オープンソース統合運用管理ツール『Hinemos』 --- その利便性及びインシデント管理について ---

6,991 views

Published on

Published in: Technology, News & Politics
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,991
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
388
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

オープンソース統合運用管理ツール『Hinemos』 --- その利便性及びインシデント管理について ---

  1. 1. オープンソース統合運用管理ツール『Hinemos』 -その利便性及びインシデント管理について- Hinemos構築の実例もご紹介 2011年7月22日 株式会社ホロンテクノロジー www.holontec.co.jp
  2. 2. アジェンダ  株式会社ホロンテクノロジーの概要  統合運用管理とは  運用管理の必要性  運用管理の導入効果  運用管理の難しさ  HTLからの提案  オープンソースソフトウェアの導入状況  Hinemos概要  Hinemosと商用製品の機能比較  Redmine for ITILについて  Hinemos構築事例(テスト運用から本番運用へ、そして監視規模の拡大)  デモンストレーション  HTLが提供するサービス  質疑応答Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 2
  3. 3. ホロンテクノロジーの概要 株式会社データ・アプリケーション(DAL) 開発・販売 販売代理店(SIer)様 株式会社ホロンテクノロジー(HTL) Q&A エンドユーザ様 ■株式会社データ・アプリケーション(DAL) 平成19年4月 JASDAQ上場 ・企業間電子商取引(EDI)ソフトウェアやデータ交換系ミドルウェア等の 基盤型ソフトウェア「ACMSシリーズ」製品の開発・販売・保守の提供を行っております。 ■株式会社ホロンテクノロジー(HTL) 1.ACMSのメンテナンスおよび周辺業務を実施 ACMSは現在1,300社以上、累計出荷数4,800本以上の導入実績を誇っており、 総製品数は30製品を超え、 その全てをHTLでサポートしております。 2.オープンソースを活用したソリューションの提供 コスト削減・業務改善をテーマにしたHTLソリューションを展開しております。 24時間365日 サポート 3.運用管理アウトソーシングの提供 自社対応型での運用管理を、お客様に代わって行います。構築から運用まで ワンストップソリューションを提供いたします。 ・運用監視サービス ・運用支援サービスCopyright© Holon Technology. All rights reserved. 3
  4. 4. 統合運用管理と現状Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 4
  5. 5. 統合運用管理とは 様々なサーバやOS、ネットワーク機器、クライアントPCが混在し、複雑化するシステム環境 Windows / UNIX / Linux 「サーバにつながらない」、「メールが送受信できない」、「インターネットにつながらない」、「Webサーバのレ スポンスが悪い」、「ネットワークが遅い」などシステム環境に関係する問題に直面したことは、誰にでもある ことではないでしょうか。このような問題が発生すると、業務が停止し、重大な機会損失になりかねません。 問題を未然に防ぐ、または最小限に抑えるために行う作業が「運用管理」です。 運用管理とは、ネットワーク上に存在するサーバ、ネットワーク機器、管理すべきサービスの構成情報を管 理し、運用状況、障害の予兆や発生をリアルタイムに把握することです。 運用管理を行うことで障害の発生を未然に防ぎ、ネットワークを効率よく利用するための対策に必要な情報 が収集でき、また、障害発生時にはその発生個所や原因の特定を速やかに行うことができ障害対応の迅 速化を図ることができます。 ネットワークを構成するサーバや機器のシステム全体を、一つの管理画面で監視・管理することができるシ ステムを、統合運用管理システムと言います。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 5
