Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

社会的課題としての認知症 ~学生のみなさんの取り組みに向けて~

1,008 views

Published on

「認知症の人の社会共生と課題解決」のための学生による国際交流・共同研究プロジェクト。2016.10.11 @ 青山学院大学・法学部 キックオフ。http://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000078/78743/02-01_houdouhappyousiryou.pdf

Published in: Design
  • Be the first to comment

社会的課題としての認知症 ~学生のみなさんの取り組みに向けて~

  1. 1. 社会的課題としての認知症 ~学生のみなさんの取り組みに向けて~ http://www.facebook.com/makoto.okada https://twitter.com/okadamkt okadamkt@jp.fujitsu.com 2016.10.11 @ 青山学院大学・法学部 キックオフ 「認知症の人の社会共生と課題解決」のための学生による国際交流・共同研究プロジェクト 富士通研究所 R&D戦略本部/ 認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ 岡田 誠
  2. 2. 認知症のような社会課題は、企業・自治体・NPO という単独のセクターだけでは解決できない。 企業 Business Sector 行政/公的機関 Public Sector コミュニティ Social Sector “問い” http://www.dementia-friendly-japan.jp/ 問題意識
  3. 3. 外形的数字としての認知症 A->A’ A->B System 数値に囚われれば見失うものもある
  4. 4. Product + service innovation Market innovation Political innovation Cultural innovation Vicki Sellick, Senior Programme Manager, Nesta イノベーションと行動変容 A->A’ A->B System
  5. 5. Economical Situation Population フォーカスポイントの明確化 gap
  6. 6. 「認知症の人にやさしいまちづくりガイド」 http://www.glocom.ac.jp/project/dementia/113 世界の潮流 Dementia Friendly Communitiy
  7. 7. http://runtomo.jimdo.com/ http://runtomorrow.jp/ RUN伴(RUN TOMORROW)
  8. 8. 曖昧性が高い 具体性が高い 1. 視点の発見 2. 視点の育成 3. 視点の具体化 様々な関係者の対話 や観察から,社会課 題に対する視点・方 向性を発見する. 発見された視点をも とに,周辺領域まで 含め,丁寧に観察し, 視点を育成していく. 社会課題を適切なサ イズの具体的なプロ ジェクトに落とし込 む. 社会課題を起点とする共創のプロセス # 何を、誰と、どのように # ピープルデザイン的であること
  9. 9.  認知症になっても、できなくなることも多いが、できることもたくさんある。  認知症になると不便なことが増えるが、決して不幸ではない。  認知症になっても、絶望することなく、生活の仕方の工夫を紹介して、希望を持 て生きる。  認知症になっても、人生をあきらめない。  認知症への偏見は認知症当事者も信じて生きる力を奪うので、この偏見をなくし たい。  認知症になったからこそ、他人を気にせず、自分の好きなことをしてもらいたい。  不便さを乗り越えて、自分の生活を張り合い持つように工夫して、充実した人生 を送ってもらいたい。  私の生き方を参考にして、自分らしく生き方を模索して、残りの人生、悔いのな いよう生きてほしい。 「私が伝えたいこと」 (佐藤雅彦さん)
  10. 10.  私は、認知症になってから、新たに覚えたことがたくさんあることを伝えたい。  失った機能を数えたり、歎いたりするのではなく、残された能力を信じて、悔い のない人生をおくってもらいたい。  認知症になっても、認知症に負けない人生をおくってもらいたい。  新しいことでも、始める前からできないだろうと思わず、まずはじめてみて、過 度にストレスを感じるようだとやめる。  認知症当事者は何も考えられないとではなく、豊かな精神活動を営むことができ る人ととらえてほしい。  認知症当事者を介護の対象だけの存在ではなく、私たちが形成する社会の一員と みとめて欲しい。  他人と比較することなく、なにができなくとも、自分は価値のある尊い存在だと 信じて生活してもらいたい。
  11. 11. AIMまとめシート 理想像 エネルギー源( 原動力) 価値観・強み アクションプラン 理想と現実のギャップ、課題 現状を端的に言うと・・・ 活 か す こ と 変 え る こ と 前進 する力 “物語”からの構造 現在の思い過去から現在へと連なる 過去から 生み出される 未来への思い もやもやとした 状態 左辺と右辺 創造性
  12. 12. Dementia Friendly Japan Initiative

×