Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
僕だけのレースクイーンし   も   メ   ー       真   そ       イ   だ   真   身       調           呼                ﹁   写   あ       に   眼て   し   ラ...
僕だけのレースクイーンう       ︵   透        ︵       ︵   だ   い   頭       ︵   の               ︵       ︵       ︵   る   う       ︵   出     ...
僕だけのレースクイーン    っ   ︵   来   近        か   ︵   の       ︵   く       ︵   前           ︵   た       ︵   い       霊   俺   な   ︵   半 ...
僕だけのレースクイーンフ       手       ︵   の   し       た           ︵   持       女           ︵   た       ︵   り   女       ︵   出   チ      ...
僕だけのレースクイーン    て       ﹁   ﹁   ﹁   ﹁   ﹁   ﹁   外       タ   ︵   い           思       る   大   思   出   き   始       ご   に   ︵  ...
僕だけのレースクイーンの   座   を       ﹁   こ   て   た   子   た       ﹁   め       ︵       に   す        め   き           ︵   を       ﹁   が ...
僕だけのレースクイーン﹁   ﹁   ﹁   ﹁       ﹁   ﹁   ﹁   屋       の   ﹁   い   た   ほ           な   ﹁   彼   あ   美           ﹁   だ   の      ...
僕だけのレースクイーン    め       ぞ   ﹁   と       ﹁   う           ﹁       か           う       ﹁        て           ゃ   ﹁   て   顔   歩 ...
僕だけのレースクイーン    持       ﹁       し   大       を   ﹁   を   撮       ま   日       ﹁   高       ら   ル   ﹁   め       ん   ﹁   い      ...
Racequeenpossesssion
Racequeenpossesssion
Racequeenpossesssion
Racequeenpossesssion
Racequeenpossesssion
Racequeenpossesssion
Racequeenpossesssion
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

