Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Dannapossession

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

Dannapossession

  1. 1. 旦那の目の前で犯される私︵ ﹁ ︵ る 入 ︵ ﹁ ︵ ﹁ ﹁ 村 ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ 瞬 が 場 歳 キ る は っ ﹁あ し こ か っ 空 嘘 う 驚 ち 目 裕 え の 沖 そ だ 今 沖 紺 い 待 や お 体 沈 何 で 鎮 。 裕 ッ こ 裕 な た 新 新 裕と 、 れ の て 中 で 、 い ょ の 子 っ 体 村 れ か 日 村 色 や ち あ 、 を ん 度 親 男 お 子 チ と 子 い 。 築 婚 子は 信 で よ ゆ か し 嘘 た 、 前 は ! が は は ら こ 君 の 、 伏 。 沖 硬 で も し は 互 は ン が の 方 断 マ 生 は鞄 じ 完 う く ら ょ ⋮ だ ち に 目 ? 徐 手 ど い そ の ス そ せ 今 村 直 薄 断 い 小 い コ で 出 目 法 り ン 活 動 旦を ら 全 に 。 声 っ ⋮ ろ ょ 沖 を ﹂ 々 に う つ マ 家 ー う し 、 君 さ 暗 り 仲 さ に ン 、 来 の で き シ が 揺 那隠 れ に 動 同 が て で 。 っ 村 疑 に 持 か も ン は ツ い て 帰 ⋮ せ く 続 だ な 一 パ 目 な 前 、 れ ョ 始 し のせ な 見 き じ 聞 、 し 今 と の っ 透 っ な 断 シ 全 姿 う い る ⋮ た な け っ 歯 目 で に い に 強 な ン ま て 目ば い え 、 よ こ 俺 ょ 飲 ⋮ 姿 た け て ? っ ョ 然 。 訳 た と ﹂ 。 っ た た 科 惚 知 見 の い 引 か に っ い の俺 ⋮ な 鞄 う え の ﹂ ん ⋮ は 。 て い ﹂ て ン 違 右 じ の こ て あ 沖 を れ り え だ る に っ 招 て た 前が ⋮ く に に る 姿 だ 。 な お ゆ た い へ う 手 ゃ ? ろ い る 村 経 し 合 な 。 の マ た い 数 。 で何 。 な 入 ズ 。 は の お く そ く カ る 入 方 に な ﹂ ? た 日 が 営 、 っ い そ だ ン と て ヶ ま ボ そ プ 。 の し た れ が 言 く 犯処 こ っ っ 見 は 、 、 ら 。 で ら 向 は い ﹂ 結 付 相 シ 月 さ さに 、 た て ン し え 透 沖 服 く セ し せ で 鞄 ん 女 会 婚 て き 内 手 は 、 ョ う れ 。 か や て ル 性 社 い 塔 彼 そ の よ れい こ だ い な 明 村 だ 三 ょ て し を だ 後 合 と ン こ るる ん ろ っ カ 、 く 人 君 け 十 を 。 も ょ 、 ﹂ が 帰 も て い 鎮 会 が の へ は ﹂ ん ッ 服 口 一 り 、 男 あ 姿 、 と 私の な ? た な 間 ! が 秒 私 ら 。 左 言 始 話 入 なか こ ︶ 。 タ が っ に ? 浮 と に は お 私 手 人 。 い ど め と を る は り 彼 い 状分 と ー 自 た な ﹂ い は 含 も う に に で 裕 寄 ち て 結 し 薬 見 込 の う 況か っ シ 然 だ れ て 経 み う と 何 は 歩 子 っ ら 三 婚 て を え ん こ 職 にら て ャ に ろ る い っ 、 結 思 か 何 く と て か ヶ し い 使 な で と 場 なな ⋮ ツ 動 ? 薬 る て 水 婚 っ 用 や に 鎮 来 と 月 た る っ い 来 が の るい ⋮ 、 き ︶ な よ い も し て な ら は 男 て 言 と 。 の て 。 た ま 同 と︶ ﹂ そ 始 ん う な 飲 た さ の 怪 少 が い う い 二 で ︻ 裕 か だ 僚 は し め だ に い ま ん ﹂ ? し し 住 た と う 十 あ 透 子 ら 好 、 思 て た ︶ 見 だ ず だ ﹂ い 心 む の 裕 ス 五 っ 明 で だ き 沖 っ 下 。 え ろ に か 薬 細 新 だ 福 ピ 歳 た 人 な 。 だ 村 て 着 ス た う 喉 ら の く 築 。 。 ー の ︱ 間 く か 治 い や ー 。 。 に ダ よ 感 マ 幸 ド 裕 ︱ ︼ て ら 宮 な 靴 ツ 押 メ う じ ン せ 結 子 。 に も と ︵ か ま が し な な る シ な 婚 に な 、 言 お っ で 脱 込 の も 道 ョ 生 だ 対 っ 普 う き た も げ ん ﹂ の で ン 活 っ し て 通 わ む の が 、 だ を 声 に を た 、 い の け ら だ 、 地 。 手 を 続 手 鎮 る 人 で じ 。 ま 面 す 掛 く に 。 男 か 間 は ぐ る に る に け 細 入 は ら な な う で 置 と し ら い れ 三 。 ら い ︶ 意 か 、 て れ 道 た つ 裕 沖 。 を 思 れ ス い た は 裕 年 子 村 沖 断 作 を て ー た 裕 、 子 上 は の 村 り 持 い ツ 。 子 夕 だ の リ 姿 が 切 T っ た 姿 は 焼 が 二 ビ を 尋 れ i て 鞄 の 、 け 、 十 ン 捉 常 な r い に 沖 一 空 職 八 グ え で か a -1-
