Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
使ってみて気づいた
AGPL ライセンスの
メリット・デメリット
水野 史土
ounziw@gmail.com
オープンソースとは
● ソースコードが公開されている
● 改変や再配布が許可されている
=> 顧客向けにカスタマイズしやすい
詳細はOpen Source Initiative(OSI) の定義参照
http://opensource.org/...
GPL とは
●
オープンソースライセンスの一つ
●
多くのソフトウェアで採用されている
http://thinkit.co.jp/story/2014/02/03/4804によると、
GPL2とGPL3をあわせて55%(2014年1月)
●
...
コピーレフトとは
● オープンソースソフトウェアを再配布する場合、元
のソフトウェアと同一のライセンスにする義務
=> 派生物のライセンスが同じなので、元のソフト
ウェアへのマージが保証される
=> かなり厳しい制約
=> 配布しない場合は制限...
ソフトA
GPL
ソフトB
GPL
GPL
で配布
コピーレフトと派生物のライセンス
ソフトA
GPL
ソフトB
自分のみ利用
独自ライセンス
で配布
NG
OK
コピーレフトと派生物のライセンス
ネットワーク経由での利用
● プログラムの利用形態
– 手元の端末で実行する
– ネットワーク越しに実行する(ウェブサービス)
昔はネットワークの速度などで実現しにくかった
が、現在はネットワーク越しの利用が増えている
=> 使う人の視点では、...
ソフトA
GPL
GPLとネットワーク利用
ダウンロード&
インストール
手元の端末で
実行する
コピーレフトが適用される
ソフトA
GPL
GPLとネットワーク利用
ダウンロード&
インストール
ネット上の
サーバー
コピーレフトが適用されない
手元の端末
ネットワーク経由で利用
GPLとネットワーク
● 手元の端末で実行: コピーレフト適用
● ネットワーク越しに実行: コピーレフト不適用
=> 使い方がほとんど同じにも関わらず、
  コピーレフト適用/不適用の差が発生する
コピーレフト適用/不適用の統一
●
コピーレフトありに統一
– 手元の端末でも、ネットワーク越しでも、コピーレフトを適用する
– AGPLなど
●
コピーレフトなしに統一
– 手元の端末でも、ネットワーク越しでも、コピーレフトを適用しない
– ...
AGPLライセンス
● GPLがベース
● コピーレフト適用に統一
● 採用しているソフトウェア
– MongoDB
– Berkeley DB
– iText
– SugarCRM
– Novius OS
Novius OS について
● フランスのNovius社が中心に開発
●
世界各地からコミットされている
● 英語、フランス語、日本語、ロシア語、スペイン語
● FuelPHPベース
● 書籍「Fuelphp Application
Deve...
なぜAGPLか
● 派生物のライセンスが同一
– サードパーティのコミットをコアに入れる際、ライセンス
の衝突が生じない
● ウェブサービスでの使用を視野に入れている
– 開発元によるクラウドサービス
AGPL を使って感じた
メリット・デメリット
※ Novius OS には当てはまっても、
他のプロダクトに当てはまるとは限りません
メリット1: 複数人による共同作業
● 例: フォームに条件分岐を追加
http://novius-os.jp/users/form-sample.html
●
私が提案&コードを書く
– Victor さんにより、JSの改善
– Foine ...
ソフトA
AGPL
ソフトB
AGPL
フィードバック
ソフトA'
AGPL
派生物のライセンスが同一
↓
フィードバックして改善
ソフトC
AGPL
ソフトA
MIT
ソフトB
GPL
フィードバック
ソフトA'
MIT
派生物同士のライセンス衝
突で、フィードバックを受けら
れないケースが起こり得る
(派生物作者に委ねられる)
ソフトC
商用ライセンス
メリット2: ウェブサービスへのコミット
● Novius 社がクラウドサービスを行っている
– Novius OS へコミットすると
– クラウドサービスへ反映される
● AGPLであれば、ネットワーク経由で利用する場合
にもソースコードが受...
ソフトA
AGPL
ネットワーク経由で利用
ダウンロード&
インストール
ネット上の
サーバー
ソースコードが必ず入手可能
=> 改善を提案しやすい
手元の端末
ネットワーク経由で利用
ソフトA
GPL
(MIT)
ネットワーク経由で利用
ダウンロード&
インストール
ネット上の
サーバー
ソースコード入手可能とは限らない
手元の端末
ネットワーク経由で利用
デメリット1: サーバー負荷
● AGPLはウェブサービスで利用することを想定
=> サーバー負荷を想定して作る必要がある
● ABテストするアプリケーション
– キャッシュ機能を無効にして作った
– サーバー負荷がかかる
=> 本体への組み込...
デメリット2: コードを共有しない貢献
●
AGPL=商用利用許可
– 販売することができる
– コード共有必須・独自ライセンスは不可
NG: 独自ライセンスで販売
OK: AGPLライセンスで販売
=> 「コードは共有したくない」人・会社は参...
開発元
アドオンを販売するビジネスモデル
サードパーティ
開発者
手元の端末
1. パッケージ
販売委託
2. 販売
3. 支払い
4. 支払い
開発元は販売手数料で稼ぐ
サードパーティの収益にもなる
AGPL の場合、販売は可能だが、
独自ラ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

