3 構想の内容  「 パブリック・ エージェント」            【行政 の営業 マン】 の創設                       市町村・地域 のNPO・       県       連携・協力               ...
4  実施体制     「地域活力創造 プロジェクトチーム(仮            称) 」      構成員:副知事/各部局長/各地域振興 センター所長                    ● 全庁的 な推進 の確認           ...
5 成果を上げるためのポイントと導入 の効果         ① 積極的 な広報 と「 エージェント証」 エパ        ・県内 に周知徹底・協力依頼           ・ エージェントには身分証 を交付           ・県・市町村...
6  スケジュールと予算  H25~26           H27~28              H29~ 【① 制度設            【② 先行導          【③ 本格導入】   計】                入】 ...
御静聴 ありがとうございました。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

第3期わが街のプラチナ構想 埼玉県

396 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
396
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
104
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

第3期わが街のプラチナ構想 埼玉県

  1. 1. わがまちのプラチナ構想 シニアの力 で地域 を活性化 する 新 たな“仕掛 け” の提案 ~ 待 っているだけでは地域振興 はやってこない ~ 1  構想 の背景 2  私 が考 える県政 の課題 3  構想 の内容 4  実施体制 5  成果 を上 げるためのポイントと導入 の効 果 6  スケジュールと予算   プラチナ構想 スクール(第3期) 埼玉県企画財政部地域政策課    木  村  浩  利
  2. 2. 1 構想の背景    【 本県 の売 り 】        【 将来 の懸念 】          ● 「都市」 の利便性 と ● 人口 の伸 び率 は  「田園」 のゆとり  鈍化傾向● 人口 720 万人 ● 県 の高齢化率   (全国第5位)   20.9 %( H23 )     ↓ 全国一 のスピードで● 平均年齢 43.6 歳   29.7 %( H25 ) (全国第5位)              高齢化 が進行! ● 県 の医療費  ● 充実 した産業基盤   1 兆 6,393 億円( H23 ) ・発達 した交通網     ↓    ・多様 な商工業   3兆 4,070 億円( H25 )       ・豊富 な農産物● 協働意識 の比較的  高 い県民性 少子高齢化 に対応 した 新 たな社会像 の構築 が急務! 【 可能性 】 団塊 の世代 の大量退職 (知識・経験・多様 なネットワークが県内 に!)
  3. 3. 2 私が考える県政の課題    ● 提供 している様 々な施策 の中 には、   効果的 に活用 されていないものがあるのでは?    地域 の方 々は待 っているだけでは 地域 のNPO・ 企業・ その他 の    アプローチなどしてこない。 団体間 にとって の「 つなぎ役」 としても機能 県政 と地域 をつなぐ 新 たな機能 が必要! 将来 にわたって 地域 の活力 を 維持 していくこ 職員 は自分 たちから とが可能 に! 積極的 に近 づいていくのは苦手
  4. 4. 3 構想の内容  「 パブリック・ エージェント」   【行政 の営業 マン】 の創設 市町村・地域 のNPO・ 県 連携・協力 企業・ その他 の団体 連絡調整 ・提案 ネット ・ 積極的 に地域 に出 て ワーク化   意見交換・情報収集 ・ 相手 の状況 に即 した パブリック・ 行政 サービスの説明 エージェント   ・利用促進  ( オーダーメイド) 要望・意見 ・ 「申込 み」不要 情報提供 ・ アイデア等 (意見交 ・ 可能性 を「探 して」 ( オーダーメー ド) 換) アプローチ  (行政 の“目利 き” ) ・必要 に応 じて県 に 市町村・地域 のNPO・企業・ その他 の団体  事業提案
  5. 5. 4  実施体制  「地域活力創造 プロジェクトチーム(仮    称) 」 構成員:副知事/各部局長/各地域振興 センター所長 ● 全庁的 な推進 の確認 ● 各部局間 の調整(横断的対応) ● 市町村 や各種業界団体 への協力要請 ● 県 への事業提案・制度改正提案 の検● センター(事務所) が活動拠 討点● 団塊OB2~3名 のチーム制● 1名 は必 ず行政OB ◆ 公募方式 で採用 ◆ 県 との間 で雇用契約  (県 が報酬 を支給) 地域振興 センター(事務所) 【県内11箇所】 ( コミュニティ活動支援 ・ NPO法人 の申請・届出 ・ 県民相談 に関 する事務   等)
  6. 6. 5 成果を上げるためのポイントと導入 の効果   ① 積極的 な広報 と「 エージェント証」 エパ   ・県内 に周知徹底・協力依頼   ・ エージェントには身分証 を交付   ・県・市町村等 の実施事業 に優先参加  等        ー ー ブ ジリ ② 「 サポートリスト」 と「 キーマンズバンク」   ・県 と市町村 の行政 サービスをリスト化・検索可能 に ェッ   ・各 センターで地域 のキーマンをデータベース化   ・案件 に応 じて活用(新 たなネットワーク化) ICT の活用! ンク ③ 活動実績 の評価・公表 ト・   ・所属 するセンター所長 による実績評価(年1回)   ・公表 により競争 を促進           【効果】 1  地域 の団塊OB に新 たな活躍 の場 を提供 2  団塊OB の知識・経験・ ネットワーク等 の活用 により地域 の活性化 を実現 3  各種行政 サービスの利用促進(満足度 の高 い行政 の実現) アンケート調査等 により定期的 な把握
  7. 7. 6  スケジュールと予算  H25~26 H27~28 H29~ 【① 制度設 【② 先行導 【③ 本格導入】 計】 入】 ● 県内11地域 に拡大 ・全地域振興 センター● 調査・研究 ● 県内3地域 で先行導入   ・課題 の検証/制度 のブ  ・先行事例 の調査   ・3地域振興 センター ラッシュアップ(継  ・課題解決  ① 南西部(都市部) 続)  ② 秩父(中山間地 ● プロジェクトチームの立● 先行導入 に向 けた準備 域)  ・各部局間調整   ③ 本庄事務所(農  ち上 げ   (周知・協力依頼) ● 手数料収入 による自立化 村)  ・各地域振興 センターの   ・課題 の検証/制度 のブ  ( ソーシャルビジネス化) 体制整備  ・ エージェントの選考 ラッシュアップ  に向 けた研究 の開始 ● 本格導入 に向 けた準備     ・ エージェントの選考 平成27年度予算 平成29年度予算~ 予 算 措 置 平成28年度予算 約8700万円/年 約2400万円/年
  8. 8. 御静聴 ありがとうございました。

×