  2. 2. 旦那の目の前で犯される私 ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ︵ ﹁ ︵ ﹁ ︵ ﹁ ︵ ﹁ ︵ ﹁ よ ︵ ﹁ ︵ ﹁ ﹁ ︵ ﹁ ︵ ﹁ ︵ ﹁鎮 そ う ど お た 裕 は ピ だ 鎮 そ 帰 あ ピ だ そ な つ ダ だ 絶 い ダ 綺 そ ︶ 足 裕 ひ は そ 息 は そ 危 ダ い ち こ 不 き こ お 透男 っ 、 う 、 だ 子 、 ン 、 男 、 っ っ ン か れ 、 れ メ か 対 い メ 麗 、 が 子 っ は う が ぁ れ 険 、 い ょ の 意 ゃ こ 、 明は か う し お い は は ポ だ 君 そ て ⋮ ポ ら じ 何 な な ら に だ 。 な そ 速 の ! は 思 上 、 で を ダ さ 、 姿 に っ だ 沖 な裕 ﹂ ん た か ま や い ー か に ん き ⋮ ー ダ ゃ 考 い の 見 ば ろ お マ ん く 後 ﹂ 。 っ が は も 感 メ 、 ち な 後 ! よ 村 体子 。 ん え ﹂ む っ ン ら は な た ﹂ ン メ あ え こ っ つ れ 、 願 ン な て ろ 結 て っ ぁ 必 じ ッ 勝 ょ ら ろ ﹂ ︶ 君 にに ち だ り を ﹂ ⋮ 、 ⋮ み な 俺 て と 。 か る 旦 い シ ⋮ も か 構 い て 、 死 た ! 手 っ ば か っ な微 ょ ? な 得 ⋮ ま ⋮ た の に る 言 さ ら に 那 だ ョ ⋮ 、 ら 足 た 苦 は に の ﹂ に と 誰 ら 。 っ笑 っ 出 さ ず ﹂ る 。 い っ も の う っ な 決 に か ン ﹂ 女 沖 が の し ぁ 走 か 入 待 も 声 何 たみ と て い 玄 で 気 だ ﹂ そ よ な き い ま は ら だ 性 村 速 だ い ⋮ る 、 る っ 気 を 処 沖か ト く ﹂ 関 独 づ な の っ よ メ よ っ 見 出 な の の い が 。 ⋮ と 裕 か て づ 掛 に 村け イ る の り か ﹂ 幸 。 。 ー う て え て 。 裕 声 ん ︱ し ﹂ 、 子 ら よ か け い はる レ の 扉 言 れ せ 私 そ ル に る な 行 確 子 が だ ︱ か エ は ︶ 。 な ら る 歩と に が を を な を は う が す わ い っ か に 聞 な 。 し レ 慌 だ い れ の 道、 入 遅 開 言 い 少 今 だ 入 る 。 ん て 結 負 こ ︶ 、 ベ て か ︶ 、 ? の寝 っ か い っ よ し 、 、 っ っ 見 だ 。 婚 け え 沖 ー て ら 裕 ﹂ 横室 て っ た て う く 幸 逆 た て つ か も 相 る た 村 タ 走 と 子 にに い た 。 い に ら せ に の ︶ か ら う 手 は の か ー り い は ああ た じ る 帰 い な わ よ っ ︶ す は ず だ ら を 始 っ 驚 るる か ゃ よ っ 分 ん ざ 。 た ぐ 医 な 。 逃 使 め て い 、ク ら な う て け だ と も ら 鎮 者 い れ わ た マ た 生ロ ﹂ い に よ て か ば う 私 男 だ じ る ず 。 ン 。 いー か し 。 く ら れ す 達 が っ ゃ こ に 見 シ 茂ゼ ﹂ か 絶 れ っ る ぐ は 帰 た な と 五 え ョ っッ 聞 対 て ﹂ っ 鎮 ⋮ っ よ い が 階 な ン たト こ に も て 男 ⋮ て な か 出 に い に 草に え ダ い の が ﹂ く ︶ 。 来 あ 沖 は むス な メ い も 帰 る よ た る 村 入 らー い な じ い っ ん う 。 自 に れ のツ ぞ ん ゃ い て だ や 分 追 な 中を ﹂ だ な か く か く の い い に掛 か い も る ら マ 家 か わ 鞄け ら か し か ﹂ ン に け よ をに ﹂ ︶ れ ら シ 飛 ら ﹂ 隠行 な 早 ョ び れ しっ ン 込 て た い く にた な 出 入 ん い 。。 ︶ て る だ る 行 こ 。 よ っ と う て が で ﹂ 出 怖 来 い た 。 -2-
  3. 3. 旦那の目の前で犯される私 の ﹁ ︵ ﹁ え 優 ﹁ ︵ ﹁ ︵ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ け は 型 ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ て ﹁ ︵ ﹁ ︵ し ﹁ ︵ ﹁ ︵何 を 包 そ 折 お 後 た し 耳 ⋮ そ そ い や 肩 テ う そ ク 今 た な の 別 う そ い あ う 今 え ど き 不 き 俺 じ そ か 出 勝 折 お へも 見 丁 、 角 、 ろ 。 く 元 ⋮ う う い 、 に レ ん っ リ 日 裕 さ キ 段 ん っ い あ 、 日 っ う た 意 ゃ が 、 れ け 来 手 角 願 ぇ見 て を そ の お で 抱 で ⋮ 怒 い だ や 両 ビ 、 か ー は 子 そ ッ 、 ⋮ か よ 。 う の 、 し 。 に っ 見 じ に て る に 来 い ∼え 歯 動 ん 機 願 は き 囁 ⋮ る う ろ め 手 画 す 。 ム 何 は う チ 気 ⋮ 。 今 何 ん 夕 う た お ! て ろ し い だ 入 た よ 。な を か な 会 い 鎮 し い ﹂ な 問 。 て が 面 ぐ 早 シ ? 、 だ ン に ﹂ じ 日 か 。 食 う ? 尻 ﹂ い じ て た け っ ん 。 結い 食 し ⋮ な ⋮ 男 め た よ 題 旦 ⋮ 添 を に く チ ﹂ た 。 に す ゃ は 手 今 は ん ﹂ を る ろ も 。 小 て だ 今 構の い な ⋮ ん ⋮ が た 沖 。 じ 那 ⋮ え 見 用 食 ュ ど そ 背 る あ ﹂ 伝 か ? 。 撫 か 見 、 さ き か 日 イに し が ﹂ だ ﹂ テ 。 村 旦 ゃ は ﹂ ら な 意 べ ー た の を こ テ お ら ﹂ 何 で ど な そ な た ら は ケ、 ば ら 。 レ セ は 那 な テ れ が す た だ ど 様 向 と レ う 作 で 上 う い の 声 ん そ 帰 メ不 っ 小 楽 ビ ー 、 に い レ た ら る い け し 子 け な ビ か る も げ か で ジ で じ ん っ ン自 た 声 し を タ ま 声 で ビ 感 話 か な ど い を る く で ? 。 な ら 分 ﹂ ー 見 ゃ な て な然 。 で ま 見 ー な が し を 触 す ら ﹂ ﹂ 手 確 様 リ も ﹂ ち い れ か ン え な 風 ﹂ 旦に 話 せ て の 板 聞 ょ 見 。 鎮 ⋮ つ 認 に ビ 見 ょ の た ら ズ な い に 那乳 し て い 生 の こ っ て そ 男 ⋮ き し ソ ン て っ ﹂ 感 な 姿 い の 言 じ房 て も る 地 上 え ﹂ い し に っ で た フ グ る と 触 い は 沖 っ う ゃが い ら 。も が で る る て 答 ! 冷 後 ァ の よ 待 に く 相 村 ! な な動 た う し お 野 ぜ ん 、 え ﹂ 蔵 、 ー ソ ﹂ っ 、 せ 変 と ﹂ よ いい 裕 よ 男 腹 菜 ︶ だ 薄 た 庫 ラ が フ て 驚 に わ 話 ︶ かて 子 ︶ が に を 。 