Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
AWSを学ぶための取り組み    Serverworks Sonic #1     AWSチーム 柳瀬 任章
自己紹介柳瀬 任章(やなせ ひであき)AWSチーム マネージャインフラエンジニアTwitter:@oko_chang
わたしの近況今年4月からチームにリーダーというあだ名の方が入りましたみんな彼をリーダーと呼びます社長も彼をリーダーと呼びます会社ブログのはてブ数は軽く超えられました現在のチームリーダーはわたしになります
おねがい(;゚ロ゚)ハッこれも何かの縁ですみなさま有事の際はわたくしをどうぞよろしくお願い申し上げます
チームについてこれからAWSを使う方のお手伝いを行います導入支援、移行支援、運用代行ほぼ一日中AWSとキャッキャウフフするお仕事『VPC作ってー』『オッケー☆ウフフ』
AWSを触ってみて便利たくさんサービスあるよねいろいろ使いこなして相乗効果があるお客さまには最適なものを使ってもらいたい
チームの課題新機能リリース早すぎ追いつけないどう使えば良いか分からないのもある自分ひとりで調べきれない英語ェ・・・
ラクしたい負荷は分散しよう手が回らないところは人に調べてもらおう調べた人が分かりやすく教えてもらおう
やっている取り組み技術ブログで分かりやすく共有社内勉強会でLT週次定例会で小ネタ発表AWS Articles共有会[New!!] http://aws.amazon.com/articles/ http://blog.serverworks.c...
AWS Articles共有会Amazon RDS DB Parameter Group Deployment Guide RDSのパラメータグループをどう使い分けるか 変更する場合はなるべくリスクを回避しよう
PGの使い分け  PGを複数のRDSで共有   RDSごとにPGを割り当て  変更は全てに影響       変更する場合はそれぞれ
PGの使い分け一つのPGを複数のRDSに割り当て 複数のRDSに変更を適用したい場合に簡単 一つのDBインスタンスの変更が他にも影響複数のPGをそれぞれのRDSに割り当て 変化の影響を最小限に抑える事が出来る 変更する場合はインスタス毎に変更する
PG変更時のリスク回避1.テスト環境の作成2.変更点のテスト3.変更点のデプロイ
①テスト環境の作成
①の手順本番環境と同じ構成を作成 RDSだからスナップショットから簡単に複製DBインスタンスのタイプはなるべく同じに 本番環境となるべく近しい環境でテストをするテスト用のPGを作成 本番環境のPGで既に変更されてるところをリスト化 本番環境と同...
②変更点のテスト
②の手順テスト環境のPGを変更する前にパフォーマンステストを実施 Before/Afterを明確にするため変更したいパラメータの変更を実施 Dynamicなパラメータは即適用 Staticなパラメータは再起動が必要RDSに接続して変更が行われて...
③変更点のデプロイ
③の手順本番環境RDSのバックアップを取得する 作業前のバックアップはやりましょう 自動バックアップを無効にしてる場合は有効に事前に切り戻し用のコマンドなどを準備する 切り戻しが発生した場合に素早く対応するため変更点をデプロイする 動作確認を忘...
まとめリスクを最小限に抑えたPGの使い方を覚えましょう簡単に複製出来るので変更する場合はテストを必ず行うようにしましょう社内外でうまく共有会が出来れば幸せかも
それでは今後とも(わたくしを)よろしくお願いします!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

AWSを学ぶための取り組み

3,228 views

Published on

  • Follow the link, new dating source: ♥♥♥ http://bit.ly/39mQKz3 ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Sex in your area is here: ❤❤❤ http://bit.ly/39mQKz3 ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

