Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20021007

412 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20021007

  1. 1. .NET 概要
  2. 2. .NET とは何か  Microsoft はマーケティング上 .NET という ネーミングを乱発しているが・・・ .NET の本質は開発環境の「改革」  .NET Framework という開発環境を提供  .NET Framework は従来の開発環境( COM をベースにしたもの)の延長線上にはない  COM との相互接続性はあるが、基本的な 部分で全く異なる  オブジェクト指向をより強くとりいれてい る
  3. 3. .NET Framework の特徴 OS の上にランタイム を乗せることで動作 開発言語 する .NET Framework ウィンドウの作成、 図形描画、 Web 対応 標準クラス群 、ネットワーク対応 ランタイム( CLR ) などに利用できるク ラスが標準で提供さ Windows れる .NET Server 以
  4. 4. .NET で何が実現できるのか-1 さまざまな形態のアプリケーションの構築  Windows アプリケーション  Web アプリケーション  Web サービス  コンソールアプリケーション  Windows サービス 多言語での開発  VB.NET 、 C# 、マネージド C++ 、 J# 、その他  コンパイルすることでどの言語からも同じ中間言 語を生成する
  5. 5. .NET で何が実現できるのか-2 十分な処理速度  実行時に中間言語から機械語を生成 強固なセキュリティ  実行時にメモリの不正使用やセキュリティ 違反をチェック 簡便なインストール  レジストリを使用しないため、コピーする だけで実行可
  6. 6. .NET と Java (現時点) どちらかが優位ということはない  Web アプリケーション全盛  .NET でも Java でも同じものを構築可  .NET にしても Java にしても習得するための期間は同 じ  Windows 以外の OS の場合は Java を使うしかない  しかし、、、  ブラウザはデータの閲覧のために発展したものであ り、データの入力が主となる業務アプリケーション のユーザインタフェースとしては不適切  高機能になっているクライアントマシンのリソース はほとんど利用されていない
  7. 7. .NET と Java (近い将来) .NET が優位に?  Windows アプリケーションから入力、データはサ ーバで管理といった C/S 方式に戻るのではないか  Windows アプリケーションとしての動作は .NET で作成 したもののほうが速い  クライアントマシンのリソースを利用するプログラムは .NET のほうが作成しやすい  コピーするだけでインストールが終了するので TCO は それほどかからない( Java でも可能)  ネット上にあるアプリケーションをダウンロードしなが ら利用することも可能( Java でも可能)  Web サービスの採用でインターネットを介してデータを やり取りことも簡単になる( Java でも可能)
  8. 8. .NET の将来像 Windows 上でのアプリケーション開発はすべ て .NET Framework 上で行われるようになる 。  デバイスドライバのようなハードウェアを直接操 作する必要があるプログラム以外のすべてが対象  デバイスドライバは C++ で機械語の実行ファイルを作 成  各種サーバ製品も .NET に対応する  SQL サーバは C# でストアドプロシージャーを記述でき るように .NET 環境に対応することは避けられない  ただし、 .NET だけしかサポートされなくなるの はもう少し先の話になると思われる
  9. 9. 今、 .NET にどう取り組むか アップグレードを考えるなら  VB6.0 からのアップグレードウィザードを利用して 95% は VB.NET に変換される ( http://www.microsoft.com/japan/msdn/net/vbtransitionguide/ )  業務ロジックは画面に埋め込まず、切り出して COM にする べき  COM なら .NET から利用することができる  ただし、連携のための処理が間にはいるため処理効率は悪く なる ただちに .NET に取り組むなら  実システムを構築/運用できる安定性は十分  開発者の習熟時間が問題( .NET Framework の理解)  まずはオブジェクト指向の考え方に慣れる

×