Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

なぜか技術書典5で 3サークルの運営を同時にやった話

542 views

Published on

技術書典非公式アフター(10/08)で話した内容です
https://techbook-and-ethanol.connpass.com/event/97154/

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

なぜか技術書典5で 3サークルの運営を同時にやった話

  1. 1. ota42y 2018/10/08 技術書典非公式アフター なぜか技術書典5で 3サークルの運営を同時にやった話
  2. 2. • ota42y • サーバサイドエンジニア • rubyとかrustとかgoとかC++とか • Twitter、github → ota42y • サーバレスしたりGPUで遊んだり機械学 習したりElasticSerachしたり色々… • 要するに高機能雑用 自己紹介
  3. 3. 今回出した本を簡単に紹介
  4. 4. • か13 すべてがM(icro)になる • マイクロサービスよろず本 • マイクロサービスアーキテクチ ャに関する実践を元にした本 • マイクロサービスの切り出し、 Shared DatabaseやBFF、イン フラについて。食べログさんや Quipperさんにインタビューし たり充実した内容に • Pub/Subメッセージと冪等性に ついて書いてます https://techbookfest.org/event/tbf05/circle/28570001 マイクロサービス本
  5. 5. • う70 牛だけどなんか質問ある? • Flutterアプリに関する本 • Flutterの基礎からFirebaseとの 連携、Flutter Pluginを使ったア プリ開発など初心者から中級者 まで幅広くな内容 • FlutterとFirebaseでのログイン みたいなのを書いてます • Flutterの時代が来てるので是非 Material Design Day Tokyoとかを見るともうすぐ主流になるの では…みたいな https://techbookfest.org/event/tbf05/circle/26810001 Flutter本
  6. 6. • き40 謎のヘルスケアベンチャー FiNC(公式) • 会社公式で本が出ます!!! • 開発体制から検索機能の改善デ ータ分析基盤やGradle、 Jenkins運用、Scrapbox、エン ジニア文化育成からお仕事にボ ドゲを活かす話まで • どれもいい感じの記事になって いるので是非 https://techbookfest.org/event/tbf05/circle/26870008 FiNC本
  7. 7. • 私は検索機能の改善を定量的に 計りつつ行う記事を書いてます。 • 過去の検索ログから、検索機能 の精度がどれくらいかを数値化 する手法を採用し、検索に使う パラメータを変更してどれだけ 精度が上がったかを見ながら改 善をする話です https://techbookfest.org/event/tbf05/circle/26870008 FiNC本
  8. 8. 合計三冊関わりました
  9. 9. 合計三冊関わりました 私ともう一人とで3サークルの 企画・編集をだいたい全部やってます…
  10. 10. どうしてこうなった…
  11. 11. どうしてこうなった • わざとではない • 偽申込みとかじゃないです…
  12. 12. もともと1.5サークルやる予定 経験ある人多い メインで関わるが 負荷は低そう 締切も早めにした
  13. 13. もともと1.5サークルやる予定 経験ある人多い メインで関わるが 負荷は低そう 締切も早めにした 初心者がサークル主 熟練者も1人いたので 2人がかりでサポート 締切も被らせない
  14. 14. もともと1.5サークルやる予定 経験ある人多い メインで関わるが 負荷は低そう 締切も早めにした 初心者がサークル主 熟練者も1人いたので 2人がかりでサポート 締切も被らせない 記事を書くだけ 運営には 関わらない予定
  15. 15. もともと1.5サークルやる予定 色々あって… もう一人の 熟練者と 全部巻き取る 経験ある人多い メインで関わるが 負荷は低そう 締切も早めにした 初心者がサークル主 熟練者も1人いたので 2人がかりでサポート 締切も被らせない
  16. 16. もともと1.5サークルやる予定 右が炎上確定 同時締切だと死ぬので 早く終わらせるために 介入多くする 色々あって… もう一人の 熟練者と 全部巻き取る 経験ある人多い メインで関わるが 負荷は低そう 締切も早めにした
  17. 17. もともと1.5サークルやる予定 色々あって… 締切オーバー 2週遅れで印刷 右が炎上確定 同時締切だと死ぬので 早く終わらせるために 介入多くする 色々あって… もう一人の 熟練者と 全部巻き取る
  18. 18. \(^o^)/
  19. 19. 場所も遠かった… サークルスペースも離れていたので 右や左に大移動
  20. 20. _(:3 」∠)_
  21. 21. とはいえ何とかなった いろいろあったけど何とかしたので 本は出ました!!!!!!!!!! 電子版もBoothにあります!!!! 既刊もあわせて750部ぐらい持ってきましたが 600冊は売れたはず…
  22. 22. どうすればよかったのか • 書いてくれた人のために落とせない – 今回はどれも合同誌 – 執筆者には最高の結果を提供してあげたい • 同人文化自体も詳しくない人も多数 • 初めての執筆、最高の結果にしてあげたい • 自分の書いたことが本になる姿を見せたい – 結果が微妙・本が出ないとかだと最悪の体験 • 二度とこの文化に足を踏み入れない可能性も… • 自分の本なら落としても納得出来るけど…
  23. 23. どうすればよかったのか • 締め切りはしっかりとしたいが… – 締め切りオーバー2週間は他への影響が強い – 進捗をこまめに管理した方が良いのか • ただ、頑張ればできるのに中間の進捗が悪くて諦 めてしまう可能性もあるので… • 締め切りを遅らせたから書けた人もちらほら – パーキンソンの法則の可能性は未検証
  24. 24. どうすればよかったのか • 自分以外が執筆者はむずい – 自分だけ進捗最高!でも上手くいかない… – ただ、自分の進捗が良くないと死ぬ • 3冊分の原稿を私の分だけ早く上げたのは正解 • 自分の原稿も終わってなかったら死んでた • 合同誌経験の多い人の知見が欲しいです…
  25. 25. おまけ
  26. 26. 技術書典のその先 • 技術書典で出した本がインプレ スから商業出版されました!! • 表紙は湊川あいさんの力作! • わかばちゃんと学ぶ本シリーズの御方
  27. 27. 技術書典のその先 • 技術書典での原稿をほぼ書き直 しました😇 – 前回買った人も買う意味があり – Node.jsからGoに • 大幅加筆!!!! – 不要な章削った – 本番デプロイ回り加筆 – Vue.jsによるSPAとの連携も • このまえ(10/5)発売したので 買おう!!!! https://goo.gl/WUQDZm
  28. 28. 技術書典のその先 • 10/5発売ということは – 締切は… – だいたい技術書典5と近かった ので、この数ヶ月で4つ記事を書 いてました…(´・_・`) • 原稿は計画的に

×