QGISによる図面情報への位置情報付与手法の検討 アジア航測株式会社 野中 秀樹様

3,128 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

QGISによる図面情報への位置情報付与手法の検討 アジア航測株式会社 野中 秀樹様

  1. 1. アジア航測株式会社 野中 秀樹
  2. 2. 大量の紙図面を管理するための図面管理システムを試作、評価を実施紙図面への位置情報付与にQGIS(Ver.1.7.0)を利用作業者のQGISの使用経験:なし
  3. 3. 維持管理のコスト削減過去のものも含めた図面(ノウハウ)の活用が必要図面は適切に管理されていない 図面管理システムの構築 電子納品の普及 出典:「情報化施工推進戦略(2008年7月)」過去に作成された多くの図面は紙図面紙図面の管理が課題
  4. 4. 全周囲映像 レーザー点群データ 紙図面 位置情報付与 時空間データアーカイブ 地図情報配信サービス LVSquare
  5. 5. 紙図面に位置データを付与する静岡市道路現況図を対象縮尺:1/500
  6. 6. 1. 概略位置探索 メタデータあり:メタデータから抽出 注記あり:注記データから推定 注記なし:手動で検索2. 図面標定3. 時間情報入力4. データベース登録
  7. 7. 市町村名(静岡市)町丁目名(駿府町)施設名(新通小学校)道路名(市道水落町安東一丁目線)固有名称(○○ビルディング)一般名称(駐車場)
  8. 8. 35 市町村名 町丁目名 30 施設 道路名 25 固有名 一般名注 20記数 15 10 5 0 図面
  9. 9. 注記情報の抽出注記情報から位置情報への変換 町丁目の位置情報からポリゴン(または線・点)を生成 DXF ポリゴン領域を全域表示 (QGIS) 図面データの読み込み (Georeferencer) 図面と地図の対応点取得 (QGIS-Georeferencer) 時空間アーカイブへの取込み
  10. 10. 1. 図面に含まれる町丁目名から町丁目ポリゴン(または線、点)を 生成、DXF形式で出力2. 町丁目ポリゴンのDXFファイルをベクタレイヤとして追加3. 表示レイヤを町丁目ポリゴンのレイヤのみとする4. 全域表示
  11. 11. 図面と基盤地図情報(道路縁)との対応点を2点取得(対象図面が1/500のため)対応点の取得にはGeoreferencerを使用(QGIS:[プラグイン]-[Georeferencer]-[Georeferencer])
  12. 12. 町字の代表点を読み込み、Delaunay網を生成(QGIS:[ベクタ]-[ジオメトリツール]-[ドロネー三角形分割])三角形と図面の大きさを比較
  13. 13. 国土数値情報を用いて紙図面の概略位置を決定 施設名が含まれない図面は町丁目の注記で概略位置 を決定 都市部における1/500図面については有効 中山間地域が課題 概略位置決定後の図面標定の(半)自動化が課題 紙図面も多様な位置情報コンテンツとの一元管理 が必要謝辞本研究は、財団法人 日本建設情報総合センターの平成22年度研究助成事業の助成を受け実施しました。
  14. 14. DXF形式を介することでオリジナルのプログラムとQGISとの連携を簡単にとることができたFOSS4Gソフトウェアの急激な進化を実感社内での生産ツールの一つとしての活用に期待課題:大規模データの取り扱い→ 今後に期待普及のために超えるべきハードル Python 心理的障壁(機能は? 難しい? 英語? 情報は? 参考書は?)

×