SlideShare a Scribd company logo
1 of 14
© Copyright 2021, Yukio Okajima
福井県にDXを根付かせる
~ 自分事カルチャーに向けた最初の一歩
2021年12月
岡島 幸男
1
© Copyright 2021, Yukio Okajima
こんにちは
2
岡島 幸男
Yukio Okajima
非常勤講師(ソフトウェア工学)
© Copyright 2021, Yukio Okajima
本日お伝えしたいこと
● 福井県のDXにおける、私なりの課題意識
● 自治体DXに求められることと、私の強みで支援できる領域
● DX・内製化定着の手段としてのアジャイルとノーコード
● 具体的に私がやってみたいこと
© Copyright 2021, Yukio Okajima
最近新聞を読んで「おっ!」って思ったこと
4
緊急かつ重要な取り組みが実現できたことに対する県民としての感謝。
© Copyright 2021, Yukio Okajima
まだまだ残る、多くの「バックログ」
● 各バックログ(事業)の優先
度付けを納得感を持って進
められているか?
● 各部署が自分事として取り組
めているか?
● 「DX」という流行り言葉がなく
なっても続けられるか?
● 人事異動の影響でフェードア
ウトはしないか?
専門家として気になる(課題感)
簡単ではない取り組みであるという、 IT専門家としての実感。今からが DXの本番。
© Copyright 2021, Yukio Okajima
DXの要件と私がフォーカスしたいポイント
● 一般にDX要件とされるキーワード(※)
○ クラウド(ガバメントクラウド)
○ データ活用(AI)
○ アジャイル(マインドセット変革)
○ 内製化(ノーコード/ローコードツールの活用)
アジャイルは、ソフトウェア開発の手法ではなく、「改善マインドセット」と捉えるほうが正しい。⇒ 自治
体DXにおいてもマインドセット変革はきわめて重要と考えます。
DXは自分事として改善と変革に取り組むこと。そのためにも IT・デジタル分野における内製化(ベン
ダー依存度の低下)は必須。⇒ 自治体のような専門家が不足がちな組織における内製化実現には
ノーコード活用はきわめて効果的と考えます。
私のやりたいこと、か
つ、強みの領域
※ 一例として、IPA デジタル白書2021 https://www.ipa.go.jp/ikc/publish/dx_hakusho.html
© Copyright 2021, Yukio Okajima
アジャイル開発
徐々にプロダクトを成長させるなかで、チームで頻繁に対話しふりかえり、改善するチャンスが増える。
チーム
重視
見える化
改善
© Copyright 2021, Yukio Okajima
アジャイルは手段
ところが
…
アジャイル(リーン)源流のトヨタでさえ、このような過ちを犯す。なぜか?
© Copyright 2021, Yukio Okajima
サイロ化がもたらす悲劇
チームが分断し本質を失うと、「決定事項」「手段」が一人歩きし、無理や無駄の温床となってしまう。
壁
車検45分です!
(これは売りやす
い。どんどん入れ
ちゃえ!)
45分ありきじゃない
んだけどなぁ。なん
かしんどくなってき
た…。
© Copyright 2021, Yukio Okajima
内製化(ワンチーム)の重要性
本質は「自分事」で仕事に取り組めるかどうか。ノーコードは内製をスムーズに遂行するための手段。
45分で終わらすに
は、このような工夫
や制約があるんで
すよ。
なるほど!やっぱり、現場
に行って、見て、自分で
やってみないとわからな
い。
● 一番業務に詳しい人たちが、
実際に困っている人たち(県
民)の声を聴き
● ITに詳しい人たちとワンチー
ムとなり
● 可能な限り自分たちで責任と
権限を持って、「スマート
×〇〇」を遂行していく
● 自分たちで作る(内製化)す
ることを理想とする
福井県DXにおきかえるなら…。
© Copyright 2021, Yukio Okajima
福井県DX実現のため、魚を与えるのではなく魚の釣り方を教える
大事なのは「自分事カルチャー」を根付かせること。そのためのアジャイル+ノーコード内製化。
● 各バックログ(事業)の優先
度付けを納得感を持って進
められているか?
● 各部署が自分事として取り組
めているか?
● 「DX」という流行り言葉がなく
なっても続けられるか?
● 人事異動の影響でフェードア
ウトはしないか?
専門家として気になる(課題感)
「個人・チーム目線」レイヤ
★ まずはこちらから。短期間で小さな成果を「自分たち
で」出すことろを目標に取り組む。
「誰かやる気ある人ががんばる」ではなくて、チーム・組
織レベルで、DXの本質を理解し、自分たちで進められる
仕組みや文化を形成していく。
「オーナー目線」レイヤ
★ 中期的目標であり、今期間中は、チャンスがあれば取
り組む。
© Copyright 2021, Yukio Okajima
知識創造ループによる内製化ケイパビリティの拡大
12
①小さな成功
【チーム】
②発表共有
【部署】
③横展総括
【組織】
④定着拡大
【個人】
組織に知識を拡大していくためのループ
各現場で学んだことを持ち寄
り、自分たちのやり方として
整理し次に向けた議論と計
画
チームで開発(仕事)すること
で学び、暗黙知を取り込む
①で体験したことを形式知と
して部署で共有し、関心を継
続・発展させる
通常業務化。次に期待する
メンバーの巻き込み
© Copyright 2021, Yukio Okajima
具体的にやってみたいこと(一例として)
● 福井県庁内における各部署の作業の効率化を、その部署の人たちで成し遂げる
(ノーコードツールを使った内製化を、アジャイル手法にて実現)
○ ⇒ 岡島はコーチとして、立ち上げを支援可能
● すでに企画中の各事業についても、可能な限り内製化する
○ ⇒ 岡島はその具体的なプランニングや、技術的アプローチ、トレーニング方法について支援可能
● 自治体DXでの成果や取り組みを広く県内外に発信するイベントの実現
○ ⇒ 岡島はその企画や実施に関して支援可能
© Copyright 2021, Yukio Okajima
アジャイル+ノーコード内製化で
自分事カルチャーへの第一歩を!
以上

