アジャイルサムライ
DevLOVE道場
チームにゃるご成果発表
2011.01.28
チームにゃるご 吉本、石塚、東、松永
2012年2月9日木曜日
プロジェクトの目標
•ToDo管理アプリケーション「ゆるとど」
•緩く、適当にやることを管理するのが目的。「○
日まで」ではなく「後で」「なるべく」早くとか
•スマートフォン(Android/iPhone)
•今回はAndroidにて開発
•ま...
成果物
•成果物はありませんでした
2012年2月9日木曜日
インセプションデッキ
(DevLOVE道場1日目)
•雛形を元に書いてみた
•パッケージ、エレベータピッチ、ご近所さん
を探せというのは今まで意識したことがな
かった
•パッケージを作ることにより異様にテンショ
ンが上がった
•顧客(チームメン...
インセプションデッキ
(DevLOVE道場1日目)
• インセプションデッキを作ってみて(@papanaa)
• 一つにまとめて明文化することにより、チームの目的がハッキリした
• チームメンバ以外に誰が関わっているのか(ご近所さんを探せ)、終...
インセプションデッキ
(DevLOVE道場1日目)
• トレードオフスライダー(@gaccha161)
• 実際に現場で使えると感じた。似たようなことは行っていた
が、観点が明確となっており、より有効とだと感じた。
• やらないことリスト (@...
インセプションデッキ
(DevLOVE道場1日目)
• みんなの目に触れる事が大事(@maccha)
• インセプションデッキだけでなく、ユーザーストー
リー、タスク、カンバン、バーンダウンチャート等、誰
もが確認し易く、チームメンバ以外でも見...
ユーザーストーリーと見積
(DevLOVE道場2日目)
•画面案を作成し、それを模造紙に張り付け、画面
遷移図を作成
•ストーリー抽出はこの画面案と画面遷移図から
•見積もりではプランニングポーカーを体験
•基準となるストーリーを最初に見積もり...
ユーザーストーリーと見積
(DevLOVE道場2日目)
• ユーザーストーリー分割/見積を行ってみて
• 三角測量+プランニングポーカーは強力(@papanaa)
• プランニングポーカーのゲーム感が見積もりに対する敷居を
下げ、誰もが見積もり...
タスク分割と見積
(DevLOVE道場3日目)
• 2日目に作成したユーザーストーリーに対してタスク分割と見積もりを実
施
• 意外と時間がかかり、時間中には1つのストーリーに対してしかタスク分
割できなかった
• 全てのユーザーストーリーをタ...
ゆるとどの今後
•製造を続ける
•目標はAndroidマーケット!
•4日目にチームで欠席してしまったため、
機会があったら取り戻したい
•チームでの作業時間をもっと確保
2012年2月9日木曜日
DevLOVE道場に参加して
• 初めて社内でチームを作って社外のワークショップに参加できた
(@papanaa)
• キッカケを与えて下さいましたアジャイルサムライ、裏方さんありがとう
• スピード感があって楽しかった反面、追いつけなかったも...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

DevLove道場ふりかえり

901 views

Published on

アジャイルサムライDevLOVE道場、チームにゃるご、ふりかえり

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
901
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
603
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