0

Share

Download to read offline

Racequeenpossesssion

Download to read offline

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

Racequeenpossesssion

  1. 1. 僕だけのレースクイーンし も メ ー 真 そ イ だ 真 身 調 呼 ﹁ 写 あ に 眼て し ラ ズ 自 の う 彼 ー 。 を を サ べ 奥 ば そ ハ 彼 明 体 り 父 は レ 六 夜体 て 小 を 分 殆 思 女 ン 他 撮 包 ー 、 治 れ し イ が 日 が 、 親 彼 フ 畳 中重 い 僧 取 だ ど っ を な の り む キ 毎 は て て レ 夢 の 全 彼 が が カ ほ のは な に り け が て 部 の カ 、 彼 ッ 回 優 い 、 グ 中 イ く も カ 今 メ ど 二 僕九 い 比 、 の 彼 い 屋 だ メ コ 女 ト の 梨 た 彼 レ に ベ 異 小 メ ま ラ の 時 だ十 し べ 視 レ 女 た に 。 ラ レ 達 で 様 子 。 女 オ な ン な さ ラ で を 部 半 け八 、 る 線 ー を 。 連 小 ク に 行 に が 達 タ っ ト っ い マ 撮 大 屋 。 のキ 生 と を ス 写 優 れ 僧 シ 並 わ 追 所 を ー て 、 て 頃 ン っ 事 で レロ 活 彼 投 ク し 梨 込 は ョ 々 れ い 属 被 ド い 優 い か で て そ 万 ー。 自 の げ イ た 子 ん 知 ン な る か す 写 に る 梨 る ら 、 き う 年 ス百 体 容 か ー も の で ら し ら レ け る 体 身 被 子 。 カ 風 た に 床 クキ も 姿 け ン の 写 、 な て ぬ ー て レ と を 写 ち メ 景 写 磨 と イロ 不 は て で だ 真 そ い い 興 ス い ー し 包 体 ゃ ラ や 真 い な ーの 規 今 欲 あ 。 だ の が た 奮 の る シ て ん 。 ん に 電 が て っ ン大 則 一 し っ け 全 、 。 を 華 。 ン 追 だ そ は 興 車 無 い た台 で つ い て で て 彼 そ 覚 。 グ い 彼 れ 予 味 な 造 る ベに あ ︱ 。 欲 数 を に の え 体 チ か 女 は 定 を ど 作 の ッも る ︱ そ し 百 カ と 中 る の ー け は 優 通 持 の に は ド時 か い う い 枚 メ っ で 奥 線 ム て 、俗 梨 り っ 写 貼 高 に間 ら や 思 。 あ ラ て も 治 を の い に 子 来 て 真 ら 西 座の 身 、 っ そ り に は 、 は 強 レ る 言 と る い を れ 奥 り問 長 三 て し 、 収 最 一 、 調 ー 彼 う﹃ い の た よ て 治 、 が つ い て 部 め も 番 数 す ス は う 。 く 二 高題 百 ほ る 彼 屋 た 華 好 え る 情 ﹃ レ 若 か た 撮 い 十 そだ 六 ど も が に い の き 切 コ 報 カ ー い な だ っ た 一 う。 十 。 の 思 貼 。 あ な れ ス 等 メ ス 女 ﹂ 、 て 。 歳 な 作 セ ろ の う っ 彼 る の な チ を ラ ク 性 父 い 。 デ ン く 、 よ て は レ は い ュ ネ 小 イ だ 親 た 部 ジ T チ に 他 う あ 常 ー 優 ほ ー ッ 僧 ー っ と 影 屋 タ i に 運 の な る 々 ス 梨 ど ム ト ﹄ ン た は 響 の ル r 対 動 カ ポ 写 、 ク 子 写 に で と ﹄。 。 被 も 壁 一 a肪 ︵ ま と ︵ 込 ﹁ 会 期 ﹁ え で 遠 の ン を らが 相 う し し 浅 う 枕 P む い 楽 が 待 優 明 さ る ︱ 撮 く 望 だ ス さ れ むた 変 う 時 た く ⋮ 元 i と つ し 多 を 梨 日 て 事 ︱ れ か 遠 っ は れ て さっ わ ん 計 の し ⋮ に P 、 も み く 寄 子 は 、 も い な ら レ た 少 る し 苦ぷ ら ⋮ ど だ か う 置 i 瞼 撮 だ あ せ が 電 準 あ っ い 撮 ン 。 な 。 ま しり ず ⋮ こ が 眠 う い P を 影 な る て 所 車 備 っ そ た 影 ズ か 更 う いと 鳴 ︶ ろ 、 れ ん て i 閉 に ぁ し い 属 で も た 、 め し も っ に 様 奥付 っ か い な ︶ い P じ 行 。 、 た す 二 出 。 彼 そ よ そ た 、 で 治い て 指 つ か た i て く 興 上 。 る 時 来 女 れ う の 。 レ 、 がた い 先 も っ 目 ︱ ゆ 前 奮 手 イ レ 間 た を ほ と 一 そ ー 常 レ体 る に の た 覚 ︱ っ 夜 し く ベ ー ほ し 誘 ど 考 つ れ ス 連 ーを ア は 様 奥 ま 。 く は て す ン シ ど 、 拐 活 え 。 で ク の ス反 ラ 何 に 治 し り 眠 な れ ト ン 離 そ し 躍 て 近 も イ カ ク転 ー も 掴 は 時 と れ か ば 会 グ れ ろ て し 購 く 何 ー メ イさ ム 触 め 、 計 羊 な な 話 場 チ た そ 自 て 入 で と ン ラ ーせ に れ な 手 の を い か を は ー ド ろ 分 い し 撮 か 達 小 ンて 目 な い を ア 二 。 寝 す サ ム ー 寝 だ な た 影 カ も 僧 にう を い 。 伸 ラ 千 そ 付 る ー も ム る け い 。 で メ 彼 達 近つ 薄 。 何 ば ー 頭 れ け 事 キ 参 で か の 。 し き ラ に か づ伏 っ 度 し ム ほ で な が ッ 加 車 。 も か な に 視 ら くせ す も て が ど も い 出 ト す の 朝 の し い 収 線 は なに ら 手 目 鳴 数 奥 ﹂ 来 よ る イ が に 、 の め を し んな と を 覚 っ え 治 る り と ベ 早 し 思 な よ 投 ょ てり 目 動 ま は も い ン た っ ら う げ っ お、 を か し た た 汗 か カ う ト い い た 、 と か ち こ目 開 す 時 。 ︱ 臭 も メ こ が か 。 よ 邪 、 け ゅ が覚 い の 計 ︱ い し ラ と 開 ら そ う 魔 彼 て う まま た だ を 。 布 れ に で 催 な ん な を は く 撮 しし 彼 が 止 団 な 収 、 さ ﹂ な ア さ 奮 れ 影 い時 は 、 め に い め 奥 れ 風 ン れ 闘 る の と計 、 目 よ 潜 。 る 治 る に グ な す チ 邪 感を 脂 覚 う り 機 は 。 考 ル い る ャ 魔 じ 1
  2. 2. 僕だけのレースクイーンう ︵ 透 ︵ ︵ だ い 頭 ︵ の ︵ ︵ ︵ る う ︵ 出 ︵ 掴や 別 全 明 そ と 相 ど と 。 に 直 し 体 丁 ふ わ 驚 わ ふ ⋮ 感 頑 ま は 来 確 ⋮ し もら に 然 な う 、 変 う い し 落 感 、 を 度 わ わ い っ と ⋮ 触 張 だ ? な か ⋮ か う彼 霊 触 手 思 兎 わ い う か ち 的 死 眺 ベ り わ た ! 俯 へ も っ 夢 ど い に え し との 感 れ は っ に ら う 訳 し て に ん め ッ と わ 奥 な く っ な て の 、 。 目 ? ︱ し推 が な 、 て 角 ず こ で 、 き そ だ た ド 宙 っ 治 、 と ! く も 世 ど 正 覚 あ ︱ た測 強 い ま 無 ア 目 と は ベ て う っ 。 か に 。 は 何 、 ? 、 掴 界 う 確 ま 、 。 。ど い 。 た 意 ラ 覚 だ な ッ 死 思 ! ら 浮 ど 、 だ 見 ︶ 浮 む か な に し あお 訳 も も 識 ー ま ⋮ い ド ん っ ︶ 一 い 、 慌 こ 慣 い こ と っ 言 時 れり で 、 や に ム し ⋮ ら で だ た メ た ど て れ れ て と 思 て う 計 ?体 も も す 降 を 時 死 し 横 の 。 ー 体 う て っ た い が い い と に ︶か な し り 下 止 計 ん い た だ き ト は な 飛 ! 顔 る 出 つ る 、 手ら い か 抜 し め の で 。 わ と っ ル 半 っ び ︶ が よ 来 つ ん 時 を魂 し し け 、 な ア い る 。 と ほ 透 て 起 布 う な 、 だ 計 添が 、 て て 目 い ラ る 彼 泥 寝 ど 明 る き 団 に い 何 ︶ に え抜 心 俺 し 覚 と ー わ は 棒 て 浮 で ん た で 感 の 度 手 よけ 霊 、 ま ま ︶ ム け い が い き 、 だ ︱ い じ だ も が う出 写 魂 っ し が じ び 入 る 上 何 よ ︱ び る 。 