More Related Content

What's hot

モバイルアプリの高速で安定したビルドを支えるJenkins運用術
モバイルアプリの高速で安定したビルドを支えるJenkins運用術モバイルアプリの高速で安定したビルドを支えるJenkins運用術
モバイルアプリの高速で安定したビルドを支えるJenkins運用術KLab Inc. / Tech
 
エンジニアという仕事を楽しみ続けるためのキャリア戦略
エンジニアという仕事を楽しみ続けるためのキャリア戦略エンジニアという仕事を楽しみ続けるためのキャリア戦略
エンジニアという仕事を楽しみ続けるためのキャリア戦略Shuichi Tsutsumi
 
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)mosa siru
 
スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話
スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話
スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話Rakuten Commerce Tech (Rakuten Group, Inc.)
 
モニタリングプラットフォーム開発の裏側
モニタリングプラットフォーム開発の裏側モニタリングプラットフォーム開発の裏側
モニタリングプラットフォーム開発の裏側Rakuten Group, Inc.
 
40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること
40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること
40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていることonozaty
 
ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AI
ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AIChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AI
ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AIShota Imai
 
GraalVMでのFlight Recorderを使ったパフォーマンス解析(JJUG CCC 2023 Spring)
GraalVMでのFlight Recorderを使ったパフォーマンス解析(JJUG CCC 2023 Spring)GraalVMでのFlight Recorderを使ったパフォーマンス解析(JJUG CCC 2023 Spring)
GraalVMでのFlight Recorderを使ったパフォーマンス解析(JJUG CCC 2023 Spring)NTT DATA Technology & Innovation
 
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用Akinori SAKATA
 
機械学習をScrumで組織的に学習する (RSGT2022)
機械学習をScrumで組織的に学習する (RSGT2022)機械学習をScrumで組織的に学習する (RSGT2022)
機械学習をScrumで組織的に学習する (RSGT2022)Yukio Okajima
 
コミュニティと人の縁
コミュニティと人の縁コミュニティと人の縁
コミュニティと人の縁Takuya Okamoto
 
ホットペッパービューティーにおけるモバイルアプリ向けAPIのBFF/Backend分割
ホットペッパービューティーにおけるモバイルアプリ向けAPIのBFF/Backend分割ホットペッパービューティーにおけるモバイルアプリ向けAPIのBFF/Backend分割
ホットペッパービューティーにおけるモバイルアプリ向けAPIのBFF/Backend分割Recruit Lifestyle Co., Ltd.
 
