Your mind is the scene of development

3,196 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
12 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,196
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
858
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
12
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Your mind is the scene of development

  1. 1. Your Mind is the Scene of Development As far as we continue expanding and sharing our experience,We may fly in the sky, too. 市谷聡啓 2012.10.28 Ichitani Toshihiro /papanda ScrumDoExpo2012 Eiwa system management.inc/DevLOVE OracleAoyamaCenter2012年10月28日日曜日
  2. 2. papandaToshihiro Ichitani市谷 聡啓Company : Eiwa system management.incCommunity : DevLOVE (a founder)twitter : @papandahatena : papanda0806and living in facebook2012年10月28日日曜日
  3. 3. CampanyWorkProject Formingインセプションデッキで期待の可視化AgileProjectMangerのミッション CommunityWorkInception Deck WorkshopWorkShop Facilitatorとして実践の前に失敗できる場を提供2012年10月28日日曜日
  4. 4. このセッションでは実体験を通じて得られたインセプションデッキに関する私のいくつかの工夫についてご紹介します2012年10月28日日曜日
  5. 5. なぜインセプションデッキ?2012年10月28日日曜日
  6. 6. なぜインセプションデッキ? 「然るべき人が集まっているか」 「プロジェクトが然るべき方向を  向いているか」 を明らかにする2012年10月28日日曜日
  7. 7. なぜインセプションデッキ? 「然るべき人が集まっているか」 「プロジェクトが然るべき方向を  向いているか」 を明らかにする チームメンバーが誰もいないところ で合意したことを前提にしているか ら、プロジェクトがダメになる アジャイルサムライP442012年10月28日日曜日
  8. 8. インセプションデッキ エレベーター 技術的な 期間を ピッチ 解決策 見極める われわれは やること なぜここに やらないこと いるのか リスト なにが パッケージ トレードオフ どれだけ デザイン スライダー 必要か プロジェクト 夜も眠れない コミュニティ 問題 Whyを明らかにする Howを明らかにする2012年10月28日日曜日
  9. 9. インセプションデッキ エレベーター 技術的な 期間を ピッチ 解決策 見極める われわれは やること なぜここに やらないこと いるのか リスト なにが パッケージ トレードオフ どれだけ デザイン スライダー 必要か プロジェクト 夜も眠れない コミュニティ 問題 Whyを明らかにする Howを明らかにする2012年10月28日日曜日
  10. 10. インセプションデッキ エレベーター 技術的な 期間を ピッチ 解決策 見極める われわれは やること なぜここに やらないこと 全体 いるのか リスト なにが パッケージ トレードオフ どれだけ デザイン スライダー 必要か プロジェクト 夜も眠れない コミュニティ 問題 Whyを明らかにする Howを明らかにする2012年10月28日日曜日
  11. 11. いつデッキをつくるか?2012年10月28日日曜日
  12. 12. いつデッキをつくるか? プロジェクトキックオフ? 最初のイテレーション?2012年10月28日日曜日
  13. 13. いつデッキをつくるか? プロジェクトキックオフ? 最初のイテレーション? Too Late2012年10月28日日曜日
  14. 14. いつデッキをつくるか? 契約前 予算取り前 なぜなら、正しい制約を作るために。2012年10月28日日曜日
  15. 15. いつデッキをつくるか? 契約前 予算取り前 なぜなら、正しい制約を作るために。 契約 前提 Deck 開発 予算確定2012年10月28日日曜日
  16. 16. いつデッキをつくるか? 契約前 予算取り前 なぜなら、正しい制約を作るために。 契約 前提 Deck 開発 予算確定 確定後にその前提を 揺さぶることは難しい2012年10月28日日曜日
