Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

佐賀県内市町の公文書館機能に関する調査結果(8/6暫定版)

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

佐賀県内市町の公文書館機能に関する調査結果(8/6暫定版)

  1. 1. 佐賀県内市町の公文書館機能に関する調査結果(8/6)背景・目的 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会では、「館」の有無ではなく各自治体における公文書館機能の達成度を計るための指標として、ミニマムモデル及びゴールドモデルからなる「公文書館機能の自己点検・評価指標」を作成しています。平成 24 年度、佐賀県で公文書館機能普及セミナーを開催するに先立ち、佐賀県内各市町の協力のもと、ミニマムモデルについて各自治体の達成状況を調査しましたので、結果をご報告します。 今回の調査及びセミナーが、今後の公文書管理のあり方を考える上で参考になれば幸いです。 協力いただいた自治体の皆様に感謝いたします。調査概要調査方法 調査票調査(調査票を各自治体の文書担当課長宛て郵送し、FAX で回答をいただいた)調査期間 平成 24 年 7 月 23 日~8 月 6 日調査対象及び有効回答 佐賀県内 20 市町に協力を依頼し、うち 14 市町より回答があった調査項目 ミニマムモデル 【1 基本事項】 1.1 歴史資料として重要な公文書等の管理に関する一連の業務が組織法(条例・規 則・規程・要綱等その形式は問わない)上、規定されている。 1.2 歴史資料として重要な公文書等に関する業務状況が何らかのかたちで一般に
  2. 2. 公表されている。 【2 保存・管理】 2.1 当該自治体の情報公開条例に規定された実施機関のうち、50%以上の機関の 歴史資料として重要な公文書等を収集(移管)の対象としている。 2.2 歴史資料として重要な公文書等の収集方針、評価選別基準(これらに相当す るもの)等を明文化し、公表している。 2.3 文書管理等の規程上、歴史資料として重要な公文書等の保存場所を規定し、現 用文書の保管場所と異なる専用の場所で管理している。 【3 公開・調査研究】 3.1 自らが管理する歴史資料として重要な公文書等の目録を作成し、それが一般に 公表されている。 3.2 閲覧を制限する場合の基準を持ち、一般に公開している。また、その基準に該 当するものを除いて、一般利用の制限が行われていない。 3.3 標準的な資料複写料金が、当該自治体の情報公開制度による「写しの交付に要 する費用」と同等かそれ以下となっている。 3.4 歴史資料として重要な公文書等の収集 保存 閲覧等に関する調査研究を行い、 ・ ・ その成果を毎年度公表している。調査結果 回答一覧表 1.1 1.2 2.1 2.2 2.3 3.1 3.2 3.3 3.4A市 1 1 1 1 1 1 1 3 1B市 2 1 1 3 1 1 1 3 1C市 1 1 1 1 1 1 1 3 1D市 2 1 1 1 1 1 1 1 1E市 1 1 3 1 1 3 1 3 1F市 2 1 3 3 3 1 1 1 1G市 2 1 3 1 1 1 1 1 1H市 1 1 1 1 1 1 1 1 1I町 2 1 1 3 1 1 1 3 1J町 1 1 1 1 1 1 1 1 1K町 3 1 3 1 1 1 1 1 1
  3. 3. L町 2 1 3 3 1 1 3 3 1M町 1 1 1 1 1 1 1 3 1N町 3 1 1 1 1 3 1 3 3平均 1.7 1.0 1.7 1.6 1.1 1.3 1.1 2.1 1.1 ※調査票の「はい」「△」「いいえ」をそれぞれ「3」「2」「1」に変換している 各自治体の状況

    Be the first to comment

    Login to see the comments

Views

Total views

1,303

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

332

Actions

Downloads

4

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×