Java 18で入ったJVM関連の(やや細かめな)改善(JJUGナイトセミナー「Java 18 リリース記念イベント」発表資料)
Java 18で入ったJVM関連の(やや細かめな)改善(JJUGナイトセミナー「Java 18 リリース記念イベント」発表資料)Java 18で入ったJVM関連の(やや細かめな)改善(JJUGナイトセミナー「Java 18 リリース記念イベント」発表資料)
Java 18で入ったJVM関連の(やや細かめな)改善(JJUGナイトセミナー「Java 18 リリース記念イベント」発表資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
「関心の分離」と「疎結合」 ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
「関心の分離」と「疎結合」   ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら「関心の分離」と「疎結合」   ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
「関心の分離」と「疎結合」 ソフトウェアアーキテクチャのひとかけらAtsushi Nakamura
 
とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例agileware_jp
 
Javaコードが速く実⾏される秘密 - JITコンパイラ⼊⾨(JJUG CCC 2020 Fall講演資料)
Javaコードが速く実⾏される秘密 - JITコンパイラ⼊⾨(JJUG CCC 2020 Fall講演資料)Javaコードが速く実⾏される秘密 - JITコンパイラ⼊⾨(JJUG CCC 2020 Fall講演資料)
Javaコードが速く実⾏される秘密 - JITコンパイラ⼊⾨(JJUG CCC 2020 Fall講演資料)NTT DATA Technology & Innovation
 

What's hot (20)

モバイルアプリの高速で安定したビルドを支えるJenkins運用術
モバイルアプリの高速で安定したビルドを支えるJenkins運用術モバイルアプリの高速で安定したビルドを支えるJenkins運用術
モバイルアプリの高速で安定したビルドを支えるJenkins運用術
 
エンジニアという仕事を楽しみ続けるためのキャリア戦略
エンジニアという仕事を楽しみ続けるためのキャリア戦略エンジニアという仕事を楽しみ続けるためのキャリア戦略
エンジニアという仕事を楽しみ続けるためのキャリア戦略
 
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
開発速度が速い #とは(LayerX社内資料)
 
スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話
スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話
スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話
 
モニタリングプラットフォーム開発の裏側
モニタリングプラットフォーム開発の裏側モニタリングプラットフォーム開発の裏側
モニタリングプラットフォーム開発の裏側
 
40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること
40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること
40歳過ぎてもエンジニアでいるためにやっていること
 
ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AI
ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AIChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AI
ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AI
 
20110118 scrum 10 mins
20110118 scrum 10 mins20110118 scrum 10 mins
20110118 scrum 10 mins
 
GraalVMでのFlight Recorderを使ったパフォーマンス解析(JJUG CCC 2023 Spring)
GraalVMでのFlight Recorderを使ったパフォーマンス解析(JJUG CCC 2023 Spring)GraalVMでのFlight Recorderを使ったパフォーマンス解析(JJUG CCC 2023 Spring)
GraalVMでのFlight Recorderを使ったパフォーマンス解析(JJUG CCC 2023 Spring)
 
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
JaSST Tokyo 2022 アジャイルソフトウェア開発への統計的品質管理の応用
 
機械学習をScrumで組織的に学習する (RSGT2022)
機械学習をScrumで組織的に学習する (RSGT2022)機械学習をScrumで組織的に学習する (RSGT2022)
機械学習をScrumで組織的に学習する (RSGT2022)
 
コミュニティと人の縁
コミュニティと人の縁コミュニティと人の縁
コミュニティと人の縁
 
Epic Online Services でできること
Epic Online Services でできることEpic Online Services でできること
Epic Online Services でできること
 