時 め とて 真 が た 時 鳴 ゃ き っ 間 が 故 。 つ き 。 よ 計 り しし が 抜 。 計 っ な を て に っ か 俺 も を く を 込 てま 撮 け に て い 掻 き 息 た 裸 ⋮ り 掻 考 掴 ん いっ れ 出 触 い ? い て を 状 。 ⋮ だ い え も で るた た て れ る ︶ て 殺 詰 態 浮 っ て て う い の 事 よ い さ ま で み と だよ も し う 。 る れ ら 、 い た 寝 れ す る がう な ま と の た せ 眼 て 。 て ば る の 、だ い っ し だ の る 下 る い 体 。 だ 触。 の た た か か か に っ た が し 。 れ だ の の ら も 、 眠 ︶ 。 布 か る が か だ 、 し 何 る 団 し こ 、 ? が 死 れ か 自 に 、 と ど ︶ 半 ん な が 分 触 ど が な ︵ 時 ︵ え り ︵ 着 し ︵ か ︵ 目 上 間 ︵ 目 ︵ 意 とよ い 体 間 三 ⋮ て と も 焦 か 奥 が ︱ で タ ら そ こ を が 頬 に く を 彼 起 識 肩 魂く ⋮ が は 度 ⋮ く し う る せ 治 差 ︱ 、 イ 帰 う の 覚 る を 合 そ 覚 は き の を ︱考 ⋮ な 刻 目 じ る た 一 な た は し も 電 ミ っ 思 ま ま 思 叩 わ っ ま 何 ろ な 揺 ︱え ん き 々 の ゃ が 三 度 、 。 綺 込 ち 話 ン て っ ま す い い な ! す 度 っ い す すて ? ゃ と 深 な 、 段 深 焦 麗 み ろ っ グ き た じ 事 を た い ど こ も ! 彼 っ なみ ち 電 過 呼 く こ 腹 呼 る に 、 ん ! が て が ゃ は し り っ う と 自 起 の て われ ょ 車 ぎ 吸 て れ に 吸 な 磨 夜 、 電 悪 い 、 イ な な 、 ︶ し は 分 き 体 み ちば っ に て を 、 で 、 し 俺 か が 携 話 い な 父 ベ か が つ て な の ろ は た 幽、 と も ゆ し 何 も 短 て っ れ 明 帯 し 状 い 親 ン っ ら ね こ か 体 っ ユ 。 体今 待 乗 く た か 勃 い 俯 。 た け 電 て 態 。 は ト た 必 っ ん っ を ! サ 不 とは て れ 。 後 い 起 足 き 焦 カ た 話 親 に 夜 に 。 死 て な た 揺 ︶ ユ 思 な何 よ な 、ゆ い し 。 、 っ メ 事 を 父 、 勤 遅 に み 事 。 す サ 議 っも ︶ い っ 案 た 申 半 た ラ を 触 に 奥 の れ 頬 た に っ と な て触 し く を ら し 透 と を 告 る 知 治 仕 ち を り な た 揺 こ しれ 、 り 考 か 訳 明 こ 見 げ こ ら は 事 ゃ 叩 。 っ 。 れ と まな カ と え な な に ろ な て と せ 本 、 う い 幽 た し た に っい メ 部 な り さ な で が い は よ 気 母 よ て 体 ん か 。 、 た状 ラ 屋 き 大 げ っ 何 ら る 出 う で 親 。 み に だ し 自 奥態 で を ゃ き に た も 、 。 来 ︶ 焦 は 誰 た な 。 、 分 治。 写 漂 ︶ く 付 自 い 大 な っ 看 か が っ こ 魂 の はそ 真 う な い 分 い き か た 護 に 、 て ん が 体 、し を 。こ る て の 案 く っ 。 師 知 や い な 抜 に 寝て 撮 い 体 深 た を は る 事 け は てフ る う と る を は 呼 。 し ら り に し 出 触 いワ こ し 自 肉 眺 浮 吸 窓 て せ 意 も て て れ るフ と て 負 棒 め か し の お な 識 拘 ち い ら 体ワ だ い し が た ば て 外 り き の ら ゃ る れ をと っ る て 可 。 な 心 か 昨 ゃ な ず 、 せ る 起宙 て 間 い 愛 む い を ら 日 っ い 、 電 い 様 こに 出 も た く っ ︶ 落 日 の ︶ 彼 息 車 か で そ浮 来 、 。 思 ち ち 差 夜 が が に 、 、 う 2
  3. 3. 僕だけのレースクイーン っ ︵ 来 近 か ︵ の ︵ く ︵ 前 ︵ た ︵ い 霊 俺 な ︵ 半 ︵ い先 ! お る づ 脳 も ⋮ よ ぶ お こ 一 見 に 高 よ の ゆ あ て 窓 み は ら そ 透 奥 ⋮ てほ 目 っ の け 裏 ! ⋮ う つ っ と 瞬 え 立 い し で っ の い の た 裸 写 う 明 治 ⋮ いど に し だ る に ︶ や に か と な 、 る っ と ⋮ 、 く 人 る 外 い な 真 か の は 出 るま 焼 ゃ 。 。 浮 っ 歩 り ! く 男 の て こ ⋮ 数 り で 。 に に ん は 。 手 ゆ 来 ので き ∼ ど か ぱ き そ ︶ 、 性 か み ろ ︶ メ と 試 お 見 他 だ 取 物 は っ る だの 付 ! の ん り 去 う 近 と ? た は ー 体 し そ え 人 よ れ 理 ガ く の 。落 け 写 カ だ 俺 っ に づ 視 ︶ 。 怖 ト を て ら る に な な 的 ラ り か もち て 真 メ イ の て な い 線 恥 い ル 窓 み く 細 は 。 い な ス と ? し込 や は ラ ベ 体 し っ て が ず の の に る 散 い 見 誰 け 制 の 窓 ︶ かん る 撮 小 ン は ま た く 合 か で 高 め か 歩 道 え か ど 限 窓 に しで っ れ 僧 ト 見 っ の る っ し 、 さ り ︶ を 路 な に 、 を を 近 たい ︶ な よ 会 え た で 。 た い ま に 込 し に い 見 ド 受 す づ らた い り 場 な 。 横 よ の ず 浮 ま て 、 か ら ー け り く 、気 け も 。 い に う で は い せ い ト も れ ム な 抜 と 空持 ど 前 幽 ん 移 な 、 中 て て る レ し た ま い け 、両 をち に 体 だ 動 気 股 庭 し 外 の ー れ ら で か て 手 飛か 目 陣 な 。 す が ま ま に ニ マ 飛 ら ん の 間 だ な 外 をら 取 ら こ る し を で っ 出 ろ ン い ズ ん 自 に 前 で一 前 り 誰 れ と た 降 た る グ い で 由 ゆ で 両 う ︶ 出 に転 、 に っ 、 。 手 下 事 。 。 ウ か 行 に て 突 け、 優 彼 も て 男 し し に 二 ェ 。 け 飛 る今 梨 女 邪 も 性 か で 、 足 階 ア い る び し き のま 子 の 魔 し は し 隠 そ が の を や ぞ ま ま 出 でで ち 姿 さ か 何 男 し の 竦 部 着 、 。 わ う し はに ゃ を れ し 事 性 て ま 屋 た も ⋮ れ 。 て む み 無無 ん 見 ず て も は い ま 感 か 中 し ⋮ る いい を る に 超 無 奥 る 中 ら 年 か で ん た じ 。案 だほ 見 こ 優 ラ か 治 。 年 が 抜 男 し も だ ろど れ と 梨 ッ っ に 男 し け 性 た 、 。 の う喜 る が 子 キ た 気 性 た 出 が ら 今 こ 定 かぶ ぞ 出 に ー か 付 の 。 し 歩 幽 の れ 、 。谷 グ 見 ド セ 女 ら 切 る ︵ っ レ ぎ て れ ︵ 開 撮 も 症 ム 奥間 の か の パ ま 性 し し っ 常 ︶ す た 奥 ー わ イ 誰 る た 目 さ 放 影 近 の 本 に 治を レ け よ レ た は い か て 連 ご 。 治 ス っ ベ も こ と の あ さ に く 彼 来 向 は強 オ な う ー 、レ ほ レ し い の い は ク て ン 奥 と い 前 、 れ 最 で は な か 、調 タ い な ト ー ん ー 、 た カ な 目 イ い ト 治 な う に 着 て 適 優 比 ら っ 地す ー が 体 や ス の ス 彼 。 メ 。 を ー た は に く 感 大 い い な 梨 較 大 て 面る ド 、 の ス ク 一 ク と 奥 ラ こ 輝 ン 。 ド 気 、 覚 き た る 場 子 的 空 勢 か逆 だ 彼 線 カ イ 握 イ し 治 小 ん か が 多 ー づ 入 は な ぞ の 所 を 低 に い ら三 っ 一 を ー ー り ー て も 僧 な せ 笑 数 ム か り 全 ド ︶ だ を 見 い 向 よ 数角 た 押 強 ト ン だ ン は 見 達 風 な 顔 の 内 な 口 く ー 。 