Successfully reported this slideshow.

View customize1.2.0の紹介

1

Share

1 of 40
1 of 40

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

View customize1.2.0の紹介

  1. 1. View customize バージョン1.2.0 の紹介 2018-11-10 第15回redmine.tokyo勉強会 Hirokazu Onozato @onozaty
  2. 2. 自己紹介 • Hirokazu Onozato (onozaty) • https://twitter.com/onozaty • https://github.com/onozaty • http://www.enjoyxstudy.com/ • 株式会社ユニスティ所属 • エンジニア • アプリケーション開発 • 個人でも作ったものを公開 • Redmine歴9年
  3. 3. View customize plugin
  4. 4. View customize plugin • Redmineの画面をカスタマイズするためのPlugin • https://github.com/onozaty/redmine-view-customize • 特定の画面に対して、JavaScript、CSSを埋め込む 機能を提供
  5. 5. View customize plugin • Redmine自体のコードを変更したり、プラグイン を作ったりといった手間無く、手軽にカスタマイ ズできる • 再起動不要でカスタマイズを適用
  6. 6. できることの例 • プロジェクト毎にヘッダの色を変える • チケット一覧を識別しやすいように装飾 • カスタムフィールドを連動させる(親の値に応じて、子を絞り込む) • 担当者を入力補完で選択可能に • チケット作成時にトラッカーに応じてデフォルト値を設定 • サイドバーを開閉式に • 「全てのチケット一覧」リンクをヘッダに • 進行中にもかかわらず担当者が未設定の場合に警告を表示 • ユーザ選択のカスタムフィールドで自分を選択する項目を先頭に追加 • プロジェクト一覧からの各プロジェクトへのリンク先を変更
  7. 7. 使用方法 • 詳しい使用方法は省略 • ぜひ下記スライドで確認を • View customize pluginを使いこなす https://www.slideshare.net/onozaty/view-customizeplugin-62005780
  8. 8. バージョン1.2.0
  9. 9. バージョン1.2.0 • 2018年10月1日リリース • 2年ぶりの新バージョン • 新機能も実装
  10. 10. リリース内容 • コードの挿入位置を選択できるように • ユーザやプロジェクトの情報にJavaScriptでアクセス可能 に • ローカライズ対応 (日本語リソースの追加) • コメント欄を追加し、一覧表示の際にコメントがあればそ ちらを表示するように (コメントが無かった時にコードを) • 一覧をソート可能に その他bug fixも
  11. 11. コードの挿入位置を 選択できるように (Insertion position)
  12. 12. コードの挿入位置を選択できるように • Insertion position(挿入位置)という項目が追加 • 今までは一律ヘッダ部分にコードを挿入していた が、下記の3つから選べるように • Head of all pages (全てのページのヘッダ) ※v1.2.0より前と同じ • Bottom of issue form (チケット入力欄の下) • Bottom of issue detail (チケット詳細の下)
  13. 13. Bottom of issue form (チケット入力欄の下) • チケットの入力欄は、トラッカーやステータスを 変えた際に再構築されるが、再構築の際にも一緒 に再度挿入される
  14. 14. Bottom of issue form (チケット入力欄の下) • 今まで面倒だった、入力欄が再構築された際に再 度実行するための考慮が不要に // ステータス変更時などにDOMが差し替えられるので // フォームの内容が書き変わるたびに表示切替 var _replaceIssueFormWith = replaceIssueFormWith; replaceIssueFormWith = function(html){ _replaceIssueFormWith(html); executeScript(); };
  15. 15. 埋め込み位置による実行ページの制御 • 埋め込み位置が存在しないページでは、コードが 埋め込まれなくなる(=実行されなくなる) • Path patternとの組み合わせに注意(AND条件に)
  16. 16. 埋め込み位置による実行ページの制御 • Path patternは .* で全ページにしておいて、 Insertion position で制御するといった方法も取れ る
  17. 17. ユーザやプロジェクトの情報に JavaScriptでアクセス可能に (ViewCustomize.context)
  18. 18. ViewCustomize.context • ユーザやプロジェクトの情報にJavaScriptでアクセ スできるようにViewCustomize.contextというオブ ジェクトを追加 • 画面上にない情報へのアクセスが可能に
  19. 19. ViewCustomize.context プロジェクトの識別子やチケットのIDは、今までも画面に存 在する情報から取得可能だったが、利用頻度が多いため、よ り直感的に書けるように今回追加 分類 項目 ユーザ ユーザID、ログインID、管理者かどうか、姓名、グループ、 APIキー、カスタムフィールド プロジェクト 識別子、名前、ロール チケット チケットID
  20. 20. ViewCustomize = { "context": { "user": { "id": 1, "login": "admin", "admin": true, "firstname": "Redmine", "lastname": "Admin", "groups": [ {"id": 5, "name": "Group1"} ], "apiKey": "3dd35b5ad8456d90d21ef882f7aea651d367a9d8", "customFields": [ {"id": 1, "name": "[Custom field] Text", "value": "text"} ] }, "project": { "identifier": "project-a", "name": "Project A", "roles": [ {"id": 6, "name": "RoleX"} ] }, "issue": { "id": 1 } } } ViewCustomize.context
  21. 21. 例: グループを使った適用ユーザ切り替え • グループでスクリプトの実行可否を判定すること によって、一部のユーザのみにスクリプトを適用 できる • 適用したいユーザが増えたら、グループに追加す るだけ • View customize側をいちいち変えなくて良い
