Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Kspin20121201 kobayashi

  1. 1. ソフトウェア開発のパラダイムシフト2012年12月01日SEA関西プロセス分科会小林修
  2. 2. ソフトウェア開発のパラダイムシフト キーワード ◦ アジャイル ◦ クラウド ◦ ソーシャル ◦ ビッグデータ ◦ ユーザエクスペリエンス ◦ ドメイン・スペシフィック ◦ DevOps ◦ ALM (Application Lifecycle Management) ◦ Continuous なんとか
  3. 3. ソフトウェア開発のパラダイムシフト 「開発」から「要求」と「運用」への重点シフト 閉じた「システム」から環境との融合へ 「情報」から「活動」へ 「計画駆動」から「試行とモニター」へ 個人の技術・能力から「集合知」へ 汎用的な完全性の追求から目的に応じた多様性へ 「寺院」から「仏壇」へ、 「仏壇」から「お守り」へ
  4. 4. ソフトウェア開発のパラダイムシフト 変化の抱擁 ◦ 要求の変化 ◦ 環境の変化 ◦ 技術の変化 境界線の消失 ◦ システムの境界 ◦ 工程の境界 ◦ 立場の境界 ◦ 利害の境界
  5. 5. ソフトウェア開発のパラダイムシフト アジャイル開発のベースライン (第49回SEA関西プロセス分科会での ディスカッション) ◦ 阪井さん(SRA)  現場からの改善、プロジェクト毎の改善 ◦ 西さん(XPJUG関西)  人の満足 ◦ 前川さん(Panasonic)  ゴールの共有(顧客も含めて)と達成 ◦ 和田さん(富士通)  おもてなしの心
  6. 6. ソフトウェア開発のパラダイムシフト 開発技術・開発環境の変化 ◦ 「動的言語」へのシフト  Ruby + Ruby on Rails  JavaScript + HTML5 ◦ 「データベース」の多様化  NoSQL (RelationalからKey-Value Storeへ)  ACID属性からCAP定理へ ◦ 情報の不定形化  Web、Wiki、検索エンジン  タブレット + タッチパネル  マルチメディア(音声・映像) ◦ 技術のオープンソース化と集約化の併存  プラットホームの主要な要素のオープンソース化  高度化・多様化によりフォローできる人・組織の局所化 ◦ テスト技術・プラットホームの進化  テストの自動化フレームワーク(なんとかUnit)  統合・構成管理との融合
  7. 7. ソフトウェア開発のパラダイムシフト ACID属性 ◦ データベースが「備えるべき」属性  Atomicity(原子性)  Consistency(一貫性)  Isolation(独立性)  Durability(持続性) CAP定理 ◦ 大規模環境では  Consistency(一貫性)  Availability(可用性)  Partition Tolerance(分割耐性) ◦ の3つのうち、同時に2つまでしか満たせな い
  8. 8. 岸田孝一さんの先見 岸田孝一さんの先見 (SEA関西プロセス分科会発足にあたっ て岸田さんから言われたこと) ◦ 「ウォーターフォール」原論文再読  Windston Royce, “Managind the Development of Large Software Systems” ◦ プロダクト指向からプロセス指向へ  Christiane Floyd, "Outline of Paradigm Change in Software Engineering" ◦ プロセス・プログラミング  Leon J. Osterweil, “Software Processes are Software too” ◦ ソフトウェアの進化  M M Lehman and J F Ramil, “Software Evolution”
  9. 9. 「ソフトウェア技術者」の今後 「つながり」を深める  技術者同士のコミュニティ(間の交流)  他部署・他業種  家族・地域 (その時間を作るための自己管理技術)  コードを介した交流 (ハッカソン、コードリトリート) 必要な技術  分析力、振り返り力  ツール力  組み合わせ力  チーム力  コード力 ソフトウェアを「楽しむ」  ユーザとして楽しむ  技術者として楽しむ  オープンソースを読む・いじる
  10. 10. 参考文献 まつもとゆきひろ, “コードの未来” ◦ 日経BP, ISBN978-4-8222-3463-8 岸田孝一, “Position Statement for SS2009 WG1” ◦ http://sea.jp/Events/symposium/ss2009/contents/04-HCI/ss2009- hci-pp-kishida.pdf Winston R. Royce “Managing the Development of Large Software Systems” ◦ http://leadinganswers.typepad.com/leading_answers/files/original _waterfall_paper_winston_royce.pdf Christiane Floyd, "Outline of Paradigm Change in Software Engineering” ◦ http://dl.acm.org/citation.cfm?id=43851&bnc=1 Leon Osterweil, “Software Processes are Software Too” ◦ http://dl.acm.org/citation.cfm?id=41766 M. M. Lehman, Life Cycles, and Laws of Software Evolution” ◦ http://users.ece.utexas.edu/~perry/education/SE-Intro/lehman.pdf

    Be the first to comment

    Login to see the comments

Views

Total views

3,591

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

2,501

Actions

Downloads

5

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×