Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

MySQL Technology Cafe #12 待望の!MDS HA先行レビュー

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 30 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to MySQL Technology Cafe #12 待望の!MDS HA先行レビュー (20)

Advertisement

More from オラクルエンジニア通信 (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

MySQL Technology Cafe #12 待望の!MDS HA先行レビュー

  1. 1. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 待望の︕MDS HA先⾏レビュー 2021/5/21(⾦) 株式会社データベーステクノロジ システム技術G 後藤義雄
  2. 2. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 2 ⾃⼰紹介 後藤 義雄(Yoshio Goto) - 株式会社データベーステクノロジ (主にインフラ担当) - OracleDatabase業務従事 - クラウド業務従事
  3. 3. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 3 弊社のご紹介 会社概要 事業内容 屋号 株式会社データベーステクノロジ https://www.db-tec.com/ 所在地 京都市中京区柳⼋幡町65番地 設⽴ 1995年7⽉12⽇ パートナー資格 ORACLE Cloud Sell Partner 許認可 Pマーク(第20002140号) クラウドサービス事業 インフラ基盤構築・Lift&Shift・運⽤監視アウトソース データベース関連事業 Oracle Master認定技術者によるデータベース設計/構築/運⽤ MySQLやSQLサーバについても対応可能 ソフトウェア開発事業 ⽣産管理・販売管理・会計管理・営業⽀援 業種︓⾦融・製薬・⼩売/レンタル・メーカー・学術/研究機関 ERPパッケージ導⼊事業 Oracle E-Business Suite© マスコット キャラクター データベーチュ 親⼦ 沿⾰ 1995年 DB構築サービスを専業として⼤阪市中央区に設⽴ 2001年 DBパフォーマンス測定サービスを開始 2010年7⽉ 本社を京都市中京区へ移転 2015年8⽉ ⽇本オラクル社とパートナー契約締結 2015年9⽉ らくがきSQLを IT Pro EXPOへ出展 2019年12⽉ メール/チャット⾃動変換サービス chatveryをリリース
  4. 4. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 4 待望のMDS HA ︕︕ l これまでMDSはシングル構成 もしくはHA構成のセカンダリとしてしか構築 できませんでした。 l ⾼可⽤性を求めるお客様に採⽤されるには中々⾼いハードル。 l この⼤きな弱点を埋めたのが MDS HA
  5. 5. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 5 MDS HA 検証 l 構築・操作 について l バックアップ・リストア l スイッチオーバ・フェイルオーバ l パフォーマンス l 番外 l HeatWave 検証結果 l MDS サービスへの今後の期待
  6. 6. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 6 構築・操作 について
  7. 7. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 7 MDS HA 構築・操作について l構築・・・簡単︕ 以上︕ lスイッチオーバー操作・・・簡単︕ 以上︕
  8. 8. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 8 HA構築で利⽤できる構成 l ⾼可⽤性を選択した場合でも、拡張オプションにて構成変更可能。 例) MySQL.VM.Standard.E3.1.8GB を選択した場合
  9. 9. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 9 HA構築で利⽤できるシェイプ構成 の違いについて l デフォルトで選択できる 構成 l MySQL.VM.Standard.E3.<OCPU>.<MEMORY>GB.Standalone l MySQL.VM.Standard.E3.<OCPU>.<MEMORY>GB.HA (※OCPU,MEMORYは選択したシェイプタイプにより変動) l 違いは2つ l HAの⽅は「sql_require_primarykey」がON l HAの⽅が同じシェイプタイプのstandalone構成と⽐べて 「innodb_buffer_pool_size」が ⼩さい 例)
  10. 10. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 10 サブネットについての注意 l マルチADリージョンに限り次の注意が必要 l MDS HAを配置するサブネットは「リージョナル」で作成すること l 「可⽤性ドメイン固有」サブネットの場合 各MDSインスタンスが各ADではなく サブネットの属する各FDに配置。 ※「リージョナル」サブネット実装以前に作成したサブネットを利⽤する際は注意が必要。 ※東京リージョンは 2021年5⽉現在 シングルADリージョンのため 気にする必要はなし。
  11. 11. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 11 バックアップ・リストア
  12. 12. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 12 MDS HA バックアップ・リストア l WEBコンソールを利⽤したバックアップ・リストアは シングル構成のMDSと ほとんど 同じ l リストア時、シングルではリカバリするADを選択するが、HAの場合にはプライマリ ノードが稼働するADを選択できるという意味の違いのみ
  13. 13. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 13 スイッチオーバー・フェイルオーバー
  14. 14. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 14 スイッチオーバー l 構成等 l クライアント APサーバ想定で Jmeter を利⽤ l 次の3つの処理を実⾏ l コネクションプールを張りSQL発⾏繰り返し l 「接続、SQL発⾏、切断、10ms待機」 を繰り返し l MySQLコマンドにてホスト名取得 繰り返し