キ る と か く メ形 。 し 調 に が 。 は 今 た が に が で ブ の い の な ム ー こ こ っ 飛 ーの 白 の し な 着 た ひ こ 、 上 ら 手 ー 半 。 ゲ い が プ と ろ て び ト穴 を 優 、 っ て く と と 一 か 、 を ス 分 そ ー 。 現 し が を 直 始 ルが ベ 梨 密 た い さ つ の 人 ら 十 振 に ほ れ ト す れ な 出 電 線 め ほ空 ー 子 着 も る ん 心 あ の 見 メ っ レ ど も か で る け 来 車 的 た どい ス が す の 衣 い に る レ る ー て ー を ま ら に 。 れ る よ に 。 浮て に 所 る よ 装 る 響 女 ー の ト い シ 使 た 堂 イ 結 ば と り 飛 きい 青 属 衣 り に 。 く 性 ス は ル る ン っ 面 々 ベ 構 な い も ん 上る い す 装 も も そ 女 で ク 初 程 。 グ て 白 と ン な ら う 遅 で が。 ラ る が 、 こ の 性 、 イ め の カ 行 か 無 ト 時 な 優 い 行 る イ レ 好 ワ だ 中 で ス ー て 高 ー わ っ 料 は 間 い 越 ス け と ン ー み ン わ で は タ ン だ さ が れ た で 始 を と 感 ピ ば イ が シ ら ピ り も な イ に 。 で 並 て 。 入 ま 掛 い を ー い ベ 入 ン し ー が 、 か ル 向 あ ゆ べ お っ け う 感 ド い ン っ グ い ス こ っ が け っ っ ら り っ て て プ じ で も ト て チ 。 水 あ の た て ! く れ 、 て い 到 レ て 飛 の が る 良 い ー 最 着 人 。 く シ あ り 、 多 い る 着 ッ お ん を 行 て ム 近 や 。彼 だ 容 ャ い と そ く っ が し シ り だ 、 わ て 、 は は レ い と 姿 美 ッ つ 会 れ の た 奥 た ャ 、 。 高 れ 胸 ハ あ オ わ 思 が 人 タ ら 場 を 人 。 治 が ー カ 誰 所 る 元 イ ま タ く え 素 だ ー も を 彩 で は 、 か メ よ 恐 ド の レ り ー 、 る 晴 。 を い 漂 る に 慌 疲 ら ラ り 怖 ー 3
  4. 4. 僕だけのレースクイーンフ 手 ︵ の し た ︵ 持 女 ︵ た ︵ り 女 ︵ 出 チ すィ 三 を 誰 優 至 い い ち 一 背 カ つ 奥 達 カ 優 。 彼 よ 、 性 会 あ 来 ー 奥 何 優 そル 段 広 に 梨 近 レ つ と 番 中 シ 真 治 を メ 梨 女 し 中 達 場 れ た ム 治 は 梨 しム 腹 げ も 子 距 オ も 一 前 に ャ 似 は カ ラ 子 を っ 央 を の だ 。 が は と 子 てに に て 聞 ち 離 タ は 緒 の カ カ を ス メ 小 ち 見 ! に 見 一 っ 複 も も の 腕写 、 立 え ゃ で ー 近 に 特 メ シ し テ ラ 僧 ゃ つ ︶ い つ 番 。 数 う あ 表 にっ 頗 ち な ん 笑 ド く 立 等 ラ ャ て ー に 達 ん け る け 奥 あ あ 少 れ 情 はて る は い 達 顔 姿 に っ 席 小 。 彼 ジ 収 が ! る の た の っ る し 、 や 青い 興 だ 幽 は を 。 見 て 。 僧 す 女 の め 眩 ︶ や が 。 壁 、 が 高 彼 ポ 色る 奮 か 体 俺 振 そ え い 普 達 ご の 上 て し 否 優 数 際 優 、 く 女 ー のか し っ の の り の て る 通 の い 姿 で い い や 梨 十 に 梨 程 飛 が ズ アも て た 声 も ま レ も 。 は 視 な を カ る フ 、 子 セ 並 子 な び 所 が ーし 勃 。 で の き ー 、 そ 上 線 。 目 メ 。 ラ 今 だ ン ぶ ち く 上 属 奥 ムれ 起 叫 だ な ス 遥 れ が を 目 に ラ ッ ま 。 チ チ ゃ 優 が す 治 カな し ん ! が ク に だ れ 感 の 焼 小 シ で ほ ー ん 梨 る る の バい た だ ︶ ら イ 遠 け な じ 前 き 僧 ュ に ど ム が 子 と チ 心 ー。 肉 奥 ポ ー い で い る に 付 達 を な 高 の い が 、 ー を 。そ 棒 治 ー ン 存 も ス 。 優 け と た い く 中 る 所 会 ム 激 それ 。 は ズ が 在 最 テ 梨 て 優 き ス な に っ 属 場 を し のは 霊 、 を 、 で 高 ー 子 い 梨 な ピ っ 、 ! す 全 見 く ハさ 感 カ 取 手 あ の ジ ち っ 子 が ー た ハ ︶ る 体 つ 惹 イぞ の メ っ を る 気 の ゃ た の ら ド ス イ チ を け き レか 強 ラ て 伸 レ 分 上 ん 。 間 、 で テ レ ー 見 な 付 グし い 小 ば ー で に レ ス ー グ ム 渡 レお カ 僧 い せ ス だ 、 が 立 ー テ ジ レ を し け け オぞ メ 達 る ば ク っ レ い つ ス ー に オ 見 た れ る タま ラ の 。 触 イ た ー る と ク ジ 三 タ つ 。 ば の ーし 小 前 れ ー 。 ス な 、 イ に 人 ー け 似 な だ ドい 僧 に ら ン ク ん カ ー 飛 並 ド る た ら 。 を写 な 大 れ の イ て メ ン び ん を こ よ な 着真 ら き る 艶 ー ! ラ の 降 で 着 と う い こに 、 く 程 か ン ︶ を 彼 り お た が な 。 な﹁ 上 ﹁ ﹁ ﹁ 奥 た ︵ 小 お み ︵ 様 ラ な シ そ ェ か さ る の な⋮ だ 気 え ど 治 。 た わ さ 尻 鼓 込 そ う 子 ウ 奥 る ン ロ り ス ら れ よ 優 笑 何 っ⋮ し の っ う の 優 じ っ く に 動 ん ん わ が ン 治 飾 グ ゴ と ト 、 た う 越 顔 も てっ ﹂ せ ⋮ し い 梨 ろ ! 声 近 を だ な ぁ た の は り カ の し に か 胸 に 感 で 知 いて い ⋮ た る 子 い や を づ 高 。 衝 ⋮ ま 長 ふ に ー 付 な 滑 な 。 眺 に ポ ら るい じ う の 辺 と た ば 上 け ぶ ほ 動 ⋮ ら い わ し な い や ら り そ め 浸 ー な こう ゃ ん ? り 二 奥 い げ て ら ん に 。 な 髪 り か ん た か か 大 の た る ズ い とか な 。 ﹂ を 人 治 っ て い せ の 駆 い か が と 思 て パ な な き 開 。 彼 を 優 だ。 い 急 見 の は ! 振 っ な 十 ら や っ 撫 浮 っ 何 ン 太 股 な い 滑 は 取 梨 ろ誰 ? に て レ 、 ︶ り た が セ れ ら た で き て の ス も 間 胸 た ら 優 っ 子 うも こ お い ー ス 向 。 ら ン た し 。 る 上 い 興 ト も 。 だ 胸 か 梨 て た 。い ん 尻 た ス テ い そ 、 チ 彼 い 背 が な 味 に に 奥 と 元 な 子 い ちな な を 。 ク ー た し 幽 程 は お 中 る い も 、 長 治 推 が 首 の る はい に 触 し イ ジ 。 て 体 の 、 尻 。 と よ 湧 彼 い の 測 何 筋 前 。 、よ 人 ら か ー に 触 の 距 レ だ レ 、 う か は 足 腕 で と 。 に たね が れ し ン お れ 両 離 オ な オ 優 だ な 何 。 回 き も そ 立 ま﹂ い た 、 が 尻 た 手 に タ ぁ タ 梨 。 い 故 り る セ し つ に る 感 彼 奥 を 瞬 を 優 ー 。 ー 子 。 か く 。 ク て と 並 と じ 女 治 着 間 ゆ 梨 ド さ ド の 彼 ド ら そ シ 密 、 ぶ こ が 達 を く ︱ っ 子 に 、 が 後 女 キ い し ー 着 そ 順 ろ し と 見 よ ︱ く の 包 触 少 ろ 達 ド し て で し の 番 で て 目 て う 優 り お ま っ し に を キ か 女 、 た 容 を ⋮ ﹂ 線 い な 梨 と 尻 れ て お 回 魅 し な 性 く レ 姿 変 ⋮ が る 体 子 、 た 尻 り 力 た い ら っ オ を え そ 会 。 勢 が ゆ が お み に こ 的 。 と し き タ 上 な れ う い で ﹁ っ あ 尻 た 食 ん に 後 思 い り ー か が に こ や 顔 き く る の い い だ 映 ろ え 曲 と ド ら ら ス と 、 を ゃ り 。 前 ⋮ 込 。 し に る 線 見 の 下 相 テ は 正 強 っ と に ⋮ ん ラ 出 あ 程 を え 生 ま 変 ー な 確 張 ! 彼 し ︶ で イ す る 、 描 る 地 で わ ジ い に ら ﹂ 女 ゃ い ト 、 レ ほ く 谷 に 舐 ら の 。 は せ と の が る ブ 単 ー っ ウ 間 隠 め ず 4