手 裕 か イ 置 ァ て い ! ら す ︶い は 家 貼 切 気 の 子 ら ト か ー ﹂ て ︶ ず 。る 、 に り る づ 白 は 野 ブ れ に 声 そ そ。 乳 入 付 裕 か い 、 菜 ラ て 腰 を そ れ最 房 り い 子 れ 長 ビ を ウ い 掛 あ ら が初 を 込 て の な 袖 ク 取 ン る け げ れ 分は 包 み い 背 い セ ン り の の た て る か上 ん 、妻 る 中 さ ー と 出 ジ で 鎮 し よ っ下 で 。 に ︶ タ 体 し ャ 、 男 ま な てに い の そ 密 ー を た ケ 夕 は っ ︶ い揺 る 体 し 着 に 震 。 ッ 食 、 た るれ セ を て す 包 わ ト の テ 。 の、 ー 触 、 る ま せ を 準 レ そ か次 タ ら 背 と れ た テ 備 ビ の 、に ー れ 中 、 た 。 ー を を 声 沖左 の て 全 お 背 ブ す 見 に 村右 生 い 体 腹 中 ル る 始 、 もか 地 る に に が 椅 裕 め 鎮 小ら が と 生 手 な 子 子 た 男 さ押 歪 知 暖 を ぞ の の 。 が なし に っ か 回 ら 背 姿 ち 寝 声つ 動 た い し れ も を ょ 室 でぶ き ら 感 後 て た 見 う か 裕さ 始 ︱ 触 ろ ゆ れ る ど ら 子れ め ︱ を か く に こ 対 戻 にる た 。 覚 ら 。 掛 と 面 っ 話 -3-
  4. 4. 旦那の目の前で犯される私﹁ ﹁ ﹁ る 上 ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ー 振 ﹁ ︵ て れ ﹁ ︵ ん ー ︵ を た 自 ﹁ ︵ よま そ 最 や よ ど か テ そ お テ う も ご あ 出 ム そ 異 裕 り セ ⋮ 感 取 ぞ 一 っ 生 煮 そ そ 乳 だ タ U へ 揉 野 。 分 ま ⋮ ど うあ う 近 や う う ら ー う そ ー う っ め あ 来 シ ん 様 子 ほ ー ⋮ じ れ れ 度 ⋮ 暖 立 れ の 首 指 ー 首 へ み 菜 の た ⋮ う にね な は 緊 だ や 太 ブ 思 ら ブ ん と ん 。 た チ な に は ど タ ⋮ て た の 襟 ⋮ か っ で 言 、 が の に へ 続 や 妻 包 ⋮ し 寄。 ん 老 張 。 ら も ル っ く ル 。 簡 ね 今 よ ュ 状 盛 鎮 い ー ⋮ る 。 乳 元 。 い た も 葉 勃 、 上 な ⋮ け 肉 が 丁 ⋮ た せそ だ 人 し 後 沖 も の て 、 を そ 単 、 日 、 ー 況 り 男 た の ﹂ ん 房 か ふ 掌 鍋 裕 に っ 固 か っ ⋮ て を 悪 を ﹂ ? られ 。 が た ろ 村 を 下 い 目 挟 ん な シ は 鎮 と が 上 に り 中 だ を ら っ で に 子 、 て く ら て ︶ い 切 戯 持 旦 れで で 多 趣 か は 擦 で た の ん な 料 チ 遅 男 小 し が 気 す で ろ 揉 抜 ﹂ 乳 食 は 裕 る 勃 胸 い る り さ つ 那 るも も く で ら 狭 ら 、 の 前 で 事 理 ュ か ﹂ 皿 ば る づ る ブ ? み け 房 材 夕 子 な 起 を る 。 終 れ 手 が 。ま 入 て 、 手 い れ お だ に 対 な で ー っ に ら セ か の ラ も 始 出 を を 食 は ︶ し 押 セ 激 わ て が 夕 そだ れ さ 鎮 を テ る 腹 が 旦 面 い も を た 入 く ー れ だ ジ っ め た 揉 入 を 無 た さ ー し り い 動 食 の生 歯 。 男 回 ー 。 に ︱ 那 で け 構 煮 な っ 続 タ た が ャ と る 見 ま れ 作 言 乳 え タ く 、 る き を 異き の 結 と し ブ 圧 ︱ が 座 ど わ 込 ﹂ た い ー く 、 ー 声 。 え れ 、灰 り で 首 た ー 乳 鍋 事 始 待 様て 人 構 た 、 ル 迫 。 い っ ね な む ち た に な 鎮 が を 指 な る 汁 続 顔 を 裕 の 房 を に め っ ない が 時 わ お の 感 る た ﹂ い の ょ 後 、 い 男 捲 出 の い 。 を け を 弄 子 襟 を 出 気 た て 光る 多 間 い 腹 下 を の 二 よ に っ 、 裕 の が り し 形 手 そ 取 な 赤 っ 。 元 揺 し づ 。 い 景歯 い が も や に 覚 で 人 。 時 と よ 子 だ い 上 て が が し り け ら て し が す て か 胸 る にが ん 掛 な 太 は え 手 が 大 間 し う の 。 る げ も セ 、 て な れ め い か 不 ら 煮 な を ん 包あ じ か い も 入 た を 夕 変 が た や 額 愛 状 ら い ー セ 、 が ば た る し 意 れ 込 い 弄 だ 丁る ゃ る 話 も ら 。 出 食 だ か お く か す 況 れ い タ ー ま ら な 。 。 、 に る む 鎮 る ぞ をか な ん を を ず ち し を ろ か か 夕 ら る で 、 ん ー タ た ル ら セ そ 引 と 準 男 、 ︶ 握ら い だ す 触 に ょ て 始 ﹂ っ ず 食 汗 夫 は 直 だ の ー 乳 ー な ー の っ 、 備 は 見 るし の ﹂ る っ 、 う こ め た が の が の 抵 接 ぜ 生 の 首 を か タ 動 張 裕 を 、 え 手っ ? 。 て 裕 ど な た の 並 準 滲 前 抗 乳 ︶ 地 裾 を 入 っ ー き ら 子 始 ず な がか ﹂ い 子 鎮 い 。 ﹂ ん 備 み で で 首 に か 弄 れ た が は れ の め っ い 止り る が 男 の 今 で が 出 悪 き を 浮 ら ら る 。 異 止 、 口 た と 手 まと の 座 か だ は い 完 た 戯 な 摘 か 入 れ 表 様 め 見 か 彼 テ に っ治 だ っ ら ろ 体 る 了 。 さ い ま び り る 情 に ら え ら 女 レ 不 た療 ろ て は う を 。 し れ 。 れ 上 込 。 は 盛 れ な ﹁ の ビ 快 。し う い 見 。 触 た て る が ん 険 り な い う 背 の 感て 。 る え ら 。 い 。 り だ し 上 か 手 っ 後 ニ をあ 椅 な れ キ る 電 、 。 く が っ が 、 に ュ 抱げ 子 い て ッ 体 車 中 両 も り た 入 う 居 ー きな の 角 い チ を で で 手 あ 、 。 り っ 座 ス つ 後 度 る ン 。 痴 執 が り そ ブ 込 ﹂ る 番 つい ろ 。 テ 漢 拗 ブ ラ ん 沖 組と と 、艶 の と 夕 に そ ー に に ラ 生 ジ で 小 村 を 食﹂ し の 言 ブ 遭 揉 ジ や 地 ャ き さ は 見 の ゃ 後 う ル っ ん ャ か が ー た な 、 て 準 が 、 感 の た で ー で 蠢 の 。 声 ひ い 備 み ジ 覚 上 時 い の も い 中 と が た る を こ ー が に は る 上 あ て に っ 漏 す だ 続 ん ン な は 強 の か っ い 忍 さ れ ら け け で ズ い ク 引 が ら た る び に た 乳 だ る い の 。 リ に 見 そ 。 。 込 セ 。 房 っ 。 -4-