  15. 15. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 15 スイッチオーバーにおける影響 l コネクションプール接続+SQL発⾏繰り返し処理 l 「接続、SQL発⾏、切断、10ms待機」繰り返し処理 →切断 →⼀時接続不可 ※平均2秒程度 最⼤6秒程度の接続不可時間が存在
  16. 16. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 16 フェイルオーバー l 意図的障害発⽣について 概要︓メモリ枯渇による意図的な障害を発⽣させる。 l HA構成は⼀番⼩さなシェイプ(E3.1.8)を利⽤ l 10GB程度のデータを⽤意 l 複数同時セッションによる データソート処理実⾏ l 並⾏してスイッチオーバー検証時と同様の3処理も実⾏ ※挙動確認⽤ OOM Killer
  17. 17. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 17 フェイルオーバーによる影響 l アプリ側 DB接続状況 ①・・・検証開始 特に何も発⽣せず(2分間) ②・・・3分半、SQLレスポンスなしを確認 ③・・・4分間、DB接続エラーを確認(コネクションプールはここで切断) ④・・・2分間、DB接続及びSQL応答を確認 ⑤・・・2秒間 DB接続エラーを確認 ⑥・・・DB接続が可能となり、SQL応答あり ※②、③の状況はスワップ等 応答に時間のかかる状況若しくは ネットワークのサ チレーションが発⽣したと推察される(OracleMDSプロダクトマネージャ様⾒解) フェイルオーバー発⽣ 切断
  18. 18. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 18 フェイルオーバー時のMDS HA復旧について l 障害により切り替わった元プライマリノードについては ⾃動で復旧、⾃動でHA構成上に復帰。 l 今回はOOM Killer による障害だった為、復旧は再起動のみで良かったと思わ れ、復旧まで数分しか掛からなかった。
  19. 19. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 19 AP 実装の注意 l コネクションプールを利⽤する際、⾃動再接続する設定は必須 l コネクションプールの再接続時間(インターバル時間)はシステムに影響 を与えない最⼩の値を推奨 l フェイルオーバーの場合には数分間接続が途絶する可能性が有ることを認 識しておく
  20. 20. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 20 パフォーマンス
  21. 21. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 21 パフォーマンス検証 環境・仕様 l クライアント l OCPU︓48 Memory︓768GB Disk︓500GB l MDS シングル/HA l OCPU︓16 Memory︓256GB Disk︓300GB l 利⽤構成︓「MySQL.VM.Standard.E3.16.256GB.HA」のカスタム l max_connections︓100000 max_prepared_stmt_count 1000000 に変更 l ベンチマークソフト l Tpcc-mysql ⽣成データ量 約15GB
  22. 22. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 22 ベンチマーク結果 17,751 28,372 40,885 49,168 74,492 94,772 14,123 26,068 28,036 28,206 28,524 28,597 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 80,000 90,000 100,000 10 20 30 50 100 500 TpmC 同時接続数 パフォーマンス検証結果 スタンドアロン HA シングル
  23. 23. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 23 スイッチオーバー等によるパフォーマンス変化 l スイッチオーバー等によるMDS HAの性能劣化は無し l マルチADの場合にAPから⾒た性能は変わる可能性がある l AP サーバとMDS HA プライマリノードが違うAD配置となった場合、同じADに配置され た場合より性能が落ちる可能性がある(ネットワークが遠くなる影響) l 切り替わり時ADを変更したくないのであれば同⼀AD内FDでのMDS HA構成 も有効(可⽤性ドメイン固有サブネット)
  24. 24. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 24 MDS HA 検証まとめ l 構築、利⽤は極めて簡単 l スイッチオーバー時間は短時間 l フェイルオーバ時 ⾃動復旧 l パフォーマンスはシングルノードより限界値が低い
  25. 25. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 25 番外
  26. 26. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 26 番外︓HeatWave 検証 l 旧名︓ MySQL Database Service Analytics Engine l 詳しい機能説明は 割愛します l 早い早いと喧伝されているが 本当か︖⾃分の⽬で確かめる︕
  27. 27. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 27 番外︓HeatWave 検証 構築・使い⽅ l 構築は⾮常に簡単 l 利⽤⽅法 l HeatWaveを利⽤する際の作業 1.テーブルの設定変更(1回だけ) ALTER TABLE <TABLE> SECONDARY_ENGINE=RAPID; 2.データをロードする(起動ごとに必要、データ同期は⾃動) ALTER TABLE <TABLE> SECONDARY_LOAD;
  28. 28. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 28 番外︓HeatWave 検証 パフォーマンス l スタースキーマベンチマークのデータ を利⽤し検証 l データは6億件、サイズ 240GB、13クエリ応答時間
  29. 29. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 29 番外︓MDSサービスへの期待 l 再起動なしのバージョンアップ実装 l 構成変更(シェイプ・ディスクサイズ)の容易さ l HA構成の柔軟性追加 l セカンダリノードへの読み取り・マルチプライマリ構成 l トランザクションログ利⽤のリカバリ
  30. 30. © 2021 Database Technology Inc. All Rights Reserved. 30 御清聴ありがとうございました

×