第4期わが街のプラチナ構想 道志村

351 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
351
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
67
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

第4期わが街のプラチナ構想 道志村

  1. 1. 道志村プラチナ構想 ~日本一の水源の郷をめざして~ 平成25年7月12日 山梨県 道志村  山口 俊一
  2. 2. 道志村の概要 l H25.7.1現在 ¡ 人口・・・1901人 → 年間18.4人ずつ人口減 ¡ 世帯数・・・627世帯 ¡ H24年度出生数・・・6人 l H24.4.1現在 ¡ 高齢化率・・・30.6%
  3. 3. テーマ 『安心して生活できる 強いむらづくり』
  4. 4. 背景と目的 ¡ 村の総面積の94%が森林 ¡ 土砂災害警戒区域 村内270ヶ所 ¡ 年少人口や生産年齢人口の減少 ¡ 若い世代に魅力的な生活環境の整備に遅れ l コンビニ、ガソリンスタンド、銀行など次々に閉鎖 エネルギーの自給による自立むらの構築! 人口の増加による地域活性化の復活!
  5. 5. 計画内容 自然エネルギーをフル活用した モデルエリアを確立 野菜工場 道の駅 温泉施設 年間電気料 年間電気料 年間電気料 0円 0円 627万円 648万円 太陽光 風力 EV を活 用し て… 木質バ イオマス 小水力 を活用し て… 太陽光 小水力 を活 用し て… 0円 750万円
  6. 6. 計画内容 l 空別荘を活用し、人口増を目指す l 遊休農地を活用し、食糧自給率100% l 農作物直売所へ出荷し、外貨の獲得 定住人口の増加
  7. 7. 成果 l 自然エネルギーのフル活用 ¡ 間伐材の有効利用による森林環境の保全 ¡ 太陽光、水力、風力発電の活用化による電力自給 l 空別荘を活用して定住人口の増加 ¡ 農地再生による一次産業の復活 ¡ 別荘500戸→現在定住130戸(定住率26%)   空別荘30戸→夫婦2人で住んだとして・・・60人   道志村の人口 1901人 → 1962人(3%増) 5年前の水準
  8. 8. 計画の成果を上げるための
 必要条件 l 資金の確保 l モデルエリア計画の周知 ¡ 自然エネルギーに対する村民の理解と協力 l 空別荘(空家)の調査 l 定住希望者の募集
  9. 9. 事業スケジュール 平成25年度 ・プロジェクトチームの立ち上げ ・事業計画(素案の作成) ・概算設計(シュミレーション) ・空家調査 平成26年度 ・野菜工場建設 ・水力発電、太陽光発電施設の建設 ・地元不動産との協議 平成27年度 ・定住希望者の募集及び入居開始 ・設置、効果の検証 平成28年度 ・設置、効果の検証 ・村内住宅への設置
  10. 10. 実施体制 村長 管理職会議 プロジェクトチーム (行政・村民・企業) 自然エネルギー 活用部会 空家活用部会
  11. 11. 資金計画 l 国の各種補助金 l 県の各種補助金 l 過疎対策事業債等の各種起債の活用 l 同様な中山間地域自治体と連携し、事業実 施によりコストダウン
  12. 12. ご清聴ありがとうございました。

×