Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

日常生活で利用するSNSでみられる名乗りについて(IPSJ DPS156/GN89/EIP61)

1,310 views

Published on

情報処理学会合同研究会で発表したスライドです。大学生へのアンケート調査の結果をまとめています。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

日常生活で利用するSNSでみられる名乗りについて(IPSJ DPS156/GN89/EIP61)

  1. 1. 日常生活で利用するSNSでみられる 名乗りについて 2013年9月13日 折田明子 関東学院大学 人間環境学部 oritako@kanto-gakuin.ac.jp 1 ※本研究の一部は科研費若手B(24700250)の助成を受けています
  2. 2. 本発表の流れ • 本発表の目的 • 背景:SNS利用と名乗り • 調査のリサーチクエスチョン • 調査結果・考察 • 今後の課題 2
  3. 3. 本発表の目的 一般に、インターネット上のコミュニケーション は匿名性が高いと言われているが、今でもそうだ ろうか? 首都圏の四年制私立大学1年生を対象にしたアン ケートの結果を紹介する 3 日常的に利用されているSNSサービスにおい て、 実名・仮名(ハンドル)・匿名といった名 乗りや、 名乗り分けがどのようになされているかを 探索的に明らかにする
  4. 4. インターネット上のコミュニケーショ ンに おける匿名性 • 視覚的匿名性 (Visual Anonymity) – 相手の顔が見えない状態。個人的属性への手がかり が減少する。 (Joinson,2003) – 自分自身に関して詳細に記述する傾向。 (Wallace,1999) • 仮名あるいは匿名の利用 (Pseudonymity or Anonymity) – 実名を秘匿し、別の名前を名乗る (c) 2013 Akiko Orita 4
  5. 5. 背景:インターネット利用時の不 安 5(c) 2013 Akiko Orita(出典)総務省「平成24年・平成25年情報通信白書」をもとに作 成 0.2 2 6.9 8 17.3 29.3 38.4 42.4 61.9 69.6 71.6 2.2 6.3 7.5 17.0 29.7 38.5 42.0 61.6 72.8 72.6 1.9 6.0 7.2 12.8 23.6 36.4 39.1 59.3 72.2 71.0 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 無回答 その他 送信した電子メールが届くかどうかわからない 知的財産の保護に不安がある 認証技術の信頼性に不安がある 違法・有害情報が氾濫している セキュリティ脅威が難解で具体的に理解できない 電子的決済手段の信頼性に不安がある どこまでセキュリティ対策を行えばよいか不明 ウイルスの感染が心配である 個人情報の保護に不安がある 世帯におけるインターネット利用で感じる不安(複数回答) 平成24年(n=7,021) 平成23年(n=5,842) 平成22年末
  6. 6. 背景:個人情報保護の対策 6 (出典)総務省「平成24年、25年情報通信白書」をもとに作成 (c) 2013 Akiko Orita 7.7 23.0 69.3 19.2 21.1 59.7 25.5 74.5 0.0 10.0 20.0 30.0 40.0 50.0 60.0 70.0 80.0 無回答 何も行っていない 何らかの対策を実施 平成24年末(n=14,180) 平成23年末 (11,731) 平成22年末 平成21年末 2.0 19.0 25.0 26.7 37.4 46.7 1.3 18.9 20.8 22.6 32.8 39.6 1.9 19.3 25.5 28.4 41.0 51.1 0.0 10.0 20.0 30.0 40.0 50.0 60.0 その他の対策 スパイウェア対策ソフトを利用 クレジットカード番号の入力を控える 懸賞等のサイトの利用を控える 軽率にウェブサイトからダウンロードし ない 掲示板等のウェブ上に個人情報を掲載し ない 平成24年末(n=14,180) 平成23年末 (11,731) 平成22年末 平成21年末
  7. 7. 背景:主な利用目的としてのソーシャ ルメディア (c) 2013 Akiko Orita 7 総務省 平成25年情報通信白書より
  8. 8. 背景:ソーシャルメディアにおける 実名・ハンドル利用率 8 20.9 7.2 4.0 48.3 40.4 27.6 30.8 52.4 68.4 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 SNS(mixi、Facebook等) (n=1,024) Twitter (n=681) ネット上の 掲示板 (n=450) ハンドルネーム (現実世界のあなたとハンドルネームが結びついていない場合) ハンドルネーム (サイトの親しい人の中では現実世界のあなたとハンドルネームが結びついている場合) 実名 総務省 平成23年情報通信白書をもとに作成
  9. 9. 背景:ソーシャルメディア利用の 不安 (c) 2013 Akiko Orita 9 80.5 71.3 66.6 64.1 56.4 53.7 50.8 48.1 36.2 80.2 71.4 66.3 63.7 55.0 52.0 49.6 46.2 34.4 86.5 75.0 73.4 69.7 61.5 59.0 56.1 53.3 41.4 76.7 71.6 67.0 60.8 59.1 55.1 52.3 51.1 41.5 0.0 10.0 20.0 30.0 40.0 50.0 60.0 70.0 80.0 90.0 100.0 自分の個人情報が漏えいする 自分の個人情報を他人に不正に利用される プライバシーを侵害される スパムメールが届く 自分の個人情報が消せない 自分の個人情報や使用履歴を使っておすすめ… 自分の情報が他人に改ざんされる ネットいじめ・炎上にまきこまれる 相手との関係が悪化する Twitter(n=176) ブログ(Amebaブログ、Yahoo!ブログ等)(n=244) SNS(mixi、Facebook等)(n=738) 全体(n=1,361)