  6. 6. BCPと運用管理の関係  BCPとは  事業継続計画(Business Continuity Planning または Business Continuity Plan)は 、災害発生時の影響度を認識し、事業継続を確実にするために必要な対応策を策定 すること及びその策定した計画のことです。  BCMとは  事業継続管理( Business Continuity Management)は、計画の策定、運用、訓練、 継続的改善の取り組みのことです。BCPの策定とともに継続的なBCMへの取り組み も同時に行うことが肝要です。  BCPと運用管理  ITシステムで言うBCPは、DR環境やバックアップ環境の構築が必要なことは認知さ れつつありますが、それらの環境の運用管理については、見落とされがちな点である ことが指摘されています。  災害発生時に、肝心なDR環境やバックアップ環境が正常に動作することが前提とな るため、通常時からその環境を維持することは必須事項と言えます。  BCPで策定された計画に基づいて構築されたこれらの環境を通常時から監視するこ とで、リスクの回避を図り、BCMの観点から継続的管理の一環として取り組まれるこ とが必要となります。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 6
  7. 7. 運用管理の必要性  運用管理は、以下のような目的を達成するために必要と言えます。  予防保守  システムの異常を事前に把握する  未然に障害を回避する  障害の自動検知と早期対応  ダウンタイムを減らし、業務の安定的な継続を提供する  障害の発生個所と原因を特定し、迅速な対応を行う  安定稼働  安定したシステムの稼働環境を提供する  管理工数の削減  システム全体を一箇所で集中して一元管理する  限られた人員でシステム全体を管理するCopyright© Holon Technology. All rights reserved. 7
  8. 8. 運用管理の導入効果  運用管理の必要性を踏まえた、統合運用管理システムによる導入効果とは。  予防保守  ハードディスクの使用率、メモリ使用率、CPU仕様率、パケット数、ネットワーク情報量といっ た情報を、予め設定した限界値に到達する以前に把握することが可能となるため、障害にな る以前に防止策を講じるなど予防措置が行え、障害発生時の波及的損害(利用ユーザの業 務停滞など)を未然に回避することで損害コストの発生を抑えます。  障害の自動検知と早期発見  障害発生のサーバやネットワーク機器、障害内容、発生日時、アプリケーションなどを管理 画面に表示、メールで通知、シグナル灯を点灯といった様々な方法で障害通知することで、 障害個所や原因の特定に必要とする時間や工数のコストを大幅に削減します。  安定稼働  障害の自動検知や予防保守により、トラブル発生頻度を減尐させ迅速な障害対応を行える ことで安定的な稼働環境を実現し、ユーザやシステム管理者に安定した業務環境を提供で きます。  管理工数の削減  1台のコンソールからシステム全体を一元管理することが可能となるため、現場への移動、 状況確認、ユーザとのやりとり等々の関連作業を抑止できるため、管理工数とそのコストの 削減を実現できます。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 8
  9. 9. 運用管理の難しさ  必要性や効果は理解しているが、以下のような理由で導入していない。  コストが見合わない。  高いライセンス費用がかかる。  HWの費用と構築費用が別途かかる。  設定が面倒  何を監視対象とすべきか、1から設定・検討する必要がある。  監視ツールに対して設定知識が必要で、手が回らない。  問い合わせがきてもサポートできない。  構築作業が大変  幅広い知識が必要で、構築作業・動作確認も大変。 導入に踏み切れない。提案できない。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 9
  10. 10. HTLからの提案 コストが見合わない ⇒監視台数が増えても料金が増えない。 ⇒OSSを活用し、コスト低減が可能  NTTデータ開発の運用管理ツールHinemosを活用  HTLとNTTデータは、Hinemosソリューションパートナー  HTLがHinemosをしっかりサポート 設定が面倒 ⇒監視用テンプレートを予めご用意  監視に必要なものが予め設定済み ⇒簡単設定で即日監視可能  ホスト名とIPアドレスを設定するだけで即日監視可能 構築作業が大変 ⇒経験豊富な技術者が対応  お客様のスムーズな運用をサポートすべく、構築作業からサポートさせて いただきます。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 10
