Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
All the News that’s Fit to Read:
A Study of Social Annotations
for News Reading. の紹介
@PENGUINANA_
DSIRNLP#5
自己紹介
•

兼山元太 / @PENGUINANA_

•

エンジニア at cookpad.com

•

検索インフラとサービス開発

•

tokyonlp#1 で一度だけ発表した(wikipediaを使ったshorttextの分類)...
All the News that’s Fit to Read: A Study
of Social Annotations for News Reading.
•

著者:
•

Chinmay Kulkarni
•

•

Stanford...
概要
•

social annotationがニュースに
対する意思決定にどういう影
響を及ぼすか

•

social annotationの形式が変わ
ると影響はどう変わるか
実験1:パーソナライズ無し

•

6記事ずつ24記事を見てもらいクリックするかどうか

•

Amazon Mechanical Turk 560 worker at $0.5

•

アノテーションの内容:
•

誰が:無し、コンピュータ、...
結果
•

自分が読んだことが知られる場合:
•

•

他人のアノテーション:
•

•

記事クリック数が減少

記事クリック数変わらず

コンピュータと架空の会社のアノテーション:
•

記事クリック数が増加
結果
•

自分が読んだことが知られる場合:
•

•

他人のアノテーション:
•

•

記事クリック数が減少→どう見られるかを意識

記事クリック数変わらず→無意味

コンピュータと架空の会社のアノテーション:
•

記事クリック数が増加...
実験2:パーソナライズ有り
•

Google+でログイン、知人が+1した記事
を提示しクリックするか

•

クリック後に記事を1∼5でレーティング
させる

•

非技術職の同組織の職員 $50 amazon gift

•

実験1同様、...
組み合わせ
•

Google+でログイン、知人が+1した
記事パーソナライゼーション
アノテーション
記事を提示しクリックするか
A

•

知人の+1記事

クリック後に記事を1∼5でレーティ

なし

•

知人の+1記事

知人

C
...
結果
•

パーソナライズ:
•

•

アノテーション無しでは効果ない

アノテーション:
•

他人:クリック増、記事の評価DOWN

•

知人:クリック増、記事の評価UP
結果(インタビュー)
•

実験2のあとで電話で20分インタビュー。回想してもらう。

•

知人のアノテーションの効果の源泉(仮説):
•

十分に近しい人だから試してみよう

•

その分野のエキスパートとして自分が考えている人だか
らいい...
まとめ
•

知人のアノテーションは記事を読ませるのに役立つ

•

知人のアノテーションは記事評価などにも影響する

•

効果の源泉はいくつかの理由がある
関連論文
•

Ed chi
•

•

•

Perception and Understanding of Social
Annotations in Web Search(WWW2013)
Who is Authoritative? Un...
All the News that’s Fit to Read: A Study of Social Annotations for News Reading. の紹介
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

All the News that’s Fit to Read: A Study of Social Annotations for News Reading. の紹介

2,383 views

Published on

DSIRNLP#5(2014/01/11)の5分枠です。
Googleのsocial interactionの研究者の論文です。http://research.google.com/pubs/EdChi.html

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

All the News that’s Fit to Read: A Study of Social Annotations for News Reading. の紹介

  1. 1. All the News that’s Fit to Read: A Study of Social Annotations for News Reading. の紹介 @PENGUINANA_ DSIRNLP#5
  2. 2. 自己紹介 • 兼山元太 / @PENGUINANA_ • エンジニア at cookpad.com • 検索インフラとサービス開発 • tokyonlp#1 で一度だけ発表した(wikipediaを使ったshorttextの分類) • 興味:検索、自然言語処理、レコメンデーション、サービ ス設計
  3. 3. All the News that’s Fit to Read: A Study of Social Annotations for News Reading. • 著者: • Chinmay Kulkarni • • Stanford University HCI Group Ed Chi(@edchi, +EdChi) • HCI and Social Computing Research Scientist at Google
  4. 4. 概要 • social annotationがニュースに 対する意思決定にどういう影 響を及ぼすか • social annotationの形式が変わ ると影響はどう変わるか
  5. 5. 実験1:パーソナライズ無し • 6記事ずつ24記事を見てもらいクリックするかどうか • Amazon Mechanical Turk 560 worker at $0.5 • アノテーションの内容: • 誰が:無し、コンピュータ、赤の他人、架空の会社、自分 • どうした:読んだ
  6. 6. 結果 • 自分が読んだことが知られる場合: • • 他人のアノテーション: • • 記事クリック数が減少 記事クリック数変わらず コンピュータと架空の会社のアノテーション: • 記事クリック数が増加
  7. 7. 結果 • 自分が読んだことが知られる場合: • • 他人のアノテーション: • • 記事クリック数が減少→どう見られるかを意識 記事クリック数変わらず→無意味 コンピュータと架空の会社のアノテーション: • 記事クリック数が増加→公平性、重要性を付加
  8. 8. 実験2:パーソナライズ有り • Google+でログイン、知人が+1した記事 を提示しクリックするか • クリック後に記事を1∼5でレーティング させる • 非技術職の同組織の職員 $50 amazon gift • 実験1同様、読んだことが公開されるか否 かの両方をテスト
  9. 9. 組み合わせ • Google+でログイン、知人が+1した 記事パーソナライゼーション アノテーション 記事を提示しクリックするか A • 知人の+1記事 クリック後に記事を1∼5でレーティ なし • 知人の+1記事 知人 C ング B 他人の+1記事 なし 非技術職の同組織の職員 $50 D amazon gift 他人の+1記事 他人
  10. 10. 結果 • パーソナライズ: • • アノテーション無しでは効果ない アノテーション: • 他人:クリック増、記事の評価DOWN • 知人:クリック増、記事の評価UP
  11. 11. 結果(インタビュー) • 実験2のあとで電話で20分インタビュー。回想してもらう。 • 知人のアノテーションの効果の源泉(仮説): • 十分に近しい人だから試してみよう • その分野のエキスパートとして自分が考えている人だか らいい記事に違いない • 「この間話していた記事かな」などコンテキストが暗に 提示される
  12. 12. まとめ • 知人のアノテーションは記事を読ませるのに役立つ • 知人のアノテーションは記事評価などにも影響する • 効果の源泉はいくつかの理由がある
  13. 13. 関連論文 • Ed chi • • • Perception and Understanding of Social Annotations in Web Search(WWW2013) Who is Authoritative? Understanding Reputation Mechanisms in Quora(CI2012) A Contextual-Bandit Approach to Personalized News Article Recommendation(WWW2010)

×