使ってみて気づいた AGPL ライセンスの メリット・デメリット

6,490 views

Published on

メリット1: 複数人による共同作業
メリット2: ウェブサービスへのコミット

デメリット1: サーバー負荷
デメリット2: コードを共有しない貢献がしにくい

Published in: Internet
  • Be the first to comment

使ってみて気づいた AGPL ライセンスの メリット・デメリット

  1. 1. 使ってみて気づいた AGPL ライセンスの メリット・デメリット 水野 史土 ounziw@gmail.com
  2. 2. オープンソースとは ● ソースコードが公開されている ● 改変や再配布が許可されている => 顧客向けにカスタマイズしやすい 詳細はOpen Source Initiative(OSI) の定義参照 http://opensource.org/definition
  3. 3. GPL とは ● オープンソースライセンスの一つ ● 多くのソフトウェアで採用されている http://thinkit.co.jp/story/2014/02/03/4804によると、 GPL2とGPL3をあわせて55%(2014年1月) ● コピーレフト条項がある => コピーレフトとは?
  4. 4. コピーレフトとは ● オープンソースソフトウェアを再配布する場合、元 のソフトウェアと同一のライセンスにする義務 => 派生物のライセンスが同じなので、元のソフト ウェアへのマージが保証される => かなり厳しい制約 => 配布しない場合は制限なし
  5. 5. ソフトA GPL ソフトB GPL GPL で配布 コピーレフトと派生物のライセンス
  6. 6. ソフトA GPL ソフトB 自分のみ利用 独自ライセンス で配布 NG OK コピーレフトと派生物のライセンス
  7. 7. ネットワーク経由での利用 ● プログラムの利用形態 – 手元の端末で実行する – ネットワーク越しに実行する(ウェブサービス) 昔はネットワークの速度などで実現しにくかった が、現在はネットワーク越しの利用が増えている => 使う人の視点では、ほとんど違いが無い
  8. 8. ソフトA GPL GPLとネットワーク利用 ダウンロード& インストール 手元の端末で 実行する コピーレフトが適用される
  9. 9. ソフトA GPL GPLとネットワーク利用 ダウンロード& インストール ネット上の サーバー コピーレフトが適用されない 手元の端末 ネットワーク経由で利用
  10. 10. GPLとネットワーク ● 手元の端末で実行: コピーレフト適用 ● ネットワーク越しに実行: コピーレフト不適用 => 使い方がほとんど同じにも関わらず、   コピーレフト適用/不適用の差が発生する
  11. 11. コピーレフト適用/不適用の統一 ● コピーレフトありに統一 – 手元の端末でも、ネットワーク越しでも、コピーレフトを適用する – AGPLなど ● コピーレフトなしに統一 – 手元の端末でも、ネットワーク越しでも、コピーレフトを適用しない – MITなど
  12. 12. AGPLライセンス ● GPLがベース ● コピーレフト適用に統一 ● 採用しているソフトウェア – MongoDB – Berkeley DB – iText – SugarCRM – Novius OS
  13. 13. Novius OS について ● フランスのNovius社が中心に開発 ● 世界各地からコミットされている ● 英語、フランス語、日本語、ロシア語、スペイン語 ● FuelPHPベース ● 書籍「Fuelphp Application Development Blueprints」で Novius OS が紹介されている
  14. 14. なぜAGPLか ● 派生物のライセンスが同一 – サードパーティのコミットをコアに入れる際、ライセンス の衝突が生じない ● ウェブサービスでの使用を視野に入れている – 開発元によるクラウドサービス
  15. 15. AGPL を使って感じた メリット・デメリット ※ Novius OS には当てはまっても、 他のプロダクトに当てはまるとは限りません
  16. 16. メリット1: 複数人による共同作業 ● 例: フォームに条件分岐を追加 http://novius-os.jp/users/form-sample.html ● 私が提案&コードを書く – Victor さんにより、JSの改善 – Foine さんにより、HTMLの改善 => 複数人が得意分野で協力し合うと、より良いもの が効率よく作成できる
  17. 17. ソフトA AGPL ソフトB AGPL フィードバック ソフトA' AGPL 派生物のライセンスが同一 ↓ フィードバックして改善 ソフトC AGPL
  18. 18. ソフトA MIT ソフトB GPL フィードバック ソフトA' MIT 派生物同士のライセンス衝 突で、フィードバックを受けら れないケースが起こり得る (派生物作者に委ねられる) ソフトC 商用ライセンス
  19. 19. メリット2: ウェブサービスへのコミット ● Novius 社がクラウドサービスを行っている – Novius OS へコミットすると – クラウドサービスへ反映される ● AGPLであれば、ネットワーク経由で利用する場合 にもソースコードが受け取れる => ウェブサービス自体を改善できる
  20. 20. ソフトA AGPL ネットワーク経由で利用 ダウンロード& インストール ネット上の サーバー ソースコードが必ず入手可能 => 改善を提案しやすい 手元の端末 ネットワーク経由で利用
  21. 21. ソフトA GPL (MIT) ネットワーク経由で利用 ダウンロード& インストール ネット上の サーバー ソースコード入手可能とは限らない 手元の端末 ネットワーク経由で利用
  22. 22. デメリット1: サーバー負荷 ● AGPLはウェブサービスで利用することを想定 => サーバー負荷を想定して作る必要がある ● ABテストするアプリケーション – キャッシュ機能を無効にして作った – サーバー負荷がかかる => 本体への組み込みは見送り (各自が動かすソフトだったら、「負荷の高い機能」と注釈を付 けた上で、各自に委ねることもできる)
  23. 23. デメリット2: コードを共有しない貢献 ● AGPL=商用利用許可 – 販売することができる – コード共有必須・独自ライセンスは不可 NG: 独自ライセンスで販売 OK: AGPLライセンスで販売 => 「コードは共有したくない」人・会社は参入しにくい
  24. 24. 開発元 アドオンを販売するビジネスモデル サードパーティ 開発者 手元の端末 1. パッケージ 販売委託 2. 販売 3. 支払い 4. 支払い 開発元は販売手数料で稼ぐ サードパーティの収益にもなる AGPL の場合、販売は可能だが、 独自ライセンスでの販売は不可

×