Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

クラウドを用いるIoT開発における実費レポート

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 21 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to クラウドを用いるIoT開発における実費レポート (20)

Advertisement

More from Masayuki KaToH (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

クラウドを用いるIoT開発における実費レポート

  1. 1. クラウドを用いるIoT開発における実費レポート 2018-07-7(土) 研究してみたマッドネス in NT金沢 ふぁらお加藤
  2. 2. Profile Name ふぁらお加藤 / @PharaohKJ Hobby Camera / subculture / BBQ Job & Works PhalanXware (Freelancer) OCR system com / .NET ISDB-T MFC / Linux C++ Social Game PHP / Java ERP+CRM AngularJS / Cordova Information App AngularJS / CakePHP Factory Automation .NET
  3. 3. 本プレゼンのゴール • 〜IoT 系のサービスがだいたいどんな要件を想定してい るかを知る • 私の今日の展示、トイレIoTの開発にかかったお値段を 知る • JAWS-UG金沢に参加してみたり、Kanazawa IoT のブ ログを読んだりしたくなる
  4. 4. 各社クラウドIaaS、SaaS会社の提供している 「IoT」サービスとはなにか?
  5. 5. IoT サービスにもとめられる要件
  6. 6. インターネットへ大量のデータを「安全に」「便 利に」集めて保存し、分析などいろいろする 大量のデータが流れている中身に反応する
  7. 7. 「安全に」「便利に」集めるを実現するには?
  8. 8. 「安全に」 通信路の暗号化・デバイス証明書
  9. 9. 「便利に」 HTTPSやMQTTなど公開された仕様の プロトコルでデータを送ることができる
  10. 10. メインはMQTT MQTTとはpub/subができて、 簡単に説明するとデバイス同士がチャットルーム にいるような状況を作ることができる
  11. 11. 発言をすることもできれば 誰かの発言に反応して動作することもできる
  12. 12. 便利! しかし、チャットルームを作る必要がある つまり、サーバが必要
  13. 13. このサーバらを貸してくれるのが 各社のIoTサービス
  14. 14. でもお高いんでしょう?
  15. 15. いや安いですよ
  16. 16. とりあえず AWS IoT の料金 接続の料金表 (接続時間 100 万分あたり) 0.120 USD メッセージングの料金表 (メッセージ 100 万件あたり) メッセージ 10 億件まで 1.50 USD デバイスシャドウとレジストリの料金表 (オペレーション 100 万回あたり) 1.75 USD
  17. 17. なるほど、わからん
  18. 18. そういうわけで実データもってきました
  19. 19. 空き状況がわかる↑ AWS Lambda おばあちゃんの死活確認ができる!
  20. 20. 縦軸:ドル 横軸:月 茶色線・価格改訂
  21. 21. まとめ • デバイス1台でテスト・使ってる分には月100円いったら めちゃくちゃ使ったほう、実データでいつも数円。 • トイレIoT(展示中)だと家族で1日にトイレ20回いった 、証明のON/OFFで40回ぐらいメッセージだして毎月30 円程度 • 自分でMQTTサーバ借りるより安い、大人気サービスにな ってもお金でなんとかなる • そのあと学習したり便利にアクセスするのも便利

×