  17. 17. ステルスデッキ2012年10月28日日曜日
  18. 18. いつデッキをつくるか? 契約前 予算取り前 なぜなら、正しい制約を作るために。 ステルスデッキ デッキ更新 契約 前提 Deck Deck 開発 予算確定 目的に適した制約を作り プロジェクトを開始する2012年10月28日日曜日
  19. 19. ステルスデッキ エレベーター 技術的な 期間を ピッチ 解決策 見極める われわれは やること なぜここに やらないこと いるのか リスト なにが パッケージ トレードオフ どれだけ デザイン スライダー 必要か プロジェクト 夜も眠れない コミュニティ 問題 Whyを明らかにする Howを明らかにする2012年10月28日日曜日
  20. 20. ステルスデッキ のポイント2012年10月28日日曜日
  21. 21. ステルスデッキ のポイント プロジェクト開始前 プロジェクト開始後 ステークホルダーには インセプションデッキ インセプションデッキ の目的を明らかにして とあえていわない 作る 制約を炙り出すための プロジェクトの方向を 仕掛けなのでデッキ 明らかにするために 自体への期待は不要 関係者の協力が不可欠 ステルスデッキ インセプションデッキ2012年10月28日日曜日
  22. 22. インセプションデッキのCRUD2012年10月28日日曜日
  23. 23. インセプションデッキのCRUD プロジェクト開始前と開始後で Create それぞれの目的でデッキを作る 最初はデッキの内容のチームへの定着 Read が必要。週1回全員で点検するなど Update デッキの更新とはプロジェクトの方向 が変わること。その認識を合わせる デッキが用を成さなくなるとき Delete2012年10月28日日曜日
  24. 24. デッキのゴールデンサークル What is ゴールデンサークル? 何のために やる Why Whyを実現 する根拠 How 具体的な 提供 What2012年10月28日日曜日
  25. 25. デッキのゴールデンサークル Deck 前半5枚 <Why> Deck 後半5枚<How> 作りたいもの ユーザーストーリー2012年10月28日日曜日
  26. 26. デッキのゴールデンサークル Update Deck 前半5枚 <Why> Deck 後半5枚<How> Whatの変更、 作りたいもの バックログで出し ユーザーストーリー入れ2012年10月28日日曜日
  27. 27. デッキのゴールデンサークル Update Deck 前半5枚 <Why> 技術的解決策の変 Deck 更やリスクの発生。 何がどれだけ必要か 後半5枚<How> への影響も明らかに する 作りたいもの ユーザーストーリー2012年10月28日日曜日
  28. 28. デッキのゴールデンサークル Update プロジェクトの方向 Deck が変わる。 前半5枚 How、Whatすべてに <Why> 影響を与える。 ステークホルダーの認 Deck 識を確認する。PJ全体 後半5枚<How> としての判断と合意。 作りたいもの デッキはプロジェクトの探知機 ユーザーストーリー その方向の変化を把握できているか?2012年10月28日日曜日
  29. 29. インセプションデッキ エレベーター 技術的な 期間を ピッチ 解決策 見極める われわれは やること なぜここに やらないこと いるのか リスト なにが パッケージ トレードオフ どれだけ デザイン スライダー 必要か プロジェクト 夜も眠れない コミュニティ 問題 Whyを明らかにする Howを明らかにする2012年10月28日日曜日
  30. 30. インセプションデッキの弱点2012年10月28日日曜日
  31. 31. インセプションデッキの弱点 Who2012年10月28日日曜日
  32. 32. エレベーターピッチ • [潜在的なニーズを満たしたり、 潜在的な課題を解決したり] したい • [対象顧客] 向けの、 • [プロダクト名] というプロダクトは、 • [プロダクトのカテゴリー] です。 • これは [重要な利点、対価に見合う説得力のある理 由(プロダクトにお金を払いたい理由)] ができ、 • [代替手段の最右翼] とは違って、 • [差別化の決定的な特徴] が備わっている。 誰の何を解決するのか?2012年10月28日日曜日
  33. 33. ゴールデンサークルにもWhoはない 誰のために Who 何のために やる Why Whyを実現 する根拠 How 具体的な 提供 What2012年10月28日日曜日
  34. 34. Whoを見落とすな Whoの分だけピッチがある2012年10月28日日曜日
  35. 35. Whoの分だけピッチがある2012年10月28日日曜日
  36. 36. Whoの分だけピッチがある 他にもターゲットは いるか? 1つに絞れていなくて 大丈夫か?2012年10月28日日曜日
  37. 37. Whoの分だけピッチがある ニーズは全てあらわ れているか ターゲットがこのニー ズを持っているとした根 拠は何か2012年10月28日日曜日