  5. 5. 僕だけのレースクイーン て ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ 外 タ ︵ い 思 る 大 思 出 き 始 ご に ︵ ﹁白 い 軽 は い 今 相 お 皆 立 手 ッ ラ 通 ス っ 人 時 切 わ 来 て め 幽 い 触 き よ 幽 うい っ く い い 日 変 疲 さ ち を フ 、 路 テ た 気 を に れ る い た 体 よ る 、 く 体 、壁 た 会 ﹂ 宣 は わ れ ん 入 振 に ラ へ ー の の 待 し る の る 三 の な 事 気 考 で うに 。 話 伝 人 ら 様 、 り り 感 ッ 連 ジ だ な つ た か だ も 人 掌 っ が 付 え あ ん窓 も を に が ず で お 禁 な 謝 キ れ の 。 い 事 い も 。 の の を ! 出 い て る ⋮の ち し な 多 の す 疲 止 が し ー 出 奥 そ 場 に 。 し し に 後 見 ︶ 来 て み に ⋮な ろ た り い 人 ∼ れ と ら な ! し か し 所 し そ れ か は 姿 つ た い れ も 。い ん 三 ま か 気 ﹂ 様 い ス い こ た ら て な た う な し 触 を め よ な ば 拘 だ八 奥 人 す ら で で う テ と の の ス 彼 ら 。 思 い 、 れ 眺 、 。 い 、 ら よ畳 治 は よ す す す 場 ー な タ だ タ の ば っ 。 こ る め は レ 。 自 ず ねほ も ス 。 ご ね ﹂ 所 ジ っ イ 。 ッ 願 少 た 優 の ら た ぁ ー や 分 、奥 ﹂ど 壁 タ 午 い ﹂ に を ! ミ フ い し 彼 梨 状 し 。 は ス っ の 治の を ッ 後 熱 踏 下 ︶ ン の は く は 子 況 い ど ぁ ク ぱ 体 の部 す フ か 気 み り グ 男 ほ ら 、 を で 。 う と イ り に 手屋 り と ら で 込 た で 性 ん い 欲 変 見 誰 や 息 ー 見 だ は。 抜 離 も す ん 彼 休 が の 触 望 な え に ら を ン え っ 彼中 け れ お よ だ 女 憩 現 少 っ を 目 な も 、 乱 の な て 女央 て 、 願 ﹂ 彼 達 に れ し て 押 で い 気 壁 し お い 触 のに 部 通 い の と 入 、 後 も し 見 奥 づ な た 尻 ん る おは 屋 路 し 鼓 共 っ 彼 に 大 殺 ら 治 か ど 奥 に だ こ 尻ガ に の ま 動 に て 女 叶 丈 し れ が れ は 治 触 。 と にラ 入 右 す は 通 く 達 う 夫 て る 触 ず す は っ で が 触ス 側 ず 路 れ を だ 彼 の る に り 、 た もテ る に ﹂ っ を る 関 こ ろ 女 は と 優 抜 ま ん ⋮ 出 れー 。 あ と 漂 な 係 と う た 嫌 、 梨 け た だ ⋮ 来 るブ る 高 う ん 者 に 。 ち だ 優 子 ら ポ 。 優 た こル 部 鳴 。 て し な そ が し 梨 を れ ー こ 梨 の と。 屋 っ 関 。 か る ん 休 、 子 触 る ズ れ 子 だ がそ に て 係 あ 入 。 な 憩 彼 が る が を っ ち 。 出の 入 い 者 の れ 風 に 女 変 事 、 取 て ゃ 来周 っ た 以 ス な に 入 を に が 生 り す ん た 。 。 そ が 座 タ き ︵ け レ の ハ 長 入 付 ︵ 女 飲 ﹁ ﹁ も も こ りあ の そ 出 り ー 下 両 わ る ッ 様 扉 優 イ い 初 っ い 幽 ⋮ 子 ん 優 う 私 こ 人 と にの 様 し 来 な ド ろ 手 ⋮ と ト 子 が 梨 ヒ 鏡 め て て 体 ⋮ ト だ 梨 ん 、 の 数 が 二優 子 て な が に し を ⋮ レ ペ を 閉 子 ー の て い ゆ の ⋮ イ 後 子 ﹂ ち 部 分 出 人梨 を ︱ い ら パ 、 首 。 オ ー 伺 ま は ル 付 入 た く 手 ⋮ レ 、 だ ょ 屋 用 来 が子 眺 ︱ 優 足 ン 奥 の や タ パ っ り 一 が い っ 。 と に ︶ へ 一 。 っ で 意 る けが め 便 梨 元 ス 治 後 っ ー ー た 鍵 つ コ た た 、 汗 と 人 彼 と 行 さ 大 の目 て 器 子 ま ト に ろ ぱ ド を 。 を ず ツ 化 女 女 が 歩 で 女 ト っ れ き ソの い か の で 、 柔 に り を 手 覗 掛 つ コ 粧 子 子 滲 い 部 は イ て て な フ前 る ら 裸 引 そ ら 回 全 脱 に か け 覗 ツ 台 ト ト む て 屋 テ レ い い 姿 ァで 奥 水 。 き し か し 部 ぎ 取 れ た き と 。 イ イ 感 い を ー に る る 見 ー裸 治 音 下 て そ て 脱 始 り て 音 、 響 全 レ レ じ っ 出 ブ 行 よ 。 が がに の が ろ ア う ボ い め 、 い が 洋 く 体 に の が た る ル っ う 各 あ 対な 瞳 聞 し ン で タ で た 便 る し 式 。 的 奥 マ す 。 と に て だ 自 り 面り が え て ダ 大 ン す 。 座 と た の に 治 ー る レ 置 く っ の 、 に、 血 始 し ー き を る を は 後 便 明 は ク 。 オ い る た ロ 彼 置小 走 め ま シ な 外 ん 拭 知 、 器 る と が 奥 タ て ね 。 ッ 女 か便 っ た っ ョ 胸 し だ い る 奥 が い き 付 治 ー あ ﹂ カ 達 れを て 。 た ー を た ︶ て 良 治 あ 雰 め い は ド っ ー の てし い 彼 。 ツ 露 後 い し は る 囲 い た 彼 姿 た も 姿 いて た 女 本 を に 、 る も 体 一 気 た 扉 女 で ペ 壁 が るい 。 が 来 ま す 自 。 な を 番 の 。 を の 通 ッ 際 時 。る 小 な と る ら そ い 扉 奥 女 四 開 後 路 ト に 折 壁 便 ら め 。 白 の 優 に 子 つ い を の ボ 並 映 際の を ば て 腰 い 後 梨 め の ト あ た 歩 突 ト ん っ にだ し 決 掴 ま レ 、 子 り 個 イ る 彼 く き ル で て は。 て し む で オ 便 が 込 室 レ 個 女 よ 当 の い い 体 い て と 下 タ 座 無 ま に に 室 と う た お て た 全 る 見 、 げ ー に 言 せ 入 、 と 共 な り 茶 、 。 体 の る 便 た ド 背 で て っ 彼 、 に 姿 に を 着 化 を だ こ 座 レ が を ト 彼 た 女 横 中 勢 あ 一 替 粧 映 。 と に オ 引 向 イ 女 。 の に に で る 口 え 台 す 5
  6. 6. 僕だけのレースクイーンの 座 を ﹁ こ て た 子 た ﹁ め ︵ に す め き ︵ を ﹁ が せ幽 カ 上 痛 あ ん 、 は を 。 い か た 衝 好 レ 仕 便 た 下 奥 彼 す 開 小 ん し る い 大体 バ げ み ⋮ で 優 ず 抱 彼 き は 。 動 き オ 草 座 。 ろ 治 女 、 い さ っ た こ や 人は ー た は ⋮ し 梨 の き 女 な っ 的 だ タ 。 か パ し の の す て な ⋮ 。 と 、 に個 に 彼 感 あ ま 子 太 し に り ! に っ ー 脇 ら ン て 存 股 ご 濡 声 ⋮ は い な室 凭 女 じ あ っ を い め 覆 体 ﹂ 彼 ! ド ま 立 ス い 在 間 い れ を ふ な る っか れ は な っ た 引 腕 た い を 女 優 を で ち ト た を に ⋮ た 漏 ぅ い は たら 掛 、 い ⋮ 。 き が と か 締 へ 梨 左 引 上 が レ 全 手 ⋮ 股 ら ∼ だ ず 彼見 か 魚 。 ⋮ 寄 、 い ぶ め 近 子 右 き が 皮 オ く を ︶ 間 し ﹂ ろ が 女え り の そ ﹂ せ 不 う さ 付 づ ち に 上 り 膚 タ 気 添 を た う な のな 意 様 れ よ 思 感 る け き ゃ 引 げ 、 に ー 付 え 拭 彼 。 い 小く 識 に よ う 議 覚 よ ら 、 ん っ 、 少 擦 ド か て い 女 奥 。 