Scalaを遊ぶ!会 参加者募集のおしらせ。

4,265 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
4,265
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,754
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Scalaを遊ぶ!会 参加者募集のおしらせ。

  1. 1. Scalaを遊ぶ!会 参加者募集の おしらせ。 2010年10月スタート!
  2. 2. そんなことより聞いて くれ、>>1よ。 先日、Scala座行った んですよ。Scala座。
  3. 3. そしたら何かいろいろ 衝撃を受けたんです。 いい意味でも悪い意味 (?)でも。
  4. 4. いい衝撃その1. 関東はScala後進地域! →名古屋や東北のほうが   コミュニティ活動が活発
  5. 5. いい衝撃その2. Scalaを仕事で使ってる 人がけっこういる! →Scala使ってるというだけで 「おおー」と言ってもらえる 期間はあとわずか
  6. 6. いい衝撃その3. 名古屋式ライトニングデバッグ が目からウロコだった! →発表者がそれについて一番   知っているものという既成   概念をひっくり返した
  7. 7. 悪い(?)衝撃 周りはみんな言語ヲタク ばっかり! →ちょっとScalaに興味があっ  てみたいな人が謝りながら   裸足で逃げ出すレベル
  8. 8. >同感。
  9. 9. そもそも私がScalaに 手を出したのは、Java より便利そう、楽そう だと思ったから。
  10. 10. 達人じゃないプログラマが 楽をする手段としてScala を学ぶという入り方が増え るようにならないと、 Scalaの普及もこの先、頭 打ちになりそうな。
  11. 11. でも既存のScalaの勉強 会は、そういう雰囲気 じゃないんだよねー。 (※心の声)
  12. 12. 勉強会がないなら 「遊ぶ会」を作れ ばいいじゃない。 マリー・アントワネット(1755~1793)
  13. 13. じゃ、自分で 作っちゃおう。
  14. 14. Scalaを遊ぶ!会 Scala Play!erz Tokyo
  15. 15. 会の方針
  16. 16. 1.主宰or発表者  が準備しない
  17. 17. ・発表の準備をしない (なるべく即興で) ・二次会の準備をしない (終わったら食事したい  人同士で勝手に行く)
  18. 18. 2.ペアプロを  強く推奨
  19. 19. ・コアドライバー 希望者 による (プロジェクタにつないでる人) ローテー ション ナビゲーター としてツッコミ を入れる ・ドライバー (キーボードを打つ人) ・ドライバー ・ナビゲーター   ↑ ↓ (ツッコミを入れる人) ・ナビゲーター ・ドライバー 各回、最低一度   ↑ ↓ ペアは毎回 シャッフル はチェンジする ・ナビゲーター
  20. 20. 二重構造によるペアプロ グラミングを実施。 毎回、コアドライバーは 希望者によるローテー ションで、ペアも都度 シャッフルする。
  21. 21. 【ペアプロの狙い】 ・ついていけない脱落者  を作らない ・参加者間でのスキルの  共有
  22. 22. 3.ネタが尽き  たら各々で  ハック
  23. 23. 各回および延べでネタが尽 きた時点で、asakusa.rbみ たいに事前申請の下にそれ ぞれが好きにハックする。 これも可能な限りペアプロ グラミングで。
  24. 24. 当 面 の ネ タ ・REPLで遊ぼう ・Scalatraで遊ぼう ・Eclipse Pluginで遊ぼう ・specsで遊ぼう ・Play! Frameworkで遊ぼう ・Slim3で遊ぼう ・Google App Engineで遊ぼう ・NoSQLで遊ぼう ・OpenSocialで遊ぼう
  25. 25. 場 所
  26. 26. 渋谷か新宿のルノアール 貸会議室で。 会費制で1000~1500円。 なお、場所を貸してくれ る駅近の会社募集中。
  27. 27. 日 時
  28. 28. 隔週で水曜or木曜。 時間は19:30~21:30の 2時間。 第1回は10月13日あた りを予定。
  29. 29. こんな人を 募集
  30. 30. Scala初心者。 Scalaに興味があり、 かつ継続する意志の ある人。
  31. 31. コップ本を読んだ/読み かけで挫折した人。 もう一度Scalaやりたい けど、モチベーションを 保つために皆といっしょ にやりたい人。
  32. 32. Scalaはすでにそこそ こ使えるけど、初心者 に合わせつつも色々な 技術で遊んでみたいと 思っている人。
  33. 33. 裏の目標
  34. 34. 主宰がScalaでPlay! Frameworkを使ってGAE 上でOpenSocialアプリ を構築できるようにな ること。
  35. 35. でもあくまで、
  36. 36. ≠勉強会 =遊ぶ!会
  37. 37. Scalaやろうぜ!
  38. 38. 終 わ り 。

×