  38. 38. インセプションデッキ エレベーター 技術的な 期間を ピッチ 解決策 見極める われわれは やること なぜここに やらないこと いるのか リスト なにが パッケージ トレードオフ どれだけ デザイン スライダー 必要か プロジェクト 夜も眠れない コミュニティ 問題 Whyを明らかにする Howを明らかにする2012年10月28日日曜日
  39. 39. いきなりやらないことは出せない2012年10月28日日曜日
  40. 40. いきなりやらないことは出せない プロジェクト Sprint1 Sprint2 SprintN 開始前 「いまからPJを 「スコープの調整 始めるのにやらない のために、これはや ことだって?」 らなくて良い」2012年10月28日日曜日
  41. 41. いきなりやらないことは出せない プロジェクト Sprint1 Sprint2 SprintN 開始前 「いまからPJを 「スコープの調整 始めるのにやらない のために、これはや ことだって?」 らなくて良い」 開発への期待を明らかにする スコープを明らかにする2012年10月28日日曜日
  42. 42. やることやらないことで開発への 期待を明らかにする2012年10月28日日曜日
  43. 43. やることやらないことで開発への 期待を明らかにする「あなたの苦い経験を教えてください」 「開発チームとコ 「ドキュメントに ミュニケーションを 全てのことを書き表 しっかりとりながら すのは無理。」 進めたい」 関係者の開発への思いを把握する2012年10月28日日曜日
  44. 44. インセプションデッキ エレベーター 技術的な 期間を ピッチ 解決策 見極める われわれは やること なぜここに やらないこと いるのか リスト なにが パッケージ トレードオフ どれだけ デザイン スライダー 必要か プロジェクト 夜も眠れない コミュニティ 問題 Whyを明らかにする Howを明らかにする2012年10月28日日曜日
  45. 45. ご近所さんをご近所さんとして 認識せよ 誰がどういう理由でソフトウェア 開発に関与するのか、気付くのは 案外難しい2012年10月28日日曜日
  46. 46. ご近所さんをご近所さんとして 認識せよ 誰がどういう理由でソフトウェア 開発に関与するのか、気付くのは 案外難しい 顧客は 開発チームは 自分の組織を知っているが ソフトウェア開発の進め方を 今回のソフトウェア開発の 知っているが、 進め方をまだ知らない 相手の組織のことを知らない2012年10月28日日曜日
  47. 47. ご近所さんをご近所さんとして 認識せよ 開発のよくある役割を確認する。 顧客に過去の開発にあった役割を 思い出してもらう。 「うちは社長がUIをチェッ 「セキュリティ監査、 クすることになっているん QA、品質管理、インフラ です。」 現行システム担当etc」2012年10月28日日曜日
  48. 48. インセプションデッキ エレベーター 技術的な 期間を ピッチ 解決策 見極める われわれは やること なぜここに やらないこと いるのか リスト なにが パッケージ トレードオフ どれだけ デザイン スライダー 必要か プロジェクト 夜も眠れない コミュニティ 問題 Whyを明らかにする Howを明らかにする2012年10月28日日曜日
  49. 49. チームを選ぶことはアーキテクチャ を選ぶことだ 契約 前提 Deck 開発 予算確定 チーム結成後にDeckで 確認しても、遅すぎる 開発チーム結成2012年10月28日日曜日
  50. 50. ステルスデッキ2012年10月28日日曜日
  51. 51. チームを選ぶことはアーキテクチャ を選ぶことだ 契約 前提 Deck Deck 開発 予算確定 ステルスデッキ 開発チーム結成2012年10月28日日曜日
  52. 52. ファシリテーターがデッキの出来を左右する エレベーター 技術的な 期間を ピッチ 解決策 見極める われわれは やること なぜここに やらないこと いるのか リスト なにが パッケージ トレードオフ どれだけ デザイン スライダー 必要か プロジェクト 夜も眠れない コミュニティ 問題 Whyを明らかにする Howを明らかにする2012年10月28日日曜日
  53. 53. 手ぶらでやったら簡単に事故る2012年10月28日日曜日
  54. 54. 練習重要。本番は、本番。 社内で、 コミュニティで。2012年10月28日日曜日
  55. 55. 質問力重要 良質な問いかけが プロジェクトの行く末を 左右する アクションラーニング 問いかけだけで問題解決を進める 手法。意味のある質問をするための 訓練になる。2012年10月28日日曜日
  56. 56. インセプションデッキ インセプションデッキは エレベーター 技術的な 期間を ソフトウェア開発の ピッチ 解決策 見極める われわれは やること なぜここに やらないこと 始めの始め方 いるのか リスト なにが パッケージ トレードオフ どれだけ デザイン スライダー 必要か 各自の知見を持ち寄って その工夫を発見しようプロジェクト コミュニティ 夜も眠れない 問題 Whyを明らかにする Howを明らかにする2012年10月28日日曜日

×