Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

機械学習をScrumで組織的に学習する (RSGT2022)

More Related Content

Slideshows for you

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

機械学習をScrumで組織的に学習する (RSGT2022)

  1. 1. © Copyright 2022, ESM, Inc. 機械学習をScrumで組織的に学習する #RSGT2022 2022年1月5日 永和システムマネジメント 取締役CTO/Future Design Office 室長 岡島 幸男 1
  2. 2. © Copyright 2022, ESM, Inc. こんにちは 2 岡島 幸男 Yukio Okajima
  3. 3. © Copyright 2022, ESM, Inc. 永和システムマネジメント 3 福井本社 東京支社/神田 沖縄支社 ● 1980年創業 ● 社員 220名 ● アジャイルでまあまあ知られている
  4. 4. © Copyright 2022, ESM, Inc. 永和システムマネジメントの事業
  5. 5. © Copyright 2022, ESM, Inc. 本日の内容 5 ● 部門横断での技術獲得の進め方 ~ 機械学習の知識を組織に拡大するためにやっていること ○ チーム編 ~ ScrumとSECIモデル ○ 組織編 ~ ダイナミズム理解とインタラクション設計 永和システムマネジメントにおける現在進行形事例
  6. 6. © Copyright 2022, ESM, Inc. 背景 6
  7. 7. © Copyright 2022, ESM, Inc. FDO(未来デザイン室)とは 7 FDO (Future Design Office) 事業部 メン バー メン バー 最大1年 いって きます ただいま メンバー(事業部)が得 られること ・技術的実践知 ・ビジネスアイディア ・課題 年間を通じた部門横断プロジェクト。プロダクト開発を通じた技術獲得に専念する
  8. 8. © Copyright 2022, ESM, Inc. きっかけ Developers.IO CAFE に大きな驚き ⇒ 「うちでも(近いこと)やりたい!」
  9. 9. © Copyright 2022, ESM, Inc. FDOのミッション 1. 新しい領域で開発する際の技術力の根拠(開発実績) 2. 技術転換を促進。明日のエースを育成 3. 認知度向上。「あー、〇〇やってる永和さんね」 9
  10. 10. © Copyright 2022, ESM, Inc. 多様性に富むメンバー サービス系 Ruby XP 組込み系 WF Agileネイ ティブ 金融からの リスキル 業務系 Scrum 業務系 Scrum 一期生(2020/08 ~ 2021/07) 二期生(2021/10 ~ ) 金融系 大ベテラン PO 所属事業部からの推薦
  11. 11. © Copyright 2022, ESM, Inc. 「プロダクト」オーナー? 11 FDO 事業部 メン バー メン バー いって きます ただいま POと名乗る理由 FDO(という部門)は、「メンバーを成長させて返す」サービスを事業部に対し て提供していると見立てられるから。
  12. 12. © Copyright 2022, ESM, Inc. 機械学習ワールド 12
  13. 13. © Copyright 2022, ESM, Inc. 機械学習ワールド 13 全部マスターすることは不可能。ちょうどよい目標設定・方針が大切
  14. 14. © Copyright 2022, ESM, Inc. 手を動かすことで学ぶ 14 機械学習を仕事にするために モダン開発スキル/スタイル GitHub Docker Python Scrum クラウド…諸々 機械学習(AI)スキル モダンな技術と開発スタイルで、チームでプロダクトを作りきること
  15. 15. © Copyright 2022, ESM, Inc. なぜ機械学習をテーマに選んだか? 15 ワークショップを繰り返し、自分たちでやりたいことを決めていった テーマ決定ワークショップ ● オンライン+オフライン ● 合計4回実施 ● POがファシリテート ● メンバー+技術アドバイザーが参加
  16. 16. © Copyright 2022, ESM, Inc. チーム編 16
  17. 17. © Copyright 2022, ESM, Inc. 基本はScrum ● 常に使用したScrumの要素 ○ POと開発者ロール ○ スプリント(1週間) ○ デイリースクラム ○ レトロスペクティブ 17
  18. 18. © Copyright 2022, ESM, Inc. 機械学習プロジェクトの進め方 18 繰り返しが必要で、アジャイル親和性が高い
