WCF+WFはクラウドベース時代のAPIになり得るか   どっとねっとふぁん     小野 修司
   「挑発的な意見になるかもしれないが,10年    後に,自社で独自に管理するサーバーで,    データを保持したり,トランザクションを実    行したりする企業は無くなるだろう。ほとん    どのトランザクションやアプリケーション,  ...
.NET Framework 3.5の新機能
WCFのネット標準対応   WCF(Windows Communication    Foundation)       アプリケーション間の通信(サービス)の        ベースとなるフレームワーク           HTTP、名前...
WCFとWFの連携強化   WF( Windows Workflow Foundation)       ワークフローをビジュアルに開発可能            中断/再開が容易なプログラムの開発をサポート             する...
サービスを活用する手段の追加   LINQ to XML       XMLを容易に操作できる           XML特有の操作技術を覚える必要がない           RSS/ATOMやRESTの利用   Microsoft ...
今年中に行われる予定の拡張    ASP.NET 3.5 Extensions Preview        現時点でCTP        テンプレートが英語版でのみ動作        http://www.asp.net/downlo...
ADO.NET Data Services   RESTベースでのデータの取得/追加/更    新/削除サービスを提供       HTTP GET/PUT/POST/DELETE       標準ではAtomフォーマット       ...
LINQ to ADO.NET Data Service   ADO.NET Data Servicesを利用するクライ    アントプログラムを容易に構築       プロキシクラスはコマンドラインツールで生        成     ...
ASP.NET Dynamic Data   データベース管理ツールをノンコーディ    ングで提供       LINQ to SQLクラスを利用する       Web.Configファイル内のdynamicData要素の      ...
技術の適用ユーザインタ      ビジネスロ   データアクセフェース層        ジック層     ス層LINQ to XML                ADO.NET            WCF +                ...
クラウドベースの時代に備えて   サービス提供はWCFをベースに       現状ではREST対応が主       セキュリティ面ではASP.NETの認証/承認機        能やその拡張が利用可能       今後新たな規格が主流と...
その先に   WCF、WF、LINQ、AJAXは要素技術   より一段高いところで勝負する日が...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20080213

465 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
465
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20080213

  1. 1. WCF+WFはクラウドベース時代のAPIになり得るか どっとねっとふぁん 小野 修司
  2. 2.  「挑発的な意見になるかもしれないが,10年 後に,自社で独自に管理するサーバーで, データを保持したり,トランザクションを実 行したりする企業は無くなるだろう。ほとん どのトランザクションやアプリケーション, システム管理機能が,インターネット上のコ ンピュータ・クラウドからもたらされるはず だ」  Microsoft スティーブ・バルマーCEO  http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071108/286733/ Microsoftの準備は???
  3. 3. .NET Framework 3.5の新機能
  4. 4. WCFのネット標準対応 WCF(Windows Communication Foundation)  アプリケーション間の通信(サービス)の ベースとなるフレームワーク  HTTP、名前付きパイプ、TCP、MSMQ  SOAP(WS-*)  アドレス(URI)、バインディング(通信規 約)、コントラクト(インターフェイス)を 定義する 配信(RSS/ATOM)、REST、JSONを新 たにサポート
  5. 5. WCFとWFの連携強化 WF( Windows Workflow Foundation)  ワークフローをビジュアルに開発可能  中断/再開が容易なプログラムの開発をサポート するフレームワーク  コードブロックをアクティビティ要素で表現 WCFとの連携でサービスからの呼び出し、 他サービスの呼び出しが容易に  ReceiveActivity、SendActivity
  6. 6. サービスを活用する手段の追加 LINQ to XML  XMLを容易に操作できる  XML特有の操作技術を覚える必要がない  RSS/ATOMやRESTの利用 Microsoft ASP.NET AJAXの統合  AJAX対応コントロール  AJAX ライブラリの提供  JSONの利用  VS2008でJavaScriptのインテリセンス/デバッ グ対応
  7. 7. 今年中に行われる予定の拡張  ASP.NET 3.5 Extensions Preview  現時点でCTP  テンプレートが英語版でのみ動作  http://www.asp.net/downloads/3.5-extensions/
  8. 8. ADO.NET Data Services RESTベースでのデータの取得/追加/更 新/削除サービスを提供  HTTP GET/PUT/POST/DELETE  標準ではAtomフォーマット  JSONでの利用時はリクエスト時にContent- Typeをapplication/jsonとする ADO.NET Entity FrameworkとWCFがベー ス  データの取得だけであればLINQ to SQLクラ ス等も利用可能
  9. 9. LINQ to ADO.NET Data Service ADO.NET Data Servicesを利用するクライ アントプログラムを容易に構築  プロキシクラスはコマンドラインツールで生 成  Microsoft.Data.WebClient.dllを参照  データの取得/追加/更新/削除に対応
  10. 10. ASP.NET Dynamic Data データベース管理ツールをノンコーディ ングで提供  LINQ to SQLクラスを利用する  Web.Configファイル内のdynamicData要素の enableTemplates属性をtrueに設定する
  11. 11. 技術の適用ユーザインタ ビジネスロ データアクセフェース層 ジック層 ス層LINQ to XML ADO.NET WCF + DataMicrosoft WF Services AJAX
  12. 12. クラウドベースの時代に備えて サービス提供はWCFをベースに  現状ではREST対応が主  セキュリティ面ではASP.NETの認証/承認機 能やその拡張が利用可能  今後新たな規格が主流となっても多少の修正 で対応が可能だろう サービス利用はLINQ、AJAXがベースに  拡張が容易
  13. 13. その先に WCF、WF、LINQ、AJAXは要素技術 より一段高いところで勝負する日が...

×