Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Esj59 tamura

1,552 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Esj59 tamura

  1. 1. 震災後方支援活動 Crisis Mapping
  2. 2. 学生ひとり ひとりでの震災対応 ひとり震災発生3時間後に震災発生 時間後に 時間後情報収集をはじめる情報収集をはじめる「自分にも何かできること 自分にも何 にもはないか?」はないか?」「ベテランマッパーに比べ ベテランマッパーに もできない自分 自分」て何もできない自分」
  3. 3. 学生ひとり ひとりの力の限界から ひとり震災対応マッピング講習会に震災対応マッピング講習会に マッピング講習会 仲間と 5人の仲間と参加 まず,一緒に活動してく まず,一緒に活動してく れる仲間 仲間5 ほど集 れる仲間5人ほど集めた 「奈良大学は50人規模 奈良大学は 人規模 でのリアルタイムクライシ でのリアルタイムクライシ スマッピングを スマッピングを行う」と宣 言 に比べて何もできない自 べて何もできない自 分」
  4. 4. 学生50人の力の集結 人奈良大学震災対応マッピング講習会奈良大学震災対応マッピング講習会 マッピング を3月24・25日に開催 月 ・ 日 避難所情報の入力とその 避難所情報の入力とその 周辺の建物・道路を 周辺の建物・道路をマッ ピングする ピングする リアルタイムマッピングを リアルタイムマッピングを うためのシフト シフト表 行うためのシフト表を作 成
  5. 5. 学生50人の力の集結 人 QuickTimeý Dz êLí£ÉvÉçÉOÉâÉÄ Ç™Ç±ÇÃÉsÉNÉ`ÉÉǾå©ÇÈǞǽDžÇÕïKóvÇ-Ç ÅB
  6. 6. 新しい大学生20人の力 人奈良大学震災対応マッピング講習会奈良大学震災対応マッピング講習会 マッピング を4月9・16日に開催 月 ・ 日 新入生を対象にした講習 新入生を対象にした講習 にした 会 学生だからできる自分た 学生だからできる自分た だからできる自分 ちの支援 支援の ちの支援の形つくり
  7. 7. これまでのプロジェクト5つ つ OpenStreetMapによるクライシスマッピン グ によるクライシスマッピン による 地理学会) マッピング のGIS化作業(日本 津波遡上域マッピング 津波遡上域 地理学会) 化作業( 化作業 (GIS学会) 全国自治体の被災者受け 全国自治体の被災者受け入れ状況調査 学会) 学会 津波流某家屋マッピング(EMT) 津波流某家屋マッピングマッピング( ) 文化財マッピング(CEDACH GIS) 文化財マッピング マッピング( )
  8. 8. 震災対応マッピングに対応した学生数震災対応マッピングに対応した学生数 マッピング した
  9. 9. 学生とFOSS4G
  10. 10. 奈良大学における奈良大学におけるFOSS4Gの導入状況 における の
  11. 11. FOSS4G導入による奈良大の動き 導入による奈良大の 導入による奈良大 GISのスキルの向上 地理学科の活発化 学生の選択肢の広がり 新しいプロジェクトをはじめる
  12. 12. 大学生とは? 大学生とは? とは社会にでる前の状態お金がない時間がある自分の力を発揮する場が欲しい
  13. 13. FreeやOpenの場は学生にとって自分の力を発揮できる場所
  14. 14. 学生にとってチャンスの場がココにチャンス
  15. 15. 大学生のチャンスを げる活動大学生のチャンスを広げる活動約100人による被災地後方支援学内でFOSS4GやOSM講習会を5回実施7つの大学授業でFOSS4GやOSMを扱う学内向け広告としてポスターとチラシを作成
  16. 16. GIS屋外への広がり 外
  17. 17. グローバルな広がりグローバル
  18. 18. 第3回Fieldnet Lounge 地理情報活用の未来をさぐる 地理情報活用の未来をさぐる地理歴史教材作成ワークショップ+地理歴史教材作成ワークショップ+ ワークショップ ボランティア説明会 ボランティア説明会
  19. 19. 地図を描いて,地図を見て,地図を考える 商用GIS オープンソースGISためのただのツール
  20. 20. GISを中心に
  21. 21. 技術以上に本質を えることが大切技術以上に本質を考えることが大切 オープンな環境に適応 オープン ピアリングを利用して自分の力を発揮 ピアリング みんなで技術や知識を共有 共有 グローバルな行動 グローバルな行動に発展させていく

×