  11. 11. オープンソースソフトウェアの導入状況  現在OSSを利用しているか(560人回答) → 約5割が導入済み。  OSSを利用しない理由は何か(複数回答) 1位: 構築や運用管理のノウハウが無い52.0% 2位: 安定性・可用性に不安がある43.3% 3位: 自社がかかえる技術者のスキルに不安がある38.2%  利用していたが止めた理由(複数回答) 1位: 社内の技術者数が不足していた54.5% 2位: 安定性・可用性に問題があった45.5% 2位: 既存システムからの移行作業が難しかった45.5% 2位: 構築や運用管理のノウハウが無かった45.5% 【株式会社リクルート キーマンズネット 2010年7月実施 「 オープンソースソフトウェアの導入状況 」より転載・無断転載禁止】Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 11
  12. 12. HinemosとRedmine for ITILの ご紹介Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 12
  13. 13. Hinemosの特長 ビジネスに必要不可欠なITシステムは、仮想化技術の登場など常に進化し続けています。 そのITシステムの運用業務の対応を満足させるためには、仮想化環境にも対応し、コストパフ ォーマンスの優れた統合運用管理ソフトウェアが不可欠の要素といえます。 ライセンス費用不要で導入可能なオープンソースソフトウェア 日本で生まれたソフトウェア NW監視、サーバ監視 システム全体を シンプルで ジョブ制御の3機能を 鳥瞰して監視 直観的な操作性 ワンパッケージで提供 仮想化環境を含む システム全体稼働状況を可視化 企業情報システムの運用を効率化 NW監視機能 サーバ監視機能 ジョブ制御機能 設備量管理機能 一括制御機能 VM管理オプション ITシステム群Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 13
  14. 14. Hinemos表示画面例  監視状況の表示例です ◆監視管理画面例 監視対象のスコープ(グループ) やノードをツリー表示します 現在のステータスを表示する画 面です ◆性能管理画面例 監視対象で発生した障害の 履歴を一覧表示するイベント 通知画面です CPU、メモリ、DISK使用率 等の現在の状況をグラフ 表示します 一時停止、再開、CSV出力 といった機能がありますCopyright© Holon Technology. All rights reserved. 14
  15. 15. システム構成 Hinemosは以下の構成で運用管理を実行します  Hinemosマネージャ 監視制御するサーバ Linux Linux、Windows(HTL独自) Windowsにも対応 Hinemos Hinemos クライアント マネージャ  Hinemosクライアント GUI運用端末(WindowsXP以降) 仮想環境 or 物理サーバ  Hinemosエージェント WindowsXP以降 監視・ジョブ実行対象のノード Hinemos エージェント ダイヤルアップ WEBサーバ DBサーバ ルーター アプリケーションサーバ UST 監視対象Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 15
  16. 16. Hinemosが提供する機能  Hinemosは、オープンソースで唯一監視機能とJOB制御機能を備えたソ フトウェアで、現在Redhat6に対応したバージョン3.2.1がリリースされ ております。 監視機能 障害監視 ログ監視 性能監視 メモリ使用率 死活監視 CPU使用率 プロセス監視 DISK使用率 制御機能 ジョブ制御 ジョブネット 運用制御 カレンダ運用 自動運転 ジョブ ジョブ階層化 自動パッチ レポート発行Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 16
  17. 17. リポジトリ管理機能・階層化 「スコープ」は階層化させる事が可能です 【設定例】 A社管理サーバ 「Windows」スコープに監視設定をするこ とで、配下のノードに対して監視が実行さ OS種別 れます Windows アプリケーションサーバ データベースサーバ :スコープ :ノード (管理対象機器) Linux Webサーバ 管理対象機器のグループ化と階層化により、 汎用性に富んだ運用制御が可能となります。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 17
  18. 18. 監視機能 Hinemosでは多くの監視機能をユーザーに提供しています ユーザーは用途に合わせ、必要な監視機能を自由に選択できます 障害監視 死活監視 SNMP監視 SNMPトラップ監視 ログ監視 HTTP監視 サービス・ポート監視 プロセス監視 SQL監視 性能監視 CPU監視 メモリ使用率監視 ネットワーク 情報量監視 パケット監視 ディスク使用率監視Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 18