  5. 5. 旦那の目の前で犯される私 ︵ 辺 の ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ 指 肉 ︵ 生 ぞ た て ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ そ ﹁ ﹁ ﹁い だ り そ 中 か う 今 う ⋮ ⋮ ど わ ん し 目 の 棒 陰 足 裕 ま そ 暖 陰 そ と 白 外 、 裕 う 下 え ん え そ う え や し お 分 親 そつ 、 を の に す ん 日 う ⋮ ⋮ う 、 ん 、 の 動 を 唇 を 子 さ 、 か 毛 の 蠢 い さ 太 子 、 に っ ? っ う 、 ? だ て 腹 か 知 うの だ 執 様 潜 か 。 の ん 何 う し 私 ? 鎮 前 き 求 に 閉 は か そ い が 動 く パ れ も は う 何 ? ﹂ 、 か う ﹂ ⋮ 、 を ら ら よ間 め 拗 子 り に あ 裕 。 か 、 た ⋮ ﹂ 男 に を め 割 じ 動 そ ん も 不 き 。 ン た も 慌 う か ﹂ う 。 う ⋮ 裕 締 な ず ねに っ に は 込 微 り 子 そ 心 う ん ⋮ ⋮ 、 滑 て り て 揺 こ な の 自 は テ ジ に て ん あ 、 後 ん ﹂ 子 め い と 。か ! 刺 ジ み 笑 が は ん 配 う だ ﹂ ⋮ 夫 ら 愛 込 い を ま ⋮ が 然 更 ィ ー も て っ る う で 。 が 付 け か 私足 そ 激 ー 、 ん と 少 な 事 ん ? ﹂ で か 液 む て 隠 で ⋮ 割 に に と ン 力 顔 。 の ん 診 な 見 け ど ? もの ん す パ 陰 だ ⋮ し 事 で 。 ﹂ あ に を 沖 も そ す い り 揺 下 下 ズ を を な か 。 て ん て て 。 ﹂ 奥指 な る ン 唇 裕 ⋮ お な も 何 る す 膣 村 無 う る や 込 れ へ 腹 の 入 上 ん ? で や で い い 歯 歯に に 。 の の 子 ﹂ か い あ で 鎮 る か の 意 と な っ ん 動 と 部 ボ れ げ で ﹂ も ろ も る た 茎 が力 し 異 中 の し よ る も 男 。 ら 指 味 、 ん ! で き 広 の タ て 、 も ま う な 前 ジ と 少が た 様 に 瞳 い ﹂ の な が 分 の だ 自 て ︶ き 、 が 間 ン 必 首 な た か い で ー 言 し入 ら な あ は な か い い 泌 腹 っ ら ︱ た 掻 っ に と 死 を い 今 ? ﹂ フ ン う 痛り っ 膨 る 潤 。 ? の る さ が た 話 ︱ 。 き た 隙 下 に か の 度 ﹂ ァ ズ よ む、 。 ら 膣 ん 何 ﹂ ﹂ に せ ク 。 題 。 分 。 間 ろ 股 し ﹂ に ス が り かか 鎮 み 口 で か も 、 リ を け が さ を げ ⋮ ナ 緩 は らか 男 で に い 悩 拘 そ ト 振 ら 現 れ 閉 て ⋮ ー ん 奥 治と が 分 め た み ら の リ っ れ れ た じ い ﹂ が だ 歯 療を い か り 。 事 ず 粘 ス た る た フ た る ゆ 気 ⋮ し浮 る っ 込 こ が 、 り を 。 。 。 ァ 。 鎮 っ が ⋮ てか の た ん う あ 別 気 刺 そ そ 薄 ス 男 く し か もせ に 。 で し る の の 激 の れ い ナ に り た な らて ⋮ そ ゆ て な 男 あ す 間 で パ ー 苦 と 。俯 ﹂ おし ⋮ し く 離 ら に る る に も ン 。 笑 下 い うま 声 て 。 し 、 秘 愛 。 も 裕 テ ジ い ろ て かう が 、 て 何 部 液 先 、 子 ィ ー し さ み な。 出 生 い で を が ほ 見 は の ン た れ る ﹂ ち 暖 る も 弄 陰 ど え 平 生 ズ 。 て と ゃ か 間 俺 ら 唇 ま な 静 地 の ス し 、ジ う い に に れ に で い を に 生 プ ま っ 膣 も 相 て 広 胸 手 装 手 地 ー っ ー ︶ に 、 談 い が を が っ の が ン た ン 侵 見 し る り 弄 裕 て 形 左 を の ズ 入 え の 、 ら 子 い が 右 持 の し な て ク れ た 浮 に つ だ ボ く だ の 。 た い リ て 股 の か 開 手 タ 指 指 れ 。 ト い 間 だ び き に ン が が よ リ た を が 上 、 力 が G 更 ﹂ ス 体 弄 、 が 中 が 外 ス に を が ん 陰 り に 入 れ ポ パ 刺 、 で 唇 、 穿 る て ッ ン 激 男 い の も い 。 い ト テ す 性 る 間 ぞ て そ る の ィ る の 。 に も い し 。 -5-
