Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

専修大ワークショップ演習

731 views

Published on

専修大ワークショップ演習
2016.10.03 専修大・社会情報応用演習「共創型ワークショップからの認知症にやさしいまちづくりに向けた企画提案」

Published in: Design
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

専修大ワークショップ演習

  1. 1. 認知症にやさしいまちづくりに向けた 企画提案 http://www.facebook.com/makoto.okada okadamkt@jp.fujitsu.com 2016.10.03 専修大・社会情報応用演習 「共創型ワークショップからの認知症にやさしいまちづくりに向けた企画提案」 認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(DFJI) / 富士通研究所 R&D戦略本部協創推進PJ 岡田 誠
  2. 2. 専修大×川崎×認知症 http://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000078/78743/02-01_houdouhappyousiryou.pdf
  3. 3. 「共創型ワークショップによって、認知症にやさしいまち づくりに向けた企画を提案する」 武蔵小杉を舞台に、写真を活用して認知症にやさしいまち づくりのワークショップの企画を開発するのが、この授業 の狙いです。 応用演習(社会情報) 武蔵小杉 認知症にやさしい 写真 ワークショップ まちづくり 開発
  4. 4. 「共創型ワークショップからの認知症フレンドリーなまち づくりへの企画提案」 武蔵小杉を舞台に、写真を活用した認知症フレンドリーな まちづくり企画を、ワークショップを通じて開発するのが、 この授業の狙いです。 応用用演習(社会情報) 認知症にやさしい 写真 ワークショップ まちづくり ① ② ③
  5. 5. ① 写真を使ったワークショップ ~ 富士宮プロジェクト ~
  6. 6. 富士宮プロジェクト 写真を媒介とし、認知症の高齢者を含む多世代の交流の場を 作り出す(「高校生」×「商店街」)
  7. 7. 【高校生への問い】 古い写真を使ってさ、十六市で なにかしてくれないかなぁ。 写真を介したコミュニケーションの場 を演出してくれないか?
  8. 8. 高校生側の課題 高校として寄合処(高齢者コミュニティスペース)を運営、 「どんな風に何を話したらよいか」 に悩んでいた
  9. 9. 駅前商店街側の期待 高校生に「十六市に来て」と言えなかった だからすごく嬉しい。
  10. 10. ヒストリーピン(英国レディング市) 写真を媒介に 多世代で話を ロンドンから 西に60km 人口:約14万人
  11. 11. ヒストリーピン・紹介ビデオ:https://vimeo.com/26111772 学校とのコラボレーション
  12. 12. 動画リンク http://vimeo.com/89067319 富士宮プロジェクト
  13. 13. 「懐かしかったです、すごく。こういうお嬢さんたちと話 せること。めったにないですもんね。」
  14. 14. 「懐かしくて、ほっとする感じで、良かったです。チャー ミングで笑顔も素敵だし。若い人となかなか話することが ないから、楽しかったです」
  15. 15. 「すごい若い方々が、高校生たちがすごい楽しそうにやってい るというのが本当に印象的で、みんな生き生きとしていて、 楽しそうで本当によかったです。」
  16. 16. 「ないまぜのイベント」 「いろんな世代」 「個人的なつきあい」
  17. 17. 「特別な日」 「わくわく実行委員会」
  18. 18. 対面ではなく、肩を寄せ、同じものをみる関係性が生まれる
  19. 19. ポストイットが、役割を生む
  20. 20. 寄合処参加者 市役所 社会福祉 協議会 おかみさん会 地元 新聞社 写真 愛好家 生徒 先生 「高校生× 写真」という「問い」がつながりを生む
  21. 21. 地域寄合処 市役所 社会福祉協議会 商店街おかみさん会 地元新聞社 写真愛好家 高校生 先生 足りなさが誘引する
  22. 22. ② 認知症にやさしいまちづくり 多世代コミュニティを誘発する 社会のデザイン ~ 仕掛けの設計 ~
  23. 23. 孤立する高齢者(英国統計情報等) 多世代コミュニティ 30代: 60% => 10 % 高齢者との同居 40% => 10 % 65歳以上のうち50万人がクリスマスを一人で過ごしている 65歳以上のうち60万人が週1回以下の外出頻度
  24. 24. 「認知症の人にやさしいまちづくりガイド」 http://www.glocom.ac.jp/project/dementia/113
  25. 25. 「認知症の人にやさしいまちづくりガイド」 http://www.glocom.ac.jp/project/dementia/113
  26. 26. http://www.alzheimers.org.uk/site/scripts/download_info.php?fil eID=1916 視点(英国アルツハイマー協会)
  27. 27. 街のいろいろな人がかかわる。。。 30の組織が名前を連ね、加盟している団体は、バス会社、図書館、大学、 海軍基地、クリニック、介護施設、学校、非営利団体、弁護士など
  28. 28. 学校ができること。。。。 Prime Minister’s challenge on dementia
  29. 29. バス会社ができること。。。
  30. 30. http://www.amazon.co.jp/dp/4272360825 確かにできないことが増え ましたが、できることもま だまだたくさんあります。 適切な支援さえあれば、認 知症になっても普通の生活 が楽しめます。失った機能 を嘆くのではなく、残され た機能に感謝し、新しいこ とに挑戦し続けたいと思っ ています。 【佐藤さんがよく話されていること】
  31. 31. 「旅のことば」 http://tabinokotoba.sfc.keio.ac.jp/ “認知症とともによりよく生きるためのヒント”を「ことば」に インタビューをベースにして、パターン ランゲージの考え方を使って作成 慶應大学SFC(井庭准教授/学部1年生-4年生) 認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ
  32. 32. ことばにすれば 知恵や工夫を 共有しやすい。 ことばをヒントに 自分なりの経験を 話合える。工夫が できる。 いきいきとしたポジティブな「ことば」の価値
  33. 33. 発見のための対話の誘発 希望ビジョン 経験 今を楽しむ 特別な日 旅の計画 対話の空間
  34. 34. 本人のパターンより http://www.amazon.co.jp/dp/4621089277/
  35. 35. 家族のパターンより http://www.amazon.co.jp/dp/4621089277/
  36. 36. みんなのパターンより
  37. 37. ③ まちづくりの企画 ~ 「旅のことば」を道具として ~ Part 1 Part 2 Part 3 “好きなことば”を探す イベントを考える 振り返り
  38. 38. 「自分」という眼差しで話す、共有する 全員が聞き手であり、語り部である 演習のポイント
  39. 39. 1. 40枚のカードをテーブルの上に並べる 2. カードをグループでながめてみる 3. いいなと思うカードを個人ごとにみつける 一人3つ、自分色のポストイットをつける 1. なぜよいと思ったかを話してみる Part 1:“好きなことば”を探す
  40. 40. 1. 各自小さなイベントのアイディアを考える (旅行でも、家族でも、街づくりでもよい) 2. グループで企画するイベントを1つ決める Part 2:“ことば”を使ってみる 3. イベントで一番大事にしたいことを、各自 がカードから1つ選び、なぜそれが大切か を話してみる 4. グループで1つか2つに絞り、イベントの 演出を考える
  41. 41. コミュニケーションをつくる 自分という眼差しで話す、共有する 全員が聞き手であり、語り部である ワークショップを企画する Howも大事だけれど、一番大事なのは目指して いるビジョン 目指しているビジョンを実現するために、どん なことが起こってほしいかが、演出を決める Part 3:振り返り
  42. 42. 認知症 フレンドリージャパン・ イニシアチブ

×