DevLove道場ふりかえり

  1. 1. アジャイルサムライ DevLOVE道場 チームにゃるご成果発表 2011.01.28 チームにゃるご 吉本、石塚、東、松永 2012年2月9日木曜日
  2. 2. プロジェクトの目標 •ToDo管理アプリケーション「ゆるとど」 •緩く、適当にやることを管理するのが目的。「○ 日まで」ではなく「後で」「なるべく」早くとか •スマートフォン(Android/iPhone) •今回はAndroidにて開発 •まずはタスク登録と表示まで 2012年2月9日木曜日
  3. 3. 成果物 •成果物はありませんでした 2012年2月9日木曜日
  4. 4. インセプションデッキ (DevLOVE道場1日目) •雛形を元に書いてみた •パッケージ、エレベータピッチ、ご近所さん を探せというのは今まで意識したことがな かった •パッケージを作ることにより異様にテンショ ンが上がった •顧客(チームメンバの一人が顧客役)を巻き込ん で作成 2012年2月9日木曜日
  5. 5. インセプションデッキ (DevLOVE道場1日目) • インセプションデッキを作ってみて(@papanaa) • 一つにまとめて明文化することにより、チームの目的がハッキリした • チームメンバ以外に誰が関わっているのか(ご近所さんを探せ)、終 わりはどこなのか(やらないことリスト)、優先度(トレードオフス ライダー) • 途中参加メンバーにまずこのインセプションデッキを見てもらった • チームの目的,ゴールを把握してもらうのが目的 • 感想 • ゆるとどを進めていく際に、これらを見直すことは行わなかった • 書きっぱなしになっていた感がある。これはサーバにしまっておくも のではないはずなので、活用方法を考えたい 2012年2月9日木曜日
  6. 6. インセプションデッキ (DevLOVE道場1日目) • トレードオフスライダー(@gaccha161) • 実際に現場で使えると感じた。似たようなことは行っていた が、観点が明確となっており、より有効とだと感じた。 • やらないことリスト (@gaccha161) • 顧客と作業について話をする際にあると調整がスムーズに進 むと感じた。 • 必要なことを挙げた上で、やらない事としてマークするとい うやり方は、開発者が作業内容を理解しているというアピー ルにもなる。 • 作業内容は把握していますよ∼ 2012年2月9日木曜日
  7. 7. インセプションデッキ (DevLOVE道場1日目) • みんなの目に触れる事が大事(@maccha) • インセプションデッキだけでなく、ユーザーストー リー、タスク、カンバン、バーンダウンチャート等、誰 もが確認し易く、チームメンバ以外でも見れるよう、展 開 • これらがすぐに目に入る事により、チームの状態を常 に把握 • 他の人の目にも触れる • その方が興味を持つ→アジャイルサムライ読みませ んか? 2012年2月9日木曜日
  8. 8. ユーザーストーリーと見積 (DevLOVE道場2日目) •画面案を作成し、それを模造紙に張り付け、画面 遷移図を作成 •ストーリー抽出はこの画面案と画面遷移図から •見積もりではプランニングポーカーを体験 •基準となるストーリーを最初に見積もり、他の ストーリーも見積もる(三角測量) •見積もり結果が大きいストーリーも存在 •その場でストーリーの分割を実施 2012年2月9日木曜日
  9. 9. ユーザーストーリーと見積 (DevLOVE道場2日目) • ユーザーストーリー分割/見積を行ってみて • 三角測量+プランニングポーカーは強力(@papanaa) • プランニングポーカーのゲーム感が見積もりに対する敷居を 下げ、誰もが見積もりに参加できる→色々な意見が聞ける • プランニングポーカーは実際に取り入れてみた(@tsuyo4444) • カード自体は使用していないが、見積もりを言い合い、結果 に対して皆で話し合い、合意するまで続ける • ユーザ役が不在であったため、不明な点が出てくると止まってし まった(@tsuyo4444) • ユーザを巻き込みストーリー抽出ワークショップを開くことによ り、この問題は解決? 2012年2月9日木曜日
  10. 10. タスク分割と見積 (DevLOVE道場3日目) • 2日目に作成したユーザーストーリーに対してタスク分割と見積もりを実 施 • 意外と時間がかかり、時間中には1つのストーリーに対してしかタスク分 割できなかった • 全てのユーザーストーリーをタスク分割する必要は無いが、初回に実 装する必要な分も殆ど終わらなかった。 • 見積もりの精度を挙げるためには、自分たちの今までの経験を整理し たい(@maccha) • 実際に作業して気がつくタスクも多い(@tsuyo4444) • この辺りはこなして経験をつむしかないのか? • 後日、最初のイテレーションで実装すべき必須機能に関するタスク分割を 実施 2012年2月9日木曜日
  11. 11. ゆるとどの今後 •製造を続ける •目標はAndroidマーケット! •4日目にチームで欠席してしまったため、 機会があったら取り戻したい •チームでの作業時間をもっと確保 2012年2月9日木曜日
  12. 12. DevLOVE道場に参加して • 初めて社内でチームを作って社外のワークショップに参加できた (@papanaa) • キッカケを与えて下さいましたアジャイルサムライ、裏方さんありがとう • スピード感があって楽しかった反面、追いつけなかったもどかしさがあった (@gaccha161) • やはり作業量を考えると、平日夜開催は辛いのでは • ワークショップに初めて参加(@tsuyo4444) • どのように進むのか分からず初日は戸惑ったが、二日目以降は大丈夫 • 得るもの多く、良い経験となった。特に二日目はすぐに仕事にも取り入 れることができた • 実際にやってみる機会は自分一人では作りにくいので、このような場が用意 され本当によかった(@maccha) 2012年2月9日木曜日

×