  6. 6. 旦那の目の前で犯される私﹁ ﹁ た て て ︵ ︵ あ 忍 ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ビ れ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ︵ そ いう い ︱ そ い い 裕 風 感 し ま り 沖 び い う え お 俺 え 今 そ 疲 う だ う 裕 ク 右 両 て 水 き そ そ 水 え 水 あ う 感 な 次ん い ︱ の っ る 子 呂 触 っ あ 、 村 込 つ ん っ 願 が っ 日 、 れ 、 、 っ 子 ン 手 足 い が 、 う 、 が っ が っ だ じ が 第﹂ 湯 。 様 た 体 の に が と い 悪 も ま も ﹂ ⋮ い 後 。 は そ て う 大 。 ? 、 に が る 滴 気 か そ 滴 ⋮ 漏 、 っ て ら に だ 子 。 を 耳 は 分 り い 戯 そ れ 二 ⋮ 。 片 う 早 う い ん 丈 ⋮ ﹂ ビ ス 宙 。 っ の ? う る ⋮ れ や た し も 激 っ を 悟 元 入 か と 。 す れ 、 人 。 今 付 、 め か る ﹂ 夫 ⋮ ク プ に そ て せ お ? 音 ﹂ て だ 。 ま 、 し た じ ら で れ っ 濡 別 る を 悪 で あ 日 け う に な ん か な ン ー 浮 の い い か 私 が い っ っ 次 く な っ れ そ な た れ に 事 狙 戯 入 、 も し う 風 ⋮ じ ? 、 と ン き 羞 る じ し に 聞 る 。 て 第 な ﹂ と な っ い の た バ は っ さ っ あ 一 て ん 呂 ⋮ ゃ ﹂ 何 体 を 、 恥 の ゃ い は こ ん 中 い に る 眺 い と が だ 股 ス 難 て れ て あ 緒 お 。 に ﹂ な ? を 握 全 心 で な な 聞 え じ で る 息 指 め よ 呟 、 ろ 間 ル し い る い 。 に い で 入 い ﹂ 震 り 身 が は い ﹂ こ る ゃ そ の が の て う い お う か ー い た と る 分 入 て も っ か わ 締 に 、 な ? え ん な ん だ 乱 動 い に た 楽 。 ら ム 。 の 思 の か り や 私 て ? せ め 力 一 く ﹂ な だ い な 。 れ き た 食 沖 し 裕 透 で だ っ だ っ た る 、 寝 目 る た が 気 、 い け か に 見 て は 沖 事 村 み 子 明 な が て が た い か 鎮 た が と ま 篭 に 愛 け ど ? 押 え ゆ 、 村 を は は は な く 、 い 、 よ ﹂ ら 男 ほ 充 無 ま る 裕 液 ど ﹂ ﹂ さ な く 膣 は 済 気 こ 唇 手 て さ る 今 。 ﹂﹂ と う 血 言 、左 。 子 で ﹂ な い 。 内 冷 ま 配 れ を を も す の 日 じ 一 が し で 手 を 濡 い 沖 か 蔵 せ を か き 引 ⋮ が だ は ゃ 緒 い て オ で オ れ で 村 ら 庫 る 消 ら ゅ き ⋮ に ろ や あ に い る ー 口 ー た ⋮ の ニ を と し さ っ 抜 ︶ マ う け 一 お ん し ガ を ガ 膣 ⋮ い チ 開 、 た ︶ と い ン 。 に 緒 風 じ ﹂ ズ 押 ズ が ︶ や ャ け 鎮 。 閉 た シ 積 に 呂 ゃ ム さ ム 音 ら ニ る 男 慌 め 沖 ョ 極 片 に な に え へ を し チ と と て 、 村 ン 的 付 入 い 達 て と 鳴 い ャ 、 共 て 指 が の に け り か し 喘 導 ら 指 と 中 に ジ が 、 バ 入 て た ? た ぎ い し に い に 片 ー 口 そ ス り 風 い ﹂ ︱ 声 た て 。 や 入 付 ン に の ル た 呂 の ︱ が 。 い こ ら っ け ズ 入 指 ー が に ﹂ 。 漏 る の し て を を る を ム る 入 れ の 状 い い 終 元 の 裕 に 。 ろ る だ 況 音 た え に を 子 大 裕 う の 。 で を ワ 、 戻 防 の 人 子 か を い オ 奏 イ 仲 し い 唇 が 一 必 や ー で ン 良 た 三 人 ﹂ ら ガ 始 だ に 死 を く 裕 そ 人 で で し ズ め 見 バ 子 。 っ も 入 い ム て て ス は 入 れ 我 音 に い と 慢 ニ ル 、 触 る ば し を 達 た ヤ ー ま れ に 必 た 鎮 し 。 リ ム だ さ は ず 裕 男 て 平 と に 火 せ 無 沖 子 に し 静 笑 入 照 た 理 村 は 聞 ま を っ っ っ 。 が に 、 か い 装 -6-
  7. 7. 旦那の目の前で犯される私 ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ャ ﹁ ︵ ﹁ ︵ ﹁ ︵ ﹁ ︵ ﹁ ︵ ︵ つ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁そ は ご な う ⋮ だ ⋮ 裕 で 休 鎮 ⋮ で た ワ あ ん あ 終 マ 不 う 逆 だ い い 冷 裕 ⋮ ア ⋮ ビ 急 お か 白 ふ ど 鎮 付 そ そ 多 裕う は 、 に 、 ⋮ 、 ⋮ 子 、 み 男 ⋮ も 、 イ 、 ん っ わ 越 意 っ ら 、 い 、 蔵 子 ⋮ ル ⋮ ー に い の い ふ う 男 き う う 分 子言 は ご ? う そ だ 今 は で の に そ 明 た ン 後 ? ⋮ っ し に ﹂ っ だ か 嫌 庫 は ⋮ コ う ル 耳 ︶ 間 パ 、 し 、 合 ね か 定 、っ 、 め ﹂ ん う っ 日 両 も 日 は 、 日 ま ? で ﹂ ⋮ た に 後 た っ ら よ に 答 ⋮ ー ん を 元 の ジ あ て 家 っ 。 。 時 明て 構 ん 。 だ て ? 手 ⋮ に 見 そ 仕 に ど 一 う よ で ろ ら て 飲 。 ワ え ﹂ ル ﹂ 飲 で 時 ャ り も で て 最 た で 日裕 わ ね 鎮 な ⋮ ﹂ を ⋮ 飲 え う 事 は う 緒 ん ﹂ も か ど あ ま ど イ な に ん 囁 間 マ が 食 食 い 近 ま 帰 は子 な ⋮ 男 ぁ ⋮ 後 。 も な だ が い し に 。 冷 ら う の せ う ン か 弱 で か 。 に と べ べ た は に れ 残の い ⋮ 、 。 。 ろ 私 う い ね あ い て ワ ね た 胸 な ワ ろ し が っ い い れ そ 着 ! 過 る 頃 外 は る 業頭 よ 。 あ そ 外 に 、 。 と ﹂ る で 今 イ 、 く を る イ よ て あ た ん な 、 れ 替 ﹂ ぎ よ は 食 外 と にを 。 わ の こ 食 回 今 そ こ し し 日 ン ね 感 掴 か ン 。 そ る 。髪 だ か 体 を え る う 毎 な 食 思 な軽 た が ⋮ ま の し 日 れ ろ な ょ ? を え じ ま ⋮ は リ ん だ の な っ が 裕 た ん に 週 ん し う るく ま ま ⋮ で 話 、 飲 な 、 。 ﹂ ﹂ 飲 鎮 る れ ⋮ 記 ビ な ろ 毛 ︶ た ビ 子 裕 だ な の て た け のな に ま ﹂ 言 を 中 み ら 白 一 も 男 。 た ︶ 念 ン 事 。 を が ク は 子 よ っ よ 全 い ど かで は 言 う し に た い い 杯 う ﹂ 。 日 グ ﹂ あ 乾 、 ン 思 が 。 て う 然 も ﹂ ?た そ っ な て 入 い い パ 飲 よ ま に の れ か 旦 と い 鎮 裕 太 に し ん ﹂鎮 う て ら い り の よ ジ ん ﹂ だ 飲 ソ を す 那 震 知 男 子 っ 外 て だ男 や ﹂ 、 た 込 ﹂ ﹂ ャ だ 風 む フ 飲 た は え ら と が た 食 い なは っ 少 ら ん マ だ 呂 た ァ ま め 酒 た さ 共 作 ん し な ﹂、 て し と だ の け か め ー せ に を 。 れ に る じ て いリ わ だ て 透 ズ で ら に で ろ 洗 飲 た リ 料 ゃ い しビ が け も 明 ボ 酔 上 ⋮ な ︶ 面 ま 。 ビ 理 な た ﹂ン ま 飲 飲 な ン っ が ⋮ ︶ 台 な ン が い のグ ま も み 手 の ち っ ﹂ に い グ 上 ? にの 言 う た を 後 ゃ た 戻 の に 手 ﹂ なソ っ か く 動 ろ う ば っ か 現 い ﹂フ て ﹂ な か が か か た ? れ かァ く っ な 引 ら り 鎮 ︶ た らー れ た い か ﹂ の 男 。 ﹂に る か よ れ 温 を バ座 方 ら う 、 か 見 スっ が 。 に 見 い て ルた 嬉 だ 押 え 体 、ギ ー。 し め さ な に ム後 え い は ュ のろ い ? 、 ッ 中に ん ﹂ つ 手 そ と だ沖 だ け が の 歯 け村 ﹂ た 入 手 を がが 。 っ の 食 気い て 感 い をる き 覚 し 許事 た が ば せに 。 パ る た全 ジ 。 、 -7-
  8. 8. 旦那の目の前で犯される私 ﹁ ﹁ れ 割 ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ っ 沖 っ で 裕 ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ む レ ﹁ ﹁ ろ ﹁ ﹁ ﹁ て く感 風 今 ど ど て れ 裕 ま と 女 そ ⋮ 嫌 う あ 張 パ 村 鎮 て ま ほ 子 二 う 俺 そ 珍 え 何 鎮 ビ コ う 乾 裕 に 大 う あ チ い キ 気じ 呂 、 ん ん い 目 子 あ い 性 う ⋮ い う ま り ジ の 男 し た と の 口 ん で 、 し っ か 男 に ル ん 杯 子 沖 き ん あ ー る ッ づた 上 こ な な る を は ⋮ う は な そ な ん り 上 ャ 手 に ま 鎮 ん 太 ほ 、 相 そ い ﹂ 嫌 。 は ク ⋮ し の 村 目 ﹂ 、 ズ 鎮 チ かく り こ っ 男 か 左 時 ⋮ こ み ん う 奴 。 会 げ マ は 助 え 男 ど も ど あ 談 う か な 裕 、 を ⋮ よ 座 が の い し 男 ン ずな 、 で て 性 に 右 折 ね と ん だ ね が そ 社 始 の 鎮 け ば が 分 も 飲 り に か ら 事 子 ト 抜 ﹂ う っ 座 ソ い か の で にい 洗 私 ⋮ な 見 に 、 ﹂ は な 。 。 い ん は め 裾 男 て 沖 ワ か に ん が 乗 な 。 で は レ き か て っ フ よ 無 元 ワ 。の 濯 の ⋮ ん え 割 足 、 親 そ あ る な 楽 た に が ほ 村 イ ら は だ と れ ﹂ 今 も そ ン 、 ﹂ い て ァ そ か に イに 仕 体 ﹂ だ た い を 男 し れ ま と こ し 。 隠 い し に ン な 沖 だ ﹂ る 日 あ の ド グ る い ー れ っ 歩 ン、 立 を ? 。 て も 性 く っ り か と く 傍 れ る い 体 を い 村 け の の っ 様 ド ラ 周 る 。 で た い グ感 て 弄 ﹂ そ い じ か 付 て 好 ﹂ な な か て 目 と を 口 が の な な 裕 た 子 ラ ス り か 若 ﹂ け た ラじ の ん れ る も ﹂ き 男 き い い ら 見 の い 弄 に 、 い の ら 子 の を マ に が ら 干 ど 。 スて 綺 で で 。 じ 合 性 で け の は え 前 う ら し 裕 や に 何 が か 見 が 注 少 だ 緊 ﹂ そ とし 麗 い 裕 そ さ っ ? な ど か 、 な で 気 れ て 子 ら 、す で ﹂ ? な 流 ぎ し 。 張 の 冷ま な る 子 の せ て そ い ﹂ ? 生 い 裕 持 て い は し で も ﹂ が れ 込 へ 深 し 後 蔵う パ 男 は 割 な る れ 人 ﹂ 地 股 子 ち い る そ い に 話 ら て ま こ く た ろ 庫体 ン な 何 れ が よ と も が 間 の と る 。 の 手 顔 し 、 い れ ん 腰 趣 か で。 テ の と 目 ら 。 も い 勝 。 体 、気 事 出 手 が が て ワ る た で 掛 で ら 冷鎮 ィ っ か が 言 女 女 る 手 そ を づ に 来 の 這 赤 く イ 。 赤 い け 鎮 透 や男 に ! 平 上 葉 友 性 け に の 弄 か 気 れ 重 い く れ ン そ い る た 男 明 しに 愛 と 静 か を 達 ? ど 股 裾 ん れ づ ば み 回 な よ を れ ワ 様 沖 の 人 て申 液 言 を ら 返 の ﹂ ﹂ 間 に で た か そ と っ り 。 口 を イ に 村 隣 間 いし が い 装 下 し 間 に 入 い く れ れ 動 て 始 夫 に 見 ン 見 の に に た訳 に た っ に た で 食 り た な な 以 き い め 婦 し な 。 え 股 少 な ワな じ か て 、 。 は い 込 。 い く 上 を る て な た が 二 る の し っ イい み っ い ま ズ 嫌 込 ん と て 飲 感 。 い ん 。 ら 人 が 間 離 て ン気 始 た た た ボ な み だ い 済 ん じ パ る だ 少 は 、 に れ い 、持 め 。 。 下 ン 思 、 沖 う む で て ジ 鎮 か し そ 鎮 納 て る チち 、 か と い 割 村 気 。 