  19. 19. 監視機能 - 監視通知 監視で得た結果を管理者に通知する手段を複数提供しています 種類 動作 出力先 ステータス通知 監視「ステータス」に表示 クライアントの 監視画面 イベント通知 監視「イベント」に表示 メール通知 外部にメール送信 メールサーバ ジョブ通知 コマンドを起動 エージェント ログエスカレーション通知 外部にログを転送 syslog 監視タスク自体の稼働状況把握から、障害報告等へ利用すること もできます。 更に後述で紹介するHinemosジョブ機能(コマンド)を監視通知 より起動することができ、監視機能と制御機能の連動を行える事 が最大の特徴です。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 19
  20. 20. 監視機能 - 監視結果に割り振られる重要度 監視の結果に対して重要度(プライオリティ)を割り振る事が出来ます 重要度 内容 情報 正常な状態 警告 危険な状態ではないが注意が必要な状態 危険 監視や実行したとき問題が発生した状態 不明 別の要因で監視などができない状態 特に危険や不明の重要度の高い場合は早急な対処が 必要です。 監視機能ではこれらの重要度毎に 異なる通知、異なるジョブの実行を割り当てる事が可能です。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 20
  21. 21. 監視機能 - 監視機能・画面例Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 21
  22. 22. 制御機能・ジョブ制御 複数の監視対象機器に対し一括してコマンドを実行できます(ジョブ) ユーザーはこのジョブを自由に定義・構築し、 より良い運用制御を実施する事が出来ます。 A社管理サーバ 登録ジョブ例 OS種別 DBバックアップジョブ Windows サービス復旧ジョブ アプリケーションサーバ データベースサーバ ログ退避ジョブ Linux WebサーバCopyright© Holon Technology. All rights reserved. 22
  23. 23. 制御機能・ジョブ制御 - ジョブ制御・画面例Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 23
  24. 24. Hinemosと商用製品の機能比較 項目 Hinemos 商用製品 死活監視 ○ ○ ログ監視 ○ ○ プロセス監視 ○ ○ SNMP監視 ○ ○ 障害監視 HTTP監視 ○ ○ SQL監視 ○ ○ SNMPトラップ監視 ○ ○ サービス・ポート監視 ○ ○ CPU監視 ○ ○ パケット監視 ○ ○ 性能監視 ネットワーク情報量監視 ○ ○ メモリ使用率監視 ○ ○ ディスク使用率監視 ○ ○ カレンダ運用 ○ ○ 制御機能 レポート発行 ― ○ ジョブ実行 ○ ○ ステータス・エベント通知 ○ ○ メール通知 ○ ○ 通知 ジョブ通知 ○ ○ コマンド通知 ○ ○ ログエスカレーション通知 ○ ○Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 24
  25. 25. Redmine for ITILとは Redmine for ITILは、オープンソースソフトウェアのRedmineに、ホロンテクノロジー がITILのフレームワークに準拠したテンプレートを組み合わせご提供するWebベー スのソフトウェアです。 その他 監視管理 ツール その他監視管理ツール 手動登録Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 25
  26. 26. ITILによる標準化 ■標準化の手法として、ITILを使用しています。 ■サービスサポートの構成 要素 説明 サービスデスク ユーザの問合せに関し単一の窓口機能を提供する インシデント管理 業務を「停止」させる「インシデント」を迅速に回復するプロセス 問題管理 インシデントの根本原因を追究して、可能であれば取り除くための処置を講ずるプロセス 構成管理 ハードウェアやソフトウェアなどのIT環境の構成を適切に管理するためのプロセス 変更管理 IT環境を適切に変更するためのプロセス リリース管理 変更管理で承認された変更作業を確実に実装するプロセス ・インシデント管理 ・問題管理 ・変更管理 を 『Redmine for ITIL』 でサポート!Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 26
