第1回 LODセミナー「実践 SPARQL!」

13,152 views

Published on

定員に達したため申込受付を終了致しました

Published in: Engineering
0 Comments
6 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
13,152
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11,132
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
6
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • Oracle Data Miner 4.1 チュートリアルでは、分類モデルを作成・実行するために「DMUSER」スキーマを選択しました。
    今回のチュートリアルでは、異なるスキーマでスタースキーマ・マイニングを行います。

    既に学習したように、データソースノードによって現在のアカウント(スキーマ)において、いずれかの表やビューを選択できます。
    また、現在のアカウントの表に加えて、使用権限のある他のアカウントの表を選択することもできます。
    更に、「DMUSER」アカウントは、Oracle Databaseのサンプルスキーマの1つである「Sales History(SH)」スキーマへのアクセスも提供します。

    In the Using Oracle Data Miner 4.1 tutorial, you selected data from the DMUSER schema to create and apply Classification models. In this tutorial, you will perform star schema mining in a different schema.
    As you have already learned, data source nodes allow you to select any table or view in the current account (schema). In addition to tables in the current account, you can select tables in other accounts that you have permission to use. The DMUSER account also provides access to the Sales History (SH) schema, one of the Oracle Database Sample Schemas.

    *題名変更
    ・Perform Star Schema Mining→スタースキーマのマイニング


    http://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/COMSC/diagrams.htm#COMSC112
  • Oracle Data Miner 4.1 チュートリアルでは、分類モデルを作成・実行するために「DMUSER」スキーマを選択しました。
    今回のチュートリアルでは、異なるスキーマでスタースキーマ・マイニングを行います。

    既に学習したように、データソースノードによって現在のアカウント(スキーマ)において、いずれかの表やビューを選択できます。
    また、現在のアカウントの表に加えて、使用権限のある他のアカウントの表を選択することもできます。
    更に、「DMUSER」アカウントは、Oracle Databaseのサンプルスキーマの1つである「Sales History(SH)」スキーマへのアクセスも提供します。

    In the Using Oracle Data Miner 4.1 tutorial, you selected data from the DMUSER schema to create and apply Classification models. In this tutorial, you will perform star schema mining in a different schema.
    As you have already learned, data source nodes allow you to select any table or view in the current account (schema). In addition to tables in the current account, you can select tables in other accounts that you have permission to use. The DMUSER account also provides access to the Sales History (SH) schema, one of the Oracle Database Sample Schemas.

    *題名変更
    ・Perform Star Schema Mining→スタースキーマのマイニング


    http://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/COMSC/diagrams.htm#COMSC112
  • Oracle Data Miner 4.1 チュートリアルでは、分類モデルを作成・実行するために「DMUSER」スキーマを選択しました。
    今回のチュートリアルでは、異なるスキーマでスタースキーマ・マイニングを行います。

    既に学習したように、データソースノードによって現在のアカウント(スキーマ)において、いずれかの表やビューを選択できます。
    また、現在のアカウントの表に加えて、使用権限のある他のアカウントの表を選択することもできます。
    更に、「DMUSER」アカウントは、Oracle Databaseのサンプルスキーマの1つである「Sales History(SH)」スキーマへのアクセスも提供します。

    In the Using Oracle Data Miner 4.1 tutorial, you selected data from the DMUSER schema to create and apply Classification models. In this tutorial, you will perform star schema mining in a different schema.
    As you have already learned, data source nodes allow you to select any table or view in the current account (schema). In addition to tables in the current account, you can select tables in other accounts that you have permission to use. The DMUSER account also provides access to the Sales History (SH) schema, one of the Oracle Database Sample Schemas.

    *題名変更
    ・Perform Star Schema Mining→スタースキーマのマイニング


    http://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/COMSC/diagrams.htm#COMSC112
  • 第1回 LODセミナー「実践 SPARQL!」

    1. 1. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 第1回 LODセミナー 「実践 SPARQL!」 2016年5月17日 開催予定 日本オラクル株式会社 クラウド・テクノロジー事業統括 Cloud/Big Data/DISプロダクト本部 定員に達したため申込受付を終了致しました
    2. 2. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 開催要項 2015年11月に発売された日本語で初めてのSPARQLの解説本 「オープンデータ時代の標準Web API SPARQL」の著者5名より LODとSPARQLを初心者向けに解説頂きます • 日時: 5月17日 火 16:15-18:30 • 場所: 東京メトロ 外苑前駅 オラクル青山センター 13F • 参加費: 無料(ただし要登録) • 定員: 40名(先着順) 2 定員に達したため申込受付を終了致しました
    3. 3. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. プログラム スケジュール 3 「LOD の基礎知識」 「SPARQL を支える技術」 「SPARQL の基本」 「SPARQL の言語仕様とクエリ」 「アプリケーション開発」 「Oracle で SPARQL」※ ※ こちらは日本オラクル社員の講演です 16:00-16:15 受付 16:15-16:20 開催趣旨の説明 16:20-17:20 講演 20分 x 3 17:20-17:30 休憩 17:30-18:30 講演 20分 x 3 18:30-19:00 懇親会 講演内容
    4. 4. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. お申し込み 4 メールにてお申し込みください • 宛先: 日本オラクル 山中 • アドレス: ryota.yamanaka@oracle.com • 件名: 第1回LODセミナーの申込 • 必要事項: お名前、所属、メールアドレス セミナーの参考書として書籍「SPARQL」を お手元にご用意頂くことをお勧め致します! ご購入はこちら http://sparqlbook.jp/ 定員に達したため申込受付を終了致しました
    5. 5. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

    ×