Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

エンジニアがTRPGをやるべき理由 〜隣り合わせの遊びと技術〜 (Gunma.web #12 2013/02/09)

1,804 views

Published on

Gunma.web #12の発表資料
rabbit source : https://github.com/parrot-studio/gunmaweb12-trpg-is-agile

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

エンジニアがTRPGをやるべき理由 〜隣り合わせの遊びと技術〜 (Gunma.web #12 2013/02/09)

  1. 1. エンジニアがTRPG をやるべき理由 〜隣り合わせの遊びと技術〜ぱろっと(@parrot_studio) Gunma.web #12 2013/02/09
  2. 2. Profile ぱろっと(T.Tachiki) @parrot_studio parrot-studio.com プログラマっぽい何か (元)TRPGゲーマー 群馬でイベントをやっていたことも
  3. 3. TRPGってなに? 紙や鉛筆、サイコロなどの道具を 用い て 、人 間 同 士の会 話とル ー ル ブ ッ クに記 載さ れ たル ー ルに 従って遊ぶ“対話型”のロールプ レイングゲーム [「テーブルトークRPG - Wikipedia」より引用]日本ではコンピュータRPGが先行したためTRPGと呼ぶが、アメリカではこれが「RPG」
  4. 4. "テーブルトーク"RPGゲームマスター(GM)とプレイヤー数人が一つのテーブルを囲み、「会話」しながら進める
  5. 5. 以上をふまえ て、今日言いたい こと
  6. 6. "TRPG" is Agile!!
  7. 7. "TRPG" is Agile!! 人と人が 共通の目標に対して それぞれが楽しくなるように 臨機応変に コミュニケーションするゲーム
  8. 8. TRPGのここがすごい!技術書を読んでもなかなか身につかない"非技術的スキル"が、TRPGなら遊びながら自然と身につくよ!(`・ω・´)
  9. 9. 以下、実例を挙げていくよ!
  10. 10. ※絶対に5分で終わらないので必ず途中で止め てください Σ(・ω・ノ)ノ
  11. 11. Case1 : 論理構成力 GMが破綻しないシナリオを書くた めに必須 NPCや他のプレイヤーを説得したり するのに重要
  12. 12. Scene1 GM:(今回は依頼人がこいつで・・・ 目的は○○で・・・でも実は××だか ら、伏線はこんな感じにして・・・)
  13. 13. Case2 : コミュニケーション能力/表現力 状況は言葉(と簡単な絵や図)でし か伝えられない 「相手にわかるように」状況や行動 を伝える必要がある 相手の発言の意味や意図を理解す るのも重要
  14. 14. Scene2 (Bad Case) GM:君たちはゲフェンの街に着い た。どうする? プレイヤーC:(いや、どうすると言われても・・・) 今何時くらい? GM:夕方だね プレイヤーD:ふーむ・・・じゃあ、酒 場でも探してみるか
  15. 15. Scene2 (Better Case) GM:君たちは数日歩き続け、やっとゲフェンの街に着 いた。魔法の研究が盛んな都市で、街の中央には大きな 塔が立っている。時刻は夕暮れで、家路を急ぐ人が多い 中、近くの酒場からはおいしそうな匂いが漂ってくる プレイヤーC:OK、久々にうまいもの を食おう。店に入るよ プレイヤーD:「マスター、エールと 今日のおすすめ!」
  16. 16. このままだとネタだけで終わりそうなの で・・・
  17. 17. TRPGはさいころを良く使う 一般的なさいころ=6面体 6面体を2個振る -> 「2D6」と表記
  18. 18. 「2D6」って書けると、きっと 嬉しいよね (´・ω・)?
  19. 19. gem installpinzoro
  20. 20. gem "Pinzoro" require pinzoro 2.d6 #=> [2, 3] 2.d6! #=> 8 2.D6 #=> [6, 1] 2.D6! #=> 11 https://github.com/parrot-studio/pinzoro
  21. 21. 以下、止められるまで続き を(´・ω・)っ
  22. 22. Case3 : アドリブ力 / 臨機応変な対応力 プレイヤーがどう動くかは事前にわ からない 推測することはできるが、結局その 場で考えるしかない 「その場で考えるための材料」を用 意しておこう、と逆に考えるようにな る
  23. 23. Scene3 プレイヤーA:よし、そういうことなら ××の街へ行こう! GM:(え、そんな場所に行かれると破綻するな・・・ち ょっと登場予定を早めるか) そんな相談をしていると、君たちに 声をかける女性が
  24. 24. Case4 : リソース管理 どうしてもプレイは長くなりがち 特にイベント等でプレイする場合は終了 時間厳守 思い切ってシナリオの枝葉を端折る のも重要
  25. 25. Scene4 GM:(プレイヤーが街で遊びすぎた ので時間が足りないな・・・ダンジョ ンを一フロア飛ばすか。せっかくの 華麗なトラップが無駄になるけど も)
  26. 26. Case5 : 合理的かつ公平な判断力 お互いに納得できる判定方法の提 示 GMだけが、プレイヤーだけが (゚д゚)ウマーするのは違う 「ルール」だけが絶対ではない
  27. 27. Scene5-1 (ラスボス「黒の剣士」との戦闘中、 プレイヤーEのターン) プレイヤーE:例の人物の名前を出 して動揺させてみる。 「彼女はこんなことを望んでいない! なぜわからない!!」
  28. 28. Scene5-2 GM:(なるほど、そうきたか。せっかくなので生かして あげよう) "黒の剣士「うるさい、貴様らに何が わかる!」" 彼は明らかに動揺しているね。この ターンだけ攻撃ロールに-1のペナ ルティをつけてあげよう
  29. 29. 最後に繰り返します が
  30. 30. "TRPG" is Agile!!
  31. 31. あーTRPG やりたいщ(゚Д゚щ)

×