ほ い ャ 男 ら だ れ 男 ま 座 沖 ーで シ ら パ を れ の 持 し た マ の ﹂ け を は っ っ 村 ズい ミ 上 ン し 目 手 ち く 。 の 笑 チ 持 気 て た が をっ が に テ た を が が な 生 顔 ー っ づ い 。 付 用ぱ 出 広 ィ こ 形 、 交 か 地 に ズ て い る 幾 い 意い 来 が の と 成 パ 差 っ が 安 を 乾 て 。 分 て しの る る 生 し ジ し た 太 ら か 杯 い 浅 た裕 様 地 が ャ 。 も じ し く ゆ 裕 。 な て て ぎ な く子 は が ゆ マ い い も を り た 座 子だ 、 完 い く の や に 、 。 か っ 。 がが ま 全 の ズ た 、 張 感 ま 目 っ て ソ ﹂ よ 。そ じ た、 る に う ボ 逆 付 た た の い フパ で 食 に ン の に い ワ 前 。 る ァジ 指 い 見 を 間 飲 て 。し イ に の ーャ に 込 え 軽 に ん い か ン あ は にマ 弄 ん る く も で る し を る 、 座の ら で 。 引 、 眠 の 、 飲 テ 後 っ -8-
  9. 9. 旦那の目の前で犯される私 ﹁ 押 ﹁ っ る 伸 ﹁ ︵ ﹁ ︵ ﹁ ︵ こ ﹁ あ ﹁ と ﹁ ﹁ ﹁ ろ 揉 か ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ て 感 裾裕 今 は し 乳 や て 横 事 必 び 股 や そ そ こ や ど と パ ん 自 と 密 や 感 指 鎮 異 グ う セ な ゆ ま ら そ あ よ 会 会 い じ 今 に子 度 ぁ 寄 房 だ も に を 死 て 間 っ ん ん ん 、 う は ジ っ 分 一 か だ じ の 男 様 ラ 、 ク 目 っ れ 見 れ 、 く 社 社 る さ ま 隠は は 、 せ が ⋮ 、 は 認 で ね の ! な な な や だ 出 ャ 、 の 分 に ⋮ た 腹 ⋮ に ス う ハ を く 始 え ど あ あ ⋮ で 訳 せ で れ上 勃 は て 数 ⋮ 見 鎮 識 見 じ 盛 ち に こ に め い 来 マ あ 妻 も 動 ⋮ 沖 で ⋮ 重 に ん ラ し り め な こ あ る ⋮ セ で る 食 た半 起 ぁ き 箇 ん え 男 し え れ り ょ 乳 と ぐ て ? な の っ が 経 い ん 村 ク ぁ く 入 ﹂ さ て と た い ろ 。 じ で ク は よ い と身 し 。 た 所 ん な が て な 始 上 っ 首 あ ち 。 旦 い 生 。 目 た て っ は リ っ な っ れ い 胸 の 反 で そ ゃ ? ハ な う 込 こを た あ 。 へ っ い 寝 い い め が ⋮ が る ゃ も 那 。 地 い の な い ﹂ 、 ト 。 っ て て る を だ 対 は う な ﹂ ラ か 、 ん ろ反 乳 っ こ 。 足 て た 腕 た り ⋮ 気 は ぐ う の 鎮 越 や 前 い た 足 リ は た い い 鎮 揉 。 側 な ね い さ っ 歪 で でら 首 あ み う が い 。 を 。 が ん 持 ず ち 許 前 男 し っ で う ズ を ス ぁ 瞼 た る 男 む の く ﹂ か れ た に い ズし が ん 、 っ 絡 る 掴 消 く ち が ゃ し で に に ⋮ 悪 ち ボ 絡 を ⋮ を ワ の に 動 裾 、 。 て 。 動 た ボな 乳 っ そ ⋮ ま 。 ん え っ い ⋮ に て 弄 視 乳 ⋮ 戯 に ン め 弄 ⋮ 必 イ な 気 作 が 目 後 い い 生 ンが 房 。 し ⋮ っ 俯 で 、 ! い ⋮ 濡 ﹂ ら 線 首 は さ 眠 の て ら ﹂ 死 ン ら づ は 少 の ろ る て 地 のら の ん て は て く 引 パ ﹂ の あ ら れ を を ぁ れ り 生 大 れ に を ⋮ け 、 し 前 か と い が 中、 中 っ 不 ぁ い と き ジ か っ し る 移 弄 、 て に 地 き 、 こ ほ ⋮ る よ 捲 で ら か た 内 にそ に ⋮ 規 。 て 見 離 ャ ? 、 な の す る は い つ が く 片 じ と は は く れ ク 肩 ﹂ 。 側 入の め ⋮ 則 あ 閉 え そ マ じ あ が は と 手 ぁ る い 激 開 側 開 ん ぁ ず 観 て リ を 閉 か り執 り ん に っ じ な う が ゃ は ら 。 、 と 。 に て し か の け ど 。 が 察 、 ト 叩 じ ら 込拗 込 ん 動 ⋮ ら い と 自 あ ぁ 何 随 も 、 ん も し さ せ 乳 よ 飲 俺 な し 中 リ か て 膨 んな み っ い ⋮ れ 手 す 然 乳 ﹂ 言 分 う 股 ん 関 ま を た 首 う み が か な に ス れ い れ で前 、 ﹂ て あ な に る に 首 っ と 瞼 間 っ わ い 増 。 を と 干 助 っ け 手 を た た 上 き戯 そ い っ い 弄 が 捲 を て 興 を に ﹂ ら そ す 執 頑 し け た れ が 弄 り 足 が たに の る 。 。 ら 、 り 重 る 奮 閉 忍 ず う 。い 拗 張 て て 。 ば 入 ら 、 が り 手耐 ま 。 あ れ そ あ 点 ん し じ び 、 な や に っ し や 思 分 り れ 不 微 、 がえ ま 絞 ん 、 の が 的 だ て て 込 睡 鎮 ら 摘 て ま る わ か 込 、 意 妙 数 更つ ぐ る っ 勃 異 る に よ い し ん 魔 男 し ま い っ か ず ら ん 膣 に に 本 にづ り よ ﹂ 起 様 。 弄 。 る ま だ に の い れ る た ら 、 な で に お 開 の 体け ぐ う し な そ っ 俺 よ っ 手 負 耳 音 て 。 鎮 ⋮ 切 い き 指 尻 い 指 をた り に て 光 し て に う て を け に が い 男 ⋮ な 。 た を を て の 感。 と 摘 い 景 て や も だ い 掴 眠 は 蠢 る は な い す 。 入 触 い 形 じ 回 ま る に ブ る っ け た む り 届 く 。 、 ﹂ 声 で そ れ ら る が さ さ れ 乳 不 ラ よ と ど 。 。 に い 生 も 今 を に し ら れ 。 浮 せ れ た 首 覚 ジ ︶ 弄 ︶ し つ て 地 う に 出 酔 て れ た そ か た る 乳 が に ャ っ か こ い の 鎮 も し い 、 て り れ び 。 。 首 あ も ー し う 中 男 眠 が ブ い は あ か る 興 が て 、 な の て 回 ラ る と 、 が ら 。 奮 ず 欲 そ と か か 意 っ し り ジ の か 沖 る 驚 足 し り し の し っ ら 識 て ま 、 ャ だ ﹂ 村 。 く を て 上 い 動 て た 聞 が し い 話 ー 。 が そ ほ 閉 い が ん き い 。 こ ほ ま そ を の 更 強 の ど じ る り だ を る え と い う し 上 に 引 形 の よ 自 、 ろ 制 の て ん そ だ な か は に は 快 う 分 乳 ︶ 止 だ い ど う 。 が ら 、 開 裕 感 と が 首 す 。 る な だ ら 胸 鎮 か 子 が 思 い が る が い 。 虚 を 男 せ を 、 -9-