ホットペッパービューティーにおけるモバイルアプリ向けAPIのBFF/Backend分割
ホットペッパービューティーにおけるモバイルアプリ向けAPIのBFF/Backend分割ホットペッパービューティーにおけるモバイルアプリ向けAPIのBFF/Backend分割
ホットペッパービューティーにおけるモバイルアプリ向けAPIのBFF/Backend分割
 
Java 18で入ったJVM関連の(やや細かめな)改善(JJUGナイトセミナー「Java 18 リリース記念イベント」発表資料)
Java 18で入ったJVM関連の(やや細かめな)改善(JJUGナイトセミナー「Java 18 リリース記念イベント」発表資料)Java 18で入ったJVM関連の(やや細かめな)改善(JJUGナイトセミナー「Java 18 リリース記念イベント」発表資料)
Java 18で入ったJVM関連の(やや細かめな)改善(JJUGナイトセミナー「Java 18 リリース記念イベント」発表資料)
 
「関心の分離」と「疎結合」 ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
「関心の分離」と「疎結合」   ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら「関心の分離」と「疎結合」   ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
「関心の分離」と「疎結合」 ソフトウェアアーキテクチャのひとかけら
 
とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例とあるメーカーのRedmine活用事例
とあるメーカーのRedmine活用事例
 
GitLab から GitLab に移行したときの思い出
GitLab から GitLab に移行したときの思い出GitLab から GitLab に移行したときの思い出
GitLab から GitLab に移行したときの思い出
 
Javaコードが速く実⾏される秘密 - JITコンパイラ⼊⾨(JJUG CCC 2020 Fall講演資料)
Javaコードが速く実⾏される秘密 - JITコンパイラ⼊⾨(JJUG CCC 2020 Fall講演資料)Javaコードが速く実⾏される秘密 - JITコンパイラ⼊⾨(JJUG CCC 2020 Fall講演資料)
Javaコードが速く実⾏される秘密 - JITコンパイラ⼊⾨(JJUG CCC 2020 Fall講演資料)
 
JIRAを使ったフツウのPJ実践
JIRAを使ったフツウのPJ実践JIRAを使ったフツウのPJ実践
JIRAを使ったフツウのPJ実践
 

More from Yukio Okajima

技術転換は組織変革 ~ 業務SEをモダンエンジニアチームに変える
技術転換は組織変革 ~ 業務SEをモダンエンジニアチームに変える技術転換は組織変革 ~ 業務SEをモダンエンジニアチームに変える
技術転換は組織変革 ~ 業務SEをモダンエンジニアチームに変えるYukio Okajima
 
対話と創発~アジャイルなマーケティングチームの作り方
対話と創発~アジャイルなマーケティングチームの作り方対話と創発~アジャイルなマーケティングチームの作り方
対話と創発~アジャイルなマーケティングチームの作り方Yukio Okajima
 
ノーコードとアジャイル
ノーコードとアジャイルノーコードとアジャイル
ノーコードとアジャイルYukio Okajima
 
65分でAppSheetを理解する(Automation対応版)
65分でAppSheetを理解する(Automation対応版)65分でAppSheetを理解する(Automation対応版)
65分でAppSheetを理解する(Automation対応版)Yukio Okajima
 
マーケティングもリモート×アジャイルに ~ Agile Studio マーケティングチームの事例
マーケティングもリモート×アジャイルに ~ Agile Studio マーケティングチームの事例マーケティングもリモート×アジャイルに ~ Agile Studio マーケティングチームの事例
マーケティングもリモート×アジャイルに ~ Agile Studio マーケティングチームの事例Yukio Okajima
 
【SFO2020】業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法 ~アジャイルマインドを得るために~
【SFO2020】業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法 ~アジャイルマインドを得るために~【SFO2020】業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法 ~アジャイルマインドを得るために~
【SFO2020】業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法 ~アジャイルマインドを得るために~Yukio Okajima
 
続・AppSheetを使い倒してみた ~ App Makerで開発したアプリをAppSheetに移行する
続・AppSheetを使い倒してみた ~ App Makerで開発したアプリをAppSheetに移行する続・AppSheetを使い倒してみた ~ App Makerで開発したアプリをAppSheetに移行する
続・AppSheetを使い倒してみた ~ App Makerで開発したアプリをAppSheetに移行するYukio Okajima
 