  27. 27. 誰のための見える化? Redmine for ITILではチケットに履歴が記録されるため、 マネージャー層が担当者を呼び出さず状況確認を行う事が出来ます。 マネージャー層のためのツールと言えるのではないでしょうか。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 27
  28. 28. チケットの自動登録 「Hinemosなどの監視ツール」から障害検知メールが届くと、 トラッカー、ステータス、優先度、登録日で自動登録します。 サポート ハード障害 ネットワーク障害 ミドル障害 アプリケーション障害 トラッカー※ 操作ミス 指示ミス 確認漏れ その他異常 クレーム 優先度 今すぐ 急いで 高め 通常 低め ✔トラッカーは問題の種類を指し、Hinemosの障害内容に割り当てられます。 ✔優先度により背景色を変えて一覧表示します。 8Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 28
  29. 29. 障害の扱い 「Redmine for ITIL」では障害をチケットとして扱います。 障害のチケットはITILの中のインシデントとなります。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 29
  30. 30. チケットの履歴 チケットには更新されるたびに、 ITILにおいては最重要とされる履歴が保存されていきます。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 30
  31. 31. プロジェクトマネージャからの視点1 各インシデントの実行状況を可視化することで、直観的に 進捗を把握することが可能です。 ✔ガントチャートで進捗状況や滞留状況を確認できます。 ✔予定日を超過している場合は、赤く表示されます。 ✔予定工数の期間が、視覚的に把握できます。 ✔案件名のリンクから、詳細画面に遷移できます。 ✔権限設定により、表示する案件の制御が可能です。 ✔表示する期間を指定できます(いつから○○ヶ月)。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 31
  32. 32. プロジェクトマネージャからの視点2 グラフ表示により、発生件数や対応件数などの件数及び 発生傾向を把握することが容易です。 ✔ダッシュボードでは以下の表示を行います。 ◆新規発生件数 ◆完了件数 ◆全発生件数累計 ◆全未完了件数 ✔グラフ上のカーソル位置に、そのポイントの件数が表示されます。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 32
  33. 33. プロジェクトマネージャからの視点3 インシデントのサマリー情報は、一覧表示で確認すること ができます。 ✔サマリー表示は以下の分類毎に表示を行います。 ◆トラッカー(インシデントの分類項目) ◆優先度 ◆担当者 ◆起票者 ✔期間指定による表示は、今後対応する計画です。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 33
  34. 34. プロジェクトマネージャからの視点4 経過時間の入力によって、作業工数やどのような理由で 時間がかかったのかが一覧で表示可能です。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 34
  35. 35. プロジェクトマネージャからの視点5 Redmine for ITILの情報をCSVやPDFで抽出し、 二次的な分析として再利用することができます。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 35
  36. 36. 導入事例 製造業A社様に関する導入から運用に関してCopyright© Holon Technology. All rights reserved. 36
  37. 37. A社概要と課題  導入会社の概要  所在地:東京  従業員:約5000名  事業内容:水処理関連の製造業  導入前の課題  基幹系システムのサーバは商用品により監視をしているが、全てのシステ ムを監視できていない。  監視対象を拡大していきたいが、ライセンス費用とそれに伴う保守費用の 増加に対して、予算の確保が困難。  ルータの監視において、ルータにもよるがルータ自身が自動復旧してしまう ため、ユーザに指摘されるまで気付かない状況が起こっている。  OSS製品は以前から検討していたが、商用品への連携やジョブ管理といっ た機能面で対応できるものが見当たらず、また問い合わせ先が明確ではな く不安を解消できない。コストダウンの魅力は大きいものの、一部のベンダ ーではライセンス費用を必要とする場合がある、といった点からも検討を具 体化するまでには至らず。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 37