  10. 10. ソーシャルメディアの基本機能 基本機能 1. プロフィール – ソーシャルグラフ含む 2. ユーザ検索 3. ブログ/タイムライン – 公開範囲は選択可能 4. コミュニティ – あるいはグループ機能 5. メッセージ送受信 (c) 2013 Akiko Orita 津田大介「動員の革命〜ソーシャルメディアは何を変えたのか」中公ラクレ(
  11. 11. 主なソーシャルメディアのメディ ア特性 • Twitter – 利用者が「つぶやく」 – 名前は何でもよいが、なりすまし防止のVerified Accountあり • それをフォローする • Facebook – プロフィールをつないでいく – 実名利用を原則とする – 元は学生どうしの「写真名簿」 • その上でやりとりする • LINE – 電話帳に登録した相手と無料通話をする • 通話に加えてトーク、グループトークも – メッセージの既読表示、スタンプの利用 (c) 2013 Akiko Orita 11
  12. 12. 大学生のSNS利用と名乗りの調査 リサーチクエスチョン RQ1 : SNSの利用用途と名乗りは、どのような関係 にあるのか。匿名性は保たれているのか。 RQ2: SNSの主な交流相手と名乗りは、どのような 関係にあるのか。匿名性は保たれているのか。 RQ3: SNSの利用において、どのように名乗り分け がなされているのか。 12
  13. 13. 調査概要 日時 2013年7月11日(木) 調査対象 四年制私立大学人間環境学部所属 1 年生 必修科目( ン) 履修者 回答者数 72(配布数 86 部.有効回答率 83.7%) 回答者内訳 男性 46 名(63.9%) 女性 26 名(36.1%) 調査方法 質問紙による調査 13 利用開始時期およびデバイスに関しての質問 LINE, Twitter および Facebookについての個別質問 複数サービスにおける名乗り分けに関する質問
  14. 14. 回答者の背景 利用デバイス(複数回答) 91.7% 56.9% 38.9% 29.2% 5.6% 4.2% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% インターネット利用開始時 期 • ネット利用 – 小学生 58.3% – 中学生 33.3% – 高校生 8.3% • 個人メールアドレス取得 – 小学生 36.6% – 中学生 50.7% – 高校生 2.8% 14 用途、交流相手、名乗りにおいていずれにおいても有意差みられず
  15. 15. 利用しているソーシャルメディアと名 乗り 利用の有無(複数回答) 各サービスでの名乗り 15 94.4% 86.1% 54.2% 0% 20% 40% 60% 80% 100% LINE Twitter Facebook 利用の有無に関して,インターネット利用開始時期, 性別による有意差は無し 43.9% 26.2% 56.4% 48.5% 54.1% 43.6% 12.1% 27.9% 7.7% LINE Twitter Facebook 本名 本名が分かるニックネーム 本名が分からないニックネーム
  16. 16. 用途と名乗り 16 30.3% 39.1% 30.8% 34.8% 46.1% 63.5% 81.8% 13.9% 5.8% 43.9% 26.2% 56.4% 48.5% 54.1% 43.6% 12.1% 27.9% 7.7% 0% 20% 40% 60% 80% 100% LINE Twitter Facebook 情報を発信する 友人の情報を得る 連絡手段 本名 本名が分かるニック ネーム 本名が分からないニッ クネーム
  17. 17. 交流相手と名乗り 17 98.5% 96.8% 97.4% 17.9% 33.9% 17.9% 7.5% 41.9% 12.8% 43.9% 26.2% 56.4% 48.5% 54.1% 43.6% 12.1% 27.9% 7.7% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% LINE Twitter Facebook リアルの友人 ネットの友人 有名人を見る 本名 本名が分かるニック ネーム 本名が分からないニッ クネーム
  18. 18. 複数サービスにおける名乗り分け 18 64.1% 34.6% 52.3% 35.9% 65.4% 47.7% 男性 女性 全体 複数サービスで同じ名前 サービスごとに変えている 性別のみ有意差(5%水準)あり。 利用開始時期、利用デバイス、サービスによる違いはなし。
  19. 19. 考察 (1/3) RQ1 : SNSの利用用途と名乗りは、どのような関係にあ るのか。匿名性は保たれているのか。 • 本名による利用割合が最も高いのはFacebook – 実名利用ルール、検索して見つけられる名前 • LINEは電話帳をベースにしているので、もともと相 手が分かっている上ではないか • Twitterは「本名が分からない」名前の利用割合が高 い – 情報の受発信が主な目的 – 匿名性が、情報発信の障壁を下げている可能性もあるか? 19
  20. 20. 考察 (2/3) RQ2: SNSの主な交流相手と名乗りは、どのような 関係にあるのか。匿名性は保たれているのか。 • いずれのサービスも、「リアルの友人」が主な 交流相手で、「本名が分かるニックネーム」の 利用割合が高い • Twitterは、3つの中でもっとも匿名性の高い使わ れ方をされており、「リアルの友人」以外の対 象も含まれている 20
  21. 21. 考察 (3/3) RQ3: SNSの利用において、どのように名乗り分け がなされているのか。 • 「同じ名前」「その都度変える」は、全体では ほぼ半々 • 性別のみ有意差:女性は「その都度変える」が 多い • 名乗り分ける=リンク可能性を減じ、匿名性が 高くプライバシーも守られる 21
  22. 22. おわりに • インターネットを介したコミュニケーション は、匿名性が高いと言われていたが、大学生を 対象とした日常生活で利用するSNSでは、匿名性 の低い使われ方がなされている – 本人の特定につながる名乗りが多数 – 半数は同じ名前を名乗り続ける • 今後の課題 – ネットと匿名性、人間関係に対する感覚と実際の行 動の関連についても明らかにする • もはやネットは内輪のものかもしれない? – 個人情報やプライバシーを守りつつ安全に利用する ための方向性を考察したい 22

×