Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Reactive Extensionsはじめました

4,058 views

Published on

歌舞伎座.tech #7の発表資料です

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Reactive Extensionsはじめました

  1. 1. Reactive Extensions はじめました 2015/04/16 歌舞伎座.tech #7 大田 一希
  2. 2. 自己紹介  名前 – 大田 一希  SNS/Blog – かずきのBlog@hatena http://okazuki.hatenablog.com/ – Twitter @okazuki  自己アピール欄 – Microsoft MVP for Windows Platform Development – Reactive Extensions 入門 v0.1 http://www.slideshare.net/okazuki0130/reactive-extensionsv01 – Reactive Extensions + メソッド名でググってください – 左耳が聞こえにくい
  3. 3. お約束事項  記載の内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するもの ではありません。
  4. 4. 今日のゴール  IObservable<T>のイメージを掴んでもらう
  5. 5. IObservable<T>とは
  6. 6. オブザーバーパターン 監視対象 Observable 監視者 Observer 監視 値の発行
  7. 7. つまりIObservable<T>は  監視される人 – 状態が変化したら値を発行する – 値が発行されたら監視者は、値を受け取って処理をする
  8. 8. 時間の経過とともに値を発行するもの  何かがあったら値を発行する – こんな形の図で表されるもの  Push型のコレクション 時間軸→
  9. 9. つまりIObservable<T>は  Push型のコレクション
  10. 10. Push型のコレクションの例  イベント – クリック、クリック、クリック(時系列でイベントが起きる) 時間軸→
  11. 11. Push型のコレクションの例  非同期処理 – 単一要素のPush型コレクション 時間軸→ 処理の呼び出し
  12. 12. Push型のコレクションの例  普通のコレクションも見方によっては… – 0秒で一気に値が発行される 時間軸→
  13. 13. コレクションといえば
  14. 14. コレクションといえば  LINQが出来る – フィルタリング(Where) – 射影(Select) – マージ(Merge) – 一定数無視する(Skip) – 一定数だけ処理する(Take) – etc…
  15. 15. IObservable<T> + LINQ フィルタ
  16. 16. IObservable<T> + LINQ 射影(変換)
  17. 17. IObservable<T> + LINQ 合成
  18. 18. ありがちな例  マウスイベントの組合せ – マウスダウン – マウスアップ – マウスムーブ
  19. 19. まとめ
  20. 20. IObservable<T>とは  オブザーバーパターン  時系列に値を発行するもの  Push型のコレクション
  21. 21. Reactive Extensionsとは  IObservable<T> + LINQ – 加工 – フィルタ – グルーピング – 合成 – etc…

×