AppSheetを使い倒してみた ~ GASで1週間かかったアプリはどの程度で開発できるのか
AppSheetを使い倒してみた ~ GASで1週間かかったアプリはどの程度で開発できるのかAppSheetを使い倒してみた ~ GASで1週間かかったアプリはどの程度で開発できるのか
AppSheetを使い倒してみた ~ GASで1週間かかったアプリはどの程度で開発できるのかYukio Okajima
 
業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法
業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法
業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法Yukio Okajima
 
【完結編】総売り上げ:35,400円 _ 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと
【完結編】総売り上げ:35,400円 _ 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと【完結編】総売り上げ:35,400円 _ 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと
【完結編】総売り上げ:35,400円 _ 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだことYukio Okajima
 
アジャイル時代のチームやリーダーシップ
アジャイル時代のチームやリーダーシップアジャイル時代のチームやリーダーシップ
アジャイル時代のチームやリーダーシップYukio Okajima
 
総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。
総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。
総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。Yukio Okajima
 
いまこそ、開発者の「愛」について語ろう
いまこそ、開発者の「愛」について語ろういまこそ、開発者の「愛」について語ろう
いまこそ、開発者の「愛」について語ろうYukio Okajima
 
アジャイル開発の普及状況と具体事例
アジャイル開発の普及状況と具体事例アジャイル開発の普及状況と具体事例
アジャイル開発の普及状況と具体事例Yukio Okajima
 
GoogleAppsScript でどこまでできるのか/やるべきか
GoogleAppsScript でどこまでできるのか/やるべきかGoogleAppsScript でどこまでできるのか/やるべきか
GoogleAppsScript でどこまでできるのか/やるべきかYukio Okajima
 
オブジェクト倶楽部2006(冬)
オブジェクト倶楽部2006(冬)オブジェクト倶楽部2006(冬)
オブジェクト倶楽部2006(冬)Yukio Okajima
 
オブジェクト倶楽部2005(プレゼン)
オブジェクト倶楽部2005(プレゼン)オブジェクト倶楽部2005(プレゼン)
オブジェクト倶楽部2005(プレゼン)Yukio Okajima
 

More from Yukio Okajima (17)

技術転換は組織変革 ~ 業務SEをモダンエンジニアチームに変える
技術転換は組織変革 ~ 業務SEをモダンエンジニアチームに変える技術転換は組織変革 ~ 業務SEをモダンエンジニアチームに変える
技術転換は組織変革 ~ 業務SEをモダンエンジニアチームに変える
 
対話と創発~アジャイルなマーケティングチームの作り方
対話と創発~アジャイルなマーケティングチームの作り方対話と創発~アジャイルなマーケティングチームの作り方
対話と創発~アジャイルなマーケティングチームの作り方
 
ノーコードとアジャイル
ノーコードとアジャイルノーコードとアジャイル
ノーコードとアジャイル
 
65分でAppSheetを理解する(Automation対応版)
65分でAppSheetを理解する(Automation対応版)65分でAppSheetを理解する(Automation対応版)
65分でAppSheetを理解する(Automation対応版)
 
マーケティングもリモート×アジャイルに ~ Agile Studio マーケティングチームの事例
マーケティングもリモート×アジャイルに ~ Agile Studio マーケティングチームの事例マーケティングもリモート×アジャイルに ~ Agile Studio マーケティングチームの事例
マーケティングもリモート×アジャイルに ~ Agile Studio マーケティングチームの事例
 
【SFO2020】業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法 ~アジャイルマインドを得るために~
【SFO2020】業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法 ~アジャイルマインドを得るために~【SFO2020】業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法 ~アジャイルマインドを得るために~
【SFO2020】業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法 ~アジャイルマインドを得るために~
 
続・AppSheetを使い倒してみた ~ App Makerで開発したアプリをAppSheetに移行する
続・AppSheetを使い倒してみた ~ App Makerで開発したアプリをAppSheetに移行する続・AppSheetを使い倒してみた ~ App Makerで開発したアプリをAppSheetに移行する
続・AppSheetを使い倒してみた ~ App Makerで開発したアプリをAppSheetに移行する
 