  38. 38. 検討プロセスと検討要件  フェーズ1  評価用としてテスト環境を構築  テスト期間:2ケ月  テスト環境の規模  監視対象サーバ6台、ネットワーク機器3台  本番環境と同様の監視項目及びジョブの実行を評価  ping監視、プロセス監視、リソース監視、エラーコード監視、サービスポ ート監視、SQL監視、syslog-ng監視、SNMPトラップ監視、イベントログ 監視、ジョブ1パターンの登録・実行  テスト環境での結果を踏まえ、本番環境への適用有無を判断  フェーズ2  本番環境の構築、運用開始  監視対象規模:サーバ210台、ネットワーク機器300台Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 38
  39. 39. テスト環境構築  テスト環境構築のプロセス  導入前コンサル(要件定義)でのヒアリングを実施し決定  スコープ(グループ)の定義  ターミナルサーバ、Oracle Windowsサーバ、Windowsアプリケーションサ ーバ、ネットワーク機器  各スコープに対する監視項目の設計・設定  ターミナルサーバ:イベントログ監視、ping監視  Oracleサーバ:サービスポート監視、DISK使用率監視、エラーコード監視  Windowsアプリケーションサーバ:サービス・ポート監視  ネットワーク機器:ping監視、SNMPトラップ監視(HWのMIB監視)  ジョブの管理  バックアップ、再起動のジョブ設定  テスト環境の構築期間  導入前コンサル期間を含め1週間後にテスト運用に入るCopyright© Holon Technology. All rights reserved. 39
  40. 40. 本番環境への要望と困った点  要望  利用中の商用監視ツールとHinemosとの連携  アラート通知の抑制をしたい  サーバ再起動時など通知数が膨大になるため、Hinemos標準機能には ない通知の抑制をするオプション(HTL開発の条件監視機能)を提供  ネットワーク機器の追加の際、登録を自動化したい  監視対象台数の増加  サーバ250台、ネットワーク機器400台、を監視対象としたい  テスト用のHinemosのバージョンは3.1であったが、本番では3.2にアップグレ ードし、弊社がチューニングすることで、1Hinemosマネージャの監視対象台 数を大幅(約3~4倍)に増やすことが実現  Hinemosマネージャを2台構成とし、Hinemosマネージャ間で相互監視を行う  困った点  テスト開始1ヶ月後に、監視対象のノード数を本番環境並み(サーバ約200台 、ネットワーク機器約200台)に追加されたため、パフォーマンスに影響が出る  急遽、Hinemosマネージャを1台追加構築することで正常状態に改善  テスト期間限定のサポート契約の範囲を超えた対応となったCopyright© Holon Technology. All rights reserved. 40
  41. 41. 本番環境構築  本番環境構築のプロセス  スコープの再定義  テスト運用を踏まえ、ユーザ側の要望を取り入れた再定義  Hinemosマネージャ2台構成の構築  リモート保守の追加  サポートの迅速性、品質をよりハイレベルにするため、リモート接続環 境(VPN接続)の構築と、リモート保守サービスの契約締結  本番環境の構築期間  本番構築コンサルの期間を含め、約2週間で完了  本番運用後の課題・要望と対応内容  エージェントの再インストール  Hinemosエージェントでの不具合対応版をHTLが独自に対応したが、正式版と してリリースされたためエージェントを再インストールCopyright© Holon Technology. All rights reserved. 41
  42. 42. 今後の方向性  Hinemosマネージャの追加  監視対象サーバが更に増加する予定で、Hinemosマネージャを1台追加し 、3台構成とする  自動化の促進  運用の経験値が蓄積されるに伴い、そのナレッジを生かしてジョブとの連携 を図り、自動復旧などの自動化を更に進める  障害対応プロセスの管理  障害対応プロセスの管理は現在ノーツを利用しているが、Hinemosと自動 登録の連携が行えるOSSの「Redmine for ITIL」(HTLが開発・提供)の導 入を検討  インシデント管理、問題管理、変更管理の各プロセスをITILのフレームワー クに則って運用することを計画Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 42
  43. 43. サービスメニューCopyright© Holon Technology. All rights reserved. 43