  10. 10. 旦那の目の前で犯される私 ﹁ に ﹁ ﹁ て ﹁ の う に ﹁ そ 付 ﹁ ﹁ ︵ ﹁ ︵ は ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ﹁ ︵ ﹁ ︵ ﹁ ︵ ︵ ﹁ ︵自 は 上 生 ふ 抵 体 い し い 勃 ん か だ 寝 抵 頭 ん こ け ブ ダ だ そ 不 き あ な さ 頭 ⋮ ⋮ あ ご し う こ そ せ い こ ま 欲 は そ然 っ 半 暖 ぁ 抗 に ⋮ ま や 起 ぁ と ろ 息 抗 を っ か ら ラ ブ 、 し 意 ゃ の 、 あ が ⋮ ⋮ ⋮ め 、 う ん 、 っ 、 れ た し ぁ ろに ⋮ 身 か ぁ し か ⋮ う ら し ぁ 慰 う を す 左 ⋮ ら れ ジ ル だ て に っ 状 何 。 回 ﹂ そ ⋮ ん 鎮 ん な そ か い は パ い 、 そ陰 ⋮ を い っ よ か や の し た ⋮ め 。 立 る 右 ⋮ チ な ャ ベ め 、 体 ! 態 言 俺 っ う う な 男 ⋮ に ん く や す ジ な は ろ唇 あ 反 感 ! う る ぁ だ い 乳 ⋮ て 一 て 力 に ん ュ が ー ッ ⋮ そ が ﹂ じ っ た て だ う 。 ﹂ ⋮ 濡 な だ ⋮ ご ャ ら ぁ 欲が ﹂ ら 触 。 と 重 ﹂ っ 胸 首 。 く 人 て が 振 ん パ ら は ド ⋮ の 持 ゃ て ち い な ん 何 。 ら 。 か ⋮ い マ 入 。 し開 せ に や し み た の は ん れ で い ほ っ っ チ 、 ベ で ﹂ ま ち 、 る も な 。 。 の あ し 私 ら ん な の れ ん くき 、 ク っ た が 。 動 伸 っ る オ る と て 。 ュ 全 ッ 鎮 ま 上 居 の 寝 い 前 い 話 あ て 、 寝 っ 、 股 て ふ な、 シ リ ⋮ が な き び 、 だ ナ 鎮 ん 、 ぁ パ 身 ド 男 裕 げ て よ 室 鎮 よ い を 。 お そ 室 ﹂ ま 間 あ ぅ っク ー ト ⋮ 、 く だ た く ろ ニ 男 ど そ っ と に の が 子 ら も 。 に 男 り の し 裕 い ん で る が げ ⋮ たリ ツ リ だ 両 な 。 ま ぅ う ー が 残 の 、 い 重 横 裕 は れ 居 鎮 行 は も 。 て 子 て な 楽 で 盛 る ⋮ んト を ス ぁ 足 る そ ま ぅ か し い っ 行 い や み に 子 鎮 た な 男 こ 、 ア 今 い 、 ? 事 し 洪 り よ ﹂ じリ 握 が 。 を と れ な ﹂ ? て つ て 為 や ら を 落 に 男 。お く が う ふ ル 日 た 俺 ︶ で も 水 上 。 ゃス 包 強 、 が の い 起 か 感 ち 背 が ら コ が り ぁ い ぁ し じ 姫 て い ︶ は ん ⋮ き う だ も なが し み っ 制 パ 見 に る き な ら ⋮ い 、 を 眠 様 も る り ー も だ ⋮ な か 。 り う い揺 込 ジ え と る 逃 る 白 ル め 、 的 、 か ⋮ 音 。 向 る 抱 同 の と う っ い い 。 旦 、 十 ?れ る ま ん に ャ な 乳 勘 か っ れ 。 を そ い け 寝 っ じ に 立 に 寝 け つ ﹂ 旦 那 膣 分 ︶動 。 れ ん M マ い 房 違 分 た よ は 奏 し パ て 室 こ さ っ ち 弱 よ ﹂ の 那 の の 濡い 、 っ 字 の 者 が し か 。 う ぁ で て ジ 寝 へ さ 。 ﹂ 上 く う 間 は 前 中 れて 引 、 に ズ に 全 、 ら と 、 て 、 ャ て と れ そ が な よ に こ で に てい っ ん 開 ボ よ 体 軽 な す は い 透 マ い 運 て れ る っ ﹂ か の 弄 指 いる 張 ん か ン っ 的 蔑 い る ぁ た 明 の る ば い に と た 寝 ま ら が るよ ら ん さ と て に さ 。 。 ⋮ 。 な ボ 。 れ る 、 寝 気 て ま れ め だう れ ∼ れ パ 弄 潰 れ 乱 し ⋮ 液 タ そ た の 旦 室 が し 寝 る り ろに る ﹂ た ン ら さ る れ か ん 体 ン の の だ 那 へ す ま か の 込 う見 よ 。 テ れ れ だ た し ん に は 横 だ が に と る っ せ が ん かえ う ィ て る ろ パ 、 っ 濡 全 で っ 、裕 見 消 よ た て そ で らた な が い 。 う ジ 性 ﹂ れ て 悶 た ら え 。 ん お ん き ね。 感 独 る か ャ 感 た 外 え 。 子 れ て た だ け な た ︶ヒ 覚 り の 。 マ 帯 乳 さ る が て い ま ﹂ ば に 。ク と で だ そ で を 首 れ 裕 宙 い っ に い 気ヒ と に と れ 喘 弄 が て 子 に る た は い 持ク も ず 思 と ぐ ら 重 い 。 浮 ほ 。 飲 だ ちと に り う も 自 れ 力 た い ま痙 転 落 と 、 分 す に 。 て う な ろ よ攣 が ち 、 そ の ぎ 逆 両 い が い ︶ かす さ 、 裕 ん 姿 た ら 腕 る 興 と っる れ 脱 子 な を 裕 っ を よ 奮 ダ た膣 た げ は に 見 子 て 敷 う す メ ん口 。 て 尚 寂 た に 上 布 に る だ だか そ し 更 し ら は に 団 見 だ な ︶ら の ま 興 か ど 、 伸 に え ろ 。透 刺 う 奮 っ う す び 押 る ? は明 激 。 し た 思 で 、 し 。 ︶ は - 10 -

×