AppSheetを使い倒してみた ~ GASで1週間かかったアプリはどの程度で開発できるのか
AppSheetを使い倒してみた ~ GASで1週間かかったアプリはどの程度で開発できるのかAppSheetを使い倒してみた ~ GASで1週間かかったアプリはどの程度で開発できるのか
AppSheetを使い倒してみた ~ GASで1週間かかったアプリはどの程度で開発できるのか
 
業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法
業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法
業務SEを7か月でWebエンジニアに変える方法
 
【完結編】総売り上げ:35,400円 _ 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと
【完結編】総売り上げ:35,400円 _ 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと【完結編】総売り上げ:35,400円 _ 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと
【完結編】総売り上げ:35,400円 _ 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと
 
アジャイル時代のチームやリーダーシップ
アジャイル時代のチームやリーダーシップアジャイル時代のチームやリーダーシップ
アジャイル時代のチームやリーダーシップ
 
総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。
総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。
総売り上げ:35,400円 受託エンジニアが自社サービスのPOをやって学んだこと。
 
いまこそ、開発者の「愛」について語ろう
いまこそ、開発者の「愛」について語ろういまこそ、開発者の「愛」について語ろう
いまこそ、開発者の「愛」について語ろう
 
アジャイル開発の普及状況と具体事例
アジャイル開発の普及状況と具体事例アジャイル開発の普及状況と具体事例
アジャイル開発の普及状況と具体事例
 
GoogleAppsScript でどこまでできるのか/やるべきか
GoogleAppsScript でどこまでできるのか/やるべきかGoogleAppsScript でどこまでできるのか/やるべきか
GoogleAppsScript でどこまでできるのか/やるべきか
 
オブジェクト倶楽部2006(冬)
オブジェクト倶楽部2006(冬)オブジェクト倶楽部2006(冬)
オブジェクト倶楽部2006(冬)
 
オブジェクト倶楽部2005(プレゼン)
オブジェクト倶楽部2005(プレゼン)オブジェクト倶楽部2005(プレゼン)
オブジェクト倶楽部2005(プレゼン)
 