便な を 口 り と な は う れ そ っ 張 首 し れ と な 拭 た は 治 彼 すっ 失 を も し こ ほ に た の ︶ る の 蟹 る パ い き 。 ト は 氏 るた っ パ 、 て と ん し 感 脂 姿 後 股 音 ン 優 取 イ 理 が 姿。 て ク 体 い に の な 覚 肪 に ろ に 。 ス 梨 っ レ 性 い を し パ に た 優 一 が に が 、 で 開 レ ト 子 て ッ の た 見 ま ク 起 図 梨 瞬 ら 、 付 奥 ボ き オ 、 は い ト 糸 と た っ と き 体 子 だ 抱 優 い 治 タ な タ ア 、 る ペ が し 男 た 開 た ま の っ き 梨 た の ン が ー ン 前 姿 ー プ て 性 。 き 異 で 体 た し 子 太 理 を ら ド ダ か に パ チ も は そ 、 様 が に 。 め は い 性 止 股 の ー が 目 ー プ 、 い し 便 な 彼 め 彼 た 声 腕 が め 間 生 シ み が を チ 優 る て 座 感 女 り 女 奥 に で つ た の ョ に 手 と 梨 、 に 覚 の 込 を 治 な 力 い 後 レ 地 ー な ク に 千 子 だ 抱 腰 と 細 ん 強 。 ら い に 、 オ が ツ る ラ す 切 が ろ き を 息 い だ 烈 し な っ 吹 胸 タ 肌 を と ク る れ こ う し 下 苦 体 の に か い ぱ き を ー を 引 足 ラ と て ん か め ろ し に だ 抱 し 声 い 飛 覆 ド 弾 き 元 す 、 ゆ な ? た す さ め 。 き 、 を 抱 ん う を く 上 ま る 少 く 姿 奥 と に り そ し 優 上 き だ よ 伸 音 げ で 。 し 感 を 治 便 顎 込 し め 梨 げ し 。 う ば 。 始 引 足 じ 見 来 ぞ ﹁ 表 の 通 ﹁ な う に ん ﹁ に ﹁ ﹁ を ﹁ れ ﹁ を て何 る ! こ 現 に 優 り 俺 っ と も そ の マ 手 そ こ ゆ な 開 驚 ⋮ た 優 う 見 い し し度 ん 俺 れ し 出 梨 に と て 彼 存 う 体 、 を っ の っ っ い い ⋮ 二 梨 っ て た ば んも だ だ な た 来 子 動 優 鏡 女 在 と に マ 添 と 声 く ! た た え つ 子 ⋮ い 瞳 ら と目 ! け ら 。 る は か 梨 に が せ し 入 ジ え 鏡 ⋮ り ゆ 彼 表 っ の は ⋮ る が く 静の ﹂ し 自 と 鏡 す 子 映 全 ず か り で た の ⋮ と 、 女 情 ! 胸 呟 は 。 ゆ す ま前 か 分 は の こ ち る く 、 考 込 ⋮ 。 表 。そ 歩 優 は で え 。 い ぁ っ る りで 持 で 考 前 と ゃ 。 同 優 え ん ⋮ 面 れ き 梨 、 便 え そ た 。 く と 返両 っ 優 え で が ん じ 梨 ら だ 俺 に に 、 子 化 座 っ の 後 ど り 、 っ手 て 梨 も ガ 出 が 仕 子 れ っ 、 触 ど 鏡 ⋮ 粧 か ! 向 、 、 と 半 たを い 子 し ッ 来 一 草 一 な て 優 る う に ⋮ 台 ら ﹂ こ 声 ど 開 開 ト動 な ち な ツ る つ を 人 い こ 梨 と し 映 ち の 立 う に う い き イか い ゃ か ポ ん に し が 。 と 子 、 て る ゃ 鏡 ち に 異 な た の レし 優 ん っ ー だ な た ト あ か ち 左 ⋮ 自 ん に 上 は 変 っ 。 口 。、 梨 に た ズ 。 っ 。 イ の ﹂ ゃ 右 ⋮ 分 ? 映 が パ を た 何 か優 子 好 奥 を こ た 彼 レ 、 ん が り ン 感 度 ら の 俺 の ﹂ る ん梨 ち き 治 し ん が に 自 に 対 が 姿 自 、 ス じ だ か ﹁子 ゃ な は た 声 だ 取 い 分 な 象 ハ ト た 瞬 う も 優 を 分 ⋮の ん ポ 、 。 ⋮ る る で っ に 梨 見 の イ に 。 ⋮ き っ体 の ー 彼 ま 体 ⋮ 表 。 も た な ヒ 包 俯 し ⋮ も 子 つ 姿 んが 写 ズ 女 さ 。 情 奥 醜 ? っ ち め を ー ま く ん 、 ⋮自 真 を の か 全 優 が 治 い こ た ル れ と 目 う 部 ゃ る 見 !分 集 取 体 優 梨 、 が と れ 優 ん 。 て に た 白 ? の うの を ら で 梨 っ 子 全 手 感 っ 梨 足 滑 い 前 ﹂も 作 せ 嬉 子 ! ち て を じ て 子 に 唖 を ら レ ﹂ に との る る し 自 や ゃ 優 動 て ⋮ が な 然 取 か オ あ 声に こ こ さ 身 、 ん 梨 か い ⋮ 同 っ と ら な タ る がな と と を を や を 子 し た 優 じ て し れ ー ト 漏 っ い 足っ だ が 思 自 俺 の 、 体 梨 よ た な が ド イ れた っ 出 い 分 た の 表 髪 は 子 う る 。 が に レ 、 ぁ ん あ事 て 来 切 の ! 思 情 を 何 ち に だ ら る 包 の 閉を 出 る り も ﹂ い と 払 処 ゃ 鏡 ﹂ 扉 。 ま 扉 じ 6
  7. 7. 僕だけのレースクイーン﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ 屋 の ﹁ い た ほ な ﹁ 彼 あ 美 ﹁ だ の 肌 体 確遅 で う え そ う 遅 ご の 嬉 カ こ る が ど し ぁ 優 女 の 河 例 少 な 。 中 奥 。 を かれ も ん っ れ ん い め 扉 し メ の 。 、 ま ば ﹂ 梨 の 部 茜 え し 、 に 治 二 抱 める 優 ﹂ 、 は 、 よ ん を す ラ ま 今 で ら 子 記 屋 で ば ず な 不 は の き るか 梨 今 普 あ 優 ね 開 ぎ に ま は は く ち 憶 で あ 、 つ ん 思 、 腕 し 。も 子 か 段 の 梨 、 い て 優 優 普 履 す ゃ は 昼 り 優 で だ 議 優 に め 細し 、 ら の ね 子 遅 た 緩 梨 梨 段 い る ん 徐 食 、 梨 は ? な 梨 当 た いれ す ? 優 。 。 く 。 む 子 子 の た と の 々 の 二 子 あ こ 感 子 た 。 腕 ぐ ﹂ 梨 私 先 な 優 ち ち 彼 事 、 記 に 弁 人 と る 、 覚 の る 華 をな 、い に 子 ち に っ 梨 ゃ ゃ 女 の 奥 憶 増 当 を 一 が こ を 鼓 胸 奢 包け 戻 と ょ 食 ち 子 ん ん と な 治 が え を 下 緒 、 れ 覚 動 の な みど っ 変 っ べ ゃ の の を 同 い は 手 て 取 の に 彼 っ え が 感 肩 込、 て わ と て っ 頬 全 家 じ ハ 優 に い る 名 い 女 て た 激 触 幅 む芦 こ ら 用 る た を て に よ イ 梨 取 っ 事 前 た の ⋮ 。 し も に 青田 ら ぬ 事 よ ﹂ 両 を 持 う ヒ 子 る た な で 二 記 ⋮ 彼 く た 、 色さ れ 表 が ﹂ 手 収 ち に ー に よ 。 ど 気 人 憶 優 の 高 ま 自 の る 情 あ で め 帰 姿 ル 手 う 。 安 の を 梨 意 鳴 ら 分 アん 軽 っ 勢 の を に こ く レ 識 っ の ーに の 、 る る 読 子 な ? そ か く ぞ ち を せ 洗 分 う 呼 ー み ち に て い 体 ムは 叩 ゃ た い わ か し ん ス 彼 い と カ適 ﹂ し ら ! 取 ゃ 。 て 少 い ﹂ お だ で せ る て で ク る ん 女 る は バ当 た う し ぎ て ぞ い い イ の の 違 ーに 口 し こ の 調 だ 奥 。 、 こ 女 。 る る ー と 記 記 を う を話 治 そ 綺 ち 子 ⋮ う 事 ン 憶 感 柔 摩し で け は し 麗 な ト ⋮ ち 。 の が 憶 が じ ら りて あ 外 、 て な い イ へ も ま 名 出 ? 逆 た か 、お っ に 二 ⋮ 歩 歩 レ ぇ 、 た 前 来 ﹂ 流 。 で 両い た 出 人 ⋮ き き を ∼ 読 、 は る し そ 張 腕て 。 て が へ 方 方 出 。 み こ 秋 。 て し り でく く い へ を で た す 取 の 下 き て の 彼れ る る 。 し あ 。 ご れ 後 望 た 、 あ 女な よ 部 俺 て っ 先 い る は と の 頭 る の ﹂﹁ 車 ら ∼ ⋮ ﹁ に 見 ﹁ ッ も ﹁ あ に っ タ ﹁ ﹁ ﹁ ま ﹁ ﹁ いそ 両 お 優 ん ⋮ こ 撮 え そ ド へ フ 紙 ど こ る 、 た 優 ブ ー 奥 ⋮ じ そ ま 大 い ?う に 金 梨 ﹂ そ う ら た の ー へ や 袋 う れ の ま 奥 梨 ラ ド 治 ⋮ ゃ れ 聞 丈 、 ﹂い 乗 を 子 ん し れ 。 