書籍”Windows PowerShell for Developers”の紹介
めとべや東京#3 2014/01/18
太田健一郎
Is PowerShell for System
Administrators?
Windows Server 2012
コマンドレット数 2300+
全ての管理機能をほぼコマンドレットで可能に
→ PowerShellはWindowsシステム...
Windows PowerShell for Developers
読者
Not for Administrator
But for Developers and QAs

内容 濃い(*⌒▽⌒*)
言語の説明はさらっとその後
PowerShe...
無料PDFと書籍内のソースコード
無料PDF
http://it-ebooks.info/book/701/
半分くらいを抜粋
PowerShell V2.0の内容で記載 (書籍はV3.0)
ソースコード
https://github.com/...
chapter 7 WPF by PowerShell +
ShowUI
New-Window @ws -Show {
ListBox -Background Black -ItemTemplate {
Grid -Columns 55, 30...
Chapter 9 DSL for GraphViz
function New-Graph {

. .graphviz.ps1

param([string]$Name, [scriptblock]$ScriptBlock)
$Script:...
Chapter 9 DSL for Graphviz
元の言語よりシンプルかつ分かりやすい言語で記述できる
XMLやDOT言語など
元の言語では表現しにくい要素もPowerShellの語彙を使えば簡単に記述でき
る
ループ、分岐、関数など
Chapter 10 Function of Excel
$xl = New-Object -ComObject Excel.Application
$wf = $xl.WorksheetFunction
$data = 1,2,3,4
$ar...
翻訳プロジェクト
運用管理者以外にももっとPowerShellの魅力を知って欲しい
本書は既存の日本語の書籍にはない開発者や一般ユーザーが活用できるテク
ニックが満載
→翻訳しよう(*⌒▽⌒*)
→来週から翻訳予定
→ある程度訳してみてオライリ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

書籍"Windows PowerShell for Developers"の紹介

1,489 views

Published on

開発者とQAがPowerShellを活用刷るための書籍"Windows PowerShell for Developers"の紹介です。

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,489
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
40
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

書籍"Windows PowerShell for Developers"の紹介

  1. 1. 書籍”Windows PowerShell for Developers”の紹介 めとべや東京#3 2014/01/18 太田健一郎
  2. 2. Is PowerShell for System Administrators? Windows Server 2012 コマンドレット数 2300+ 全ての管理機能をほぼコマンドレットで可能に → PowerShellはWindowsシステム管理者用? → 事実、情報発信や使いこなしている方は運用管理系の方々が多い But, PowerShell is more potential for developers and QAs オブジェクト指向シェル もうCygwinはいらないぐらいの言語機能 Windows 7から標準装備 (XPのサポート期限が遂に2013/04に切れる)
  3. 3. Windows PowerShell for Developers 読者 Not for Administrator But for Developers and QAs 内容 濃い(*⌒▽⌒*) 言語の説明はさらっとその後 PowerShellでテンプレートエンジン PowerShellでWPF PowerShellからRoslyn PowerShellでDSL (XML生成、 GraphViz) PowerShellでExcel操作 PowerShellで生産性向上 (付録)
  4. 4. 無料PDFと書籍内のソースコード 無料PDF http://it-ebooks.info/book/701/ 半分くらいを抜粋 PowerShell V2.0の内容で記載 (書籍はV3.0) ソースコード https://github.com/dfinke/powershell-for-developers git cloneもしくはZIPで取ってこられる 書籍の誤表記も修正されている
  5. 5. chapter 7 WPF by PowerShell + ShowUI New-Window @ws -Show { ListBox -Background Black -ItemTemplate { Grid -Columns 55, 300 { 事前準備が殆ど不要 Tck/Tkっぽく宣言的に書ける Image -Column 0 -Name Image -Margin 5 TextBlock -Column 1 -Name Title ` -Margin 5 ` -Foreground White ` -TextWrapping Wrap } | ConvertTo-DataTemplate -binding @{ "Image.Source" = "image_link" "Title.Text" = "title" } } -ItemsSource (Search-Twitter PowerShell) } エンドユーザーでも書けそう →プロトタイピングに向いてい る ※ただし、この例のコードは Twitter API 1.0が廃止になった ため,もう動きません
  6. 6. Chapter 9 DSL for GraphViz function New-Graph { . .graphviz.ps1 param([string]$Name, [scriptblock]$ScriptBlock) $Script:edges = @() function Add-Edge { New-Graph G { ForEach($x in 1..15) { param([string]$Source, [string]$Target) Add-Edge $x ($x*$x) } $Script:edges += "`"$Source`"->`"$Target`"" } | dot -Tpng -o .test.png } & $ScriptBlock @" digraph $name { $Script:edges } "@ } .test.png
  7. 7. Chapter 9 DSL for Graphviz 元の言語よりシンプルかつ分かりやすい言語で記述できる XMLやDOT言語など 元の言語では表現しにくい要素もPowerShellの語彙を使えば簡単に記述でき る ループ、分岐、関数など
  8. 8. Chapter 10 Function of Excel $xl = New-Object -ComObject Excel.Application $wf = $xl.WorksheetFunction $data = 1,2,3,4 $array = ((1,2,3),(4,5,6),(7,8,9)) "Median : {0}" -f $wf.Median($data) "StDev "Var : {0}" -f $wf.StDev($data) : {0}" -f $wf.Var($data) "Transpose: {0}" -f ($wf.Transpose($array) | Out-String) $xl.quit() $wf, $xl | ForEach { [void][Runtime.Interopservices.Marshal]::ReleaseComObjec t($_) } Excelを機能をスクリプトの部 品として使える Excelを直接起動しなくても バッチ的にExcelを使える ログの分析や既存ワークシート の自動化に使える
  9. 9. 翻訳プロジェクト 運用管理者以外にももっとPowerShellの魅力を知って欲しい 本書は既存の日本語の書籍にはない開発者や一般ユーザーが活用できるテク ニックが満載 →翻訳しよう(*⌒▽⌒*) →来週から翻訳予定 →ある程度訳してみてオライリー・ジャパンさんに持ち込み →翻訳開始できたら、レビューアーさん募集 →自分はPowerShellのパワーユーザーではないため →特にPowerShell MVPの方だと嬉しいです

×