  19. 19. © Copyright 2022, ESM, Inc. 一期生のプロダクトゴール 19 3Q + 4Q ● 機械学習プロジェクトを頭から最後まで通せるノウハウ、実践知を得る ● それらを形式知(ソース・ドキュメント)化し、社内に共有する 2Q ● 応用的な技術に取り組み、実際に動くものを開発する ● 活動を社内にもっとアピールする 1Q ● 実際の案件で機械学習プロジェクトの仕事の進め方を掴む ● 基本的なライブラリやサービスの使い方を学ぶ おおよそ、3か月に一度のリリースとみなし、都度ゴール設定。
  20. 20. © Copyright 2022, ESM, Inc. ゴールの目指し方 20 ではなく 量的でリニアな向上ではなく質的でスパイラルな向上を目指す
  21. 21. © Copyright 2022, ESM, Inc. SECIモデルでふりかえるチーム内での知識拡大 21 一期生(2020年8月~2021年7月) ①実践から学 ぶ 実務することで先行者と共に 学び、暗黙知を取り込む ④発信する ことで確認 する これまで学んだことの定着を 確認する意味でも発信する ②学んだこと を試す ①で体験したことも踏まえ、 コンペにチャレンジするな ど、知識を表出する ③プロダクト として表現す る ここまで学んだことを組み合 わせ、自分たちのプロダクト で表現
  22. 22. © Copyright 2022, ESM, Inc. 何を作ったか 22 自分たちで 作ったろ!
  23. 23. © Copyright 2022, ESM, Inc. 「育てるAI検温」 23 データ 予測 モデル 予測 結果 活動を社員に広く知ってもらい、社員と 一緒にデータモデルを育てたい、という 想いを込めて。
  24. 24. © Copyright 2022, ESM, Inc. プロダクトのPOとしてこだわったところ ● 活動コンセプトを表現できるス トーリーとスペック ● 社員に活動を知ってもらうため のタスク 24 バックログの一例
  25. 25. © Copyright 2022, ESM, Inc. 機械学習プロジェクトの進め方 25 繰り返しが必要で、アジャイル親和性が高い
  26. 26. © Copyright 2022, ESM, Inc. 機械学習プロジェクトとScrumの相性 26 スプリント単位でモデ ルのアップデートと検 証 実際には日々見直しが行われた
  27. 27. © Copyright 2022, ESM, Inc. ひたすら探索しモデルを磨く 27 (楽しすぎて)やりだすときりがないので、ストップをかけるのも重要
  28. 28. © Copyright 2022, ESM, Inc. スプリントゴール重要 ● POと開発者の約束事 ○ このスプリントでは〇〇(例:前処理)を学ぼう(性能がでな くても、失敗でも学びがあれば良い) ○ 活動の意義に沿ったことを優先しよう ○ 次期メンバーに残せることを優先しよう 28
  29. 29. © Copyright 2022, ESM, Inc. チームの形式知を次期メンバーに残す 29
  30. 30. © Copyright 2022, ESM, Inc. 卒業メンバーそれぞれの場所での活躍を喜ぶ 発信を通じてわかる「内面化できた知識」 ● 予測→振り返りを無限に繰り返せてしまうた め、危険… ● 予測率OO%を達成します!は、危険… ● 機械学習は開発というより、探索型業務 ● 相関関係ある!予測できた!と早とちりするの は、危険… ● 「原因分析力」に加え正しい「統計知識」も必要 ● 機械学習の奥深さを体感できた。「前処理 8割」 「Garbage In, Garbage Out」ってホントそう ● コツコツ地道に泥臭く積み重ねていく世界
  31. 31. © Copyright 2022, ESM, Inc. 一期生チームとの関わり方 PO ● 対象はPOもよくわからない領域なので一緒に 機械学習を(後追いで)学ぶ ● ワークショップデザイン(ファシリテーション)も 担当 ● 事実上POとスクラムマスター兼任 「プロダクトのPO」とし て、価値やスペックに がっつり関与
  32. 32. © Copyright 2022, ESM, Inc. 二期生の状況 32 ①理論から学 ぶ ②学んだこと の発信共有 二期生(2022年1月段階) 書籍や一期生成果、小さな 開発などを通じ、チームで共 に学習 ①自分たちのやったこと、学 んだことを文書化して社内に 広く共有
  33. 33. © Copyright 2022, ESM, Inc. 学んだことの発信共有 33 参考図書レビュー https://fdp-blog.hatenablog.com/ 社内向けニュース 技術ブログ