ま ム へ 他 に や は を だ 治 子 ン を は ま 、 は い 夫 いえ り 取 の な て る 今 ま の 、 の 詰 ら ⋮ 見 彼 は の ド 脱 優 あ お そ て 。 いば 込 り 記 事 私 に か 軽 前 脱 関 め 午 ⋮ つ が 、 記 物 ぎ 梨 、 願 う く だ け、 み 出 憶 も 服 も ら 快 で 出 係 込 後 。 け 見 ハ 憶 の 、 子 優 い だ れ っ どわ 、 し と な を 拘 む な 大 成 者 む か ふ た た イ か ロ 私 の 梨 ね け て て ⋮ざ 彼 切 語 い 着 ら さ 足 き 功 に と ら ∼ 。 こ ヒ ら ゴ 服 ロ 子 ﹂ ど も 私 ⋮わ の 符 り か て ず 苦 取 く だ 見 、 衣 ん と ー 、 が へ ッ が ⋮ い 、 。ざ 家 を 合 。 い 。 し り 深 ! つ 財 装 ﹂ の ル 不 入 と カ そ ⋮ い 最 き電 へ 買 う 知 る い で 呼 ﹂ か 布 を な や 要 っ 着 ー う ﹂ は 近 っ車 と っ よ っ と 男 歩 吸 ら や 変 い 着 な た 替 を い ず は とを 向 た う て 誰 の く を な 携 更 レ て も 、 え 開 う で ず 芦使 か 。 に い も 部 彼 し い 帯 す オ い の 空 て く な し っ 田わ っ そ 呟 る 優 屋 女 た よ 電 る タ た を の い と ら ょ と さな た し く 人 梨 に か 優 う 話 予 ー レ 持 紙 っ 、 ⋮ ﹂ 休 んく の て 奥 に 子 連 ら 梨 、 な 定 ド オ ち 袋 た 普 ⋮ ん にて で 彼 治 声 ち れ は 子 裏 ど だ が タ 帰 が 。 段 ﹂ で 怒も あ 女 は を ゃ 込 嬉 を 口 を っ ロ ー る ロ の い ら、 っ が 駅 掛 ん ま し 不 か 持 た ッ ド と ッ 彼 な れタ た 普 に け だ れ さ 審 ら ち ら カ 一 き カ 女 い るク 。 段 着 ら と 、 が に 外 出 し ー 式 に ー と か よシ 使 く れ 気 レ 滲 し い の を 使 の 変 らー っ と る 付 オ み 思 へ 、 。 ハ 紙 用 中 わ 。 ﹂を て 、 事 か タ 出 う と 芦 そ ン 袋 し に ら 少使 い 彼 も な ー て 人 出 田 の ガ に て 入 ぬ しっ る 女 あ い ド い は た と レ ー 詰 い っ 仕 くて 女 の る の 姿 る い 。 い オ に め る て 草 らも 性 財 と か を よ な う タ 吊 た 事 い で い良 専 布 。 な 写 う い ス ー っ 。 を る レ わか 用 か ふ ? 真 に 。 タ ド て 更 知 。 オ が 7
  8. 8. 僕だけのレースクイーン め ぞ ﹁ と ﹁ う ﹁ か う ﹁ て ゃ ﹁ て 顔 歩 見 っど て 持 ! ⋮ 内 ま よ か 時 そ 親 も ら 足 に 鍵 ⋮ 優 い 玄 優 ん 外 も を く 慣 乗 たう 部 っ ﹂ ⋮ 側 る し 。 折 っ 父 し 帰 元 扉 は ⋮ 梨 る 関 越 の 見 無 見 と れ り な表 屋 て ふ か で ⋮ 起 軋 と だ か っ に を 掛 こ 子 か の 感 体 が 言 る 新 た 継 。現 に い ぅ ら 泥 ⋮ き む パ け し て は 開 か の の も 扉 に っ 変 で た 鮮 町 ぎ かす 連 た ∼ 鍵 棒 。 て 音 ン い た き 父 い っ 体 体 し を 浸 て わ 通 び に 並 が なれ れ 荷 。 を の こ く が プ る ら て 親 て て の で れ 開 り い る り に 感 み 良 りば 込 物 た 閉 よ の る し ス の 今 い の 忍 い ま 入 な け な い と 過 吠 じ を か 稼よ ん を ど め う ま 様 た を か 日 な 汚 び な ま れ い て が な 、 ぎ え た 歩 っ いい だ 足 り た な ま 子 が 脱 。 も い れ 込 い じ ば 。 入 ら ぁ こ 、 る 。 く た での 女 元 着 。 忍 部 も 、 ぎ で 引 と た む よ ゃ 、 ろ 歩 ﹂ う 犬 犬 顔 。 た いか 性 に い び 屋 な や 、 も き い 革 。 う ま ど う く も に と を 普 め る分 が 置 た 足 ま く は そ 多 続 う 靴 だ ず う と こ 対 関 す 合 段 、 かか 、 い 。 で で 、 り の 分 き こ 。 。 い 思 し と 応 し れ わ 、 思 らら 憧 た 優 廊 ⋮ 家 父 ま 寝 病 と 母 ノ よ わ た 十 が て 違 せ 歩 っ 少な れ 彼 梨 下 ⋮ の 親 ま て 院 だ 親 ブ な れ が 分 違 は っ る き た しい で は を ﹂ 中 は 手 い に 。 の を 。 る 、 程 う 吠 て 度 な よ く あ 、 子 歩 一 に 靴 回 よ も え も に れ り らく ち は る 残 と だ 。ら っ 優 い 静 階 持 だ る が し り ろ く よ の る 反 挨 て も い た 梨 ゃ た に っ な 、 考 な ど 応 拶 い 早 使い ん ま ろ の あ う う興 レ 子 奥 り あ て う か い ゆ え か え や の こ が を る く っ ー の を 治 る 二 の っ て か ろ な す 道 最 て奮 俺 返 か も ず ? くす ス 体 は っ 寝 階 ら し で く そ み 自 な か い る な 寄 も ク で の 、 室 へ 、 り れ 。 尻 。 お の の 大る イ 背 部 自 て で の ⋮ れ ま と っ ば 分 や 尾 い ば に 駅 丈。 ー 伸 屋 分 い 寝 階 ⋮ な だ 音 と 両 の っ を や さ 、 に 夫 ン び に の た て 段 ﹂ い 勤 を 入 親 家 ぱ 振 、 ん 優 着 だ の を 連 部 。 い を 。 め 立 る が に り っ 目 や 梨 い っ 優 し れ 屋 る 上 先 て か 帰 着 優 て 線 、 子 た た 梨 た 込 に の が の な ⋮ っ い 梨 い が 奥 の 奥 の 子 。 ん 入 だ る 病 い ⋮ て た 子 る 合 治 体 治 に 。 初 だ る ろ 。 院 よ ﹂ き 。 ち 。 っ の で が ﹂ に で に っ ﹁ ら ﹁ く き さ 感 ョ る と レ ﹁ メ た が ﹁ 当 ﹁胸 青 手 取 思 て ま し そ こ と 全 上 を 覚 ー が 自 黒 ま ー よ ラ か 出 部 い に 彼 た元 色 を る わ 、 る く う の 、 て げ 感 。 ツ 、 分 い た ス し で っ 来 屋 や 優 は だや の 振 と ず 早 で 思 思 お 滑 が 、 じ そ で 必 の ス 彼 ク 、 撮 た れ の 、 梨 、 いお ア る 足 本 く 優 え い 尻 ら 奥 生 る し 股 死 部 カ 女 イ こ り 。 ば 隅 そ 子 魂 ま尻 ー 彼 を 来 レ 梨 る な も か 治 地 。 て 間 に 屋 ー の ー れ た し 、 に ん に が 、に ム 女 通 の オ 子 。 が 、 な の が パ 少 を 理 で ト 記 ン で い か 彼 三 な 言 抜 奥レ カ に し 目 タ ち ら 今 お 行 股 ン し 隠 性 優 を 憶 に 大 の し 女 脚 事 わ け 治オ バ 近 、 的 ー ゃ 彼 は 尻 動 間 ス 足 し を 梨 、そ を ! 体 だ 、 が を よ れ た !タ ー づ 上 を ド ん 女 俺 が で に ト を 、 押 子 読 ﹂ の 。 今 自 立 り た 状 ﹂ー い 半 見 が の あ が 動 パ さ が し み ア は ら て も 態 を も の パ 密 て 自 早 よド 両 て 身 失 着 自 手 も ン り 着 股 か ン え 生 下 取 ン 分 一 カ 、 う でが ゆ ま い 分 で 、 間 す ス な 着 り グ 刻 メ 自 速 ベ 手 な の ス す 着 だ 、 で食 に く で そ け で 何 な ト 優 る か と ト が 替 を 、 ル け も ラ 慢 優 、 ッい 装 。 引 う れ 揉 度 ん に 梨 よ ら 生 に ら え 脱 普 は の 早 を の 梨 妙 ド込 着 首 き に ば ん か だ 包 子 う 少 地 足 彼 を い 段 O レ く セ 一 子 に にん 。 の 上 な っ で 揉 ﹂ ま の に し の を 女 し で と K ー 彼 ッ 眼 ち 恥 寝で 後 げ っ ﹂ い ん れ 行 す 浮 縫 通 が て 白 同 だ ス 女 ト レ ゃ ず てい ろ 着 た る で て 動 る い い し 午 い い じ 。 