20080627 1

1,122 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,122
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20080627 1

  1. 1. どこがちがうの?Webアプリケーションプロジェク ト と Webサイトプロジェクト あおい情報システム株式会社 小野 修司
  2. 2. 開発環境と対応プロジェクト Webアプリケーション WebサイトVisualStudio.NETVisualStudio.NET 2003VisualStudio 2005VisualStudio 2005 SP1VisualStudio 2008VisualStudio 2008 SP1Visual Web Developer 2005Visual Web Developer 2005 SP1Visual Web Developer 2008Visual Web Developer 2008 SP1
  3. 3. コンパイルのタイミングWebアプリケーションプロジェクト• コードビハインドファイル、クラスファイル等のコードファイルをあ らかじめコンパイルし、そのdllファイルをbinフォルダに配置する (デバッグ開始時のビルドで行われる)• aspxファイルのみ実行時にコンパイルされるWebサイトプロジェクト• すべてのファイルは実行時に一緒にコンパイルされる• デバッグ開始時のビルドではコンパイルエラーのチェックのみ行われ る
  4. 4. フォルダ構成Webアプリケーションプロジェクト• binフォルダは通常非表示• 「すべてのファイルを表示ボタン」がある• 特定のフォルダ構成を必要としないWebサイトプロジェクト• クラスファイルはApp_Codeフォルダに配置• dll化されたファイルを利用しない場合はbinフォルダは必要ない
  5. 5. クラスがインテリセンスに追加されるタイ ミングWebアプリケーションプロジェクト• ビルドを実行した後でインテリセンスに表示されるWebサイトプロジェクト• ファイルを保存した後からインテリセンスに表示される
  6. 6. 階層型マスターページの利用Webアプリケーションプロジェクト• マスターページと入れ子にされたマスターページのテンプレートがあ る• Webフォームとは別にWebコンテンツフォームのテンプレートがあるWebサイトプロジェクト• マスターページやWebページを追加するときに上位のマスターページ を指定する
  7. 7. C#とVBの混在Webアプリケーションプロジェクト• 不可Webサイトプロジェクト•可• aspxファイル毎に異なる言語を利用できる• クラスファイルについてはApp_Codeの下でフォルダを分け、 web.configのcompilation/codeSubDirectoriesセクションにフォルダ名を追 加する
  8. 8. プロジェクトの配置Webアプリケーションプロジェクト• アプリケーションの発行• aspxファイル、dllファイルのコピーWebサイトプロジェクト• Webサイトのコピー(全ファイルコピー)• Webサイトの発行(事前コンパイル)• 事前コンパイルではaspxファイルもコンパイルすることが可能
  9. 9. まとめ Webアプリケーション Webサイト コード - ビルド時コンパイル 全ファイル - 実行時 aspx - 実行時フォルダ構成 限定なし App_Codeにクラスファイルインテリセンス ビルド後 ファイル保存後階層型マスターページ 個別テンプレート 共通テンプレート言語の混在 不可 可プロジェクトの配置 ファイルコピー 事前コンパイル

×