  34. 34. © Copyright 2022, ESM, Inc. 二期生のプロダクトゴール 34 現時点では、月に一度のリリースとみなしたゴール設定
  35. 35. © Copyright 2022, ESM, Inc. 二期生チームとの関わり方 PO ● POとして毎週のレビューに参加、スプ リントゴールの確認 ● 運営(ファシリテーション等含め)は全て チームに任せる ● スクラムマスターもメンバーが担当 1月からプロダクト(育てるAI検温Ver2)開発 を始める。関わり方も変化していく
  36. 36. © Copyright 2022, ESM, Inc. なぜチームとの関わり方を期ごとに変えているのか? 1. チームメンバーの個性は全部違うから 2. 期ごとに役割・位置づけが違うから 36 年次ごとに、その活動成果をSECIモデルの各象限にマッピングしている
  37. 37. © Copyright 2022, ESM, Inc. 組織に知識を広めていくために 37 各年次の活動・成果の相互作用を暗黙知と形式知の変換に見立てることで、先の見通しを良くする 【一期生】 暗黙知を表出 【二期生】 形式知の連 結 三期生?
  38. 38. © Copyright 2022, ESM, Inc. 組織編 38
  39. 39. © Copyright 2022, ESM, Inc. 活動方針の前提目標 ● 漸進的に(オーガニックな成長>急成長) ● 今いる社員で(リスキル>採用) ● 再現性高く(どの技術領域でも>機械学習特化) 39 永和システムマネジメントのビジネスと社風にマッチした目標
  40. 40. © Copyright 2022, ESM, Inc. 失敗から学んだPOの仕事 40 価値に徹底的にフォーカスできなかった POとしての未熟さにより失敗 #RSGT2020 FDOの室長(PO)として、組織が得られる価値の最大化にフォーカスする
  41. 41. © Copyright 2022, ESM, Inc. FDOのビジネス価値の前提となるシステム 41 ここが一番ヤバそう。人が増えて も儲かるとは限らないし。 よし、ここは専門チームを結成し …。 組織図では表現できないダイナミズムを知る
  42. 42. © Copyright 2022, ESM, Inc. 組織全体の中での位置を見出す 42 機械学習特命部隊(仮) マーケット 収益計画 技術獲得 3年でスキルアップし て、ビジネス化する ぞ! コラボレーション型 組織(チーム)間のインタラクションは設計(選択)できる 事業部 事業部 FDO 人 人+スキル マーケット 収益計画 技術獲得 毎年人を育ててお返し します! 新しい技術を活かして 収益向上させるプラン 立てます X-as-a-Service型 ではなく
  43. 43. © Copyright 2022, ESM, Inc. FDO室長(PO)として ● 活動成果の位置づけ ● 教育内容優先度付け ● 教材プロダクトのPO より効果的に影響力を発揮する 43 全体像を見出し理解すれば、POとしての権限と責任範囲で動くほうが全体に貢献できる 取締役CTO(リーダーシップ)として ● 経営方針 ● 全社育成計画 ● 全社評価基準 ● 全社… FDO室長(PO)として ● 活動成果の位置づけ ● 教育内容優先度付け ● 教材プロダクトのPO このシステムがうまく 回るようにするために は…。 ではなく 役員として描いた全体 像を実現するために 帽子を被り分け…
  44. 44. © Copyright 2022, ESM, Inc. 先行者を巻き込みCoP化する 44 先行者 個人的に大好き FDO 一期生 二期生 事業部 悩み相談 情報 情 報 FDOはCoEではない。各所の実践コミュニティと非公式に連携するほうが良い 相談
  45. 45. © Copyright 2022, ESM, Inc. サードプレイスとしてのCoP 45 ● 社長主催の社内勉強会だが FDOのPOとして企画に関わ らせてもらっている ● 義務感を減らし、「サードプレ イス感」を出す ● 新参のFDOメンバーは活動 でぶつかる悩みを相談できる 場 ● 古参メンバーの刺激にもなっ ている
  46. 46. © Copyright 2022, ESM, Inc. まとめ#1 ● あらためて実感したScrumの使いやすさ ○ マネジメントの役割をPOとSMに分離したこと ○ 開発でも学習でも使えること ○ スプリントゴールとプロダクトゴールを通じてチームで意思 疎通できること 46
  47. 47. © Copyright 2022, ESM, Inc. まとめ#2 ● 組織やチームのロードマップとしてSECIモデルを使う ● 組織の自己強化ループと、ビジネスモデルや風土にマッチし た組織トポロジーを見出す ● POの権限・責任範囲にこだわって動くほうがうまくいく 47
  48. 48. © Copyright 2022, ESM, Inc. 48 以上

×