Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

LINE × AWSの可能性や事例について語り合う夕べ

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 35 Ad

LINE × AWSの可能性や事例について語り合う夕べ

Download to read offline

LINE × AWSの可能性や事例について語り合う夕べ

JAWS-UG金沢とLINE DCのコラボイベントにおいて、LINE APIの事例とその連携に使われているサービスについて注目してみました。

LINE × AWSの可能性や事例について語り合う夕べ

JAWS-UG金沢とLINE DCのコラボイベントにおいて、LINE APIの事例とその連携に使われているサービスについて注目してみました。

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Similar to LINE × AWSの可能性や事例について語り合う夕べ (18)

More from Masayuki KaToH (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

LINE × AWSの可能性や事例について語り合う夕べ

  1. 1. JAWS-UG 金沢 LINE DC LINE AWSの可能性や 事例について語り合う夕べ 2021-03-06 JAWS-UG金沢 #63 ふぁらお加藤
  2. 2. 名前 ふぁらお加藤 @PharaohKJ 趣味 サブカル・野宿・BBQ めめめ・恋ヶ崎みやび 仕事 ICTフリーランス Tsundokanai-Radio 参加コミュニティ Kanazawa.rb JAWS-UG 金沢 AWS Samurai 2019 自己紹介
  3. 3. AWS = アプリ側からユーザー・・・ メンテナから一般ユーザーまで どうメッセージを送るのか?
  4. 4. 数百万のユーザーに直接メッセージを送信する Amazon SNS を使用すれば、200 か国以上への SMS テキストメッ セージ、Apple や Android その他のプラットフォームでのモバイル プッシュ、または電子メール(SMTP)を使用して、メッセージまた は通知をユーザーに直接送信できるようになります。Amazon SNS は、複数の SMS プロバイダーに冗長性を提供し、単一のエンドポイ ントを使用してすべてのプラットフォームへのモバイル通知のプッシュ を可能にします。
  5. 5. 確実にメッセージを配信 Amazon SNS は、メッセージの耐久性を提供するためにいくつかの連携戦略を とっています。まず、パブリッシュされたメッセージは、地理的に分離された複 数のサーバーとデータセンターで保存されます。サブスクライブされたエンドポ イントが利用できない場合、Amazon SNS はメッセージ配信再試行ポリシーを 実行します。配信再試行ポリシーが終了する前に配信されなかったメッセージを 保持するために、デッドレターキューを作成できます。Amazon Kinesis Data Firehose 配信ストリームを SNS トピックにサブスクライブすることもできま す。これにより、Amazon S3 バケットや Amazon Redshift テーブルなどの永 続的なエンドポイントにメッセージを送信することができます。
  6. 6. アプリケーションを最新化して疎結合化する Amazon SNS を使用すれば、アプリケーションを最新化し、小さな 単体コンポーネントに分離できます。これにより、開発やデプロイ、 メンテナンスが容易になります。アプリケーションの pub/sub イベン ト駆動型アーキテクチャを活用すると、パフォーマンスと信頼性が向 上し、各コンポーネントを個別にスケーリングできます。
  7. 7. この世の中、残念ながら原則 「ユーザーに通知は 届かない or 無視される」
  8. 8. 結局のところ 「通知が届くツールは人それぞれ」
  9. 9. アプリケーションを最新化して疎結合化する (再掲) Amazon SNS を使用すれば、アプリケーションを最新化し、小さな 単体コンポーネントに分離できます。これにより、開発やデプロイ、 メンテナンスが容易になります。アプリケーションの pub/sub イベン ト駆動型アーキテクチャを活用すると、パフォーマンスと信頼性が向 上し、各コンポーネントを個別にスケーリングできます。
  10. 10. キモは疎結合実装 & そして人それぞれ = 多様性
  11. 11. メッセージング各社はみんな 「届くため & 読まれるために 協力してがんばってる」
  12. 12. その成果がでていてスマホ使ってる ならみんな使っていてもはや実質的に 社会インフラレベルとなっているのが
  13. 13. LINE
  14. 14. 先ほど提示したようにAWS側は メッセージ送信を疎結合で入替・更新 可能に設計・実装できるようになっている
  15. 15. その事例を拝見し AWS側で使ってるサービスについて 少し紹介
  16. 16. キーワード「サーバーレス」
  17. 17. LINE API はそのシンプルさ から、特にサーバ(EC2、LightSail) を借りなくても使えそう
  18. 18. サーバレスって何?
  19. 19. いろいろ言われているけれど とりあえず「OS以下のメンテナンスしなく ていい & 分あたりいくらって課金じゃない」
  20. 20. API Gateway https://aws.amazon.com/jp/api-gateway/ AWS Lambda https://aws.amazon.com/jp/lambda/
  21. 21. そして、メッセージだけじゃない
  22. 22. メッセージも取替・更新できるように 決済も同じように = 疎結合にしたい!
  23. 23. 結論 できる
  24. 24. LINE API と AWS の組み合わせ 疎結合でサーバレスで狙えて いいんじゃない?
  25. 25. そういうわけで LINE DC x JAWS-UG金沢 いいんじゃない?
  26. 26. ご清聴ありがとうございました

×