  22. 22. 例: グループを使った適用ユーザ切り替え $(function() { var isEnabled = ViewCustomize.context.user.groups.some(function(group) { return group.id == 5; // 有効にしたいグループのIDと比較 }); if (!isEnabled) { // 無効の場合は処理終了 return; } // 以降実際に実行したいスクリプト console.log('execute script.'); });
  23. 23. 例: カスタムフィールドを使った制御 • ユーザのカスタムフィールド(真偽値)によって、 スクリプトの適用可否を判断 • 管理者ではなく、ユーザ側に選択権を持たせる
  24. 24. 例: カスタムフィールドを使った制御 $(function() { var isEnabled = ViewCustomize.context.user.customFields .some(function(customField) { // チェックしたいカスタムフィールドのIDと値でチェック ("1"がtrue) return customField.id == 1 && customField.value == '1'; }); if (!isEnabled) { // 無効の場合は処理終了 return; } // 以降実際に実行したいスクリプト console.log('execute script.'); });
  25. 25. ユーザのカスタムフィールド • ユーザのカスタムフィールドが、View customize の幅を広げそう • ユーザ自身が情報を付与できるのは大きい • 他システムのAPIトークンをユーザに入れてもらって、 それを使って他システムと連携するとか
  26. 26. 例: APIキーを使ってREST APIを呼び出し • APIキーを参照できるようになったので、簡単に ユーザ毎のAPIキーを利用し、REST APIを呼び出せ る • 今までは固定のAPIキーを埋め込むか、スクレイピン グで頑張るかしかなかった
  27. 27. 例: APIキーを使ってREST APIを呼び出し $.ajax({ type: 'PUT‘, url: '/issues/' + issueId + '.json‘, headers: { 'X-Redmine-API-Key': ViewCustomize.context.user.apiKey }, // 更新時はレスポンスのコンテンツが無く、jsonだとエラーとなるのでtextにしておく dataType: 'text‘, contentType: 'application/json‘, data: JSON.stringify({ 'issue': { 'parent_issue_id': '' // 親チケットIDをクリア } }) }) .done(function(data) { // 成功したらリロード location.reload(); }) .fail(function(data) { alert('失敗しました'); });
  28. 28. 例: APIキーを使ってREST APIを呼び出し • サンプルコード全体は下記にて • 子チケット一覧に親子関係を外すアイコンを追加 https://github.com/onozaty/redmine-view-customize- scripts/blob/master/delete_parentage_relationship_using_rest_api.js • 複数の子チケットをまとめて作成するボタン追加 https://github.com/onozaty/redmine-view-customize- scripts/blob/master/create_children_issues_using_rest_api.js
  29. 29. 例: APIキーを使ってREST APIを呼び出し
  30. 30. APIキーに関する注意事項 • 下記を行わないと利用できないので注意 • 設定画面より「RESTによるWebサービスを有効にす る」をチェック • 個人設定からAPIアクセスキーを 1度は表示しておく (そうしないとAPIキーが払い出 されないため)
  31. 31. ローカライズ対応 (日本語リソースの追加)
  32. 32. ローカライズ対応 • ローカライズ対応として、まずは日本語リソース を追加 • 母国語じゃないというだけで、敷居をあげてしま うこともあるので、そこの軽減を目的 • 他の言語もやっていきたい
  33. 33. ローカライズ対応
  34. 34. 一覧をソート可能に コメント欄の追加
  35. 35. 一覧のソート・コメント欄 • 一覧をソート可能に • コメント欄を追加し、一覧表示の際にコメントが あればそちらを表示するように (コメントが無 かった時には今までどおりコードを) • 設定内容を一覧でわかるようにしようとした場合、今 まではコード内にコメントで入れるしかなかったのが、 別途コメントとして指定できるように
  36. 36. その他
  37. 37. 今後の対応 • Redmine 4.0 対応 • 既に最新trunkでの動作検証済み • 4.0 のリリース後に検証してリリース • スクリプトサンプルの整理 • https://github.com/onozaty/redmine-view-customize-scripts • 1.2.0 に対応したスクリプトを増やしていく予定 • 多言語リソース追加 • Pull request 募集中
  38. 38. View customizeの情報源 (1) • GitHub - onozaty/redmine-view-customize https://github.com/onozaty/redmine-view-customize • View customize の提供サイト • Star つけると、作者のやる気Up • GitHub - onozaty/redmine-view-customize-scripts https://github.com/onozaty/redmine-view-customize-scripts • View customizeのサンプル集 • Blogなどで紹介したスクリプトは全てここに • Twitter – onozaty https://twitter.com/onozaty • 作者のTwitter • 新しいサンプル書いたりしたらつぶやくので、ぜひフォローを
  39. 39. View customizeの情報源 (2) • View customize pluginを使いこなす https://www.slideshare.net/onozaty/view-customizeplugin-62005780 • 第10回 redmine.tokyo での発表資料 • 1.2.0の情報は無いが、現時点でView customizeの利用方法につい て一番詳しく書かれたもの(だと思う) 他にもQiitaやredmine.tokyoでのカスタマイズ事例なども参 考に • 「view customize」の検索結果 - Qiita https://qiita.com/search?q=view+customize • 過去講演一覧-プラグイン・カスタマイズ - redmine.tokyo https://redmine.tokyo/projects/shinared/wiki/過去講演一覧-プラグイン・カスタマ イズ
  40. 40. おわり

×