AWSを学ぶための取り組み

  1. 1. AWSを学ぶための取り組み Serverworks Sonic #1 AWSチーム 柳瀬 任章
  2. 2. 自己紹介柳瀬 任章(やなせ ひであき)AWSチーム マネージャインフラエンジニアTwitter:@oko_chang
  3. 3. わたしの近況今年4月からチームにリーダーというあだ名の方が入りましたみんな彼をリーダーと呼びます社長も彼をリーダーと呼びます会社ブログのはてブ数は軽く超えられました現在のチームリーダーはわたしになります
  4. 4. おねがい(;゚ロ゚)ハッこれも何かの縁ですみなさま有事の際はわたくしをどうぞよろしくお願い申し上げます
  5. 5. チームについてこれからAWSを使う方のお手伝いを行います導入支援、移行支援、運用代行ほぼ一日中AWSとキャッキャウフフするお仕事『VPC作ってー』『オッケー☆ウフフ』
  6. 6. AWSを触ってみて便利たくさんサービスあるよねいろいろ使いこなして相乗効果があるお客さまには最適なものを使ってもらいたい
  7. 7. チームの課題新機能リリース早すぎ追いつけないどう使えば良いか分からないのもある自分ひとりで調べきれない英語ェ・・・
  8. 8. ラクしたい負荷は分散しよう手が回らないところは人に調べてもらおう調べた人が分かりやすく教えてもらおう
  9. 9. やっている取り組み技術ブログで分かりやすく共有社内勉強会でLT週次定例会で小ネタ発表AWS Articles共有会[New!!] http://aws.amazon.com/articles/ http://blog.serverworks.co.jp/tech/2012/08/10/ best-practices-for-using-amazon-s3/
  10. 10. AWS Articles共有会Amazon RDS DB Parameter Group Deployment Guide RDSのパラメータグループをどう使い分けるか 変更する場合はなるべくリスクを回避しよう
  11. 11. PGの使い分け PGを複数のRDSで共有 RDSごとにPGを割り当て 変更は全てに影響 変更する場合はそれぞれ
  12. 12. PGの使い分け一つのPGを複数のRDSに割り当て 複数のRDSに変更を適用したい場合に簡単 一つのDBインスタンスの変更が他にも影響複数のPGをそれぞれのRDSに割り当て 変化の影響を最小限に抑える事が出来る 変更する場合はインスタス毎に変更する
  13. 13. PG変更時のリスク回避1.テスト環境の作成2.変更点のテスト3.変更点のデプロイ
  14. 14. ①テスト環境の作成
  15. 15. ①の手順本番環境と同じ構成を作成 RDSだからスナップショットから簡単に複製DBインスタンスのタイプはなるべく同じに 本番環境となるべく近しい環境でテストをするテスト用のPGを作成 本番環境のPGで既に変更されてるところをリスト化 本番環境と同様の設定をテスト用のPGに適用テスト環境のPGをテスト用のPGに変更 スナップショットからのリストアはDefaultのPGで起動されます PGを切り替えた後は必ずインスタンスの再起動を行なって下さい
  16. 16. ②変更点のテスト
  17. 17. ②の手順テスト環境のPGを変更する前にパフォーマンステストを実施 Before/Afterを明確にするため変更したいパラメータの変更を実施 Dynamicなパラメータは即適用 Staticなパラメータは再起動が必要RDSに接続して変更が行われている事を確認します SHOW GLOBAL VARIABLES LIKE ‘hogehoge’; 変更した後にRDSが起動しなかった場合は切り戻しパフォーマンステストを実施
  18. 18. ③変更点のデプロイ
  19. 19. ③の手順本番環境RDSのバックアップを取得する 作業前のバックアップはやりましょう 自動バックアップを無効にしてる場合は有効に事前に切り戻し用のコマンドなどを準備する 切り戻しが発生した場合に素早く対応するため変更点をデプロイする 動作確認を忘れずに
  20. 20. まとめリスクを最小限に抑えたPGの使い方を覚えましょう簡単に複製出来るので変更する場合はテストを必ず行うようにしましょう社内外でうまく共有会が出来れば幸せかも
  21. 21. それでは今後とも(わたくしを)よろしくお願いします!

×