福井県CDO補佐官提案

  • 1. © Copyright 2021, Yukio Okajima 福井県にDXを根付かせる ~ 自分事カルチャーに向けた最初の一歩 2021年12月 岡島 幸男 1
  • 2. © Copyright 2021, Yukio Okajima こんにちは 2 岡島 幸男 Yukio Okajima 非常勤講師(ソフトウェア工学)
  • 3. © Copyright 2021, Yukio Okajima 本日お伝えしたいこと ● 福井県のDXにおける、私なりの課題意識 ● 自治体DXに求められることと、私の強みで支援できる領域 ● DX・内製化定着の手段としてのアジャイルとノーコード ● 具体的に私がやってみたいこと
  • 4. © Copyright 2021, Yukio Okajima 最近新聞を読んで「おっ!」って思ったこと 4 緊急かつ重要な取り組みが実現できたことに対する県民としての感謝。
  • 5. © Copyright 2021, Yukio Okajima まだまだ残る、多くの「バックログ」 ● 各バックログ(事業)の優先 度付けを納得感を持って進 められているか? ● 各部署が自分事として取り組 めているか? ● 「DX」という流行り言葉がなく なっても続けられるか? ● 人事異動の影響でフェードア ウトはしないか? 専門家として気になる(課題感) 簡単ではない取り組みであるという、 IT専門家としての実感。今からが DXの本番。
  • 6. © Copyright 2021, Yukio Okajima DXの要件と私がフォーカスしたいポイント ● 一般にDX要件とされるキーワード(※) ○ クラウド(ガバメントクラウド) ○ データ活用(AI) ○ アジャイル(マインドセット変革) ○ 内製化(ノーコード/ローコードツールの活用) アジャイルは、ソフトウェア開発の手法ではなく、「改善マインドセット」と捉えるほうが正しい。⇒ 自治 体DXにおいてもマインドセット変革はきわめて重要と考えます。 DXは自分事として改善と変革に取り組むこと。そのためにも IT・デジタル分野における内製化(ベン ダー依存度の低下)は必須。⇒ 自治体のような専門家が不足がちな組織における内製化実現には ノーコード活用はきわめて効果的と考えます。 私のやりたいこと、か つ、強みの領域 ※ 一例として、IPA デジタル白書2021 https://www.ipa.go.jp/ikc/publish/dx_hakusho.html
  • 7. © Copyright 2021, Yukio Okajima アジャイル開発 徐々にプロダクトを成長させるなかで、チームで頻繁に対話しふりかえり、改善するチャンスが増える。 チーム 重視 見える化 改善
  • 8. © Copyright 2021, Yukio Okajima アジャイルは手段 ところが … アジャイル(リーン)源流のトヨタでさえ、このような過ちを犯す。なぜか?
  • 9. © Copyright 2021, Yukio Okajima サイロ化がもたらす悲劇 チームが分断し本質を失うと、「決定事項」「手段」が一人歩きし、無理や無駄の温床となってしまう。 壁 車検45分です! (これは売りやす い。どんどん入れ ちゃえ!) 45分ありきじゃない んだけどなぁ。なん かしんどくなってき た…。
  • 10. © Copyright 2021, Yukio Okajima 内製化(ワンチーム)の重要性 本質は「自分事」で仕事に取り組めるかどうか。ノーコードは内製をスムーズに遂行するための手段。 45分で終わらすに は、このような工夫 や制約があるんで すよ。 なるほど!やっぱり、現場 に行って、見て、自分で やってみないとわからな い。 ● 一番業務に詳しい人たちが、 実際に困っている人たち(県 民)の声を聴き ● ITに詳しい人たちとワンチー ムとなり ● 可能な限り自分たちで責任と 権限を持って、「スマート ×〇〇」を遂行していく ● 自分たちで作る(内製化)す ることを理想とする 福井県DXにおきかえるなら…。
  • 11. © Copyright 2021, Yukio Okajima 福井県DX実現のため、魚を与えるのではなく魚の釣り方を教える 大事なのは「自分事カルチャー」を根付かせること。そのためのアジャイル+ノーコード内製化。 ● 各バックログ(事業)の優先 度付けを納得感を持って進 められているか? ● 各部署が自分事として取り組 めているか? ● 「DX」という流行り言葉がなく なっても続けられるか? ● 人事異動の影響でフェードア ウトはしないか? 専門家として気になる(課題感) 「個人・チーム目線」レイヤ ★ まずはこちらから。短期間で小さな成果を「自分たち で」出すことろを目標に取り組む。 「誰かやる気ある人ががんばる」ではなくて、チーム・組 織レベルで、DXの本質を理解し、自分たちで進められる 仕組みや文化を形成していく。 「オーナー目線」レイヤ ★ 中期的目標であり、今期間中は、チャンスがあれば取 り組む。
  • 12. © Copyright 2021, Yukio Okajima 知識創造ループによる内製化ケイパビリティの拡大 12 ①小さな成功 【チーム】 ②発表共有 【部署】 ③横展総括 【組織】 ④定着拡大 【個人】 組織に知識を拡大していくためのループ 各現場で学んだことを持ち寄 り、自分たちのやり方として 整理し次に向けた議論と計 画 チームで開発(仕事)すること で学び、暗黙知を取り込む ①で体験したことを形式知と して部署で共有し、関心を継 続・発展させる 通常業務化。次に期待する メンバーの巻き込み
  • 13. © Copyright 2021, Yukio Okajima 具体的にやってみたいこと(一例として) ● 福井県庁内における各部署の作業の効率化を、その部署の人たちで成し遂げる (ノーコードツールを使った内製化を、アジャイル手法にて実現) ○ ⇒ 岡島はコーチとして、立ち上げを支援可能 ● すでに企画中の各事業についても、可能な限り内製化する ○ ⇒ 岡島はその具体的なプランニングや、技術的アプローチ、トレーニング方法について支援可能 ● 自治体DXでの成果や取り組みを広く県内外に発信するイベントの実現 ○ ⇒ 岡島はその企画や実施に関して支援可能
  • 14. © Copyright 2021, Yukio Okajima アジャイル+ノーコード内製化で 自分事カルチャーへの第一歩を! 以上