ク を す フ ん か いな で 込 奥 み み い で 。 て 目 た 前 る レ よ 後 イ レ る カ の し るい ボ ん 治 た た る あ い に 。 中 と オ う は ー オ 様 メ レ い 自事 タ で は い 。 。 っ た 風 足 に い タ に こ ン タ 子 ラ オ 。 分を ン い 、 で そ た の が 全 穿 う ー ピ の 、 ー を を タ の確 を っ 白 す の 。 で 当 体 い 時 ド ン 優 ド ビ 固 ー 姿認 止 た い ご 手 振 、 た が て 点 ク 梨 優 に デ 定 にし め 。 レ く つ り 蟹 っ 締 い で に の 子 梨 着 オ す ド 声た た 次 オ 興 き 向 股 て め た 激 着 キ ち 子 替 カ る 姿 を彼 あ 第 タ 奮 が き に 少 付 ア し 替 ャ ゃ を え メ 。 を 掛は と に ー す 妙 な な し け ン く え ミ ん 。 さ ラ 心 撮 け、 、 、 ド る に が っ の ら ダ 興 て ソ の せ に に ろ た大 最 会 を ⋮ い ら て 涼 れ ー 奮 ゆ ー 体 、 収 余 う 。き 後 場 手 ⋮ や 俯 引 し る シ す く ル を カ め 裕 ! 本 。 ﹂ 8
  9. 9. 僕だけのレースクイーン 持 ﹁ し 大 を ﹁ を 撮 ま 日 ﹁ 高 ら ル ﹁ め ん ﹁ い 客 ﹁ くレ ち 今 さ 普 、 の 左 最 う 元 り 彼 ん は こ く 紙 な を じ る 奥 だ 兎 の 基 観 ふ 深オ を 度 て 段 更 お 手 も ん に 始 女 な 奥 れ な 袋 。 履 ゃ と 治 か に だ 本 的 ぅ 呼タ 表 は 、 は に 気 を 綺 。 、 め の い 治 で る か ﹂ い 、 、 は ら 角 が 的 に ∼ 吸ー し 腕 次 あ は に 腰 麗 俺 普 た 口 な 一 よ 。 ら て さ レ カ 。 、 、必 に 確 。 しド て を は ま カ 入 に に が 段 。 調 ぁ 人 し ハ い っ ン メ 最 た 要 は 認 そ たの い 組 ⋮ り メ り 当 見 一 彼 リ を ﹂ だ と イ な そ ズ ラ も く な 撮 で う 。胸 る ん ⋮ 撮 ラ だ て せ 番 女 モ 真 け 。 ヒ か く に の 高 さ ら っ き 言が か で ﹂ れ に っ 、 て 好 が コ 似 に じ ー っ 優 向 シ 画 ん 携 た な え強 の い な 対 た 前 く き 取 ン つ ポ ゃ ル た 梨 か ャ 質 撮 帯 一 い ば調 よ る い し 。 後 れ な る を つ ー あ を か 子 っ ッ で ろ の 眼 な 俺さ う ポ 後 て 表 に る の ポ 隠 、 ズ ま 取 。 ち て タ 優 う カ レ ﹂ のれ で ー 姿 少 情 軽 ﹂ は ー す 奥 を ず り や ゃ 視 ー 梨 。 メ フ 部、 あ ズ も し を く こ ズ よ 治 決 は 出 っ ん 線 を 子 パ ラ カ 屋と る 。 大 ず 変 足 の を う は め 彼 し ぱ に を 押 ち ソ モ メ にて ︱ 少 量 つ え を ポ さ に 自 る 女 て り 成 投 す ゃ コ ー ラ はも ︱ し に 体 な 組 ー せ 掌 分 か が 履 こ り げ た ん ン ド の 鏡セ 優 自 撮 を が ん ズ な に の ら 普 い れ 切 か め の に で 画 がク 梨 慢 影 回 ら で だ が 握 部 、 段 て が っ け の 全 保 簡 像 無シ 子 げ し 転 何 い な ら り 屋 上 か み 無 て た 小 て 存 易 を いー は に た さ 度 る 。 カ 締 で 手 ら る い ! 。 さ を し に パ かに 俺 見 。 せ も 姿 大 メ め レ く 良 と と ⋮ な 撮 て 確 ソ ら見 の え な リ 。 人 ラ た ー 撮 く 、 足 ⋮ リ っ ゆ 認 コ 優 る モ 彼 び 奥 ス っ 取 視 の と モ け す ン 梨え も 表 が コ は た に 治 ク て る 界 雰 思 コ て ば で 子る の 情 ら ン 、 美 収 は イ ね ポ が 囲 っ ン や 幾 る 確 ち。 だ が 撮 の こ し め 優 ー ⋮ ー 五 気 た を る ら こ 認 ゃ と 、 り ボ の い て 梨 ン ⋮ ズ セ が ら 掌 ! で と す ん 。 奥 ま タ ポ 女 ゆ 子 の っ か ン 変 ハ に ﹂ も も る の 治 く ン ー 性 く の 写 て ら チ わ イ 握 撮 で し 容 の る を ズ の 。 記 真 、 ! ほ る ヒ り れ き か 姿 気 。 押 が 姿 憶 を た 今 ど か ー 締 る る な を 。 女 背 た ﹁ レ オ を な と ﹁ ら 奮 ﹁ 下 ﹁ こ ﹁ め ﹁カ の 中 白 ま く へ 股 オ タ 脱 濡 ? こ ⋮ 読 し 意 ア あ ろ 奥 こ と 白 よ る メ 静 んメ ス が い た さ ぇ 間 タ ー い れ ﹂ ろ ⋮ み て 識 ン ⋮ し 治 れ の い し 。 モ ま ふラ タ 大 レ カ ん ∼ と ー ド で た を 優 取 い し ダ ⋮ た は も 無 レ 、 こ リ り ふに イ き オ メ 撮 。 お ド の ア ア 触 梨 る る て ー 濡 。 白 な い オ こ の カ 返 。こ近 ル く タ ラ っ こ 尻 を 下 ン ン っ 子 こ よ い シ れ い か ピ タ れ 作 ー っ れづ を 割 ー の て の を 手 に ダ ダ て ち と う な ョ て レ な ン ー だ 業 ド た だき よ れ ド 前 お レ 包 に ア ー ー い ゃ が だ か ー る オ か ク ド け を が 部 け、 り た に で こ オ み 取 ン シ シ な ん 出 。 っ ツ 。 タ い 色 姿 撮 三 一 屋 カお 細 デ 比 ポ う タ 、 り ダ ョ ョ い の 来 こ た に こ ー い の に れ 十 杯 に メ尻 く ザ べ ー ﹂ ー 両 、 ー ー ー の 体 る の が シ れ ド 感 レ 十 ば 分 に 、 ラの 見 イ る ズ ド 肩 優 シ ツ ツ に が 。 状 、 ミ っ を じ オ 分 十 以 な カ 目ア せ ン と を っ ま 梨 ョ は を 。 感 況 彼 が て 脱 だ タ 満 分 上 る メ 線ッ て と セ 撮 て で 子 ー そ 眺 興 じ が が 付 ⋮ ぐ な ー 足 だ 続 と ラ でプ い 、 ク り す 引 の ツ の め 奮 て 何 興 い ⋮ と 。 ド し ろ け 、 の 見や て 股 シ 、 ご き 体 を ま た し い を 奮 て ﹂ 、 ど を た 。 て 一 シ つ股 、 間 ー 彼 く 上 に 穿 ま 奥 て る 意 し い パ れ 取 奥 今 い 旦 ャ め間 奥 か さ 女 新 げ 着 く 穿 治 チ ん 味 て る ン ど り 治 度 た パ ッ らの 治 ら は の 鮮 た せ か き だ ン だ し い 。 ス れ 出 は は 。 ソ タ れき の 腰 少 姿 な 後 て ら 直 が ポ 。 て る ト ﹂ し 、 新 コ ー たわ 気 に し を 感 、 ゆ だ し 、 が 俺 い 事 と た 紙 し ン 音 らど 持 掛 劣 カ じ 胸 く 。 た と 勃 、 る で ア 。 袋 い に だ たい ち け る メ が を 。 嬉 。 り 起 ま の 優 ン か レ 移 け ま部 て 感 す 綺 し 基 あ す だ か 梨 ダ ら し ら分 を の じ ラ る 麗 そ 本 え る 全 は 子 ー ま オ て がを 高 青 が に よ に う 的 ず の 然 、 の シ だ タ も 聞 な遠 ぶ い す 収 な 押 に に パ と 感 彼 体 ョ 優 ー う え い慮 ら ラ る め 。 し ピ 、 ン 同 じ 女 も ー 梨 ド 一 て だな せ イ の て こ 込 ン 彼 ス じ る の 性 ツ 子 の 度 い ろし た ン だ ゆ の ん ク 女 ト な よ 記 的 を が 番 撮 た うに 。 が が く 姿 だ 色 は だ の う 憶 に 引 着 だ り 。 な撮 彼 、 。 も 。 の レ け か な か 興 き た ﹂ 始 ぁ ﹂ 9

Views

Total views

208

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

3

Actions

Downloads

2

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×