Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

オンコロ冊子Vol.3

152 views

Published on

2018年11月発行
■特集
日本のゲノム医療をけん引するスクラム・ジャパンの成果-スクラム・ジャパン成果報告会-
■体験談
ひとりじゃない、一緒に生きよう。(耳下腺・腺様嚢胞がんサバイバー)

Published in: Health & Medicine
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

オンコロ冊子Vol.3

  1. 1. 後藤 功一氏、消化器がんの 遺伝子スクリーニングネット ワーク「GI-SCREEN-Japan」 に 関しては 同 院 消 化 管 内 科 長の吉野 孝之氏などが報告 した。  スクラム・ジャパンは、全国 約260病院、製薬企業等17社 が参加するプロジェクト。次世 代シークエンサー(NGS)を用 いて、がんの発生や進行に直 接関わる161個のドライバー 遺 伝 子を一 度 に調 べる遺 伝 子スクリーニング検査を実施 し、その結果を治験に繋げる プレシジョン・メディシン(高 精度医療)のプロジェクト。  大津氏によると、2015年2 月から18年6月 に、肺がん と消化器がんの患者約1万人 が遺伝子スクリーニングを受 け、既に登録が終わり結果が 出ているものも含め、合計42 治験を行っている。  「1つの大きな成果は、全国 の 臨 床 試 験 の 拠 点となって いる病 院と医 師 主 導 治 験 の ネットワークができた事です。 各治験の結果を見ると、同じ ドライバー遺伝子でも全ての がん種で同じ結果が得られて いる訳ではないで すし、薬 剤 により異なる事が改めてデー タとし て 出 て き て い ま す 。   薬 の 有 効 性 に 関して は 、 臨 床 試 験 ベ ースで 評 価して いく必 要 があります」と大 津 氏は指摘した。 30企業治験と12の 医師主導治験を実施 日本のゲノム医療を けん引するスクラム・ ジャパンの成果  国 立 が ん 研 究 センター 東 病院のSCRUM-Japan(スク ラム・ジャパ ン)成 果 報 告 会 が 、7月2 6日に 開 催され た 。 スクラム・ジャパ ン は 、一 人 ひとりの 遺 伝 子 異 常 に 合 わ せ た がん治 療 の 開 発を目指 す、産学連携全国がんゲノム スクリーニングプロジェクト。  成果報告会では、スクラム ・ジャパン代表で同病院長の 大津 敦氏が、プロジェクトの 概 要と全 体 的 な 成 果 に つ い て話し、希少肺がんの遺伝子 スクリーニングネットワーク 「LC-SCRUM-Japan」の成果 を、同 院 呼 吸 器 内 科 科 長 の プレシジョン・メディシン(高精度医療) とは? 100個以上など、複数のがん細胞の遺伝子を次世代 シークエンサ ーで 解 析し、がん の 原 因となった 遺 伝 子変異を見つけ、一度にその遺伝子変異に効果があ るように設計した分子標的薬を使用する手法です。 日本のゲノム医療をけん引する スクラム・ジャパンの成果 —スクラム・ジャパン成果報告会— がん治療の革命⁉プレシジョン・メディシン 特 集
  2. 2.  スクラム・ジャパンで実施 された治験の結果を受けて、 2016年5月にはROS1遺伝子 変 異 のある非 小 細 胞 肺 がん に対するROS1阻害薬クリゾ チ ニブ( 商 品 名 ザ ーコリ)、 今年3月にはBRAF阻害薬ダ ブラフェニブ(商 品 名タフィ ンラー)とMEK阻害薬トラメ チ ニブ(商 品 名メキ ニスト) の併用療法が、BRAF遺伝子 変 異 のある非 小 細 胞 肺 がん にも適応拡大された。  RET遺伝子のある非小細胞 肺がんに対するRET阻害薬 も進行中です。アジアを巻き 込 ん だ ゲノム 医 療 コンソー シアムへ の 拡 大、次 の 創薬、 診 断 薬 の 開 発を継 続して い く事 により、日本 が 世 界をリ ード する 創 薬 、臨 床 開 発 の 場となり、プレ シ ジョン・メ ディシン の 確 立 に 努 め てい ければと考えています」と大 津氏は強調した。  2013年に、RET融合遺伝子 のある非 小 細 胞 肺 がんの 遺 伝子スクリーニングを全国で 進めるために発足した L C - SCRUM-Japanには、非小細 胞肺がんの遺伝子スクリーニ ングプロジェクトに263病院、 小 細 胞 肺 が ん のプ ロジェク トに は 2 0 4 病 院 が 参 加して いる。約5年間で、非小細胞肺 がんと小 細 胞 肺 が ん の 患 者 約6,500人が遺伝子スクリー ニング検査を受けた。  非小細胞肺がん患者の3分 の 2 に、何らか のドライバ ー 遺伝子が見つかっている。  研究代表者の後藤氏は 、 これまでの 成 果として次 の 3 点 を 挙 げ た 。1 つ は 、非 小 細 胞肺がんの1%と希少なRET 融 合 遺 伝 子 のある肺 がん に 対 する 医 師主導治験を成功 させた事だ。2年間で約1,500 人の遺伝子スクリーニングを 行い、34人にRET遺伝子が見 つかり、19人が治験に参加。 奏効率は53%だった。  「2年で完結するか保証も ンを開始しています。リキッド バ イオプシーを 用 い たアン ブレラ・バスケット型の治験 LC-SCREEN-Japan研究代表者の 後藤氏 希少肺がんの治療薬と 遺伝子変異診断薬の 実用化も大きな成果 基盤が評価され国際的 な治験の依頼が増加 なく治験を始めたのですが、 予定通り遺伝子スクリーニン グと治験が終わったのは大き な成果です。   きちんと基 盤 が あり希 少 フラクション(遺伝子の異常) であっても予定通り臨床試験 ができる事が評価され、海外 から治 療 開 発 の 依 頼 が 沢 山 舞い込んで来ました」と後藤 氏は話す。  現在、RET肺がんに対する 2番目の治療薬の開発として、 アレクチ ニブ の 有 効 性 を 明 らか にするA L L- R E T 試 験 が 進 行 中 だ 。R E T 肺 が ん に つ い て は 、世 界 未 承 認 の 分 子 標的薬LOXO292の治験が 6 月から開始している。  肺転移や多発性脳転移に も効果があるとされる治験薬 バンデタニブも承認申請準備 を 進 め ている。また 、スクラ ム・ジャパンで治験を行った コン パ ニ オン 診 断 薬 3 種 類 が 実 用 化 さ れ 、承 認 申 請 中 と申 請 準 備 中 の も の が 1 件 づつある。  「治療薬開発の全国ネット ワーク構 築、2 剤 の治療薬承 認、3つの診断薬承認、データ 共 有 、スクラム・ジャパ ン に 登 録した 患 者さん の 情 報 を 蓄 積 するレ ジストリの 構 築 が、現時点 の成果。   次 のステップとして、こう した 希 少 なフラクション(遺 伝子変異など)に対する治療 薬 の 開 発 で 、海 外 の 研 究 者 グループとのコラボレーショ

×