  44. 44. HTLが提供するサービス Hinemosサービスソリューション Hinemosサポート ACMS監視マネージャ Hinemos for Windows Appsテンプレート監視 Redmineサービスソリューション Redmine for ITIL リリースマネージャ Redmine for 問い合わせ管理 デプロイマネージャ 運用管理アウトソーシングソリューション 障害監視サービス 運用支援サービス リモートソリューション リモートサポート 在宅勤務ソリューションCopyright© Holon Technology. All rights reserved. 44
  45. 45. Hinemosサービス体系  Hinemosサービス体系では、サービスパックとしてまとめた サービスと、個別のサービスを提供しています。 サービスパック明細 サービス内容 Hinemosの導入を容易に且つ短期的に行うために、 導入用テンプレート 予め標準的なリポジトリ情報を設定したテンプレートを提供します。 スターター キット テンプレート用ドキュメント テンプレート用のドキュメント(簡易マニュアル)を提供します。 メディア作成 構築した環境のISOイメージを作成し提供します。 Hinemosの通常お問合せサービスです。 ①e-mailによるお問い合わせ、インシデント数に制限はありません。 運用キット(通常お問合せサービス) ②パッチ情報およびパッチデータの提供。 ③障害発生時の調査 弊社通常営業日におけるサービスとなります。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 45
  46. 46. Hinemosサービス体系  各種サービス(導入支援) サービス名 サービス内容 導入前コンサルを行います 導入コンサル (管理方法とリポジトリの登録方法についての作業となります)。 導入用テンプレート単体 ドキュメント付き Hinemosインストールサービス Hinemosの初期設定までの作業となります。 OSインストール+Hinemosインストール Hinemosマネージャを設定するサーバの環境をOSから設定します。 登録代行サービス リポジトリ情報の登録を代行します。 移行前のテスト支援を行います。 テスト支援 定義情報のチェック、テスト項目のチェック、テスト立会い、 不具合発生時の調査を行います。 メディア作成 構築した環境のISOイメージを作成し提供します。 カスタマイズサービス 導入前または導入後のカスタマイズは、有償となります。 障害調査の結果、プログラムの不具合が発見された場合の バグ修正サービス 対処は有償サービスとなります。 管理者教育支援 管理者向けのHinemos利用方法教育です。 Hinemosインストールサービス・ Hinemosサーバインストール テスト環境構築 サービスの内容と同様となります。 冗長化構成 HAオプション Hinemosマネージャーを冗長化し、可用性を向上させます。 冗長化構成 インストール HAオプションのインストールを行います。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 46
  47. 47. Hinemosサービス体系  各種サービス サービス名 サービス内容 ①e-mailによるお問い合わせ。 ②パッチ情報およびパッチデータの提供。 通常お問合せサービス ③障害発生時の調査 弊社通常営業日におけるサービスとなります。 24時間対応サービス(電話対応付) 夜間または休日を含む特別対応サービスです。 リモートサービス(電話対応付) 通常お問合せサービス料金に追加となります。 電話対応付お問合せサービス 通常お問合せサービス料金に追加となります。 ご利用のサーバを定期健診し、状況報告のレポートを 定期診断サービス 作成します。年間3回。 運用後のコンサルを行います。 運用コンサル (管理方法やリポジトリの構成についての作業となります) オンサイトサービス 交通費、夜間・休日は別途費用となります。 カスタマイズに対するサービスです。サービス内容は、 カスタマイズお問合せサービス 「通常お問合せサービス」と同様となります。 HA(マネージャ2台構成) HA構成に関するサービスです。 テスト環境サービス サービス内容は、「通常お問合せサービス」と同様となります。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 47
  48. 48. Redmine for ITILサービス体系  テンプレート提供サービス サービス名 サービス内容 ①e-mailによるお問い合わせ。 テンプレート利用サービス ②パッチ情報およびパッチデータの提供。 (お問合せも含みます) ③障害発生時の調査 弊社通常営業日におけるサービスとなります。 テンプレート利用サービス 上記内容を24時間対応させていただきます。 (24時間お問合せ対応)  オプションサービス サービス名 サービス内容 障害が発生した場合にリモートによる支援を実施します。 リモートサービス 専用線、インターネットの回線が接続できることが前提です。 専用線の場合は、初期設備費用は別途となります。 ご利用のサーバを定期健診し、状況報告のレポートを作成します。 定期診断 年間3回。 Raid1(追加) Raid1構成のサーバ契約は、追加費用となります。 HA(サーバ2台構成) HA構成のサーバ契約は追加費用となります。 HA(上記以外) DBを別サーバとしDBはHA、Webアプリはn台等。 テスト環境 サービス内容は、「テンプレート利用サービス」と同様となります。 オンサイトサービス お客様にお伺いし支援を行います。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 48
  49. 49. Redmine for ITILサービス体系  導入支援サービス サービス名 サービス内容 導入コンサル 導入前コンサルを行います(管理方法とHinemos連携について)。 Send/Back方式により貴社環境に合わせて設定を行います。 インストール 事前に設定項目が確定していることが前提となります。 冗長化構成により費用が異なります。 移行前のテスト支援を行います。 テスト支援 定義情報のチェック、テスト項目のチェック、テスト立会い、不具合発生時の 調査を行います。 設定マニュアルに基づいて、通常運用に直接関係のある部分を優先的に システム管理者向け教育支援 研修いたします。 設定マニュアルに基づいて、通常運用に直接関係のある部分を優先的に 利用者教育支援 研修いたします。 カスタマイズサービス 導入前または導入後のカスタマイズは、有償とします。 障害調査の結果、プログラムの不具合が発見された場合の対処は バグ修正サービス 有償サービスとなります。 メディア作成 構築した環境のISOイメージを作成し提供します。 テスト環境構築 テスト環境の構築を行います。Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 49
  50. 50. デモンストレーションCopyright© Holon Technology. All rights reserved. 50
  51. 51. デモ:Windowsイベントログ監視 Windowのイベントログに警告とエラーが出力。 Hinemosマネージャの画面で警告と障害を検知した事を確認。 イベントログに警告とエラー発生 【障害確認】 ・ イベントログに警告とエラー発生 ・ Hinemosで異常検知 イベントログに 監視対象 警告/エラー サーバ RfIクライアントで登録されたチケットを確認 障害検知 Hinemosクライアントで危険を確認 Hinemos マネージャ Hinemosクライアントで危険を受信しなくなったことを確認 【復旧確認】 ・ 障害復旧後、Hinemosで危険が解除されたことを確認 監視内容:syslog-ng監視Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 51
  52. 52. デモ:アプリケーションプロセス監視 ACMSが停止。 Hinemosマネージャの画面で障害を検知した事を確認。 【障害確認】 ・ ACMSが停止 ・ Hinemosで異常検知 Hinemosクライアントで危険を確認 ACMS 監視対象 停止 サーバ RfIクライアントで登録されたチケットを確認 障害検知 JOB自動実行 によりACMS起動 Hinemos マネージャ Hinemosクライアントで危険が情報になったことを確認 【復旧確認】 ・ ACMSが起動されたことを確認 ・ Hinemosで情報として受信することを確認 監視内容:サービス・ポート監視、プロセス監視Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 52
  53. 53. ご連絡先 ご清聴ありがとうございました。 ご質問などがございましたら、 下記までお気軽にお問い合わせください。 株式会社ホロンテクノロジー 担当営業:岩崎、大野 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-3-8 Phone 03-5640-8554 Facsimile 03-3639-0055 E-Mail sales@holontec.co.jp URL http://www.holontec.co.jp/Copyright© Holon Technology. All rights reserved. 53

×